2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 輝く太陽背に受けて | トップページ | 梅雨のメガトンパンチ »

2010年7月 2日 (金)

鉄の巨人の叫び声

天気予報を見て心配した通り、この梅雨に二日連続の朝日はありませんねーcoldsweats01
今朝の日の出時刻、午前4時50分ごろの空は真っ暗で
ようやく太陽らしき光が見えたのは、7時を少し回ったころでしたsun

で、前回の予告通り、朝も早よから箱から取り出し
カチカチと手足をヒネリまくった特撮リボルテック・ジャイアントロボ。
慣れないボールジョイントに手こずりながら、何とかキメたポーズがコレです。


Photo
なんか流派・東方不敗の構えみたいですがcoldsweats01
さすが可動範囲には定評あるこのアイテム、どんなポーズもピタリとキマって
劇中の興奮が見事に再現されます。
しかもプロポーション・ディテールともに、あくまで実写版ジャイアントロボの
「着ぐるみ」の再現にこだわっているところが素晴らしいhappy02

ここまでのクオリティーを持つフィギュアがこれだけ楽しく遊べるなんて
本当に信じられません。まさに抜群のプレイバリュー。
大好きなデザインという事もありますが、これで定価2,850円は安いです。
これまでパラゴンだった個人的シリーズベスト1の座は
このジャイアントロボちゃんに明け渡されたかなー、なんて思ったりして。
それくらいの完成度です。


Photo_2
雲も去り、太陽が完全に姿を見せた午前8時半。
せっかくの可動フィギュアなんですから、ポーズを変えてもう一枚camera

リアルタイム鑑賞世代だった私たちの間では、ジャイアントロボと言えば
すかさず友だち全員がこのポーズをとるほど、ロボの象徴的な構えです。

ロボットヒーロー数あれど、確かにこのロケット弾
(口が裂けてもフィンガーミサイルなんて言いませんhappy01)発射ポーズは
ジャイアントロボ以外見られないですもんねpaper

あの棒立ちの感じ、腰だけヒネってやや下方に撃ち込む感じが良いんですよ。
発射直前の指先アップ、ミサイル装填カットも素晴らしい演出ですねlovely


今回はシルエットだけで申し訳ありません。
もうちょっと詳しいお披露目はまた次回。コレは遊べるわーhappy01happy01happy01

じゃ今日は、この合言葉でお別れしましょう。
「ナポレオンの切り札は?」
返事が遅かったら、西野隊員に罰金を取られちゃうかもhappy01


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 輝く太陽背に受けて | トップページ | 梅雨のメガトンパンチ »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

ダイヤの15! ちょっと遅かったでしょうか?(^^ゞ

 ロケット弾が一気に装填されるというシーンが第11話にあるんですよネ。あれはやっぱり、1本ずつ装填されるからカッコいいのだと思います。
撮影としてのロケット弾を撃つシーンの曳光弾は、どこから発射しているのでしょう?指先ではないようですが、違和感を感じさせないようになっていますよネ。

 『ジャイアントロボ』の魅力の1つには、OP主題歌にも挿入されている効果音があると思います。重々しい「ジャキン! バキン!」という腕の動きや、BF団ロボットとの戦闘シーンの「ズガン!」という殴る音、そして「ダン!ダン!」というロボの足音などなど‥‥。東映作品では『キャプテンウルトラ』あたりからストックされているSEの流用ですが、これらがウマくハマっていました。
もちろん「マッシ!」という声をスロー再生された「マ゛!」としか聞こえない、大作クンの命令に対するロボの応答の声も印象的です。

 動きにくい着ぐるみによる偶然の産物である、ロボの重々しい動きが、逆にロボットであることを感じさせてくれました。印象的な番組は、偶然がプラスに働いているものですネ。

さすが大佐さん、「ダイヤの15」瞬殺ありがとうございましたhappy01happy01happy01

>1本ずつ装填されるからカッコいい

そうですね。装填のリズムも非常に心地よく、メカニックな魅力に溢れたカットです。
ロケット頭部の赤マーキングも、いかにも武器という感じですよね。
あんな装填機構があるのに、なぜ指が曲がるのかというツッこみは
東映特撮にはご法度ですよねhappy01

>曳光弾

第一話のダコラー戦を確認しましたが
ロボは左手に立っていて、右方面にロケットを発射しているので
おそらく曳光弾は、左手は手の甲、右手は掌に仕込んであって
上手く画面に映らないようなに発射しているのではないでしょうか。
という事は、ロボのスーツアクターもそこを計算して動いている筈なので
そういう意味では、かなりリスキーなアクションだったと思います。
バレたら終わりですもんねhappy01

>効果音

東映には昔から「実際に聞こえる音よりも過剰な効果音をつける」という伝統があるようでcoldsweats01
以前「仮面ライダー」の音響効果スタッフのインタビューを読みましたが
例えば液体がにじみ出る画面にジュルジュル・・・と音を当ててみて
意外に合うことに気づいたそうです。
まさに本当の意味での「効果音」なんですね。
ジャイアントロボに於ける効果音も、おそらくそうしたスタッフの試行錯誤の賜物だったのでしょう。
確かに私も、「ジャキン! バキン!」にロボのメカニック感を覚え、興奮したものです。
「マ゛!」の応答音もいいですよね。
ウルトラマンの「シュワッ」同様、ロボに日本語を喋らせなかった東映スタッフのセンスには
今さらながら感服しますhappy01
偶然がプラスに働くのも、運を呼び寄せるスタッフの実力かもしれませんねhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/35608626

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄の巨人の叫び声:

« 輝く太陽背に受けて | トップページ | 梅雨のメガトンパンチ »