2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 第三の妹 | トップページ | フィジカルファー »

2010年10月25日 (月)

新怪獣シナモンファー

さて前回予告した、新しい妹分ですが。
さっそく「ネヴュラ」伝統のハムちゃん巣箱で、一枚撮ってみましたcamera


Photo

コレは昨夜の様子。
昨日ウチに来たばっかりなので、さすがにおどおどしていますがcoldsweats01
ちょっと分かりにくいですが、いかがでしょうかこの色。
「ネヴュラ」歴代のハムちゃんの中でも、初登場の色です。

確かにゴールデンハムスターには違いないんですが
ノーマルカラーのコタ、キンクマのキナに対し
ニューフェイスのこの子は、長毛種のシルバーという種類。

妹分と言うだけあって、もちろん女の子です。

品種的には、さほど珍しい色でもないらしいんですが
真っ白でもなく、フサフサのロングヘアーにグレーの模様が入った
こんな子を見るのは、私は初めて。



キナを失ったショックから、ショップを覗くのはしばらく控えていたんですが
おととい、たまたま近くを通りかかり、誘惑に負けて入ったのが運の尽き。
目の醒めるような明るいカラーリングに、すっかりやられてしまいました。
他にも、様々な色のハムちゃんが居ましたが
この子はケージの中で、ひときわ元気に暴れていました。

まだキナへの情が残っている私は、本当に悩みました。
こんな心の状態で、新しい仔を迎えて良いものかどうか。
お店のスタッフにも事情を話しましたが、小動物の寿命は誰にも予想できないそうで
飼い主が気をつけていても、迎えて一週間で亡くなるハムちゃんも居るし
あまり気に病まない方が良いと、アドバイスをもらいました。

さらに、これからペットを不幸な目に遭わせない為
普段の接し方や、健康管理に気をつける点を相談しました。
育てていた仔の他界が原因不明の場合、病気などの要因も考えられる為
その仔が入っていたケージに新しい仔を迎える時は
ケージの漂白や熱湯消毒を徹底的に行い、清潔にしておくこと。
エサも、信頼できる銘柄を適量与えるだけにとどめ
生ものや野菜も、常に新鮮なものを与えることなど。


ただそういう点は、私も常々気をつけていた事でしたし
コタやキナの育成状況も、スタッフによればほぼ完璧だったそうなので
キナの急死はやはり予想外であり、飼い主の責任ではないという事でした。
気休めにすぎなくても、プロのアドバイスは励みになります。

それでも罪の意識は消えず、育てる自信があるかどうか
自問自答を繰り返し、悩みに悩んでショップへ通うこと三回。
でもケージの中からつぶらな瞳で見つめられるたびに、心は傾くばかり。
ここまで情が移ってしまうと、もうダメです。
もしこの子が他のお客さんの手に渡ってしまったら、一生後悔するだろうなと
思った瞬間、気持ちは決まりました。

でもこの子を迎える事を、どうしてもキナやコタには伝えておきたくて
二人が眠る森へ走りました。
勝手な思いながら、キナもコタもきっと私を許してくれ
新メンバーの登場を喜んでくれると信じたいです。


ただこの子は決して、キナを失った心の隙間を埋める為ではありません。
キナはキナ。この子はこの子で別の魅力があるのです。

一晩一緒に居て、キャラクターも全然違うことが分かりましたしhappy01


Photo_2

さっきケージを覗いたら、昼間にもかかわらず巣箱から飛び出して
元気に走り回っていました。
コレがこの子ならではのキャラ。昨夜もず~~~っと回し車で遊んでましたしsmile
動きが速いので写真がブレてますが、こんな感じでボディーはフカフカですhappy01
正面から見ると、ちょっとタレ目気味happy01 周りのアイシャドーはセクシーなのにheart04


このファーのようなボディーの質感、シナモンの爽やかな甘さを連想させる白。
その二つを組み合わせ

この子はシナモンファーと名付けました。

ちょっとフランス風の、ゴージャスでセレブな語感がお気に入り。
すでに”ファーちゃん”と呼びかけ、可愛がっています。

おバカな三代目妹分ですが、また「ネヴュラ」のマスコットとして登場しますので
コタ、キナと変わらぬご愛顧を、よろしくお願い致しますhappy01

にほんブログ村 ハムスターブログ ゴールデンハムスターへ

« 第三の妹 | トップページ | フィジカルファー »

シナモンファー」カテゴリの記事

「ペット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いや~かわいい~!シナモンファーちゃん!
仕事で忙殺、ちょっと見ない間に3代目のファーちゃんが登場してました!
仕事の憂さが晴れました!
ファーちゃんとの新しい出会いと喜び、ともにすごす時間が、
オタクイーンさんの心を癒してくれることを願うばかりです。

キナちゃんはキナちゃん、ファーちゃんはファーちゃんです。
キナちゃんを失った悲しみが消えるものではないことは
よくわかってるつもりです。
私のようなものでさえ、キナちゃんの思い出が深く・・
ほんとその存在がいとおしくてへこみましたから・・。
でもキナちゃんのために今できること、それははいい「思い出し方」を
することだと思ってます。
大相撲見ながら、土俵入りキナちゃんを思い出して笑い、
ブースカを見かけたら「キナちゃん、やっぱし似てるよ~!」とつぶやき、
冷やし中華食べるときはあの至福の表情を思い浮かべて真似します。
(ガイラのまねをするくらいですから、キナちゃんのまねなんて・・・)

新しい妹分ができてキナちゃんは喜んでますよ、きっと。
私もファーちゃんとの出会いを喜んでいます。


かたつむり様 新しい妹分、ファーを連れて来てしまいましたhappy01
かたつむりさんと同じく、キナの思い出は今も私の中にあります。
あの楽しかった日々は美しい記憶として、いつまでも生き続けるでしょう。

小さなハムスターにも、一匹一匹で本当に別の個性があります。
おてんばだった「ネヴュラ」初代妹分のコタに比べ
二代目のキナは人見知り気味で、気の小さいハムちゃんだったと思います。
その性格は、写真にもよく表れていましたね。
かたつむりさんにも、本当に可愛がって頂きました。
おバカな子ほど可愛いもので、私もキナには愛情を注いでいただけに
急なお別れはショックでしたが、いつまでも悲しんでいることは
キナも喜んでくれないでしょう。
かたつむりさんのおっしゃる通り、新しい妹を迎えてあげることも
コタやキナへの、一つの供養になると信じたいです。

三代目妹分のファーはご覧の通り、これまでの妹より体が大きめですが
これは長毛種で体がモコモコなのに加え、生まれてから二ヶ月ほど経っているために
若干成長しているからなのです。
「生まれたてから少し経った仔の方が、体の抵抗力が強い」という
ショップスタッフのアドバイスに従ったものですが
さすがに大物の風格と言うか、あっという間に三階建てのケージに慣れ
すでに屋上まで使いこなしていますhappy01
きっとファーとも、楽しい毎日を過ごせるでしょう。
キナともども、また可愛がってやって下さいねhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/37382881

この記事へのトラックバック一覧です: 新怪獣シナモンファー:

« 第三の妹 | トップページ | フィジカルファー »