2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 超大作完成 | トップページ | 手は口ほどにモノを言い »

2011年5月29日 (日)

ウルトラ作戦成功速報

Photo

この一枚ほど、今日のイベント成功を雄弁に語る写真はないでしょうcamera
前回の記事で完成をお知らせした、『ウルトラマンからの宿題』への意見書。
ご意見頂いた皆さんにお約束さしあげた通り
本日無事、古谷”ウルトラマン”敏さんにお届けしましたhappy01

コレはイベント中盤、質問タイムにお渡ししたのですが
写真に映る満面の笑みの通り
古谷さんは大変喜ばれ、必ずお読み頂けるようお約束下さいました。

ご丁寧にも、こんな受け取り記念の写真ポーズまで決めて頂けてhappy02
あのスペシウム光線を放った両手が、皆さんからのご意見を持っているhappy02happy02

4月の来名イベント時、自ら参加者にご質問されたように
古谷さんご自身も、ウルトラマンに対するファンの気持ちは
もっとも気になるところだったのでしょう。
やっぱり、お仲間の皆さんにご意見を呼びかけてよかった。
改めて、識者各位に感謝するばかりですhappy01


嬉しい場面が多すぎて考えがまとまらず、きっと長文になっちゃうので
今日の模様は、すぐにはとてもお話できません。
ですからその顛末は後日。今日はまず速報、取りまとめ役の責務として
皆さんからのご意見が無事、ウルトラマンご本人に届いた旨をお伝えしました。


お渡しした折、意見書をしっかり両手で受け取って下さり
私のような者の目をまっすぐ見られて、深くお礼下さった古谷氏。
この時頂いた『ありがとうございます』というお言葉を
そのまま「ウルトラマンからのお礼」として、皆さんにお伝え致します。

でも思いました。会場に流れるこの素直な空気こそ
あの初作『ウルトラマン』の世界観そのものだなあ、なんて。
これなんですよ。私がウルトラマンにもっとも心惹かれる理由は。
当時の多くの関係者と同じく、古谷さん自身が醸し出す空気もまた
ウルトラマンという物語独自のカラーに、大きく貢献していたんですねhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 超大作完成 | トップページ | 手は口ほどにモノを言い »

「ウルトラマンクラシック」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

今日の講演会に(前回も)参加させていただきました
Korean airと申します。

mixiもYahooブログもこのハンドルネームでやっていて、
韓国が好きで(特に歌謡曲)韓国マニア?として活動していますが
ウルトラマンやゴジラなど私の年代的に昭和の特撮が好きなので
このような講演会に参加させていただいています。

しかし女性ながらすごいですね~。
まさか前回のことを皆さんから意見を募って
古谷さんにお渡しするとは・・・・

次回の講演も参加させていただきますので
お会いしましたらよろしくおねがいします。

Korean air様 ようこそいらっしゃいましたhappy01
台風の中イベントへのご参加、お疲れ様でしたtyphoon

私も最近は、K-POPにちょっとハマっていて
ほぼ毎日出かけているウォーキングのBGMは
今、KARAのアルバムばっかりですnote
時々BSで、韓国のバラエティ番組などを拝見するのですが
彼らK-POPアイドルの、献身的なまでのプロ意識は素晴らしいですね。
とはいえ私は、この分野に関してはまだまだ無知なので
またいろいろ教えて下さいhappy01

齢がバレますがcoldsweats01 第一次怪獣ブーム直撃世代なもので
ウルトラやゴジラなどはもはや原体験、魂の故郷と化しています。
そんな思いをブログやmixiに綴っているうちに、同好のお仲間がたくさん出来ましてhappy01
古谷さんからのご質問を呼びかけられたのも、そんなお仲間の存在あってこそです。
やっぱり「ウルトラマンからの宿題」ですもんね。ファンとしては何とかしないとhappy01

またイベント等がありましたら、お会いできると良いですね。
思いの強さにマニア的知識が追いつかないおバカですが、どうぞよろしくお願いしますhappy01
ブログやmixiにも、お気軽にお越し下さいませhappy01happy01

私もそうですね。

S39生ですのでもう頭の中に刷り込まれてしまっていて、、
いまさら「ウルトラマンの何が好き?」といわれても
答えに困ってしまうのです。

当時の私はまさに怪獣殿下状態でしたので・・・

韓国は今の韓流ブームが来るずっと前の
88ソウルオリンピックのころから韓国歌謡に
興味を持って今に至ります。

いまは1999年デビューのKOYOTE(コヨーテ)という
男女混合の3人グループのファンですが、トロットという
韓国演歌(昔の日本の歌謡曲みたいな)のも好きなんです。

あと北朝鮮にも行ったこと有ります。
ツアーですけど・・・

話せば長くなっちゃいますのでこの辺でやめときますが・・・

それぐらいあちらの国に関心があるということですね。

韓国に行けば普通の観光では訪れないところばっかり行ってるし・・
そういう面でもマニアックな私ですwww

またお邪魔しますね~。

やっぱりKorean airさんも、古谷敏さんのイベントにご参加されるくらいですから
ウルトラマンへの思い入れは、人一倍おありなんでしょうねhappy01
古谷さんもそこがお分かりだからこそ、昨日も参加者の皆さんと
フランクに接して下さったのだと思います。
まさか私も、ケムール人の走り方についてまでお答え頂けるとは
思ってもいませんでしたcoldsweats01

ソウル五輪の頃から韓国歌謡キャリアがおありなら
にわかファンの私など、足元にも及びませんねcoldsweats01
KOYOTEもその名を聞いたことがある程度ですし
ましてやトロットなどまったく不勉強で、お恥ずかしい限りですcoldsweats01
でもここ数年の韓国歌謡の隆盛には、かつての和製歌謡の勢いと
同じものを感じますね。
エンタメ界に限らず、勢いのある国にはスターやヒーローが生まれやすいという
解析がありまして、高度成長期の日本にウルトラマンが生まれたように
今の韓国にも、そういう勢いがあるんでしょうね。
だから様々な業種で、輝きが増しているのでしょうねhappy01

韓国素人の私が分かったようなお話をしてしまい、失礼しましたcoldsweats01
私も韓国にはぜひ行って見たいのですが、なかなかチャンスがありません。
またお話を聞かせて下さい。よろしくお願い致しますhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/40183202

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラ作戦成功速報:

« 超大作完成 | トップページ | 手は口ほどにモノを言い »