2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« サイド7の受難 | トップページ | 卓上大戦争 »

2011年1月25日 (火)

超兵器エリマ機龍

今日も掘り出し物を求め、ジプシーのこどくオタクショップを巡る私
吹きすさぶ寒風は懐も容赦なく襲い、お財布のヒモは固くなるばかり
高額なお宝など、とても手が出せません

そんな中、ささやかながら戦利品もありました


Photo

バンダイ・ムービーモンスターシリーズのメカゴジラ2004。
俗に言う、東京SOS版の機龍改ですね。
特に珍しくもないバンダイのスタンダードソフビながら
このバージョンは未入手だったことと、タグ付き180円という良心価格が
私をレジへと向かわせました

この価格ならもう、どこをどういじっても悔いはありませんし

コチラもよくある、食玩の詰め合わせ。


Photo_2

ハンパ物やダブリ物、不人気のフィギュアを一袋にまとめ
リサイクルショップなどの片隅にひっそりと置かれている、アレです。
コレもいろいろ詰め合わされて、840円という投売りプライス。
私もこれまで、あまり目に留めなかったのですが
たまたま手に取ってみたら、あらビックリ


Photo_3

あっコレは、バンダイHDM創絶・ウルトラ超兵器のジェットビートル!
一昨年8月に発売され、その精密な出来にファンを唸らせた
傑作フィギュアぢゃないですかっ!

ビートル・コンプレックスの私が、コレに反応しないわけもなく。
でもこんな逸品が、840円の詰め合わせ袋に入ってるなんて
不思議と言うか理不尽と言うか、嬉しいやら悲しいやらで複雑な気分


Photo_4

他には何が入ってるか気になりますから、当然細かくチェックしてみれば。
なんと袋の裏面にも、愛しのビートルのお姿が。
ということは、この袋にはビートルが二個も入ってるの?
たぶんビートル二個だけで600円程はするのに、他にもてんこ盛りで840円?

うーむ発売時にスルーした上、その後もショップでのプレミア価格に
ひたすらガマンを決め込んだ貧乏人ですから、コレはまたとないチャンス
中身のアイテムがある程度分かる透明袋なので、思い切りもつきますし。
今日のおかずは残り物のコロッケと決めて、ゲット決定


Photo_6

帰って開けたら、こんなにたくさん入ってました
お目当てのビートル二機はもちろんの事
初代スカイラインのプルバックミニカー、ブリキロボットのミニチュア
スターフリートのピンバッジ?や、ちょっと前ネタのタイガーマスクフィギュア。
炊飯器や8耐バイク、戦隊フィギュアや謎の戦闘機など
不勉強ゆえよく分からない物も含め、全部で16個

初めて買ったものの、コレで840円なら文句なし。当分は楽しめそうですね
ちなみに右下のコーラ缶はサイズ比較用。セットには入ってなかったので念の為

発売時スルーの恨みを込めて、さっそくビートルを一個開封
シールを貼るのももどかしく、青空の下へ出してみました


Photo_7

ひゃーカッコイイ やっぱりビートルには青空が似合いますね。
今日の名古屋はおだやかに晴れ上がり、雲も良い雰囲気でしたから
小スケールながら卓越した造形技術、表面の美しさがよく分かります。
粒子が細かく反射性の強いシルバーは、塗装下地の凹凸を隠せませんから
シルバーがキレイという事は、下地処理が完璧である証明なんですよね。

この写真を見るたび、今日の落穂拾いが当たりだった感涙にむせぶ私ですが
他の入手アイテムもおいおい、お話の端々に登場するでしょうから
お楽しみはまだまだこれからという事で

スカイラインやブリキロボットなんかも、ホントに好きなんですよ。
たぶん単品購入は二の足を踏むアニメ版タイガーマスクの胸像も
改めて見てみれば、なかなか雰囲気を捉えていますし



