2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 雲海の翼 | トップページ | 爆雲背に受けて »

2010年9月 8日 (水)

遠雷の空

Photo

台風9号は予報より少し早く、東海地方にも接近してきたようです。
今朝5時55分の空はこんな暗雲。まー予想はしていたものの
猛烈な残暑に疲れ気味の体には、久々の低い気温、風が心地良いです。

今回の台風は大きさも比較的コンパクトで、いわゆる雨台風らしいですね。
この夏は雨の記憶がほとんど無いですから、この台風が久々の天然のシャワーと
なるのでしょうか。
撮影中にも地響きのような遠雷が唸り、6時50分には降り出しましたが
雷の音を聞くのも、ずいぶん久しぶりのような気がします。
ただ小さいとはいえ台風は台風。すでに各地で被害も出ているようですし
本州横断も予想されていますから、以前として予断は許しません。


今日の予想最高気温は29度。
こうして一雨ごとに秋の足音は近づいてきますね、なんて言いたいところですが
そんな決まり文句など無視するように、残暑は明日からも続くようですから
大地を潤す雨の涼しさを、心行くまで味わいたいと思いますrain

人間が感じる雨の気配って、空の表情以外にもいろいろありますよね。
今朝のテレビでも採り上げられていましたが
例えば湿気でヘアスタイルが決まらなかったり、汗とは違うベタツキ感があったり。
風の生暖かさや、雨の匂いを感じるなんて場合もあります。
「遠くの音が聞こえやすくなる」なんて体感も、その一つですね。


そういうお天気の勘も、テレビ屋にとっては非常に大事で
お仕事仲間のカメラマンなども、湿度や雲の動きを見ながら
「あと何分で降り出すから、屋外カットは今の内に撮ったほうが良いね」
なんてアドバイスをくれる場合があります。

で、どんなに晴れていても、数分後には一転にわかにかき曇り・・・
そういう「分単位で雨を予告する男」って、どこの局にも居るものですよねhappy01

季節による太陽光の強さ、時刻による順光・逆光の変化などは
撮影環境やスケジュールに大きく影響しますから
お天気の変化で臨機応変に動くのも、現場で覚える一つの職能なのです。
それは農業や林業など、屋外作業に携わる方々にも通じますよね。
元来人間には、そういう自然の動きを感知する能力は備わっていた筈なんですが
文明生活の発展と共に、その能力は退化しつつあるとも言われます。
でもその退化した能力を、人間は科学的な観測技術に頼っているわけで。

日々、森へ出かけていると、そんな感覚を特に感じますね。
野生の勘で、季節や天候を敏感に察知する自然の住民たちに
私は翻弄されるばかりですcoldsweats01


Photo_2

とはいえ今日の場合、朝から降るのは明らかでしたから
昨日つながりのフィギュアを変更し
曇り空や雨に似合うカエル顔、ケムラーさんにご出演頂きましたhappy01
予告なく起こされて、「聞いてないよー」ってグチってますcoldsweats01
かわいいおとぼけ顔ながら、死火山を住処とする自然児ですから
きっと彼も、勘は鋭いんでしょうね。
この残暑はいつまで続くのか、ちょっと訊ねてみたい気もしますがhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 雲海の翼 | トップページ | 爆雲背に受けて »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/36607917

この記事へのトラックバック一覧です: 遠雷の空:

« 雲海の翼 | トップページ | 爆雲背に受けて »