2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 白銀の恐怖 | トップページ | 19時48分の攻防 »

2011年1月18日 (火)

氷底軍艦

Photo_7

昨日、名古屋を銀世界に変えた豪雪も、昨夜のうちにすっかり融け
今朝の街は、いつものいでたちを取り戻しました。

7時半の気温、湿度が5並びという偶然を、天の啓示と思い込んだ私はcoldsweats01
かねて準備のひみつ作戦を、いよいよ実行に移したのであります。
楠見少将、お喜び下さい。我々は再び立ち上がる時が来たのですっhappy02


Photo_8

雪解けの湖で勇壮な戦いを繰り広げるのは
世界制覇を企むムー帝国の尖兵・巨竜マンダと
我らの海底軍艦・轟天号!


Photo_10

というわけでcoldsweats01
マイブームとなっているお手軽氷結特撮、今日はいつもの池へ出張撮影camera
かの名作・海底軍艦(1963年東宝 本多猪四郎監督)から
氷を割って飛翔する轟天号と、巻き付くムーの巨竜・マンダです。
本編には無いものの、ファンの誰もが夢見る名場面ですね。
マンダ絡みの氷中登場という設定は、現時点でのゴジラ最終作
ゴジラ・ファイナルウォーズ版新旧轟天の折衷場面っぽいですが
あくまで私の中では、この操縦室で指揮を執るのは
連想ゲームの大声解答も勇ましい、神宮司大佐その人happy01

轟天建武隊、未だ降伏せずですっpunch


Photo_11

轟天号はバンダイの東宝マシンクロニクルVer.1の物。
マンダはイワクラのゴジラ特撮大百科Ver.3ゴジラの息子篇の物です。

メーカーは違うものの、なんとなくスケールが合いそうと巻きつけていたら
うまく行っちゃいましたhappy01
毎度の現場合わせですが、ダメ元でもやってみるもんですねcoldsweats01


Photo_12

もちろん氷結させなければ、これほどしっかりとは固定出来ません。
単体では見慣れた轟天も、こうしてマンダと絡めると
俄然、ドラマチックなシーンとなりますねえlovely

このアングルもなかなかの迫力ですが、惜しいのは氷ペースの端が見えちゃう。
加えて今回は氷もきれいに出来すぎ、若干表情に欠けるので・・・


Photo_13

融けずに残っていた近くの雪をかき集めて、ベースの氷を隠してみましたsnow
ややシャーベット状となった雪が、激闘で起きる波しぶきみたいに見えて
コレはコレでカッコイイhappy02


Photo_14

抜群のリアリティーを誇る、イワクラ自慢の初代マンダ!
写真撮影中に、たまたま近くに居合わせた主婦二人組から
「なにそれ?トカゲ?」なんて怖がられ、ちょっと焦りましたsweat01
雪から覗いていたのはこの頭だけだったので
どうやら彼女たちには、マンダが本当の生き物に見えたようですねcoldsweats01
まーそれはそれで、フィギュアの出来の良さを証明したわけですが
happy01

Photo_16 

轟天もこの通り、さすが老舗メーカー・バンダイのクオリティーhappy02
このスケールでこのディテールなら、もう言う事ありません。
全長約11cm。イワクラの轟天は持っていないので分かりませんが
たぶんスケールも近いんでしょうね。
偶然にも前述の通り、波しぶきはシャーベット状の雪が最適のようで。
雪粒がフィギュアにピッタリのスケールで、何とも良い芝居をしてくれています
happy01
以前撮ったMJ号も、こうすれば良かったcoldsweats01


Photo_17

撮影位置の関係で、残念ながら向こうの地面が見えちゃってますがcoldsweats01
少なくともマンションのベランダよりは、臨場感ある絵が撮れました。


日照・雪などの気象条件や季節の景観が、写真の出来に大きく影響する自然特撮。
雪が融けちゃえばこのディオラマも、もう再現できません。
このはかなさが何とも良いんですよね。まさに今だけしか撮れない一枚。
自然相手の怪獣遊びは、まだまだ奥が深そうですhappy01happy01
happy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 白銀の恐怖 | トップページ | 19時48分の攻防 »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

このイワクラのこいつら、オイラもゲットにはかなり苦労しましたよ
近所で運良くマンダは出たんですが轟天は・・・
ファミマ全店に強制入荷の品だったので、知る限りのファミマを廻りました
緑区・天白区・南区とさまよい歩き・・・
最後、吹上のファミマでようやく重たいのを見つけました
中身は勿論轟天、手にした時、背中に電流が走りました

クロニクルも封入が悪質で、轟天とSY-3は1個ずつしか入ってませんでした
まあメーサーは複数欲しいから良かったけどアルファ号や黒鮫号は2個も要らないからなあ
イワクラとバンダイのはほぼ同じですね
イワクラの方はドリルが金属なので少しだけきめ細やかに見えますよ

