2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 闇に光る目 | トップページ | 湖畔の同窓会 »

2011年7月17日 (日)

緑の化身

Photo

不気味に光る闇からの目も、ついに朝日に晒される時がやってきた!
というわけで前回の予告どおり、今日は早朝6時から公園へrun


Photo_2 

出ました!今回我が家にやってきたのは
堂々たる体格が大迫力の、スモーキングスペースマン!
有名なヴィンテージブリキロボ・スモーキングロボットの中国版レプリカです。

’50年代のヨネザワ版オリジナルは目が飛び出るほど高額な上
近年発売された北原照久氏プロデュースの復刻版もけっこうな価格なので
貧乏な私には、比較的リーズナブルな中国版くらいしか手が届きませんweep
でもフォルム、ディテール、可動ともオリジナルに迫る出来なので
私にはコレで充分ですhappy01

謎の惑星に降り立ち、防衛軍の兵器群と一戦交える勇姿が描かれた箱絵も
イイ味を出してますねlovely


Photo_3

レトロフューチャーという言葉がまさにふさわしい
直線主体の見事なデザイン!

それよりも何よりも、特筆すべきはそのサイズ!


Photo_4

全高、約30センチの大迫力!
500ミリリットルのペットボトルと較べれば、その大きさが分かります。
実際手にしても、ズッシリ重い!


Photo_5

電動で両腕を振り、ノッシノッシと歩くギミックのエネルギー源は
両足に仕込まれた、この単一電池!

ここはナショナル・ハイトップの赤が欲しいところですが
残念ながら、手持ちがありませんでしたcoldsweats01
両足にこんな電池を収納してるなら、そりゃ重くもなりますよね。
もともとボディはブリキ製だしcoldsweats01


Photo_6

巨大器械の雰囲気を演出する、手足の接合部やボディのリベット。
プロポーションの良い昨今のロボットを見慣れた目には
こういう無骨さが、かえって新鮮に映ります。
とはいえわが家はこんなのばっかりですから、むしろ馴染みますがhappy01


Photo_7

予告編にアップした、不気味に発光する頭部や目は・・・

Photo_8

電動歩行の途中で立ち止まって見せる、自慢の超絶ギミック!
それに加え、『スモーキング』の名を冠するこのロボ最大の特徴は
口から吐き出すモクモク煙です。

でも光も煙も、夏の強烈な日差しの下ではまったく見えないweep
コレでも光って、煙も出てるんですけどねcoldsweats01


Photo_9

以前ご紹介した、ゼンマイ版レプリカと並べてみました。
形は同じものの、サイズ・ギミック共々
いかに電動版がスケールアップしているかが分かります。
レプリカはオリジナルと同サイズのようですから
この迫力歩行を見た当時の子ども達は、さぞや目を輝かせた事でしょう。

今の目で見ても、その威容にはかなり圧倒されますからeye
ブリキに限らず、昔のおもちゃは大きかったですもんね。


朝6時37分で、すでに気温は36度sun
こういうレトロなロボットは、真夏の太陽に映えますねえ。
萌ゆる緑をまとったようなグリーンのボディも
、さながら森の化身のようですhappy01

« 闇に光る目 | トップページ | 湖畔の同窓会 »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

おほっ!届きましたね
凄まじい存在感でしょ?
こんなのが歩いて光るとその迫力に圧倒されますね
音も凄まじいんだよね
歩かせるってギミックの理論が確立された商品は楽しいですもんね
ゼンマイ版の方が、もっとスイスイ歩くのが不思議ですよね
その存在感故に・・・オイラん家のロボ事件のキズが大きくて立ち直れませんわ

逆に・・・某鉄人28号と来たら・・・
まともに歩く鉄人の安いヤツが存在しないんだよね
悔しいったらありゃしない

珠恵様 今回の出品者さんも大変迅速な方で
振込み翌日の午後二時到着、ビックリしました。
重ねて、チャンスを頂いた珠恵さんにも感謝致しますhappy01
でもおっしゃる通り、大変な存在感ですね。
起動した瞬間の豪快な動き、山が迫ってくるような迫力には
思わずおおーと唸ってしまいましたhappy02
発光やスモークのギミックも素晴らしく、十二分に楽しめます。

ディスプレイモデルとしても迫力あるものの、動けばさらに楽しいアイテムですから
珠恵さんが気落ちされる理由もよく分かります。
コレで動かなかったら、私もガッカリですもんねcoldsweats01
とはいえコレもいつ壊れるか、予断を許しませんからから
せいぜいいたわりつつ動かし、長持ちさせようと思っています。

>某鉄人

確かにブリキは高額ですし、例のロケットプロ版も歩行に問題あるらしいですから
ここらあたりで、決定版の登場を期待したいところですね。
それまで私は、悪役顔のX-25号でガマンしますcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/40845738

この記事へのトラックバック一覧です: 緑の化身:

« 闇に光る目 | トップページ | 湖畔の同窓会 »