2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 排水口SOS | トップページ | 小市民的奇跡 »

2010年8月20日 (金)

白銀の幻影

昼間の残暑から一転、夜は涼しくなりましたね。
今も窓を全開にしているんですが、吹き込む風はすでに夏のそれではなく
季節が確実に移り変わっていることを、実感させてくれます。
そんな風に乗ってかすかに漂ってくるのは、おいしそうな鍋料理の香りlovely
マンションのご近所はすでに、食欲の秋を気取りしているようですhappy01


さて今回は、先日からずいぶん引っ張っちゃった新着アイテム
エクスプラスのレトロ版ペギラさんをご紹介します。

すでにこれまでも、記事のあちこちに登場していますから
いまさらという気がしないでもないですが
どーもA型なもので、ちゃんとお見せしないと気がすみませんcoldsweats01
まー軽くご覧頂ければ結構ですので、おヒマでしたらおつき合い下さい。


Photo_2

レトロシリーズの謳い文句通り、以前ご紹介したゴメス同様
このペギラさんも、リアルなフォルムとレトロなカラーリングのミスマッチが魅力。


それにしても思うんですが、ペギラってホントに不思議な形をしてますよね。
ネーミングの通り、デザインのモチーフはペンギンなんでしょうが
ペンギンの意匠はかけらもありませんしpenguin
それでいながら、「怪獣」としか言いようのない強烈なアイデンティティーが
全身を覆う、実に秀逸なデザインと思います。
ゴメスと同じく、シンプルでいながらデザインの基本線が強いんですね。
これ以上でも以下でも、ペギラではなくなってしまう。
後に「ウルトラマン」で登場するチャンドラーの耳がデザインから浮いて見えるのは
そのままペギラのデザインが完成形であった、証とも感じるのですがhappy01


Photo_3

レトロ版ゴメスとも共通する、フラットアルミのツノ・キバと赤い目happy01
例の「眠そうな眼」も、この彩色では全然印象が変わっちゃって
もともと寝不足なペギラさんが、いっそうかわいそうに見えてしまいますcoldsweats01

三年前に南極基地で野村隊員を失踪させた責任を感じて
必死に探した末、充血しちゃったとかhappy01

考えてみるとペギラって「白目電飾発光・二足歩行ウルトラ怪獣第一号」
だったんでしょうか?

『ペギラが来た!』以前のQ登場怪獣と言えば
ゴメス、リトラ、ゴロー、ナメゴンですが
(マンモスフラワーは古代植物なのでcoldsweats01
その中で、白目に電飾を仕込んだ怪獣はナメゴンのみです。
でもアレは宇宙怪獣ですし、体型も人間のそれとは大きく異なっている為
色目の電飾も特に気になりませんでした。
「いやーやっぱり宇宙怪獣は目が光って、怪光線の一つも出すんだねえ」
で納得出来たんです。スタッフもそう考えたのかもしれません。
でも、二足歩行怪獣では先輩格のゴメスに白目電飾がなくて
ペギラにあるというのはどういうことかと。

実在生物の巨大化っぽいリトラ、ゴローには白目に電飾という発想は
無かったでしょうし。


やっぱりそれも、あの南極の吹雪の中で、巨大な眼だけが轟然と輝く恐怖感という
演出の要求だったんでしょうね。
あの眠そうな眼がカッと見開かれる時、白目に電飾がなければ
あの迫力は、とても出なかったように思うわけです。

『海底原人ラゴン』における「闇夜に光るラゴンの眼」しかり。
確かにエピソード制作時期の差、特撮技術の熟練度も影響しているとは思いますが
当初は全ての怪獣に仕込まれず、怪獣個々の演出の要求であっただろう
白目電飾が、後の「ウルトラマン」ではレギュラー化し
「白目輝くウルトラ怪獣」という印象を決定付けたわけですから
面白いものですよね。

まーこのレトロ版ペギラさんには、また別の魅力がありますがhappy01


Photo_4

リアル版と並べてみれば、印象の差は一目瞭然。
ペギラは撮影用着ぐるみのカラー写真がけっこう有名ですから
このリアル版も、そのイメージにピッタリで違和感がありません。

それが頭に刷り込まれている分、イエローの成型色にシルバーの塗装という
レトロ版のカラーリングが、独自の雰囲気を醸し出すのもムリはないという事でhappy01

でも好きなんですよこの色。マルサンカラーとはまた違ったキッチュな感じが。


Photo_5

ゴメスと同じくこのペギラも、首から頭にかけてのラインが違いますね。
やっぱりレトロ版は軟質ソフビだからでしょうか?


Photo_6

と思って、顔をつき合わせてみれば・・・
やっぱりレトロ版のほうが、より前傾姿勢が強いようですね。謙虚な姿勢happy01
でもゴメスほど、頭部の変形は無いようです。

それにしてもリアル版は劇中同様、ホントに目つきが悪いcoldsweats01
なんかレトロ版が、脅されてちぢこまっているように見えます。まーかわいそうshock


Photo_7

とはいえやっぱりペギラはペギラ。
アオリ角度で見ると、氷点下の世界に君臨する王者の風格は充分です。
マイナス130度の冷凍光線を操り、温血生物を死に至らしめる恐怖の存在。
吹雪の氷原に、蜃気楼のごとく浮かび上がるその姿は
人類の侵入を拒む極地の脅威を、そのまま形にしたようです。

ペギラに感じる恐怖は、寒さに対する人間の本能的恐怖なんでしょうね。
明日も34度まで上がるという残暑の夜に、こんなお話もアレですけどcoldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 排水口SOS | トップページ | 小市民的奇跡 »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/36269483

この記事へのトラックバック一覧です: 白銀の幻影:

« 排水口SOS | トップページ | 小市民的奇跡 »