2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 秋雨二句 | トップページ | 秋空L作戦 »

2010年9月18日 (土)

悲しいほどお天気

不幸な出来事ほど、予期せぬ時にやってくるもので。
お知らせしたくない事ほど、重い内容だったりします。
また愛する者を、見送らねばならなくなってしまいました。


16日朝。二代目妹分のハムスター・キナックマが永眠しました。

Photo_2

それは何の前ぶれもなく、あまりに突然でした。
朝目覚め、ケージを覗いた瞬間。
大きく仰向けになり、冷たくなっているキナを発見したのです。
かわいそうに、目は開いたままで。
最初は何があったのか分からず、おろおろするばかりでした。
本当に、前兆などまったくなかったのです。

昨日だっていつものように、ケージの前でひまわりの種を見せると
嬉しそうに駆け寄ってきたのに。
晩も何ひとつ変わらず、与えたチクワを元気にほおばっていたのに。

きっと。12日の日曜日あたりにぶり返した残暑と
その直後に涼しくなった気温の変化が、体に堪えたのでしょう。
私さえ体調を崩したほどです。
ハムスターの小さな体に与えた負担は、想像以上のものだったと思います。
いつもケージを目につく所に置いて、健康管理や暑さ対策には気をつけ
平凡ながら愛情溢れる日々を、共に送っていたのに。
それなのに。たった一晩で。
こんなにあっけなく逝ってしまうなんて。

でも、どんないいわけを並べても、責任は飼い主の私にあります。
ハムスターの平均寿命は二年程度。
生まれてまだ一年ちょっとだったキナに寿命が訪れたとは、とても思えません。
あるハムスターの飼育本に書かれていた一文が、胸に刺さります。


飼い主さんは、物言えぬペットのこんな思いを、常に心に置いて下さい。
「私には、あなたしかいないのです。」


そうです。キナには私しか居なかった。
どんな微妙な体調の変化も、私が気づいてあげなければならなかった。
そうすれば、キナを救えたかもしれないのに。

他人様から見れば、しょせんは小さなハムスターの死かもしれません。
でも物言わぬ動物は、こうして飼い主を責めもせず、恨みもせずに
静かに逝ってしまうから、余計に辛いのです。
もっと私を恨んでくれれば、手間をかけてくれれば、どんなに気が楽でしょう。
それなのに、こんな飼い主失格の私を一切責めることなく
真夜中に起こすことさえなく、キナは静かに旅立ってしまった。

以前に皆さんから可愛がって頂いたコタクイーンも、同じでした。
最期はまったく苦しまず、眠るような表情で私の元から去って行きました。
でも。二年の寿命を全うしたコタに比べ、キナはあまりにも若すぎる。
キナの最期が穏やかであればあるほど、小さな命を奪ってしまったという罪の意識は
私を責め続けるのです。


あまりに突然の出来事で、伸びきったゴムのように感情が動かず
おとといは機械的に、雑事をこなすのみでした。
悲しさがリミッターを超えてしまうと、人間は一時的に無感情になるのでしょう。
そんな雨がちの一日から一転、秋晴れに恵まれた昨日。
キナとのお別れと埋葬に、私はいつもの森へと出かけました。
そうです。以前、コタを埋めてあげた場所です。
きっとキナも、コタと一緒なら寂しくないだろうと。

Photo

ちょうど一年半前に掘った、コタが眠る木の根元に再びスコップを立て
埋めてあげたキナの亡骸は、生前の半分程にも小さくなっていました。
それを目にした途端、あまりにもかわいそうで
抑えていた感情が一気に溢れ、お恥ずかしい話、涙がこぼれ出てしまいました。
ごめんねごめんねと繰り返しながら、最後にあげた松ぼっくりを
一緒に埋めてあげました。


天国へ行ったらこの松ぼっくりで、コタと遊んでね。
コタと一緒に、しょうがないおねえちゃんだったねと笑って暮らしてね。


Photo_4

見上げる空はいつもと変わらず、抜けるような青。
お天気が良ければ良いほど、悲しく感じるのはなぜでしょうか。
無意識に、キナに似た雲を探す自分に気がつきました。
でもそんな私の感傷も、空に届く筈はないのでした。



虫や小鳥、小動物に関わらず、どんな動物でも構いません。
ペットと暮らす皆さん。
今あなたの膝で眠るペットを、心から愛してあげて下さい。

生きているから生命なのではありません。
死んでしまうから生命なのです。
ペットが元気でいることが、それだけで奇跡の瞬間であることを
どんな宝石よりも輝いていることを、忘れないで下さいね。
飼い主失格の私に、そんな事を言う資格はありませんが。



