2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« バグン イガール チヲス 大怪獣総攻撃 前篇 | トップページ | 続・幻のクライマックス »

2010年12月 1日 (水)

波動ミサイル発射

木村拓哉さん主演の『SPACE BATTLESHIP ヤマト』
今日から公開だそうで。

以前もチラリとお話した通り、私はこの作品を観る前に
勉強すべき旧作がいろいろあるので
公開期間中に劇場へ出かけても、きっと語る術など無いと思いますがcoldsweats01

で、先日からのマイブーム、紙モノスキャンシリーズはその『ヤマト』に合わせて
私を含む初作ヤマトリアルタイム派には強烈な印象を残す
コレをご覧頂きましょう。


私も裏番組の「ハイジ」や「猿の軍団」をスルー、さらに低視聴率をものともせず
本放送の第一話から最終話までを食い入るように見つめた
筋金入りのリアルタイム少数派です。
そしてもちろん組み立てた、当時唯一の『宇宙戦艦ヤマト』立体物。
1974年発売・バンダイマスコミシリーズNO.113。

あまりにのめり込んじゃって、私は二個作りました。
その組み立て図です。
例によって、写真はクリックで拡大しますcamera


Photo_22

まーいろんな意味で有名なキットですのでhappy01
当時、組み立てられた方も多いとは思いますが。
後に、テレビシリーズ再編集の劇場版第一作公開以降
シリーズに出演した戦艦・戦闘機などを含め
ヤマト本体も、おびただしい種類のキットがリリースされましたが
何と言っても、私にはこの初版への思い入れが強いです。
プロポーション、ディテール共に洗練されていった
その後のヤマトキットに無い楽しさが、コレにはありましたからね。


Photo_19

初版最大の特徴は、やっぱりココですよね。
今やそこかしこのホビー専門誌で、ツッこみの定番ポイントと化したcoldsweats01
ゼンマイ走行、波動砲発射口からのミサイル発射機構。
第三艦橋なんか最初から無かったかのように鎮座する、巨大なゼンマイボックス。

コレが良かったんですよー。ゼンマイで走るヤマト!
当時のプラモは何だって、モーターやゼンマイで動きましたからねー。
あの『2001年宇宙の旅』のオリオン号まで
プラモにはゼンマイが仕込まれたご時世でしたhappy01


でもあえて今、こんなゼンマイ走行ヤマトを発売したら、逆に人気にならないかな?
バンダイが電動歩行のガンダムを出したら?みたいな企画で。
モチロンつま先はバンダイ伝統・巨大な電池ボックスの『マジンガーZ』体型というhappy01


Photo_23

特別出演、電動Zの組み立て図。もちろん当時物の私物です。
コレも二個作ったなー。Z単体と、ジェットスクランダーとのセットと。
いやーこのタイプのガンダムが出たら、私は即買いですねlovely
もちろんシリーズNO.2で出そうなザクとペアで。

で、接触不良やコード断線の恐怖と戦いながら組み立てるんですよhappy01
私にとってプラモは「動いてナンボ」なものですから
「作るというより、作らされている感覚」のMGを飾るより楽しそうかなとcoldsweats01

まーそんな妄想はともかくcoldsweats01
前述のゼンマイヤマトはあまりに有名すぎて、私ごときが語ることは無いんですが
私にとってヤマトと言えばコレなんですからしょうがないhappy01

まさか今回の実写版ヤマトで、公開まで極秘にされていた新兵器が
この「波動ミサイル」だったりしたら、ひっくりかえっちゃいますがhappy01

さすがにゼンマイ走行は無いと思うけど、『ALWAYS』の山崎監督だからなー。
そこまでやったらあまりに潔くて、逆に感涙にむせびますよ私はhappy01happy01happy01

« バグン イガール チヲス 大怪獣総攻撃 前篇 | トップページ | 続・幻のクライマックス »

「マイ・フェイバリット・アニメーション」カテゴリの記事

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

ヤマト、見て来たじぇ~
さらばであれだけ泣いたから、今回ので泣くわけにゃあいかんぜよ
映画は面白かったんだけどね
1000円であれだけ楽しめるなら上等です
1700円は払えないけどね

波動ミサイルヤマトは作ったなあ
その後のディスプレイモデルがこれの流用って噂あったね

マジンガーのプラモ・・・
電動を頼んだらパイルダー買って来た姉を今でも恨んでるよ~

珠恵様 ヤマト、さっそくご覧になりましたかhappy01
私も昨日、行こうと思ったんですが
なにしろ公開初日の上、キムタクファンで混みそうだったので
もうちょっと空いてからと、別日にしましたcoldsweats01
ネットで感想ブログを調べると、おおむね好評のようですが
どーも私は普通の方と見る角度が違うようなので
自分の目で確かめなければ判断できませんcoldsweats01
でもおそらく同世代の珠恵さんが「アリ」ということなら
ガッカリ状態は無いかなと、胸を撫で下ろしておりますhappy01

>その後のディスプレイモデルがこれの流用って噂

ありましたねー。私も二版以降のディスプレイモデルはいくつか組み立てたんですが
しっかり判別できませんでした。
さすがに第三艦橋の新設は分かりましたがcoldsweats01

