2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 電流火花が身体を走る | トップページ | 夕焼けロビー »

2011年1月 7日 (金)

ゼンマイ火花が車体を走る

実は前回の記事、サイドマシーンのお話は前フリでしたhappy01
個人的には盛り上がりを見せるものの、読者からは大ブーイングの不定期企画
紙モノスキャンシリーズ。
今回のご紹介は、子どもの頃に作った
バンダイ製ミニ・人造人間キカイダー(当時定価300円)。

その組み立て図です。もちろん当時物happy01
現物はどこかへ行っちゃうのに、なぜか組み立て図は保存してある不思議
sweat01

Photo

資料本『究極プラモデル大全』(白夜書房刊)によれば
発売は1972年ということですが
子どもにとってあの頃の300円って言ったらもう、ものすごい大金でしたhappy02
確かこの頃からお小遣いを「日払い制」から「月額一括制」にしてもらったので
母からもらった一か月分のお小遣いを、このプラモに投入した記憶があります。

てことは当時、私は一月300円の予算でやりくりしていたわけですねcoldsweats01
うーむこの企画、子ども時代の経済状況さえバレちゃうところが侮れないcoldsweats01
あれっ?じゃあ定期購読していた秋田書店の『冒険王』は
予算をどうやって捻出していたんだろう?
まーどうでもいいですかそんなおバカ話はcoldsweats01

以前ご紹介した『マスコット仮面ライダー』同様
このミニキカイダーも、当時のバンダイのキカイダープラモ展開上
二番手に位置するアイテムでした。

その頂点に燦然と光り輝くゼンマイ走行モデル『人造人間キカイダー』は
当時定価が600円でしたから
ほぼライダープラモシリーズを踏襲したラインナップだったようですね。

確かにこのミニキカイダー、件のマスコット仮面ライダーと同じ
ほぼ1/12スケールで、両者を並べると非常に見栄えがしました。
当時の等身大ヒーローを代表するライダー・キカイターが並び立つ図は
ついにブラウン管では実現しなかった、夢の場面だったわけです。

しかもこのミニキカイダー、フィギュアが一文字隼人だけだった
250円のマスコット仮面ライダーより50円高いだけなのに
サイドマシーンに跨ったキカイダーの他に
ジローが別フィギュアで付属するという大盤振る舞いhappy02


当時の私は、この措置に非常に感激しましたhappy02
考えてみれば、マスクを外した図が劇中に登場する為
世界観に合っていた、マスコット仮面ライダーの一文字フィギュアに対し
首から上がジローのキカイダーなんて、ちょっと想像できないわけで。
当時のソフビなどは、設定にこだわらず首がマスク化されていて
マスクを外すと目元涼しい美青年の顔がコンニチハ、なんて商品も多かったですが
プラモデルは、ソフビよりターゲットの年齢層がやや高い為
ジローとキカイダーを分けて造形するという
劇中のビジュアル設定を守った措置になったのでしょう。

しかもジローのポーズが『ツー』の瞬間というところがまた、何ともhappy01
600円の最上級モデルには、ジローのフィギュアは付いていたんでしょうか?
当時組み立てられた方、ご記憶にありましたらぜひコメント下さいhappy01


さて。このミニキカイダーには、さらにスゴイギミックが搭載されていました。
この組み立て図裏面をごらん下さいっhappy02


Photo_2

なんとこのミニキカイダー、600円の最上級モデルと同じく
サイドマシーンがゼンマイ走行するという
とてつもないポテンシャルを秘めていたのですっhappy02

なにを一人で興奮してるんでしょうか私はcoldsweats01
ゼンマイはサイドカー内部に設置する設計なので、プロポーションを壊すことなく
あの本篇オープニングの爆走シーンを再現できたスグレモノ。

もっとも当時、同スケールのアンドロイドマンは未発売だったと思いますがcoldsweats01

まーゼンマイカセット脱着式の600円モデルには負けますが
それより安価な300円という価格の中で、子どもを精一杯楽しませてあげようという
バンダイの心意気がギュッと詰まった、名キットだったと思います。

左右をずらして接着する事により、ディテールを細かく見せるタイヤホイールや
頭部の透明フードが設定通りのクリヤパーツとなっているなど
リアリティーへのこだわりも伝わってきますし。
マスコット仮面ライダーと並び、私にとっては思い出のプラモとして
いつまでも忘れないことでしょうlovely


でもこのキット、不器用な私には苦手だった部分もありまして。
デカールになっていた、サイドマシーンの赤いボディストライプ。

うねうねしていた上、かなり長かったあのデカールは
ご想像の通り、とにかく貼りにくくて貼りにくくてcoldsweats01
デカール同士がくっついちゃったりして、大格闘した事を覚えていますhappy01
確か途中で破れちゃって、諦めかけた時もありましたね。
まーなんとか貼り終え、ホッと胸を撫で下ろしましたがcoldsweats01

今ならマスキングとエアブラシで処理していたんでしょうけど
当時の私には、そんなお金も知恵もなく。
できればやり直したかったなー。シワになっちゃったラインもあったしweep

どんなプラモにも一箇所くらい、リベンジしたい所が残っているものですよね。
そんな風に、うまく完成させられなかった心残りがあるから
子ども時代のプラモって一生忘れられず、また作りたくなっちゃうんでしょうね
happy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 電流火花が身体を走る | トップページ | 夕焼けロビー »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

「東映特撮クラシック」カテゴリの記事

コメント

サイドマシーン(カワサキGT)
現在メディコムから悪魔回路がついてると思えるほど凶悪な値段で発売されてますね
他からも以前キカイダー付きのカワサキGTやハカイダー付きのマッハⅢも出てましたよ
キットだから買って作らず売り飛ばした人も多そうですね

ブログを見るのをとっても楽しみにしています☆これからも楽しく読ませて頂きますね(*^_^*)

珠恵様 メディコムのサイズっていったら1/6ですか?eye
そりゃサイドマシーンのサイズも尋常じゃありませんね。
価格に悪魔回路も内蔵されようというものでshock

>キカイダー付きのカワサキGTやハカイダー付きのマッハⅢ

なるほどー。もともとバイク単体のキットにフィギュアを付けるという
逆転の発想ですね。
車のキットなどではよくありましたが、バイクでもあったとは。
勉強になりました。高額だろうなーたぶんcoldsweats01
バイクの本格的スケールキットって、やっぱり敷居が高いですね。
絶対失敗しそうな気がしてcoldsweats01

小山の美容院よりお手紙様 いらっしゃいませhappy01
こんなブログですが、またのお越しをお待ちしておりますhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/38377937

この記事へのトラックバック一覧です: ゼンマイ火花が車体を走る:

« 電流火花が身体を走る | トップページ | 夕焼けロビー »