いつもながら、わがままなお願いです。
そんな事情により、今回の記事を書くだけでも気力が限界で
しばらくはとても、更新する心持ちになれません。
その為、数日間「ネヴュラ」をお休みさせて下さい。
なお、頂いたコメントへのお返事も遅れると思いますので
どうか心中お察し頂き、ご配慮頂ければ幸いです。

短い間ながら、「ネヴュラ」を通じ
キナックマを可愛がって下さった読者の皆さん、本当にありがとうございました。
改めて、心から感謝させて頂きます。

                                           オタクイーン

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ

« 秋雨二句 | トップページ | 秋空L作戦 »

キナックマ」カテゴリの記事

「ペット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

命あるもの、いつかは・・・
そう分かってはいても、悲しいですよね・・・

でも、大丈夫です。どうか元気を出してください。
きっと、キナックマちゃんはいつも一緒にいてくれると思いますよ。

魂は永遠ですから。

とにかく、今はゆっくり静養なさってください。
いつまでも待ってます。

いつの時も別れは悲しいですが、出会えたことの喜びを

思い返せばまた前に進めます。

私は、そう信じています。


ショックです。・・・
あまりに突然だったので・・・

キナちゃんにはたくさんの癒しをもらいました。
今はただただ、「キナちゃん、ありがとう」
と言葉を送りたいと思います。

オタクイーンさんの悲しみははかりしれません。
でも、ご自分を責めないでください。
人ですら予期せぬことで突然亡くなることがあります。

彼女の過ごした時間・・・
それは限りある時間の中で、
とても輝いて幸せな時間であったろうと思います。
キナちゃんはオタクイーンさんの愛情を受けてすくすくと育ち、
いつも愛くるしい姿や表情で私たちに多くの癒しを与えてくれました。
キナちゃんが登場するといつも何か言いたくなって・・・
私にとっても本当に愛してやまない可愛い可愛いアイドルでした。・・・
キナちゃんのご冥福を心よりお祈りします。

オタクイーンさん、どうかゆっくり心の休養をとってください。

はじめまして、あすかといいます。
記事を読んで泣いてしまいました。
以前、私は大好きだったキンクマのハムスターを
自分で死なせてしまったという経験があります。
家の中を歩かせて遊ばせていたら、テレビの下に
入ってしまいそうになったんです。
テレビの裏にはコードがいっぱいあるし、危ないと思って
とめようと思って足を踏み出した瞬間…
私の足の下にハムスターが来てしまいました。
1時間半後に死んでしまいました。
まだ生まれて1年も経っていない頃でした。
ずっと抱きしめて、「ごめんねごめんね…私のせいで」
と泣きながら謝っていました。
でも、その晩にハムスターが夢に出てきたんです。
「ずっと一緒にいてくれてありがとう。嬉しかったよ」
と私に言ってくれました。

絶対にあなたの気持はキナちゃんに届いてますよ。
今はとても辛いと思いますが、悲しんでいるだけでは
キナちゃんも悲しいと思います…。
すぐに気持ちを切り替えるのは絶対に無理ですが
少し落ち着けるようになったら精一杯今までの感謝をしてあげてください。

長々と失礼致しました。

 ‥‥驚きました‥‥。ただただキナちゃんのご冥福をお祈りいたします。

 ちょっと聞いた話なので信憑性は不明ですが、ハムスターの突然死というのは珍しいことでもないようです。二階建ての巣から落ちたりして亡くなることも‥‥。

 ゆっくりと供養してあげてください。

紫峯蓮舞様 返事が遅れ申し訳ありませんでした。

キナ急逝のショックから早や10日。
たとえ小さな命とはいえ、愛する者が居なくなった辛さは大きかったですが
いつまでも悲しんでいるのは、キナも望んではいないでしょう。
おっしゃる通り、魂は永遠ですものね。

少しずつですが、気持ちも前向きになってきました。
スローペースながら、そろそろ再開を考えていますので
気長にお待ち下さい。
お気遣い、本当にありがとうございました。

(=X・X=) 様 返事が遅れ申し訳ありませんでした。
キナを失った悲しみは大きいですが
おっしゃる通りその悲しみにも増して、出会えた喜びは大きかったと思います。
キナと過ごした日々は決して色あせず、いつまでも輝き続ける心の宝石ですね。
そんな思い出を糧として、前向きに生きていこうと思います。

ちょっと元気が出ました。記事もおいおい再開しますので
またおつき合い頂ければ幸いです。
重ね重ね、お気遣いありがとうございました。

かたつむり様 返事が遅れ申し訳ありませんでした。
本当にかたつむりさんには、いつもキナを可愛がって頂きましたね。
キナは決して私だけの妹分ではなく、かたつむりさんはじめ
読者皆さんのアイドルだったことを、改めて感じました。