雪は雲の代わりになりますからね
オイラが撮影した轟天も雪山をぶち抜いたのか雲の中から飛び出たのか判らないイメージになりました
この雪のようなシャーベットはまだ使えそうですね
赤いスポットライトを当てると海底火山の噴火の中の激闘とか出来そうだね
雪がなければカキ氷とか氷を砕くミキサー導入して撮影しちゃいそうな勢いですねえ

オタクイーンさん、ご無沙汰しております。
すっかり年も明けて新年のごあいさつもせず失礼いたしました。
11月より公私ともに超忙しくなって久々のコメントです。

日本海からの雪雲が名古屋までぬけて来たのもきっと何かの啓示でしょう。
オタクイーンさんの冷凍系怪獣フィギュアを動員しての撮影には
絶好のロケーションでしたね。
先日から「寒いのにようやらはるな~」と感心しながらも
雪の中、バルゴンがひっくり返っている映像見て笑いました。
大阪城を冷凍したのに、そういえば熱い国の出身の怪獣でしたね・・・
ほんまこの怪獣何やねん、ですよね(笑)当時は何も考えず観てました。

今日は5天5のお告げがあったんですね。
映画では轟天号に凍らされてかわいらしく目を閉じてしまう
マンダですが、このフィギュアはくねくねと曲線美がすばらしく
どの角度から観ても味があります。

神宮寺大佐の連想ゲームの大声解答(笑)
思い出してこれまた笑いましたよ~!

珠恵様 イワクラの轟天号、やっぱりお持ちでしたかhappy01
いやー羨ましい。私なんて見たこともないですよeye
ドリルは金属なんですね。凝った作りにビックリです。さぞや見栄えがするんでしょうね。
イワクラ版とバンダイ版のサイズがほぼ同じだから
写真の通り、バンダイ版とマンダの相性もピッタリなんですね。
合わせてみて、あまりにもマンダのとぐろにうまくハマるのでhappy02

クロニクルはちょっとズルして、ショップでフルコンプセットを入手したので
ダブリの恐怖からは逃れられましたが
後にメーサー他が複数、福袋みたいにまとめられて
超安値で投売りされていたのを見た時は、さすがに目まいがしましたcoldsweats01
まーそれも速攻ゲットしたので、今やメーサー部隊やアルファ号部隊が
編成できそうな勢いですがcoldsweats01

この日は雪がほとんど残っておらず、ご覧の通りのシャーベット状態だったので
波しぶき風に見せていますが
おっしゃる通り雲や、照明効果で海底火山にも使えそうですね。
他にも自然の中で使えるものがないか、撮影がてら探してみようと思います。
夏もカキ氷機で作った氷で、涼しいディオラマが出来そうなので
今年の8月は楽しくなりそうだなあと、気の早い期待に胸を躍らせておりますがcoldsweats01

かたつむり様 お久しぶりですhappy01
こちらこそ遅くなりましたが、本年もよろしくお願い致します。
お忙しいようで何よりですねhappy01
西日本は寒波が居座っていますので、風邪など召されませんよう
お気をつけ下さいhappy01

まー私なんか風邪も呆れて近づかないおバカですのでcoldsweats01
今回の寒波を大いに活用して、怪獣遊びを満喫しておりますhappy01
ガメラ怪獣軍団の氷ディオラマは、極寒の海の雰囲気が良く出ていて
(本物の氷ですから当たり前ですがcoldsweats01
バルゴンなんか、ホントに気の毒に見えましたねhappy01
ガメラをはじめあの4体の怪獣は、手足がまったく動かせない固定ポーズなので
溺れている感じや、泳いでいる感じに見せるのに苦労しました。
おっしゃる通りバルゴンは南国出身なのに、冷凍液や七色の熱線を出すんですよね。
しかも水に弱いという。もう自己矛盾の塊ですhappy01

>5天5のお告げ

さすがお気づきでしたね。「ゴーテンゴーで撮影にゴーゴー」というわけでしたhappy01
でもあの数値は本当に偶然で、こんな事もあるんだなあと驚いた次第です。
上の時刻表示が「55秒」だったらもっと良かったんですが、そこまでうまくはいきませんねcoldsweats01
嬉しい偶然に、轟天もマンダも喜んでいるようですhappy01

>連想ゲームの大声解答

田崎潤さんと言えばコレですよねーhappy01
丹波哲郎さんと並び、どんな時もわが道を行くその潔さを
私も見習いたいものだなとhappy01happy01happy01

おぉ、なんだかかっこいい画像ですね。
昔の特撮ものよりリアリティがあるかも?
よかったら私のブログのクリック応援お願いします

のり様 はじめまして。ようこそいらっしゃいましたhappy01
拙写真にリアリティを感じられたとすれば
それはおそらくフィギュアの出来の良さと、屋外撮影の際の自然光によるものでしょうcamera
写真の腕はゼロなのでweep いつもそれら素材や条件の良さに助けられていますhappy01
こんなブログですが、これからも気軽にお越し下さいねhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/38521559

この記事へのトラックバック一覧です: 氷底軍艦:

« 白銀の恐怖 | トップページ | 19時48分の攻防 »