2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 垂涎のマジンゴー | トップページ | 対ショック防御ならず »

2010年12月 8日 (水)

バグン イガール チヲス 大怪獣総攻撃 完結篇

前篇・后編に続き、ついに迎えたクローラー最大の危機happy02
あまりに怪獣映画を小バカにした展開が読者の冷笑と同情を誘う
ネヴュラ大失敗企画『大怪獣総攻撃』。

あまりに引っ張りすぎて、さすがに呆れられていると思いますが
私を始め誰も予想していなかった、完結篇の登場です!

前二篇を未見の方は、まずコチラをっ!

【前篇】

http://spectre-nebura.cocolog-nifty.com/cultnight/2010/12/post-918f.html

【后篇】
http://spectre-nebura.cocolog-nifty.com/cultnight/2010/12/post-53fa.html

クローラーの救援に駆けつける
謎の(って事にしといて下さいsweat01)ドリルの正体は!?
さっそくご覧下さいっ!


Photo_2

Photo_3

連結戦車クローラーのSOSを受け、突如地面から姿を現した巨大なドリル!
思わせぶりな登場の割に、タイトルバックの写真でバレちゃってますがcoldsweats01


Photo_4

ケレン味タップリに登場したのは
特殊穿孔装置・平たく言えばドリルを機首に持つ
今井自衛隊の支援機、ジェットモグラタンク!
今井科学と言えば往年最大のヒットシリーズ・サンダーバードというわけで
クローラーの危機を救う立役者は、このジェットモグラを置いてありますまいっ!


Photo_5

でもコレ、実は最近発売のTAITO製・完成品ディスプレイモデルでしたcoldsweats01
ホントは1967年発売の初版電動キットが良かったんですが未入手でsweat01
2000年発売の新設計版も製作が間に合わず、泣く泣く断念weep
どうぞ今回はご勘弁をっcoldsweats01


Photo_6

にわかに身構える、シカルナ怪獣軍団!

おおーなんかまた手強そうなのが出てきたなーsad
大丈夫かなー俺たちみたいな急ごしらえのチームでsweat01

対するはクローラー・ジェットモグラ連合軍!

クローラーくん、このジェットモグラが来ればもう安心だ!
モグラくんとタッグを組めば
百人力だ!行くぞ平和のために!

地球の命運を賭けた世紀の一戦の火蓋は、ついに切って落とされたhappy02
なんか作ってる方が勝手に盛り上がっちゃってますけどcoldsweats01


Photo_7

ようし助っ人は助っ人同士。
まずはジェットモグラ、おまえから血祭りだっ!

いやー支援機のつもりなんだけどなー。まー降りかかる火の粉は払わないとsweat01

やにわにモグラに襲い掛かるのは、宇宙怪獣P131!
呼ばれただけの仕事はキッチリこなしたい義理堅さ。これぞ宇宙仁義happy01


Photo_8

どうだっこのドリルを止めちゃえば、手も足も出まいっ!
おっとこのモグラさんを怒らせちゃうの?ドリルに触れると後悔するぜsmile


Photo_9

いててて刺さっちゃった。ゴツい攻撃するなーダンナsad
そりゃドリルメカだもん、こういうのが見せ場というものでしょwink


Photo_10

ドリル一閃!倒されたP131に代わって、モグラに挑むのはシベリアの鉄獣!

かなりの使い手だなオヌシ!穿孔機首には鉄の角で勝負せい!
おや今度は時代劇調か?BGMは『夜空の慕情』が欲しいところだねnote

Photo_25

にわかに戦場に響く剣戟の調べ!ドリルと角の激しいつばぜり合い!


Photo_11

モグラと鉄獣の激闘、その脇でクローラーに迫るのは
后篇で必殺の登り降り攻撃に敗れた、バグン・イガール・チヲスの悪役トリオだっ!

クローラーのダンナ、今度こそリベンジさせてもらうぜsmile
君たちさっきは手加減したけど、もう完結篇だから容赦しないぞっpunch


Photo_12

クローラー必殺の怪光線がチヲスに炸裂!

あれーそんなのあったんですか?
光学合成っぽくていいでしょhappy01 手描きだからヘタだけどcoldsweats01


Photo_13

ようし勢いに乗ってもう一撃だ!
んもうちょっとエフェクトを覚えると、すぐ調子に乗るんだからsad
いいぢゃんイガールちゃん。でも見た目ほど痛くないでしょhappy01
いやー線画に位置を合わせて倒れるのも大変なんだよなかなかsad


Photo_16

ちょっとクレームが来ちゃったんで、バグンちゃんはミサイルってことで。
おお本格的。あれ?爆発しないねコレ?
そりゃプラモデルだもん。まードリルミサイルとでも思ってもらえばsweat01


Photo_17

ようし加勢するぞモグラくん!
クローラーくん、ここで奴にトドメを刺すぞ!

枯葉に沈めっ!


Photo_18

さしもの鉄の角も、クローラー・ジェットモグラのタッグの前に
無残な姿を晒すのでありましたhappy01

また爆発しないねミサイル。
だからプラモだってばcoldsweats01


Photo_19

おみそれしました~weep
いやいや別に君たちは森で暴れてただけだしねー。
今後は、公園でジョギング中の人や遊んでる子どもを脅かしちゃダメだよ。
はい~いい勉強になりました
weep

Photo_24

それじゃ仲直りの記念写真camera みんななかなか写真映りがいいねhappy01
はあいつも、シカルナ工房で見本写真を撮られてますからcoldsweats01
来年の年賀状に使えそうだね。この写真lovely


Photo_20

じゃあ今度お邪魔した時は、よろしくおねがいします~sweat01
ようし気をつけて帰りなさい。宇宙は寒いから暖かくしてねhappy01


Photo_21

連結戦車クローラーとジェットモグラ。彼ら今井自衛隊がある限り
名古屋に悪は栄えない!栄という地名はあるけど!


