2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« スペクトル三段腹 | トップページ | 三吉くん安らかに »

2011年6月17日 (金)

食中毒注意

Photo

最近、お天気が今ひとつで
せっかくのこのお方も、曇り空ではなかなか映えず
なんとなくお披露目できずにいますsad

まーこのシルエットでお分かりでしょうが
コレはネヴュラ限定・スペクトルマン生誕40周年まつりの一環として
近所のお店で入手したもの。

実は入手アイテムはもう一つあって
どちらを先にお見せするか、嬉しい悩みを抱えていますcoldsweats01

名古屋は明日も、曇りのち雨なんて予報だし
いっそのこと、部屋で撮っちゃおうかなcamera
でもせっかくここまで引っ張ったんだから
もうちょっと粘ろうかなとsmile


もう一つの候補アイテムはスゴいですよ。
放送40年後にして初めて目にした、正真正銘の当時モノ。
もはやわが家は今、昭和46年にタイムスリップしていますclock

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« スペクトル三段腹 | トップページ | 三吉くん安らかに »

「ピープロ特撮クラシック」カテゴリの記事

コメント

 まさに、問答無用!といった感じの、説得力のあるチョイスですね。
 昭和46年というと、私自身ちょうど小学校に上がった年でして、その時に「仮面ライダー」と「帰ってきたウルトラマン」の本放送を迎えたのですから、ある種メモリアルイヤーといった感があります。
 「宇宙猿人ゴリ」(あえて当時の初期番組名で表記しますが)と加えて、東映・円谷・ピープロと、週末にかけてこれらの特撮ヒーロー番組が続けざまに視聴することが出来たなんて、つくづく贅沢な時代だったなと思ったりするのですが、インターネットもビデオの録画再生も無かった頃なのにそういう感慨になってしまうのは、なんだか不思議な気もします。

松田 定幸様 返事が遅れ申し訳ありませんでしたcoldsweats01
おっしゃる通り、「ゴリ」「帰りマン」「仮面ライダー」をはじめ
おびただしい数の特撮ヒーロー番組が
日替わりでブラウン管を賑わしていた昭和46年=1971年は
今考えれば奇跡のような年でしたね。
あの年に多感な時期を迎えたかどうかで、ヒーローに対するその後の思い入れが
変わってしまうほどの多大な影響を、子どもに与えた年でしたhappy01

’66年の第一期怪獣ブーム時には、放送されるどの作品も
怪獣番組とひとくくりにしてしか見られなかった、幼児期の私も
’71年にはやや知恵をつけ、制作会社ごとの作風の違いというものを
初めて意識した作品が、「宇宙猿人ゴリ」でした。
円谷作品とは明らかに異質な世界観は、私にウルトラ以外の巨大ヒーロー像を
開眼させてくれたのです。
で、その次にショックを受けたのが「仮面ライダー」だったことは
言うまでもありませんhappy01

そういう意味で’71年は、私にとっても特撮ファンとしての第二ステップを
感じさせてくれた
メモリアルイヤーだったんでしょうねhappy01

映像ソフトやネットなどで、今やどんな年代の番組も気軽に見られるようになりましたが
映像作品は、時代の空気を映す鏡のようなものなので
作品をきっかけにして、本放送を初見した頃を思い出すというのが
本当の楽しみ方なのかもしれないと、最近は思うようになりました。
おっしゃるところの「感慨」というのも、きっと初見当時の記憶の賜物かもしれませんね。
確かに贅沢な時代でした。ミラーマンとシルバー仮面のどっちを見るかで
身を切るような決断が必要だったわけですから。
ですから、作品への思いもひとしおになるんですよ。きっとhappy01

ついつい動画探して見ちまった
内容はリアルタイム初見ですっかり忘れられないトラウマになってて・・・
出来れば二度と見たくないと思ってたんだが・・・
やはりキツイお話しだったなあ~
土曜の夜に毎週この番組を見続けたんだよなあ~

珠恵様 いやー見ちゃいましたかhappy01
私も、大画面テレビでこのDVDをかけっぱなしにしていたら
曇り続きのお天気も手伝ってもう、陰鬱のズンドコにcoldsweats01
なにしろ私もリアルタイム派でしたから
こんなの見せられたら、さすがにトラウマ必至ですよね。
こんなハードな内容のドラマ、よく土曜日のゴールデンタイムに流してたなあと
むしろそっちの方が怖いです。
人間の暗部とやるせなさという意味で
このエピソードは、怪奇大作戦に通じるものがあるなあと。
ああボビーに花束を(合掌)weep

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/40437635

この記事へのトラックバック一覧です: 食中毒注意:

« スペクトル三段腹 | トップページ | 三吉くん安らかに »