2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« ファーINファー | トップページ | 踏みしめる秋 »

2010年11月 6日 (土)

路地裏からの挑戦

昨日、予告篇をお見せした、連結戦車クローラーへの挑戦怪獣ですが。

「ネヴュラ」在住の怪獣スター全員参加による、厳正なオーディションの結果
以前からお披露目の機会を狙っていた次のお三方が、見事出演を射止めましたhappy02


Photo_5

昭和の時代、少年少女の怪獣バイブルとして
テレビに現れないオリジナル怪獣の楽しさを堪能させてくれた
中岡俊哉著『世界の怪獣』『新・世界の怪獣』。

Photo_6

近年復刻され、好事家の間で大きな話題を呼んだ名著ですが
『新・世界の怪獣』に登場し、今回の復刻に合わせて新規造形されたのが
宇宙怪獣バグン・ミイラ怪獣イガール。
さらに両書を復刻したシカルナ・工房からはバグン、イガールら中岡怪獣に加え
多くの「シカルナオリジナル幻獣」がソフビ化されましたが
その一つがこのチヲス。
これら三体は、昭和の子ども文化を彩った「もう一つの怪獣世界」からの来訪者。
まさに、知る人ぞ知る大スターたちなのですっlovely


今井科学が誇るオリジナル兵器・連結戦車クローラーの相手役として
これ以上ふさわしい怪獣キャラクターもありますまいっhappy01
イガールの目から放たれる怪光線!唸るバグンの蛮刀!
レーダー捕捉・ロックオン!発射せよクローラー・ダブル対空ミサイル!

大地を揺るがす爆発!天空を朱に染める炎!
昭和の路地裏で繰り広げられたであろう
シカルナ怪獣対連結戦車の一大攻防戦!
『バグン イガール チヲス 大怪獣総攻撃』にご期待下さい!


Photo_7

なーんて盛り上げるだけ盛り上げても、いつものショボい4コマですがcoldsweats01
まー予告ゴッコということでhappy01happy01happy01
いずれ運がよければ完成しますので、そのあかつきにはご覧の上
また呆れてやって下さいcoldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« ファーINファー | トップページ | 踏みしめる秋 »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

 『世界の怪獣』は未見なので、これらの怪獣は知りませんでした。
「チヲス」って、「ヲ」が使われてるんですネ。珍しいネーミングだと思います。顔はイソギンジャガーを連想してしまいました。

 「連結戦車クローラー」って、プラモですよネ? これをウォーキングに持ち出して撮影するのって、かなり大変では? ソフビとは違って、壊れたりしないか心配してしまいます。

 では本編を楽しみにしております。(←って、スゴくプレッシャーをかけておきます(^o^))

自由人大佐様 『チヲス』は「世界の怪獣」復刻に合わせて、最近発売された怪獣なので
正式には平成のデザインなんですが、まあ昭和テイストということで
バグンやイガールなど、「世界の怪獣」登場怪獣の仲間に入れましたcoldsweats01
確かにイソギンジャガーに似てますね。私も最初見た時、同じ印象を持ちました。
「ヲ」が使われているのも、なかなかオシャレですよねhappy01

>ウォーキングに持ち出して撮影するのって、かなり大変では?

さすが大佐さん、よくそこに気づいて下さいましたhappy02
いや実際大変なんですよ。おっしゃる通り、ソフビと違って壊れやすいプラモを持って
30分の距離を歩くのってrun
ですからもう、梱包や輸送には細心の注意を払います。
ダイソーのフィギュア用プラケースが、現在のベストコンテナですねcoldsweats01

いやープレッシャースゴいなーcoldsweats01
まーいつものおバカ写真になりますので、公開の暁には温かい目で見てやって下さいhappy01happy01happy01


この三匹なら楽勝でしょ!
この辺の図鑑、今なら許せるけど当事買って貰って泣いたよ
知らないやつらばかりだもん
読み物もトラウマの連続ですからね

珠恵様 いやーコレがなかなか手強い相手ばっかりでcoldsweats01
バグンなんか、たった三匹で地球を滅ぼしちゃうくらいですからhappy02
でもホントに、この手の図鑑に登場する怪獣ってものすごいのばかりですよね。
映像化や着ぐるみの縛りが無いものですから、設定もデザインもやりたい放題で
それがまた、読み手であった子どものイマジネーションを際限なく広げられた訳ですがcoldsweats01
とはいえ「知らないやつら」ですから、子どもの好みも分かれたでしょうね。
私なんか大好きな連中ですがhappy01

おっしゃる通り、読み物もトラウマの連続でしたよね。
でもメジャー、マイナーに関わらず、毎日が怪獣まみれだった昭和40年代は
今考えれば、奇跡のような時代だったと思います。(遠い目eye

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/37554777

この記事へのトラックバック一覧です: 路地裏からの挑戦:

« ファーINファー | トップページ | 踏みしめる秋 »