2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 朝焼けの潜水艦 | トップページ | ヒマワリ慕情 »

2010年8月14日 (土)

機械仕掛けの深海魚

Photo_3

・・・今朝5時40分。もうこのグレー空が絵になるはずもなくweep
残念ながら思いっきり絞りを開放、手前のフィギュア主体で撮るしかありませんcamera

まーしょうがないですね。秋田近辺は大変な雨のようですし
お盆の帰省ラッシュに伴う高速道路の渋滞も関係ない私ですから
この曇り空程度で文句を言っていては、バチが当たるというものですcoldsweats01
どうも今年のお盆は、全国的にはっきりしないお天気のようですね。
晴天を狙っていたお墓参りも、どうやら望み通りにはいかないようです。

さて。昨日のスティングレー繋がりで、今日はこのメカニカルフィッシュ。
コレは間違いなく、大昔に緑商会のゴム動力プラモを作りました。しかも二回。
形が好きだったんですよねー。この何とも言えない形が。

『海底大戦争』劇中での活躍ぶりよりも、むしろこの怪獣然とした形に惚れ込んで
お風呂に持ち込み、オリジナルのストーリーを妄想するのが好きでした。
顔を水面ギリギリに近づけ、波をかき分け進む異形の深海魚を眺めながら
えもいわれぬ迫力とカッコ良さに、シビれまくったものです。


怪獣世代の原体験をプラモ派、ソフビ派に分けるなら、私は完全にプラモ派。
リアルなフォルム、硬質な素材感に惹かれるタイプだったので
このメカニカルフィッシュはまさに適役、好みにピッタリの逸品だったんでしょうね。

その反動からか、今はユルユルソフビの虜なんですがcoldsweats01


さて、話題はガラリと変わって。
先日、新たに届いたお宝についてお話をしましたが
あんまり引っ張るのも何なので、今回はその中身をチラリとお見せしましょう。


Photo_4

けっこう大きなこの荷物。キナの大きさからサイズがお察し頂けるでしょう。
この中身は・・・


Photo_5

コレでしたっ!
エクスプラスの大怪獣シリーズ、カネゴン・ゴメス・ペギラの
超限定レトロシリーズ。お好きな方ならお分かりでしょうねhappy01

あのリアルフォルム・リアルカラーリングが売りのエクスプラス怪獣を
軟質ソフビで抜き直し、レトロなカラーリングを施した限定品です。

二枚上の写真で写したリアル版の各怪獣は、そのネタ振りだったわけですね。
で、そのレトロ版はこんな感じですっsmile


Photo_6

レトロテイストとはいえ、リアル版と同じ型から抜かれていますから
なんとも不思議な雰囲気ですねー。でもコレはコレで独自の魅力を感じます。

さて。次回あたりからぼちぼち、このアイテムを一つずつご紹介しようと思います。
リアルフォルムとレトロソフビ風アレンジの不思議なコラボを
せひお楽しみ下さいhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 朝焼けの潜水艦 | トップページ | ヒマワリ慕情 »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/36161670

この記事へのトラックバック一覧です: 機械仕掛けの深海魚:

« 朝焼けの潜水艦 | トップページ | ヒマワリ慕情 »