さて。、前述のビートルに付いていた流星マークのシールが
大小二枚余っちゃいました。コレをどうしようかと。

あっそうだ。今日買ったアレがあったぢゃないの。
どういじっても悔いの無い、180円のアレが


Photo_8

で、やってみたおバカがコチラ

胸と肩に流星マークを貼れば、機龍もあっという間に科特隊の最新兵器に
いにしえの走り屋が好んで試した、ステッカーチューンに近いノリですね
初代ウルトラマンの世界観にちなんで、エリマ機龍と名付けました。
オリジナルの機龍がゴジラの骨を使っているなら
コッチに使う骨は当然、
えりまき怪獣のアイツでしょうという事で


ジラースの最期は、スペシウム光線による四散ではありませんでしたから
北山湖での戦闘後、ジラースの亡骸は科特隊に引き取られたと。
ジラースの死に悲観し、命を絶ったであろう二階堂教授の研究所からは
ジラースの生態や能力が克明に記されたデータが発見され
それを基に、岩本博士以下研究陣の手で徹底的な研究がなされた結果
その骨格が理想的な戦闘形態であることが判明。
結果、ジラースの骨格とDNAを利用して開発された究極の戦闘ロボットが
このエリマ機龍なのでありますっ


進む道を誤ったながら、古代生物への情熱は誰にも負けなかった二階堂教授に
敬意を表した岩本博士・ムラマツキャップの強い意向により
そのネーミングには、ジラースの通称である「えりまき怪獣」の語感が
反映されています。

抜群の機動力に加え、右腕のドリルアームは岩盤掘削にも威力を発揮
地震によって生き埋めになった被災者の救助など
戦闘に留まらない汎用性により、国民の支持を獲得しました。
さらに、かつてジラースが口から放った白熱光線の機構を胸部に移植した
三連ハイパー光線砲は、エリマ機龍最大の武器であり
一撃で生物細胞を破壊してしまうため、使用には細心の注意が払われています。


厳正なる審査の結果、エリマ機龍のパイロットは
スパイダーショットでジラースと一戦を交えた、アラシ隊員の手に。

整備担当のイデ隊員に「壊さないでくれよ」なんて釘を刺されながらも
果敢な活躍と人なつっこさ、毒舌に込めた優しさが評判で
お年寄りを中心に「毒まむし」の愛称で親しまれています

かくして非業の最期を遂げたジラースは、エリマ機龍として新たな命を与えられ
正義の宇宙人ウルトラマンとの共闘によって、地球を守るのでしたっ

なんてね


この機龍も、青空バックに映える勇壮なフォルムですね。
おバカな妄想ながらここまで楽しめるなら、180円は安いです。
写真も太陽光のおかげで、ソフビとは思えない超合金並みの重厚感ですし。
うーむこの勢いだと、ネヴュラ科特隊と今井自衛隊のコラボも
そう遠くないような気がしてきました。
ここまでくだらないと、我ながら呆れて物が言えませんが

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« サイド7の受難 | トップページ | 卓上大戦争 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

エリマ機龍???
最初題名を見た時理解出来なかったなあ
朝大体携帯から見るからね
しっかり見るとオヤジギャグでありましたか
そんな空想力羨ましいな

しかしお買い得でしたな
スカイラインは全種持ってたんだけど、部屋の片隅で埃に埋もれてたから同僚にあげちゃった

珠恵様 こうした投売りアイテムだからこそ
思い切った遊びもできるというもので
定価や高額なモノはつい触れたり汚すのがおっくうになって
なかなかいじり倒せないものですもんね。
このところ、落ち穂拾い的に集めた安価なグッズの楽しみ方を
見直しつつあります

スカイラインも全種お持ちだったとは!
さすが珠恵さん、いつも私の先を走ってらっしゃいますね
私も日々精進を心がけますので、温かく見守ってやって下さい

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超兵器エリマ機龍:

« サイド7の受難 | トップページ | 卓上大戦争 »