2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 猛暑AM7時 | トップページ | M35星の逃亡犯 »

2011年6月29日 (水)

そうだ屋台行こう

最近、地上波には見る番組がほとんど無いので
テレビ鑑賞はもっぱら、BS・CSに逃げ込んでいますが
中でも比較的よく見る”歌番組”が
毎週水曜日午後6時50分から、BSJAPANで放送している
韓国・KBS制作の『MUSIC BANK』。


まー日本の番組で言えば
いにしえの『紅白歌のベストテン』といった趣で
凝りに凝ったステージセット上に、第一線のアイドル・アーティストが続々登場
ライブパフォーマンスを繰り広げる、まことに正統派の”歌番組”です。


K-POP全般に漂う、良い意味での「ベタ歌謡曲テイスト」が
現在の和製テレビ界から消えてしまった「ステージライブ」と融合し
私のような古い人間には、なんとなくデジャブ感を覚えさせる
安心できる番組で
これまで韓国テレビ番組にはまったく縁の無かった私ながら

気がつけばチャンネルを合わせています。
歌番組と言えば日本にも、テレ朝系『ミュージックステーション』がありますが
あくまでもスタジオ主体の同番組と
大ステージの広さを駆使した『MUSIC BANK』では
スケール感、出演者の人数共に、レベルが違う気がしますね。

韓国のテレビ事情にはまったく詳しくありませんが
韓流ドラマしかり、こういうベタな番組を見ると
ちょっと懐かしく、また羨ましくもあります。
出演アイドル・アーティストの『目の輝き』が
誰もが夢と希望に満ちていた’70年代の日本人のそれに
なんとなく近いような気がするからです。


そんな中でもここ数日、頭から離れないのがこの歌。




K-POP界に燦然と輝くビッグパフォーマー(という肩書きで良いんでしょうか?coldsweats01
知ってる人は知っている!

ご存知”Norazo”のnoteCurt bar
邦題『note屋台』でございますhappy01


俺は塩焼き
何でもコール コール
俺ら屋台行こう 屋台あそこ
屋台に行って一杯やろうよ
そうだ屋台行こう 屋台あそこ
屋台に行って酒を一杯

部長の小言に 酒が飲みたくなった
自転車操業のカード借金 友は酒だった
別れたがる彼女のせいで 酒に酔ってきた
ガヤガヤ人のにおいが あまりにも恋しい
そうなら どこに行くべきかな 友よどこに行く?
悩まないで悩まないで
近いところに あっあそこにある

つらい事 全部酒一杯で
3対7で巻いちゃえ さあ一気
イラつくこと全部 つまみ一つと
かんで飲み込もう 二度目の一気



こうして歌詞の一部を拾ってみても、実に等身大の元気ソング。
どこの国でも、サラリーマンの悲哀は同じという事ですね。

そんな想いが、ノリの良いリズムに乗って炸裂するわけですから
こんな暑い夏にはもってこいの一曲というわけです。
ビジュアル的にも、チャン・グンソクの100倍カッコイイ!happy02

彼らはもちろん今夜の番組にも出演、目いっぱいハジけてくれました。
クレージーキャッツ好きの私には、今どきの気取った応援歌より
こういう分かりやすい元気ナンバーの方が、しっくりきますね。
歌に合わせた踊りも忘れられず、ここ数日はエアチェックした番組を流しながら
頭上で両手を、屋台の形にホイホイとhappy02

明日からのウォーキングBGMも、この曲で決まりかなhappy01

« 猛暑AM7時 | トップページ | M35星の逃亡犯 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この話題に私が来なければウソになりますので来ちゃいましたww

イケメンや美少女アイドルが多数存在する中、
よくぞNORAZOを選んでくださいました。

さすが目の付け所が違いますね。

>K-POP界に燦然と輝くビッグパフォーマー

全くその通りですよ~。
だっていくら人気が有るとはいえ、少女時代モドキや
BIGBANGモドキばかりのK-POP界において
この個性的な歌手は他にはいませんから。

このNORAZO(ハングルでは[노라조]ノラジョとも読めます)は
デビュー当初はそれほどパッとしなかったのですが
2年ぐらい前からスーパーマン、サバ、カレー、と
コミックソングでありながらもクオリティの高さで
人気上昇という2人組です。

今年の1月に新宿でライブを行って
私も見てきました。

http://blogs.yahoo.co.jp/sidamihorada/1462592.html


頭から離れない?

そうです。
これが韓国歌謡界でよく言われる中毒ソングなのですwww

間違っても街中でのウォーキング中に両手を頭上に行かないように・・・

/^o^\ポジャンマ~チャ~、/^o^\ポジャンマ~チャ~
/^o^\ポジャンマチャ カソ ハンジャンハジャ~/^o^\♪


7月にまた新宿でNORAZOのライブがあるんですが
私は8月の韓国旅行などちょっと経済的理由で参加しませんが
もし機会が有れば生ライブをお楽しみください。

http://www.youtube.com/watch?v=6ucXS9tshdQ

こういう歌手に目をつけない日本の芸能界も見る目が無いですね。

イケメンのほうのギターのイ・ヒョクは1月のライブの後
1人でお忍びで東京に来て、カプセルホテルに宿泊し、
食事も寿司、松屋、寿司、松屋、寿司、松屋と
素晴らしいローテーションでしのいだという
全く芸能人らしからぬ行動をする人なのです。

これからもNORAZOをどうぞよろしく~smile

Koreanair様 K-POPにはまったく詳しくなかった私ですが
『MUSIC BANK』の放送を知ってから、現状をかなり知る事ができました。
中でも衝撃的だったのが、NORAZOの存在でhappy01

『屋台』に限らず、彼らの曲は動画サイトでいろいろ見ましたが
ルックス、歌唱力共に十二分でありながら
あえて『サバ』なんて、日本人には及びもつかない題材のコミックソングを
歌いきってしまえる堂々たる実力と
それを存在させる韓国ショービジネス界の懐の深さに
改めて感服しました。
日本で言えばちょうど、爆風スランプあたりに位置づけられる存在ですね。

一月の新宿ライブの貴ブログ記事を拝見しましたが
ラスト曲は日本語のバラードだったとの事ですし
やはり彼らはただのコミックバンドではなく、その実力をあえてコミカルに
演出している所が今風であり、カッコいいですよねhappy01

とももあれ今や、私も『屋台』が中毒ソングになってしまってcoldsweats01
事あるごとに/^o^\ポジャンマ~チャ~、/^o^\ポジャンマ~チャ~と
踊りまくっておりますhappy01
この調子で行くと、ウォーキング時にも踊りだしかねないので
MP3プレーヤーへの曲転送は、今のところ控えておりますがcoldsweats01

>こういう歌手に目をつけない日本の芸能界も見る目が無いですね。

ひょっとして来年あたり、日本にも彼らのブームが来るかもしれませんよhappy01
その日に備えてあの「屋台ダンス」を極めておこうかとhappy01
ご紹介頂いた今月の新宿ライブは、残念ながら行けそうにありませんが
いつか松屋で、イ・ヒョクさんと遭遇したいものですheart04

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/40603551

この記事へのトラックバック一覧です: そうだ屋台行こう:

« 猛暑AM7時 | トップページ | M35星の逃亡犯 »