2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 阿呆巻 | トップページ | ネヴュラ防衛軍超兵器格納庫 »

2011年2月 5日 (土)

デッドスペース活用作戦

今月2日の水曜日深夜=3日の未明から
突如、オタクグッズの整理に入っておりまして。

空いた時間をフル活用し、少しずつ進めてはいるものの
雑多ながら数だけは多いコレクションの整理は、やっぱり大変です
多くのホビー系コレクター諸氏同様、在庫整理中の部屋なんて
さながらオタクショップの新規開店直前並みのひっくり返り具合

深夜三時、真剣な表情で食玩の山をかき回す私の姿には
いつも以上に鬼気迫るものがあります

今回の整理のきっかけは、最近の春めいた陽気のせいで
動くのがおっくうでなくなった事もありますが
何よりも大きかったのは、先日のポピニカ魂・サイクロン入手。
加えて昨年来、新作リリースの度に入手している特撮リボルテックも。

そんなこんなで、ユルソフビばっかりのわが家に
出来の良いリアルフィギュアがにわかに増えてきたので
できれば埃を避けてディスプレイできる展示スベースを
確保する必要に迫られたわけです。
買ったら箱に入れたまま押入れのコヤシというのも忍びないと
とにかくまず飾るのがポリシーの私。
ですが貧乏ゆえ、カラーボックスを展示スペースにしているので

どうしても埃がついてしまいます。
そんな時、濡れタオルで簡単に拭ける怪獣ソフビと違い
内部や細部についた汚れが取りにくいリアルフィギュアにとって
埃は大敵ですもんね


その結果、小サイズながら背面ミラー付き・ガラス張りディスプレイケースなるものを
生まれて初めて購入したのは良いんですが
今度はそのケースの置き場所に困る始末で
それと並んで、展示スペースからあふれ出て床にそのまま立たされている
かわいそうなソフビやフィギュアも、この際なんとかしてあげたいと。
良い機会ですから、ここで思い切ってコレクション配置の見直しを図り
より見栄えのする形で、サイクロンや特撮リボルテックをディスプレイしようと
思い立ったのでした。


でもまーオタクグッズ整理は、やればやるほどハマりこむ底なし沼
正味三日目となった今日も、一部のカラーボックスと押入れが片付いた程度で
収拾の気配さえ感じられません

ガラクタばっかりだけどこんなに持ってたかなー、と自分にあきれ返るものの
あるものは仕方が無い。
スペース確保を目指し、ストイックに仕分けと整理を続けております。


Photo

処分その1。約150本のVHSテープ。
DVDで再入手した作品だったり、もう見ない作品だったり
こういう不要なビデオテープが、デッドスペースの原因なんです。
以前も500本以上処分し、今回も豪快に不燃ゴミにしましたが
まだ依然として、400本近くの在庫が捨てられません。

ああどうしよう。’90年代に放送された怪獣関係のスペシャル番組
一部は自分が制作に関わってるだけに、思い入れが強すぎて

整理に次ぐ整理を続けていると、意外なものが見つかってみたり。


Photo_2

こんなの出てきました1。古いバッジ。
大きな007バッジは20年ほど前、シンガポールで入手したもの。
上の二つは’70年代、小学館の学習雑誌で通販されていたもの。
下の二つは、当たりクジ付きのガムかチョコレートの賞品で
当たるとその場でもらえたような気が。
恐竜のダイヤカットの目が懐かしい


Photo_3

こんなの出てきました2.仮面ノリダーキーホルダー。
コレは昔、円谷プロ旧本社へ遊びに行った帰り
祖師谷商店街のおもちゃ屋さんで買ったんですよ。
円谷の帰りに東映関連というのもアレですけど


Photo_5

こんなの出てきました3。24時間変身し続けっ放しの、仮面ライダー掛け時計。
パンプレストのプライズ商品です。
コレは確か、私のような偽りの女子が集まる忘年会か何かで
ゲームの賞品としてもらったものですね。

