2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« ジョンスン殿下 | トップページ | 『SPACE BATTLESHIP ヤマト』感想記事告知 »

2010年12月11日 (土)

輝く強化服カッコイイぞ!

Photo

久々に朝日バックの写真です。今朝7時30分の名古屋。
天気予報では曇るはずだったんですが
起きてみたら、ご覧の通りの綺麗な晴れだったので
思わず撮ってしまいましたsun
朝日を見られるか見られないかで、一日のモチベーションは全然違いますね。
たとえこれからお天気が崩れるとしても、この日の出の一瞬に立ち会えただけで
一日分のエネルギーはチャージされたような気がします。

やっぱり人間の体内時計って、地球の営みとシンクロしているんですねhappy01

朝日バックに逆光で浮かび上がるのは
先日鑑賞した『ヤマト』繋がり、松本零士さんの漫画版も有名な光速エスパー。

世代人には懐かしさ満点の、少年ヒーローです。
私はTV版しか知りませんが、本当に好きでした。

主人公・東ヒカル君が装着する強化服は、パワードスーツを先取りしていたとか
ギロン星人や反陽子爆弾、異次元生命体などに代表される設定が
当時としては抜きん出たSF性だったなど、いろいろ言われる作品ですが
テレビシリーズリアルタイム派の私はただ
「普通の少年が掛け声一つで、宇宙さえ飛べる能力を手に入れられる」
という、目も眩むようなスーパーイメージに圧倒されっぱなしで
後に鑑賞したどんなSF映画の宇宙服も
このスマートな『エスパー』の強化服には、まだ遠く及ばないななんて
思ったものです。

その思いは、現在も変わっていませんhappy01


たとえ今、『エスパー』をリメイクしても
そのシンボルである強化服は、前述のパワードスーツのごとき
ゴツくディテール過多、随所にメカが露出したシルエットになっちゃって
これほどスマートにはならないでしょう。
装着者のボディラインさえあらわにしてしまう、凹凸の無いシンプルなフォルム。
二本のアンテナが長く伸びたヘルメット、コンパクトな背部ロケット
強力な熱線銃など、最低限の科学装備。

この二つの要素の絶妙なパランスが、強化服の大きな魅力と思います。
(下にアップしたOP画像中の「消防服風」強化服も好きですが、
同色別バージョンの「ウェットスーツ風」強化服が、私には特に印象が強いです)

母親が変身した「チカ」、ミクロ化など「七つの能力」も、憧れの的でしたね。
まさに当時の子どもなら、主題歌の歌詞のごとく
「カッコイイぞ!」と叫ばざるをえないわけでhappy02

実は先日、ミニバイクで走っていた時
「エスパー」第4話に登場したグローブ・モンスターそっくりの雲を見つけ
どーしても写真に収めたかったんですが、運悪く停車できるタイミングを失い
やっと停まってデジカメを構えた時は、もう風に吹かれて形が崩れてましたcloud
あの時ほど、強化服が欲しかったこともありませんhappy01

今日の空は、まさにあの日のようにすっきりと晴れた青空。
お天気が崩れる前に強化服を装着して
「バッババババビューン」と空を飛んでみたいものです。

あの時撮れなかった、グローブ・モンスター雲を探してhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« ジョンスン殿下 | トップページ | 『SPACE BATTLESHIP ヤマト』感想記事告知 »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

久しぶりに聞いた主題歌、思わず笑みがこぼれました
イイねえ~シンプルな歌だ
実はね、オイラは子役ヒーローって好きじゃないんだ
怪獣王子のひざ小僧は貧乏くさいし
キャプテンウルトラのケンジくんは鼻の穴が大きくて声がデカイし
ホシノ少年は生意気なだけじゃなくて、特捜隊の制服をちゃっかり着てるし
マモル&ガムは妙に気持ち悪い
だけど光速エスパーだけは全然違和感ナシで大好きだったなあ
何でだろ???
強化服があまりにもカッコイイし、三ツ木清隆さんもカッコイイオーラ出てたからのかな???

昔、ボクシングのグローブに長いジャバラの付いたグローブモンスターのパチモンおもちゃってありませんでしたか?

