2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 昼下がりの火星基地 | トップページ | 100円サイクロン »

2011年1月29日 (土)

仮面ライダー強さのひみつ

Photo

いつもテレビで大かつやくする、われらの仮面ライダー。
今日はネヴュラ王へんしゅう部が手に入れた
仮面ライダーのひみつ情報を、君たちにちょっとだけ教えよう。
おっと、友達にはないしょだぜ。


Photo_2

改造人間・仮面ライダーには
ふつうの人間にはない超能力がたくさんあるんだっ!


Photo_3

せかい征服をたくらむ悪のひみつ結社・ショッカーに改造された本郷猛は
脳改造の直前、緑川はかせとともにアジトをにげだし
人間のじゆうのために戦うことをちかった。
風をはじめとする大しぜんが、ライダーのパワーのみなもとだ!


Photo_4

一撃でショッカーのせんとう員を倒し、怪人にも大きなダメージを与える
ライダーパンチ。
人工筋肉とけい合金でできたライダーのほねは、ものすごく軽くじょうぶで
そこからくりだされるこのパンチは
こうてつのとびらでも軽くこわしてしまうはかいりょくだ!


Photo_5

人工筋肉によるジャンプからくりだす
仮面ライダーの最大のひっさつ技、ライダーキック。
改造された足のかんせつにはとくしゅな合金が使われ
ふつうの人よりなめらかに、速くうごくため
どんな怪人でもいちげきで倒してしまういりょくが生まれるのだ!


Photo_7 

ライダーがたたかう時にかならず決める、ライダーファイトのポーズ。
ショッカーにたちむかう意欲を体じゅうにみなぎらせる為の
ライダーのファイティングポーズなのだ!


Photo_8

ライダーファイトのポーズから「トオッ」というきあいとともに
高い木の上へ飛び上がるライダー。これがライダージャンプだ。
すいちょく距離15メートル30センチ、はば48メートル70センチをほこる。
バッタの改造人間であるライダーの、すばらしい能力だ!


Photo_11 

高い木の上から、ショッカーの悪事をみはるライダー。
Cアイとよばれる大きな目は、暗いところでもよく見えるせいのうで
顔のまんなかにあるOシグナルは、きけんをたんちできる。
二本のしょっかくも、4キロ四方の音を聞きわけることができるんだ。


Photo_10

こどくな戦いをつづけるライダーをいつも支えるたのもしいあいぼう。
それが高せいのうオートバイ・サイクロンだ。
このバイクがあるからこそ、ライダーは事件のげんばに
すばやくかけつけることができるんだ!


Photo_12

本郷の仮面ライダーへの変身とどうじに
本郷がいつものるオートバイも、サイクロンに変身する。
二百馬力のげんし力エンジンがのっていて、じそく400キロでつっばしる。
新幹線ひかり号の、二倍ちかいはやさをだせるんだ!
とくしゅなタイヤの働きで、すいちょくなビルのかべを登ることもできれば
ジャンプ力は30メートル。ビルからビルへ飛びうつることもかんたんだ。


Photo_13

サイクロンは、海でも川でもはしる水陸両用車だ。
車体の後部には、最大の加速をだすためにロケットブースターがついている。
えんまく装置でけむりをふりまき、敵をかくらんすることもできるんだ。


Photo_14

あやしい事件はっけん!サイクロンにまたがってげんばパトロールだ!
サイクロンとライダーのコンビはさいこうの力をほこり
そのスピードをいかしたサイクロンの体あたりこうげきをうければ
ショッカーの怪人はひとたまりもないぞ!


Photo_16

ほんとうは科学者であるライダーは、戦いなどのぞんでいないんだ。
でもひとびとがへいわに、じゆうにくらすようすを見るたびに
この自由をおびやかすショッカーを許せないんだ。
だから改造人間であるじぶんのからだを使って
体当たりで戦いにいどんでいくんだ。
いつか戦いがおわり、すきな研究ができる日を夢みながら。


Photo_17

たくさんのひみつを教えてくれて、ありがとうライダー。
これからも人々のじゆうのために戦う彼を
ぼくたちわたしたちは、いつもおうえんしているぞ!


えー失礼しましたcoldsweats01
いつぞやの予告通り、入手したばかりのポピニカ魂・サイクロンを
いつもの森へ持ち出して、目いっぱい遊び倒してきましたhappy01


さすが本編がオープンロケ主体だったライダー。
やっぱり自然と太陽光が似合いますねsun

フィギュアをセッティングし、デジカメのモニターを覗いているうち
本物とみまごうばかりの迫力に、ハッとすることもしばしばでした。

いにしえの冒険王やテレビマガジンの口絵風にすることも
最初は考えていなかったんですが
撮っているうちに、なんか本編ロケ現場の特写みたいになってきちゃって
悪ノリで作ったのが、今回の記事ですcoldsweats01


記事中のひみつ情報は、当時のテレビマガジンカルビー・仮面ライダーカード
さらに竹書房の仮面ライダー画報をチャンポンにしてありますので
現在の公式発表とズレがありましたら、お詫び致しますcoldsweats01
まー今回は正確な情報よりも
出版社やお菓子メーカーが情報を自由自在に作っていた
ライダー本放送当時の空気を、少しでもご回想頂くのが目的ですので

なにとぞその点をご理解下さり、至らぬ点はいつものおバカとお笑い下さいhappy01

いやーそれにしても、今回はアオリの角度が多かったせいもあって
ロケ場所の選定に加え、太陽や雲待ちが大変でしたsweat01

撮影が二日間に及んだことなんて、最近は久しぶりです。
もはや、お仕事より気合が入っちゃいましたがcoldsweats01
可動や細密造形などポピニカ魂の出来の良さは、写真に活かせたと思っています。
やっぱりおもちゃは外で遊んでナンボと改めて感じた、冬晴れの一幕でしたcoldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 昼下がりの火星基地 | トップページ | 100円サイクロン »

「仮面ライダー他」カテゴリの記事

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

相変わらず楽しんでますね
1枚目の写真、背景と実に良い具合で、スケール感が実物大に見えますよ
一度ロケ乱入してみたいですわ
暖かくなったら行けると思いますよ

珠恵様 楽しむというかおバカというかcoldsweats01
目つきも悪くロケ場所を探す私の姿は、周りには不審者に映ったに違いありませんcoldsweats01
さすが珠恵さん。実は1枚目の写真は、今回の撮影で一番テイクを重ねたカットで
ライダーの立ち位置やサイクロンの角度を微妙に変え、雲の形や陽射しの具合を待ちながら
実に11枚撮っていますcamera
その中から吟味に吟味を重ねた1枚が、記事にアップしたものですから
毎度ヘタな写真ながら、苦労が表れていたのかもしれませんねhappy01

そんな具合ですから、撮影は想像以上に過酷で。
ロケが二日間に渡ったのも、何となくお察し頂けると思いますcoldsweats01
でもライダー本放送時の撮影現場を追体験できて楽しかったのも事実なので
青空ロケには、室内撮影には無い魅力がありますね。
暖かくなって機会あれば、乱入をお待ちしていますhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/38651235

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダー強さのひみつ:

« 昼下がりの火星基地 | トップページ | 100円サイクロン »