>電動を頼んだらパイルダー買って来た姉

マジンガーは電動Z、ゼンマイホバー・ジェット両パイルダー、
電動グレート、ゼンマイブレーンコンドルまでは揃えましたが
中でもゼンマイのホバーパイルダーは、
ゼンマイボックスもプロポーションを壊さない内蔵式なら
デティールも素晴らしく、そのシリーズ屈指の出来に
個人的には大のお気に入りでしたhappy01
後年、ジェットパイルダー再版時には、ホバーが出ない事にじだんだを踏んだものです。
お姉さんの目利きも、大したものじゃありませんかhappy01

 母の『ハイジ』視聴の隙を縫って、『猿の軍団』を見ていた当時‥‥。『ヤマト』は翌々年の夕方5時からの再放送でハマりました。

 この電動「マジンガーZ」って、パイルダーに金属部品を付けてスイッチになっていたやつですネ。私も持っていたと思いますが、足が電池ボックスでこんなに大きいのでしたっけ?
Zの体内に配線するのが大変で、つくるのが難しかった記憶があります。いやぁ~、懐かしい!

 「ヤマト」は、50円~100円くらいの小さいプラモをつくった記憶があります。

自由人大佐様 私は逆で、『ハイジ』は再放送でハマり
再編集の劇場版まで観に行ったクチですhappy01
『猿の軍団』に至っては、今だに未見のエピソードがあるくらいでcoldsweats01
『ヤマト』は本放送当時、見ていた私は仲間内でも少数派だったので
話題が合わず、肩身の狭い思いでしたcoldsweats01
でも後に大ブームとなったので、劇場版一作目の公開時には
リアルタイム派で大イバリだったことを覚えていますhappy01

>足が電池ボックスでこんなに大きいのでしたっけ?

そうなんですよhappy01
当時、私もこの足の大きさにビックリし、しかもあの暴力的な歩き方に二度ビックリshock
足の電池ボックスは、あの歩き方でも転ばないように
重心を安定させる錘の役目も兼ねていたんですねhappy01

>体内に配線するのが大変

まったく右に同じですhappy01
『ゲッターロボ』『グレートマジンガー』などなど
あの当時の電動歩行ロボットは配線が難しくて、完成後も動かなかったりして
苦労が絶えませんでしたよね。
勇ましく「パイルダー・オーン!」させても、ウンともスンとも言わなくて
額からはタラリと冷や汗がcoldsweats01
そんなのばっかりでしたhappy01

ヤマトの100円プラモは、私もよく作りました。
100円の「さらば~」の超巨大戦艦を組み立て、記事中のゼンマイヤマトと対峙させて
その逆転サイズに「今回はヤマトの勝ちだな、ズォーダー大帝!」と遊んだ
恥ずかしい過去もあったりしますがcoldsweats01

私も、ちょうど1日の映画の日が仕事休みだったので、早速見てきました!感想は、ブログの方に詳細に書いてますが、まずまずTVアニメ版ファンのツボも抑えた、ギリギリ満足作だったと思います(傑作と言い切ってしまうには「抵抗」がある(笑)←屈折した見方だなあ~~!!)。

ちなみに、宇宙戦艦ヤマトが放映される遥か前、まだ中学生の頃には、本家・戦艦大和のプラモデルを作った経験があります。確かお風呂に浮かべようとして、沈んでしまったような記憶が……(笑)。

やっぱり、大和は沈む運命にあるんでしょうか?(爆)

>新兵器

……そんなの出てきましたっけ?あっ、もしかして「アレ」なのか?トランスフォーマー風の「アレ」か、マクロス風の「アレ」が"新兵器"だったのかな?


都の商売人様 戦艦大和のプラモデル、作られたんですか!
それはスゴイ!ひょっとしてニチモの?
アレは子ども垂涎の豪華プラモでしたもんねー。
私は艦船キットには縁が薄く、昔からほとんど作った記憶がありません。
わずかにウォーターラインシリーズを、細々と組み立てたくらいでしょうかsweat01

『ヤマト』、今日やっと見て来たんですが・・・
私にはかなり厳しかったかなcoldsweats01
アレを「ヤマト」として見るか「映画」として見るかで
感触は全く異なるでしょうね。ちなみに私は後者ですcoldsweats01

>そんなの出てきましたっけ?

いやーこの記事作成時点では未見だったので
完全な当てずっぽうです。失礼しましたcoldsweats01
それくらいのサプライズが出なければ劇場版の意味が無いのではと
無責任に書いちゃいましたcoldsweats01
でも「アレ」も「アレ」も、サプライズと言うにはあまりに手垢の演出で
山崎監督が何をやりたかったのか、さっぱりわかりませんでした。
でも「リターナー」の監督だから・・・
ああなっちゃうのも仕方ないんですね。きっとcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/37917611

この記事へのトラックバック一覧です: 波動ミサイル発射:

« バグン イガール チヲス 大怪獣総攻撃 前篇 | トップページ | 続・幻のクライマックス »