2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 夏のBGM | トップページ | 恥デジ騒動 »

2011年7月23日 (土)

大暑GO!GO!GO!

Photo

今日は二十四節気の『大暑』。
一年で気温が最も高い頃ということですが、今年は例の台風6号以降
もう秋が来たような体感になってしまい、今日もそれなりに暑かったながら
本格的な夏とはやや言いにくい、名古屋の一日でした。
昼間の最高気温は32度でしたが、去年の今日は38度もありましたからねー。
そりゃ涼しく感じるわけですcoldsweats01


というわけで、ウォーキングに最適な涼しさの夕方、いつもの森に連れ出したのは
昨日届いたばっかりのブルマァク復刻、ゴメスのスタンダードソフビ。
特に珍しくないアイテムながら、この復刻ゴメスさんは持っていなかったので
安価な入手チャンスに飛びつき、運良くわが家に来てくれました。
となりの小さいのは、サイズ比較用のブルマァク魂・通称”子メスちゃん”ですhappy01


Photo_2

マルサン初期からの伝統、赤く塗られた白目が特徴的なお顔。
着ぐるみとは全然別の雰囲気ですが、このソフビが今も人気を誇る理由の一つは
太い眉や口周りの造形など、日本古来の天狗や鬼に通じる
独自のテイストにあるのでしょう。

なんとなく精悍というか、日本的顔立ちのイケメンですもんねhappy01


Photo_3

角や牙、爪や全身のウロコが強調されたサイドビュー。
丸っこく愛嬌タップリのフォルムなんですが、怪獣らしさもキチンと押さえられていて
子どものおもちゃとしてのプレイバリューを保ちながらも
ある種の品格を持って造形された、原形師さんのセンスを感じますね。

昔から各種文献で絶賛されている、このブルマァクゴメスの魅力は
実際手に取り、遊んでみるとよく分かります。
ハードディテールのフィギュアを見慣れた目には逆に新鮮な、造形の解釈。
こういうのを「味」って言うんでしょうね。
何度も言いますが、着ぐるみとは全然違うんですけど
一つの造形物として独自の個性があるんですよ。このゴメスさんにはhappy01


Photo_4

背面の処理もこの通り。
ゴメスの大きな特徴である背中の甲羅も、一切再現されていないんですが
背びれのサイズ、大きさなどが絶妙のバランス、ディフォルメーションで
おもちゃとしての魅力に溢れています。コリャ可愛いわ
happy01
確かに、マルサン最初期のゴメスら怪獣ソフビには
後年の怪獣人形が失ってしまった、原型師の個性が存分に発揮されていますね。


マルサン、ブルマァクの歴史などがまったく存在せず
着ぐるみ再現への追求が一つの正解になっている現在の怪獣フィギュア界で
こんなソフビがもし、新作として発表されたら
製作者も購入者もはや粋人の域、アート作品ですよコレはhappy01


Photo_5

ですからホラ、おとぼけポーズもちゃんと絵になりますhappy01
それ以上に、こうした自然の中で子どもたちと楽しく遊びまわるのが
怪獣人形の本来の役割なのかもしれないと

こういうおもちゃを見る度に思います。

間着パーツによる、首や手足の可動にしても
限られた製作コストの中で、子ども達が最大限に楽しめるよう
開発陣が頭を絞って考えた、アイデアと努力の結晶だったんでしょうね。

だったら、それを享受しないのはもったいないと。
この頃のソフビって、座った姿が本当に可愛いんですよね。

私は子ども時代、このゴメスで遊んだ記憶はありませんが
幸運にもコレを買ってもらえた当時のお子さんは
こんな風に様々なポーズをとらせて、自分だけの怪獣映画を演出したことでしょう。
そういう意味で怪獣ブーム当時は、自宅の部屋のみならず
路地裏から公園、近所のあらゆる場所が
怪獣やヒーロー人形の大活躍する、特撮ステージだったんですね。

私が怪獣やブリキおもちゃの屋外撮影にこだわるのも
きっとそんな幼児期の記憶が、頭の隅に残っているからかもしれませんねhappy01


Photo_6

狙って撮った午後5時55分、55秒の決定的瞬間!
時計とソフビを公園の芝生にセッティング後
まさに耐えるがごとく、この一瞬を待つこと約10分。

日暮れ近くとはいえご覧の通り、真夏の気温は容赦ありません。
6時前で39.4度なんて、とてつもない数字ですが
昼間の太陽熱をタップリ吸収した地表付近の気温ですので、念のためwink

湿度が低かったのが唯一の救いながら、待ってるだけでもう汗だくsweat01
真っ赤に染まった万城目淳ちゃんの顔が、夕日の強さを物語っていますねsun
ゴメス親子も心なしか、名古屋の暑さにはうんざりのようですcoldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 夏のBGM | トップページ | 恥デジ騒動 »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/40930108

この記事へのトラックバック一覧です: 大暑GO!GO!GO!:

« 夏のBGM | トップページ | 恥デジ騒動 »