一般の皆さん、変身系女子には特撮オタクが多いんですよ

長年オタクをやっていると、ダブリや不要なアイテムも出てくるもの。
そんなわけで今回は、部屋のデッドスペースを占めるアイテムの一部を
思いきって売却することにしました。
とはいえ中途半端なコレクターなので、珍しい物など皆無ですが


Photo_4

処分その2。売却予定アイテムの一部。
部屋の整理はまだ途中なので、これからまだまだ増えるでしょう。
ネットオークションはちょっと手間なので、イッキにリサイクルショップへ
持ち込む予定。
ご覧の通り珍品ゼロですから、安価でも引き取ってもらえれば儲けモノの方向で
こうやって少しずつ処分しながら、新入荷アイテムの展示スペースを
稼いで行こうというセコい作戦です

ご近所の方、数日後にどこかの店頭でこれらを見かけたら
元の持ち主は私だったと思って、笑ってやって下さい

さあまだまだ部屋がひっくり返っているので、整理を続けることにします。
ちょっと寝不足ですが、せっかく時間の取れる週末ですから。
そんな事情からここ数日は、更新をお休みする日もあるかと思います。
始めると止まらない性格の上、オタクが必ず通る道とご理解下さい。

新ディスプレイケースのお披露目めざして、頑張ります

« 阿呆巻 | トップページ | ネヴュラ防衛軍超兵器格納庫 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

オイラもビデオテープの処分に困ってます
レコードは処分を免れましたがそれでも置き場に困りますね
ビデオ・・・大切な宝物だったのに・・・
見る時間を失った現在、成仏する方法を見つけられないですね

玩具も同様、オイラも昔は「愛でる」をモットーとしてて箱にしまうなんて考えもしませんでしたが・・・
増える一方で・・・悲しい事ながらダンボールにぶち込んだソフビ・・・
部屋に積み重ねた墓標を見る度に悲しくなります
無造作にソフビは積み重ねたくないんだがなあ

画像の処分品をつくづく見入ってしまうのは、
おもちゃファン(マニア・オタクを名乗れる
レベルではないので・・・笑)のサガという
ものでしょうか(汗)
オタクイーンさんがモデルガンを収集され
ていたのは意外なカンジ・・・。
いえ、良いとか悪いとかではなく・・・。
オートナインは面白い銃ですよね。
それとも映画ファンとして持ってらしたのかも?
MGCってその頃健在だったのですねぇ。
今もあるのかな?

趣味のものって、増えて行くものの減って行く
機会がありませんよね。
私もいる物いらない物を大々的に整理したいと
思っていますがなかなか出来ません
整理が終わってディスプレイが完了されたら
ご紹介下さい

珠恵様 家庭用ビデオデッキ導入時に青春真っ只中だった私たちにとって
ビデオテープは本当に宝物でしたよね。
私も今回の処分を泣く泣く決行しましたが
それでもやっばり、録画内容以前にテープそのものに思い入れのあるものは捨てられません。
ラベルにタイトルを手書きレタリングした作品とか
500本以上のカセットテープも、未だに捨てられずじまいですが
VHSほどは場所を取らないので、何とか廃棄の難は逃れています

狭い我が家ながら、ソフビはとりあえずディスプレイできていますが
問題は超合金や新世紀合金など、埃が大敵の代物ですね
今日はほぼ一日かけて、ちょっと汚れ気味のそれらを綺麗に拭いてあげました。
ディテールが細かいだけに、ちょっと強くこするとパーツが折れちゃいそうで
神経を使います
やっぱりソフビも超合金も、愛情を注いであげれば輝きを取り戻すなあと
再発見した機会でした。
珠恵さんと同じく私も、縁あって集めたグッズを無造作に扱いたくはないですから
ただ問題は、貧乏ゆえ大したモノを持っていないことで

