2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 二度寝ファー | トップページ | 元気だファー »

2010年10月31日 (日)

新怪獣ネズーラバット

台風14号は去ったとはいえ、すっきりとしない今日の空。
泣き出しそうな雲の下、ミニバイクを飛ばしていきつけの書店へ向かいました。

学研パブリッシングから発売中の
今井科学キャラクタープラモ全集―1959‐1969』をチェックする為でしたが
パラパラとめくってみると、いかんせん手持ちの資料本とやや内容がカブるので
後ろ髪を引かれながらも泣く泣くスルーweep
もちろん写真は豊富ですし、組立図なども資料価値が高いので
予算が許せば持っててもいいんだけど、残念ながら無い袖は振れずcoldsweats01

その代わりと言ってはなんですが、意外にも未入手だった
『大映特撮映画大全』(角川書店刊)の美本を発見、即ゲットしました。
立ち読みされやすいマニア本をビニール包装し、いつも美本状態で陳列してくれる
このお店の経営姿勢には、本当に頭が下がりますhappy01

ちょっと前に発売され、マニア系ブロガーの間でも話題になったこの本ですが
さすがに研究本には食傷気味の私は、ちょっと食指が動かなかったのです。
そんな私をレジに向かわせた理由は、今月からCSの日本映画専門チャンネルで
特集されている
『特撮王国スペシャル~第5弾 大映特撮からの挑戦状~』。
今月、来月の二ヶ月に渡って、大映特撮映画の雄・大魔神三部作をはじめ
未ソフト化の『孫悟空』シリーズなどを一挙放送する大特集です。


今月は『虹男』『宇宙人東京に現わる』あたりのメジャー作が高画質で見られ
両作品をVHSやLDでしか持っていない私には、嬉しいプレゼントだったのですがcoldsweats01
それにも増して感激したのは、特集に合わせて作られた特別番組。
そのマニアックな切り口は、ファンにはたまらない特集の目玉なのです。
今回は大映特撮の父・築地米三郎監督と、大魔神を演じられた橋本力さんの
ダブルインタビューという二部構成でした。

今月3日を皮切りに、何度もリピート放送されましたから
CS契約をされている大映ファン諸氏は、ご覧になったのではないでしょうか。
ごめんなさいねー一ヶ月もネタが古くてsweat01

築地監督に関しては1995年ごろ、私がお仕事をしていた局で
湯浅監督ら昭和ガメラスタッフの対談番組が制作され
それを暗記するほど見倒した過去がありますのでcoldsweats01
ご尊顔は画面を通して、よーく拝見しておりました。
あい変らずお元気そうで、何よりです。
また今回の番組については、著名なブロガーさん方が
感想を含めた詳細なレビュー記事を書かれていますし
私が何を書いても内容が重複するだけですので
ご興味がおありの方は、そちらをご参考になさって下さいhappy01

で、この特番の影響で、今日の『大映特撮映画大全』購入に至ったわけです。
帰り道には、お仲間の自由人大佐さんのブログで復活を知った
不二家ソフトエクレアをゲット、思いっきり昭和な気分でページを開きますbook

大佐様、情報ありがとうございましたhappy01
口の中でニュルンとクリームが広がる、独特の食感が懐かしいlovely
もちろんわが家の「ネヴュラ座」は、録画しておいた件の特別番組。
こんな感じで、大映特撮漬けの午後は過ぎてゆくのでした。


Photo_2 

うーむ46インチテレビに映すと、もはや築地監督が怪獣サイズですねcoldsweats01
テーブルのガメラたちも生みの親そっちのけで、ソフトエクレアに群がってますがweep
でもさすが監督。もはやそんな親不孝なガメラは眼中にありません。
番組で明らかにされた、今も監督が実現を目指し情熱を燃やす作品とは!


Photo_3

大群獣ネズーラバット!あのネズラがついに翼を与えられました!
コレは番組中で発表された、監督による手作りポスターです。
写真は番組の画面をそのまま、デジカメ撮影したもの。
いやーファンには有名な「大群獣ネズラ」制作頓挫が1963~64年ごろですから
監督はもう45年以上、ネズラの企画リベンジを考えていたわけですねーhappy02

スゴイ!熱い!素晴らしい!
これは負けられませんねー。

企画が一つや二つボツって落ち込んでいる私なんて、まだまだ甘いpunch

ここで「監督、期待しています」「ぜひ見たいです」なんて書けば
ブログ記事のシメの言葉としては美しいでしょう。
それは簡単なんです。期待だけしてればいいんですから。
でも私はそれは嫌です。そんな言葉はあまりに無責任だし、受け身すぎる。
私はいつも監督と同じ、作り手でありたいのです。

たとえ築地監督であっても、相手が第一線で企画実現を狙うクリエイターなら
いつもライバルでありたいと。そのプライドだけは捨てられません。


この番組は久々に、私のクリエイター魂に火をつけてくれました。
こんな雲の上の人とも競う事ができ、同じ土壌で頑張れる。
結果以上に努力、攻めの姿勢が大事なんです。
さーて脳裏をかすめる例のプロット、そろそろ形にしてみようかなー。
さすがにネズーラバットには、遠く及びませんがweep

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 二度寝ファー | トップページ | 元気だファー »

「大映特撮クラシック」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
へどらと申します
オタクイーンさんのブログは前から見さしていただいていました
私もCSの特別番組を見ました
ネズーラバットには驚きましたね~^^
是非製作していただきたいですね~
宇宙人東京に現る、虹男の画質が格段に良くなりましたね~
デジタルリマスターってすごいですね(笑
西遊記三部作は見たこと無いので三日にまとめてみようと思います
これからもよろしくお願いしますね

へどら様 はじめまして。ようこそいらっしゃいましたhappy01
つらつらと書き散らしておりますが、ご覧頂けてありがたいですcoldsweats01
ネズーラバットは本当に驚きですが、何より築地監督が
まだ特撮映画への情熱を失っていないところが素晴らしいですよね。
ああいう方が居る限り、日本の怪獣映画はまだ捨てたものじゃないと
気持ちを新たにしていますhappy01
おっしゃる通り、今回の特集放送はデジタルリマスターの恩恵にあずかれ
高画質で作品を楽しめるので、ありがたい限りですね。
特撮作品に限らず、日本映画専門チャンネルは
過去の珍しい映画を発掘してくれるので、新発見の連続で助かっていますhappy01

西遊記も楽しみですね。私も今回が初見なので、心して鑑賞したいと思っています。
こんなおバカなブログですが、これからもお気軽にお越し下さい。
よろしくお願いしますhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/37474290

この記事へのトラックバック一覧です: 新怪獣ネズーラバット:

« 二度寝ファー | トップページ | 元気だファー »