2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« ウルトラホーク0号 | トップページ | 波動ミサイル発射 »

2010年12月 1日 (水)

バグン イガール チヲス 大怪獣総攻撃 前篇

Photo

さあ。予告からずいぶん時間が経ちましたが
本日ようやく、前篇が完成しました。
期待外れを覚悟の上、どうぞごらん下さいcoldsweats01


Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7

昭和85年・秋。
木々も紅葉をまとい、セピアに彩られた公園。
誰も知らないある日の昼下がり・・・


Photo_8

地球侵略の魔手は、この平和な公園の片隅から
静かに始まるのであったっ!


Photo_15

宇宙の無法者バスカ星人の尖兵・バグン。血走った白目が苦労を感じさせるぞ!
地球群の超大型ミサイル・Q3にもびくともしないつわものだ!
宇宙怪獣仲間の下馬評では、あのゼットンよりも強いらしいぞ!


Photo_16

クスコの北、マチュピッチの地下御殿から
テルテ博士により目覚めさせられたインカ族のミイラ怪獣・イガール。
目から放つ怪光線は、リマ市を火の海にする威力だ!


Photo_17

出身地から能力まですべてが謎に包まれた、幻の怪獣・チヲス。
特に設定がないところが、かえって怖さを倍増させているぞ!
姿は石ノ森画伯の某有名怪人に似ているが、赤の他人という噂だ!


Photo_2

というわけで。俺たち悪のシカルナ怪獣トリオ。ウ~~~ゥワッhappy02(島木譲二風)
でも中岡俊哉著『世界の怪獣』シリーズの登場キャラという悲しさ。
テレビで見たことはないマイナーな面々なので
逃げれば良いのか怖がれば良いのか、人々のリアクションも今ひとつだっ!
こういう時に出ますよね怪獣の知名度や人気ってsad


Photo_13

一方その頃。
今井自衛隊が誇る高性能レーダーは、彼らの動きをいち早く捉えていたっ!
パラボラが大きければ性能は高い事になっているんですっcoldsweats01


Photo_4

目には目を、レトロ怪獣にはレトロ兵器をということで
緊急出動命令が下ったのは、連結戦車クローラー!
今井自衛隊が誇る、伝説の特殊陸戦兵器だっ!
マブチ260モーターが生み出す驚異の登坂能力に加え
高性能レーダー、対空ミサイルの威力は
40代から50代のおじさんおばさんがチビッコだった時代
放課後の路地裏戦争で大活躍、数々の伝説を残しているぞ!

さあ特に専用のBGMも作られてないけど
勇壮な脳内マーチに乗って、大怪獣が暴れる現場へ出撃だ!


Photo_5

・・・と思って来てみたんだけど、思ったより小さいねえキミたちsweat01
しかもこんな池のほとりで暴れなくても。街を襲う度胸が無いとか?

いやいや連結戦車さん、人を見た目で判断するのもどうかと思うなー。
一度戦ってみないとわかんないよ。怪獣の実力ってcoldsweats01

いやー舞台といいサイズといい、コレじゃ見てるお客さんもひょうし抜けだよ。
まー製作側の事情もあるしねー。そういうもんですよね怪獣映画ってcoldsweats01


Photo_6

申し訳ないけど失礼するわ。キミたちならそれほど周りに迷惑かけないだろうしhappy01
あっ怪獣としては傷つくなーそういう扱い。
ただでさえマイナーで相手にされないのにweep


Photo_7

よーしこうなったら奥の手だっ!よーく見なさいクローラーのダンナ。
おおーいつもの並びと思いきや。一番奥に見慣れない新キャラがeye


Photo_8

満を持して現れた用心棒は
シカルナ怪獣の真打・シベリアの鉄獣!
その名の通り、鉄のように固い皮膚と巨大なツノが自慢の憎いヤツ!
逆光に映える四本足のシルエットも、見栄えしますねえ。
なんか目つきも自信に溢れていますしhappy02


Photo_10

さあダンナ、これなら文句あるまいっ!
いやーよけいな事言っちゃったかなーcoldsweats01 こんな強そうなのが出てくるとはsweat01

シカルナ怪獣たちに囲まれて、クローラー絶体絶命!
恐怖の怪獣軍団の攻撃に、連結戦車の反撃なるか!?
彼方の池で、カモにエサをやる平和な老夫婦とのコントラストが
息詰まる対決をいやがおうにも盛りあげますっpunch


Photo_11

・・・と、ここでデジカメの電池切れweep さらに陽も翳ってきまして・・・
うーむ予想以上に陽が短い。コレがオープンロケの辛いところでsweat01
いやホントのお話なんですよ。もう季節は初冬なんですね。
というわけで今回、前篇の公開はここまで。
后篇は次回の記事とは限りませんが、いずれ撮影後にアップさせて頂きますcoldsweats01



Photo_12

バグン・イガール・チヲス・シベリアの鉄獣。
そして新たに地球を狙う、最強の敵。
人類の存亡を賭け、湖畔で繰り広げられる一大攻防戦!
敵を捕える高性能レーダー。うなる対空ミサイル。
そして繰り出す、今井自衛隊の最終兵器とは?
果てしない戦いの結末はいかに!?


大怪獣総攻撃・后編にご期待下さいhappy01

« ウルトラホーク0号 | トップページ | 波動ミサイル発射 »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

 タイトルバックは『ウルトラQ』みたいでカッコいいですネ。グルッと回転して怪獣の全身が映るような映像なら『サンダーバード』風でしょうか。

 シカルナ怪獣軍団、意外に小さいんですネ。というより、クローラーが大きいのでしょうか。派手な怪獣と渋いクローラーの対比がおもしろいです。

 クローラーや鉄獣の仰りショットって、やっぱり腹ばいで撮影されたのですか? 迫力のあるアングルですネ。后篇が楽しみです。

自由人大佐様 このタイトルバックは
地球最大の決戦やGMKの下手なマネですがcoldsweats01
怪獣の表皮バックに字幕って、非常に重厚でいいですね。
私は大のお気に入りですが、なるほどサンダーバードのエンドクレジットにも
通じるものがありますねhappy01

>意外に小さいんですネ

バグンらミニ怪獣三体の身長は、それぞれ約9センチ。
四つ足のシベリアの鉄獣は、全長約25センチ。
対するクローラーの全長は、約21センチです。
なんとなく、ジオラマスペースのスケールがお分かり頂けたでしょうか。

これらを並べると思った以上に場所を取り、かなり目立ちます。
こんな連中を公園で広げ、デジカメを構えているんですから
現場に居合わせた方々も、さぞや驚かれたことでしょうcoldsweats01

仰りショットは、画面で見る以上に手間がかかっていましてcoldsweats01
カメラが被写体よりかなり下に来ないといけないので
カメラ位置を下げられる切り株や岩場を探して、被写体を縁ギリギリに置いて撮っています。
こういうのは、お仕事から学んだノウハウですねhappy01
おっしゃる通り、撮影時は腹ばい寸前で
とてもお見せできるポーズじゃありませんcoldsweats01

実は后篇の撮影は何度かトライしているんですが
天候不良や短い日照時間に阻まれ、没カットの連続です。
ある意味『ウルトラファイト』の追体験とも言えますがcoldsweats01
写真の鮮やかさは太陽光が命ですので、気長にチャンスを狙おうと思いますcoldsweats01
期待せずにお待ち下さいhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/37909416

この記事へのトラックバック一覧です: バグン イガール チヲス 大怪獣総攻撃 前篇:

« ウルトラホーク0号 | トップページ | 波動ミサイル発射 »