先代のコタの時もその最期はショックでしたが、寿命を全うできたコタに較べて
キナの急逝は、私の気配りの足りなさが引き起こした不幸であり
その罪悪感は依然として自分を責め続けますが
いつまでもふさぎ込んでいるのは、キナも望んではいないでしょう。
今度はキナへの愛情を元気に変えて、前向きに進んでいこうと思えるようにもなりました。
都合のいい考えであっても、今の私にはそれしか出来ないのですから。

溢れる癒しをくれたキナに永遠の感謝を抱き
私も再出発したいと思います。
いずれ記事も再開しますので、またおつき合い頂ければ幸いです。
お気遣い、本当にありがとうございました。

あすか様 はじめまして。
返事が遅れ申し訳ありませんでした。

以前から、共に日々を送ったハムスターは多く居ましたが
いずれも、寿命を全うした上でのお別ればかりだったので
今回のキナのような急逝は本当にショックで、しばらくは脱力状態でした。
この辛さや罪悪感は、経験者にしか理解できないものですね。
あすかさんの悲しさも、本当に痛いほどよく分かります。
物言えぬ動物は、人間のどんな不注意も責めずに静かに逝ってしまう。
それが何よりも辛いんですよね。
でもあすかさんは幸せですね。愛したハムちゃんが夢に来てくれたんですから。

この哀しみを乗り越えること、キナへの感謝を忘れないことが
愛した者へのせめてもの供養になると信じます。

私もやっと、立ち直ることが出来そうです。
お気遣い、本当にありがとうございました。

自由人大佐様 お気遣いありがとうございました。
たとえ小さな命でも、愛する者を亡くすのは辛いもので。
ましてやそれが予期せぬ急逝とあれば、哀しみもひとしおです。

おっしゃる通り確かに、ハムスターの急死は珍しいことではありませんが
子どもの頃からハムスター飼育の経験があった私には、
ケージの天井から落下してもケロリとしている姿をよく見ていましたから
ハムスターの丈夫さには、ある種の信頼があったのです。
ただそれが過信に繋がり、心に隙が出来たのかもしれませんね。
暑さが原因の死というのは本当にショックで、命を預かる者の責任の重さを
今さらながら認識した次第です。

ただいくら反省しても、キナは帰ってきません。
残された者に出来ることは、二度とまちがいを犯さないことと自戒して
再出発したいと思っています。

貴ブログにはなかなかコメントを残せず、申し訳ない気持ちで一杯ですが
いつも記事は拝見しておりますので
また変わらぬおつき合いを、よろしくお願い致します。

ご無沙汰してましたので、今しがたこの記事を拝見しました。

オタクイーンさんにとって、キナちゃんは「大事な家族」。また、キナちゃんにとっても「だいじなかぞくだったと思います。

心からお悔やみ申し上げます。

心の傷はなかなか癒せませんでしょうが、少しでも早く元気になられる事を願ってます。

都の商売人様 ご心配をおかけしました。
キナの他界を自分の手で食い止められたかもしれないという思いは
依然として心にありますが
いつまでもふさぎ込んでいては前には進めませんし、キナもそれを望んではいないでしょう。
今もキナの眠る森には日参して、心を鎮める努力をしています。
勝手な思いながらキナも、そろそろ私を許してくれるような心持になってきました。
心の辛さは消え去ることはありませんが、キナとの日々を忘れないことで
乗り越えていこうと思っています。
商売人さんはじめ多くの方にご心配頂き、ブログもそろそろ再開のメドが立ちましたので
その際にはまたおつき合いのほど、よろしくお願い致します。

また新しい出会いがあるといいですね、次の仔をキナちゃん以上に幸せにしてあげるのが一番良い供養だと思いますよ。
気持ちの切り替えが大変だとは思いますが新しいパートナーに出会えるように祈っております。

ざんぶろんぞ様 ご心配をおかけして申し訳ありません。
おっしゃる通り私も、先日ペットショップを覗いたのですが
どの仔を見てもキナの面影がちらつき
逆に悲しさを煽る結果になってしまいました。
やはりまだどんな仔も、心の隙間は埋められないようです。

ゆっくり時間をかけ、キナとの思い出と遊べる余裕が出来た頃
また新しい出会いを考えようと思っています。
いずれ、新パートナーをお披露目できたら
また可愛がってやって下さい。
重ね重ね、お気遣い本当にありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/36803093

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しいほどお天気:

« 秋雨二句 | トップページ | 秋空L作戦 »