(=^・^=) 様 コレはエアソフトガン、ガスガンの類で、正式な観賞用モデルガンよりも
プレイモデルと言うか、サバイバルゲームなどで使われる傾向がありましたね。
私も友人の影響でこれらを集めたものの、ほとんど未使用で
押入れのコヤシとなってました
今回久々に箱を開けてみたら、まーキレイ
つくづく、熱しやすく醒めやすい性格を呪ったものです
メーカーの動向もほとんど知らず、MGCの存続情報もまるで蚊帳の外状態で
おっしゃる通り、オート9はスバリそのまま、ロボコップ一作目の影響です。
でもあまりに大きな銃なので、扱いがちょっと不便でしたが

オタクグッズの整理って、何かきっかけがないとできませんよね。
今回はディスプレイケースの購入が一つの動機ですが
そんな事でもないと、私もダラダラと集めるだけで・・・
染み付いたグータラ癖は、なかなか治らないようです

コレクションケースは今日届きました。
小さいケースながらいざディスプレイしてみると、なんだかお店のウィンドーみたいで
ファーといっしょに狂喜しております
いずれお披露目しますので、期待せずにお待ち下さい

 祖師谷でノリダーのキーホルダーなんて、ピッタリじゃないですか! 祖師谷は木梨サイクルの地元ですから。

 たしかにVHSテープはスペースを占領しています。DVD化されていない映画や番組など、捨てられないものもあるのですが、きちんとラベルを貼って整理していなかったため、プレーヤーが無い今となっては中身が確認できず‥‥。
実家からVHSのプレーヤーを借りてきて、一気にブルーレイに焼こうと思っているのですが‥‥。見始めるとついつい見入ってしまい‥‥(^^ゞ 一向に進まなくなってしまうんだろうなぁ‥‥。

 「ティガモンスター超全集」! 懐かしい~。 まだガシャポンにハマる前、ちょっと恥ずかしくてとうとう買えなかったヤツです(^^ゞ マキーナ、ガゾート、レイロンス、マグニア、宿那鬼、ビザーモ‥‥ 丸山浩さんによるデザインは好きでしたネ~。

 初代ファミコンも、マニアには人気が高いですよネ。高価で売れることを願っております。

自由人大佐様 こんな記事にまでコメント頂いてすみません
そうですか 木梨さんのご実家が祖師谷だったとは初めて知りました。
このキーホルダーも、そんなご縁の賜物かもしれませんね

自分が録画した番組って、ラベルを貼るなどきちんと整理しないと
増えすぎちゃった時に判別が出来なくなって、大変ですよね。
かつて私もカセットテープで同じ思いをし、その轍だけは踏むまいと
VHSテープからはラベル書きを心がけました。
たまたまその頃は、デザインの専門学校に通い出した時期だったので
ラベルをレタリングすることが、手書き文字の一種の練習だったんです。
その為、一枚書き上げるのにずいぶん時間がかかりましたが
そのおかげで今も、内容不明のVHSはありませんが
逆に、捨てる時に恥ずかしい思いもあったりして
かなり偏ったラインナップですから。『特命リサーチ200X』200回分とか

>見始めるとついつい見入ってしまい

きっと私もそうなっちゃうでしょうね。ですからあえて見ずに捨てます

>ティガモンスター超全集

コレは私も入手時に力を入れたアイテムですが
何しろ今や、ティガモンスターも目ぼしい所はソフビ化されているので
私の欲しい怪獣は、ほぼソフビで揃っちゃって
でコレはデッドスペース解消の為、今回は泣く泣く処分対象です
大佐さんのお好きなガゾートや宿邪鬼をはじめ
私はリガトロンやエボリュウ、シルバゴンやジョバリエあたりも好みです。
ネロンガ好きの私ですから、ゴルザなど正統派ラインも大好きで
マキーナやレイロンスなど、ティガは怪獣デザインにも実験的な試みが多かったですよね

同じ事を考える方は多いのか、初代ファミコンは売りに来られる例が多いそうで
買い取ってもらえるかショップで尋ねたら、在庫過多を理由に断られてしまいました 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デッドスペース活用作戦:

« 阿呆巻 | トップページ | ネヴュラ防衛軍超兵器格納庫 »