2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 氷の戦獣 | トップページ | 『SPACE BATTLESHIP ヤマト』感想③ 監督視点 »

2010年12月17日 (金)

焔の鬼獣

Photo_2

美しかった日の出からそのまま、終日晴れ渡った名古屋。
最高気温は10度に届かなかったものの、降り注ぐ陽射しは暖かく
爽やかな歳末の一日を送ることができました。
今朝の太陽写真に続き、これまた美しい午後4時半の夕焼けにあしらったのは
現在まで続くメカゴジラ史の扉を開く一頭にして、最凶の侵略兵器。
『ゴジラ対メカゴジラ』(1974年東宝 福田純監督)に登場した
ブラックホール第三惑星人の尖兵、昭和メカゴジラです。


ゴジラ最大のライバルとして、シリーズ屈指の人気を誇るキャラクターですが
一口にメカゴジラと言っても、この昭和版をはじめ
平成版、今朝の写真に登場した機龍まで
キングギドラ同様、劇中の設定に応じてさまざまなバリエーションが存在し
それぞれに多くのファンを持っていますから
最高・最強の称号も、ファン同士で意見が分かれるところですねhappy01


個人的な好みで言えば、デザインでは
『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』(2003年東宝 手塚昌明監督)
に登場した3式機龍・三連ハイパーメーサー装備版なんて好きなんですが
こと敵役としての圧倒的な存在感、痺れるような暴れっぷりでは
この昭和メカゴジラに軍配が上がりそうな気もします。

怪獣対決ものは、敵役が強いほどドラマがヒートアップするので
魅力的な敵役が生み出せれば、ドラマの成功は約束されたようなもの。
劣勢に劣勢を強いられたゴジラ・キングシーサーのタッグチームが
反撃に転じる瞬間に覚えるカタルシスは、非常に大きなものでしたlovely


叶わぬわがままを承知で言わせて頂けば
この昭和メカゴジラで、もう一本ほど新作が見たかったですね。

いかに傑作の呼び声が高い、昭和メカゴジラ二部作も
今の目で見れば、やはり子どもの目線に合わせた
東宝チャンピオンまつりのメインプログラムに過ぎなかったわけですから。

この悪役ぶりのスケールを考えたら、子ども番組のキャラクターには
ちょっともったいない。
かつて、三船敏郎の存在感は日本映画の枠を超えていて
むしろハリウッド映画のスケールと語った識者が居ましたが
それと同じ感覚を、昭和メカゴジラにも覚えます。

昭和メカゴジラの存在感は、子ども番組の枠を超えているんですね。
偏ったおバカのひいき目に過ぎないことも、承知の上なんですがcoldsweats01

目元や口元をはじめ、各部に鬼を思わせるフォルムを持ち
ただ破壊という目的のみで作られた、この恐怖の尖兵には
ゴジラ一頭では、とても叶わないような気がします

「いや『メカゴジラの逆襲』では、ゴジラが勝利したぢゃないの」
なんて言われちゃうと一言も無いんですが。まーあれは操縦側の心の弱さ、
アイアンキングのピンチを静弦太郎が救ったようなものですから
本当の意味で、ゴジラとメカゴジラがガチンコ勝負をした場合の
壮絶な顛末を、大人向きの作劇で見てみたいものです。


脚本・橋本忍、監督・森谷司郎の’73年版『日本沈没』コンビあたりが作ったら
ものすごい作品が出来そうですね~lovely

もちろん『日本沈没』も昭和メカゴジラも、特撮は中野昭慶監督でしたが
作品のテイストによって、特撮の雰囲気は全然変わりますから。
あの全兵器一斉発射・オールレンジ攻撃だって
森谷演出が本気を出せば、街の一つくらいは吹っ飛ばしちゃうでしょうね
happy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 氷の戦獣 | トップページ | 『SPACE BATTLESHIP ヤマト』感想③ 監督視点 »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

人間が作ったメカゴジラは・・・
人間に飼い慣らされた昭和後期のゴジラと同じ匂いがします
だが初代メカゴジラは人工ゴジラと同じ様な目的で作られてますが
微妙な目的のニュアンス違いで・・・
平成メカゴジラはゴジラと互角に戦いあわよくはゴジラを撃退する
何かゴジラに情けをかける部分がありそうなんですよ
だけど!MGは地球侵略に邪魔なゴジラを抹殺するのが第一の目的なんだよね
あの睦五郎さんがやわらかい感じで余裕でメカゴジラに指令する
この余裕がステキでしたよ

珠恵様 正直に言えばメカゴジラという怪獣の発想は
敵の侵略兵器にしても人類の守りにしても
あまりにヒネリがなさすぎて、素直に承服できないんですが
そういう迷いをねじ伏せてしまうルックスのカッコ良さが
歴代メカゴジラにはありますねhappy01
特にこの昭和メカゴジラには
おっしゃる所の「ゴジラの抹殺」という、平成版や機龍より強い
情け無用の目的がある為に、悪役ぶりもより際立っています。
あの全兵器一斉発射には、ミレニアムシリーズのゴジラでも叶わないでしょう。
ミサイルなどの特撮も後合成でなく、本当に現場で火薬を使ってますから
一斉発射の際、メカゴジラの全身が時々煙で見えなくなるんですよね。
あの鬼神のごとき迫力は、昭和メカゴジラ独特のものでしょう。
睦五郎さんの余裕の笑みも含め、なんとも物騒な一頭でした。
あれほどの「「凶敵」「狂敵」は、今後も現れないでしょうねhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/38116531

この記事へのトラックバック一覧です: 焔の鬼獣:

« 氷の戦獣 | トップページ | 『SPACE BATTLESHIP ヤマト』感想③ 監督視点 »