2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 竜・虎・鳳凰 大怪獣総攻撃 | トップページ | 激闘二十八宿 »

2010年12月25日 (土)

大須ガンダム

Photo_13

というわけで前回の続き。
mixiニュースで先日知った驚きの逸品を
ここ名古屋は大須・第1アメ横まで見に行ってまいりました。

オタク御用達のお店として、かつてはよく通ったものですが
最近はずいぶんご無沙汰ですcoldsweats01


Photo_2

件のニュースで話題になったのは、顔つきも勇ましいこのお方。

Photo_3

全身ダンボールだけで組み上げられた、フリーダムガンダム!
言わばお手製の、ビッグなペーパークラフトですhappy01


Photo_4

近くに添えられた説明文によりますと。
コレは私が住む愛知県の北、岐阜県にある
ラーメン店の店主さんが、約三年の歳月を費やして作り上げた
一大アート作品との事です。

うーむさすが中部はガンダム生誕の地。地元民の思い入れもハンパぢゃないlovely
キー局だった名古屋テレビにも、以前はお仕事でお世話になりましたhappy01

私なんてガンダムは初作と0083、Gガンダムくらいしか知らないので
このフリーダムガンダムもチンプンカンプンなんですが
ニュースによると、作者もこの機体については詳しくなく
形のカッコ良さで選んだそうなので
私も純粋に、アートとして楽しむことにしましょうhappy01


Photo_5

どの角度から見てもカッコイイhappy02happy02happy02
初代RX-78から連綿と続く、ガンダム独特のデザインラインが
見事に再現されています。

手前のビームライフル?や持ち手の指を見れば
ダンボール製という事がよく分かりますね。


Photo_6

顔から胸元の面取りも見事。
考えてみればガンダムのフォルムって、基本的に平面の組み合わせですから
ダンボールのような平面素材なら、比較的立体化しやすいのかもしれません。


Photo_7

バストショットの逆角度。
後頭部の曲面再現なんて、ものすごく手間がかかってそうですね。
胸のエアダクトも、ちゃんと内部まで作りこまれているのがわかります。
いやー三年の製作期間はダテじゃありません。
さすがガンダム生誕地の意地っpunch


Photo_8

横に回りこんでみました。
眺める人と比較すれば、このガンダムの大きさが分かりますね。
全身に渡ってまったく手抜きの無い、見事な出来に感服しました。
パーツ割りはバンダイのキット参考とはいえ
その数はハンパぢゃありませんねーhappy01


作者は本業がラーメン職人で
このダンボールアートが余技に過ぎないところもカッコイイ!
作者はまさに「異能者」ですね。ガンダムネタぢゃないですけどcoldsweats01

私がデジカメでパチパチやっていた時、展示コーナー向かいのお店では
「mixiの効果で、23日の祝日はどえりゃーことになっとった」
なんて、スタッフとお客さんが話していました。
後半の名古屋弁を約すと「凄い数の見物客だった」なんてニュアンスでしょうかhappy01

私もこのダンボールガンダムを、前述のニュースを紹介したmixiで知りました。
先日話題になった中国の1/1ガンダムよりも
コッチの方が出来は数段上です!

さすがガンダム生誕地の(しつこいですかすみませんcoldsweats01


Photo_9

シールドもしっかり作りこまれてますね。
作者の方は来年、着色に挑戦されるご意向らしいですが
個人的にはこのダンボールの地色状態の方が
アート性は高いような気もしますね。日比野克彦さんの作品みたいでhappy01
昔、デザインの道を志した者として、非常にシンパシーを感じます。
いやーいい目の保養をさせてもらいましたlovely

お台場に建った1/1ガンダムは見逃したけど
私はコレで充分かな
happy01


Photo_10

気がつけば、足元にはこんな子がhappy01
ハイクオリティーが売りのリボルテックも、このガンダムにはビックリのようですhappy02


Photo_14

さらにっ!ただガンダムと書いてあるだけの、かぶれるダンボールまでっhappy02
これをかぶって記念写真を撮るのが、名古屋ではトレンディらしいですが。
うーむ長年住んでいながら、名古屋ガンダマーには今ひとつ溶けこめない私っcoldsweats01


Photo_11

一応、私が撮影した証拠ということで、連れて行ったたみちゃんとパチリcamera
このたみちゃん、クリスマスには大活躍ですね。
足元のトナカイも笑ってるところがポイント高いhappy01


Photo_12 

ファーちゃんそれは別のガンダムでしょcoldsweats01
素材がダンボールだから、ゴッドフィンガーなんて使ったら全焼しちゃうよsad

とはいえ今度はこのサイズで
ジェスターガンダムやマンダラガンダムも見てみたいですがeye
モチーフがちょっと色モノすぎて、モチベーションが続かないかなsweat01


というわけで皆さんも、素敵なクリスマスになりますように。
ガンダム発祥の地(もういいってcoldsweats01)名古屋からお送りしました
xmas

« 竜・虎・鳳凰 大怪獣総攻撃 | トップページ | 激闘二十八宿 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 いやー、ほんとうに段ボールだけでこれほどまでのものができるとは、驚嘆のかぎりです。
 私的には、段ボールでの実物大の黄金聖衣(@聖闘士星矢)を見てみたいです。

松田 定幸様 いやーホントにスゴイですよね。
あえてのダンボール素材というところがなんともlovely
ネットで盛り上がっている理由も、よくわかります。
写真がヘタなので、実物の素晴らしさが充分に伝わったとは言い切れませんがcoldsweats01
実物を目の当たりにすると、エッジの美しさやシャープなディテールに
感動を禁じ得ませんhappy01

>実物大の黄金聖衣

アレも立体映えするデザインですよね。
このガンダムの影響で、全国各地にダンボールモデラーが
生まれて欲しいものですがhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/38205255

この記事へのトラックバック一覧です: 大須ガンダム:

« 竜・虎・鳳凰 大怪獣総攻撃 | トップページ | 激闘二十八宿 »