恥ずかしながら「エスパー」に関しましては、北海道では再放送に恵まれなかったこともあって
その存在を初めて知ったのはケイブンシャの「全怪獣怪人大百科」で、
作品としての「エスパー」の全貌を俯瞰できたのは、1984年冬に発売された
朝日ソノラマ「宇宙船」のVol.17でのことだったんですよね~。
原子炉のカビにジュピター星の棘怪物、超生命フロスターにガリン星人、アルゴル星人……
今まで見たことも聞いたこともなかった怪獣の名前と写真がドカッと掲載されていたそのインパクトに
当時クラスの怪獣博士気取りだった小学五年生は完全に打ちのめされてしまいまして、それ以来ゴロゴロと
後戻りできない特撮オタクの奈落へ真っ逆さまに(笑)。

あれから26年が経過した今でも、特撮作品としての「光速エスパー」を語る上では
未だに「宇宙船」のVol.17が、いちばん「使える」基礎資料だったりするんですよね。
そういう意味で「宇宙船」は、何年経っても捨てられないバックナンバーが多くて大変です(笑)。


>珠恵さま
エスパーの三ツ木さんは全然オッケーなんですけど、むしろワタクシは途中から出てきた
エスパー2号こと光一ボッチャンの方にイラッとくる事が多かったですね(苦笑)。

珠恵様 別件では大変失礼致しましたcoldsweats01
『光速エスパー』は少年ヒーローものの中では、独自の存在感を放っていますよね。
私も子ども時代、子役ヒーローにはやや違和感を持ったクチですが
子どもって子どもに嫉妬しますからhappy01 まー正常な反応だったと思います。
私の場合、このエスパーと『仮面の忍者赤影』の青影だけは、なぜか許せてしまいましたhappy01

>強化服があまりにもカッコイイし、三ツ木清隆さんもカッコイイオーラ出てたからのかな???

そうなんですよね。たぶん強化服のイメージと、三ツ木さんがあまりにもハマり役だったので
両者の相乗効果で「エスパー」は別格的印象となったのかもしれませんhappy01

>グローブモンスターのパチモンおもちゃ

あったかもしれませんねー。おもちゃ屋さんの店頭にぶら下がっていたような光景も
記憶の隅にボンヤリと浮かんでいますconfident
思えばエスパーのおもちゃって、放送当時から極めて少なかったですよね。
個人的には、当時の商品化の有無はともかく
ピョコンと出てくる、あの可愛らしいチカが欲しかったですhappy01

さいとうひとし様 『光速エスパー』は再放送の機会が
全国的に極めて少ない事もあって
他のヒーロー物に比べ、知名度は今ひとつの作品ですよね。
リアルタイム派には強烈な印象を残す作品ですが
後のファンの皆さんとは、思い入れに極めて温度差があると言うかcoldsweats01
ですから’84年当時の『宇宙船』で大きく「エスパー」が採り上げられたことは
非常に意義深いことでもあったわけです。
結局今も、中途半端な文献よりは『宇宙船』のバックナンバーに頼っちゃいますもんね。私もhappy01

今回の中途半端なcoldsweats01拙記事は
ほとんど本放送当時の記憶だけで書いていて
やっぱり思い入れの強い作品は、いつまで経っても忘れない事を再認識しました。
その中で唯一の確認事項は、件の「グローブモンスター」の登場話数だけだったんですが
それもさいとうさんのおっしゃった、『宇宙船』vol.17を紐解いたようなわけで。
今ならウィキで一発検索もできますが、なぜか当時の『宇宙船』には
そういう記録や資料以外にも、参考に出来る何かがあったんですよね。
まがみ蛮さんのイラストとかhappy01

子供の頃 再放送で 少し見た記憶があります。カッコよかった 記憶です
松本零士さんの作品と 今日はじめて知りました。どちらかいうと 僕は ヤマト世代なのかなぁ。

謎の三文字☆村石太様 光速エスパーには他のヒーローには無い
不思議なカッコ良さがありますよねhappy01
松本零士さんの漫画版は、どうやら再放送時だったようですね。
私もわりあい最近知った事で、雑誌展開時には読んだことがありません。
村石さんと同じく、私も完全なヤマト世代ですしhappy01
あ、むしろ少年マガジンの「男おいどん」世代でしょうかhappy01happy01happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/38036542

この記事へのトラックバック一覧です: 輝く強化服カッコイイぞ!:

« ジョンスン殿下 | トップページ | 『SPACE BATTLESHIP ヤマト』感想記事告知 »