Photo_22

名古屋もそろそろ冬本番。公園の柿の木も、ちょっと寒そうです。



Photo_23

ファーちゃんそんなところに隠れてたの?怖がりだねえsmile
今夜は温かいものを食べようかhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 垂涎のマジンゴー | トップページ | 対ショック防御ならず »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

豪華顔合わせの三部作、撮影お疲れ様でした。

オープンでの撮影というのは、周囲に人がいる中での恥ずかしさに耐えなければならない
羞恥心との戦い(笑)も勿論ですが、そのときどきの天候に大きく左右されてしまうのも辛いトコですよね。
空模様についてもそうですし、せっかく撮影直前にセッティングを済ませたフィギュア群が
シャッターを切ろうとした寸前、折からの強風でバタバタ倒れていったときの
あの絶望感ときたら、もう……(笑)。
あとはワタクシの住んでる北海道ですと、もうすぐ分厚い雪に周囲を閉ざされてしまって
春までしばらく本格的なオープン撮りがお預けになってしまうのもキビシイですね~。
まぁ、それらのデメリットを差し引いてもなお、オープン撮りの自然光がもたらしてくれる
リアルな質感や空気感と言う恩恵には代えられないのですが。

旧イマイ金型のモグラタンク、もしも次があるなら是非見てみたいですね~。
TB本編のミニチュアとは異なるプロポーションですが、あれはあれでまた独自の「味」ですから
いっそオリジナルの塗装を施して「クローラー同様のオリジナル架空兵器なんだ」としらばっくれちゃっても
案外バチは当たらないんじゃなかろうか、と思いますし(笑)。

今井自衛隊、向かうところ敵なしですな
しかし楽しげなロケーションですねえ
出演者を最後は愛嬌たっぷりの大サービスにしちゃうとは恐れ入りました!

更なる自衛隊の充実を希望しますね
キャプテンナントカとかサンダーホニャララやキングモ〇〇〇なんて連中で地球を防衛して欲しいな

さいとうひとしさん
北海道ですか!
名古屋は殆ど雪が降らないので雪に憧れてます
豪雪地帯の苦労を知らないから軽口叩けるんですが・・・
雪でも積ろうものならウーやらペギラをベランダに配置して大騒ぎしちゃってます
ゴジラと轟天の南極決戦なんて事しちゃいましたよ
http://blogs.yahoo.co.jp/btykj542/19903179.html

さいとうひとし様 あい変らずのおバカ写真遊びにおつき合い頂いて申し訳ありませんcoldsweats01
でも今回は撮っていて楽しかったですよ。
撮影をご覧になっていたウォーキング中の方々と、いろいろ交流も出来ましたしhappy01

私はどちらかと言うと

>周囲に人がいる中での恥ずかしさに耐えなければならない
羞恥心との戦い

は、ほぼゼロなんですよhappy01
逆にこの撮影を、コミュニケーションのツールにしたいほどの勢いです。
実際これまでも撮影中に、初対面の方からよく声をかけられ
予期せぬ会話に花を咲かせたこともしばしばでhappy01
また私の怪獣写真には、動物や公園に居合わせた人たちが
けっこう映りこんでいますが
これも意識的にフレームに入れ込んでいて
あくまで自然や人メイン・ウォーキング中のスナップであることを強調しています。
フォトストーリーとしてより、自然写真としてのクォリティーにこだわっていますしhappy01
まー出来上がりがこの程度ですから、悲しいものですがcoldsweats01

さいとうさんと同じく、確かにオープンロケには
どんなに室内で頑張っても出せない、オープンならではの空気が映りこむことを
最近は痛感しています。何より出来が美しいですもんねhappy01
名古屋もいずれ枯れ木の茂る冬となり、外ロケには辛いシチュエーションとなりますが
まー怪獣写真に季節感があってもいいかなとhappy01

>クローラー同様のオリジナル架空兵器

その作戦は10年前に、当時今井から発売されたばかりの
新設計・電動ジェットモグラで試しているんですが
ちょっとドライブラシを派手に施しすぎましてcoldsweats01
今作品に出演したクローラーより、さらに渋い出来になってしまいましたweep
さすがに我が意に沿わず、今はパーツに分解してお蔵入り。
今見ると稚拙さが目立って、とてもお見せできるものではありませんsweat01
でも候補キットはいくつかありますので、また作ってみるのも面白いですねhappy01

珠恵様 いやー行き当たりバッタリにもほどがありますが
やっと完結できましたhappy01
どーも怪獣たちを撮っていると、彼らに情が移ってしまい
ラストは光線で木っ端みじんというのが、忍びなくなっちゃうんですよねcoldsweats01
で、苦肉の策がこの記念写真という。まーこのほのぼのぶりは嫌いじゃないですがhappy01

>キャプテンナントカとかサンダーホニャララやキングモ〇〇〇

ぜひ配備したいものですねーhappy01
キングモ〇〇〇は、近年童友社から復刻された動力なしキットを持っているので
その気になれば・・・
まー気長に考えてみますhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/38001078

この記事へのトラックバック一覧です: バグン イガール チヲス 大怪獣総攻撃 完結篇:

« 垂涎のマジンゴー | トップページ | 対ショック防御ならず »