2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 猛暑復活 | トップページ | 白い朝 »

2010年8月16日 (月)

夏色ゴメス

というわけで。ちょっと引っ張っちゃいましたが
今回は予告通り、先日入手したゴメスさんをお見せしたいと思います。

とはいえ昨日のお墓の写真で、全身写真はしっかり見せちゃったんですがcoldsweats01
同じ怪獣ソフビでも、屋外と屋内ではこうも変わるという例です。


Photo_2

あっ、でもコレはコレでいいですねlovely
原型はあのエクスプラスですから、どんなにレトロ風の塗装を施しても
こんなリアルテイストに仕上がっちゃうのが不思議。

巷に溢れるレトロ風ユルユルフォルムの怪獣ソフビとは一線を画す
エクスプラスならではの逸品です。

でも素材はリアル版とは全然違って、フカフカの軟質ソフビなんですよhappy01


Photo_3

大迫力のアオリ角度。ツノやキバは思いっきりクロムシルバーという遊びっぷりeye
まーマルサンゴメスを意識したんでしょうね。
その一方で・・・


Photo_4

皆さんご存知の通り、ウルトラQはモノクロ作品ですし
ゴメスの着ぐるみに関してもカラー写真の資料は見たこと無いので
正確な色は想像の域を出ないのですが
このお腹の色ツヤの感じなんて、カラー作品であるウルトラマン怪獣にもありそうで
ゴメスがカラーだったらなんてイメージを、ちょっと想起させますねー。

ボデイのベースカラーも抑えたブルーだし。それほどレトロレトロしてない所が
なんとも大人の遊びっぽくて素敵。
どことなく涼しげな雰囲気は、『夏色ゴメス』って感じでしょうか。

レトロ彩色とはいえ、こういうカラーセンスを感じさせるあたり
エクスプラスのリアル嗜好が垣間見られて、ちょっと嬉しかったりしますhappy01



ウルトラQ怪獣の中でも、ゴメスはマイベスト5に入るほど好きな一頭ですから
このレトロ版が発売されるはるか前、リアル塗装版バージョン1の発売時には
何を置いても入手、眺め回してため息をついておりました。
その頃はエクスプラス商品も手近なショップに並んでいましたから
私も難なく入手できたのですが
後にバージョン2が発売された頃は、エクスプラスも超高価格・限定発売体制に
入っていましたから、近所では見たこともなく
もしあってもとんでもなく高額で、私のような貧乏人には手が出ませんweep
で結局、今に至るもゴメスさんは、このレトロ版の原型となったバージョン1しか
持っていないのでしたcoldsweats01


Photo_5

そのリアル版・バージョン1と二体並べてみました。
なんかこうやって見ると、リアル版の彩色は地味すぎるような気がしちゃって。
コレも非常に良いんですが、標本色と言うか剥製色と言うか
落ち着きすぎちゃってるんですね。
彩色時に「思い出セピアフィルター」がかかっちゃってるのかもしれませんhappy01

もしウルトラQがカラーだったら、むしろレトロ版の彩色の方が
画面に映える感じがしませんか?


ひょっとしたら、このレトロ版のカラーコンセプトは
後続番組・ウルトラマンに登場した怪獣のカラーイメージを参考に
もしQ怪獣がカラー化されたらこんな感じかもなんて
遊び心だったのかもしれませんね。

現在に比べ、当時のカラーフィルムは色の感度が悪かったらしいですから
怪獣もウルトラマンも科特隊ユニフォームも、みんな派手でしたもんねhappy01
ネットでは、コンピュータ処理によるウルトラQのカラー化が進んでいる
なんて噂も聞きますが、その暁にはどんなゴメスが現れるのか、楽しみです。


Photo_6

顔をつき合わせて、何やら相談でしょうかhappy01
でも面白いでしょ。同じ型から抜かれているのに
ソフビの材質の違いで、頭の長さがかなり違うんですよ。

レトロ版はちょっとツブレ加減なんですが、どんなにドライヤーで直しても直らない。
困ったなあと思いながら近所のオタクショップを覗いたら
たまたまこのレトロゴメスが単品で売られていて、その顔を見たら
この写真とおんなじ、ちょっとツブレ顔だったというhappy01
「なるほどーレトロ版は軟質ソフビなんで、みんなこんな形に抜けちゃうのかな」と
単純に納得しました。

まーコレはコレで味があるし、一つの個性として受け入れようとhappy01happy01happy01
目もマルサンゴメス風に血走ってますしねー。
猛暑の中、これ以上ドライヤーで攻撃するのも可哀想でしょうhappy01


Photo_7

バックショットも、レトロ版の方が目を引きますねー。
なんと言っても、渋く輝く甲羅のシルバーが素晴らしいlovely
背中のデザインを印象付ける上で、これ以上的確なポイントも無いでしょう。

彩色されていないリアル版の方が、逆に物足りなく感じてしまいます。
このレトロタイプを限定版にしておくのは、ちょっともったいないなあと。
リアルフォルム、リアル彩色が主流のエクスプラスには
こういう路線は向かないのでしょうか。いい味なんですがhappy01

レトロ版の発売経緯、発売時期などは一切分かりませんが
ユル怪獣好きの私にとってこのゴメスさんは、ストライクゾーンど真ん中。
バンダイ・ウルトラ怪獣シリーズとはまた違ったカッコ良さを、感じてしまいます。

リアル版ともども、末永く愛し続けたいこの二体。
こうなるとモノクロ版も欲しくなってきますが、そううまくはいかないでしょうねcoldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 猛暑復活 | トップページ | 白い朝 »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/36195699

この記事へのトラックバック一覧です: 夏色ゴメス:

« 猛暑復活 | トップページ | 白い朝 »