2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 早朝カメづくし | トップページ | 目をムキナ »

2010年7月21日 (水)

セルジオ島の悪魔

Photo_2

今朝5時5分。夏特有の不安定な雲とやや湿った空気に遮られ
朝日も円形を留めたまま、真っ赤な姿を覗かせました。

そういう意味では綺麗な日の出ですが、それにしても朝から熱いsweat01(誤植にあらず)
今日の名古屋の最高気温は36.4度だそうで
「ぜっったい昨日より暑いっ!」とテレビで流れる、全国の体感もむべなるかな。
そりゃそうですよ6時半から覚悟して出かけたウォーキングでも
すでに歩き出しから汗だく、サウナスーツの袖からは
蛇口をひねったかのごとく、汗が勢いよく流れ落ちますsweat02

うーんムチャは禁物。こまめな水分、塩分補給を心がけないとcoldsweats01


Photo_3

自宅マンション前の植え込みで毎日、朝の訪れを知らせてくれるアサガオ。
毎朝、実に正確に開いてくれるその姿に、思わず頬もゆるんでしまいます。
夏の風物詩とはいえ、アサガオの生態に注目するなんて
子ども時代以来ずいぶん久々ですからsweat01 新たな感動さえあったりして。
たまに寝坊する人間より、はるかに真面目ぢゃないのとhappy01



さて。あれこれありましてずいぶん引っ張っちゃいましたがsweat01
今回は間違いなく、先日入手のお宝怪獣をご紹介します。

まー濃いマニアの皆さんの足元にも及ばない、私ごときのお宝ですから
特に大したモノじゃありませんが
お時間あればちょっとだけ、ささやかなお披露目におつき合い下さいhappy01

先日の予告編で全身写真をお見せした通り
今回私がゲットしたお宝は、コチラのカメーバさんです。


Photo_4
読者の皆さんには蛇足ながら
コレは1970年8月1日に封切られた(あと11日で公開40周年!)
東宝チャンピオンまつり作品『ゲゾラ ガニメ カメーバ 決戦 南海の大怪獣』
(タイトル表記は作品のスクリーン表示に準じます)に登場したカメ怪獣。

南海に浮かぶセルジオ島を舞台に
宇宙生命体が地球の生物・マタマタガメに憑依し、怪獣化した姿です。
作品には他にも、カミナリイカの怪獣・ゲゾラやカルイシガニの怪獣・ガニメも登場
三頭揃い踏みの場面は無いものの、なかなか賑やかな怪獣映画でした。
三頭セットのミニフィギュアをご覧下さい。うーむいかにも南海風味happy01


Photo_5

本編を未見の方は、コチラで予告篇の映像が見られます。
貼り付けようと思ったんですが、元画面の横幅が広すぎて
私のプログデザインでは切れちゃうんですよ。ごめんなさいcoldsweats01

ちょっとコミカルな予告篇に反して、本編はかなりシリアステイスト。
もちろん私は子ども時代に封切を心待ちにし、劇場鑑賞を果たしました。

以前もお話したと思いますが
本編開始58分ごろ、佐原健二さんが宇宙生物に憑依されるシーンで
佐原氏のあまりの表情の恐ろしさに、一緒に観に行った妹が思わず泣き出したので
仕方なく劇場のトイレに妹を連れて行き慰めたのも、懐かしい思い出ですhappy01

ですから私は佐原氏のくだりだけ、スクリーンでは観そびれてるんですよcoldsweats01
まーそれだけ、子どもには怖い怪獣映画だったわけですね。
でもあれっ?怖かったのは佐原さんの顔って事ですかcoldsweats01


さてそんな痛恨のカメーバですがhappy01
公開当時から評判の高かったこの造形、私も劇場鑑賞時からお気に入りで
カメーバのハードディテールフィギュアがどこかから発売されないかと
ずっと期待しておりました。

ガメラのフィギュアは星の数ほどあれど、カメーバはほとんど見かけませんし。
同じカメ怪獣なのに、この待遇の違いはどういう事なのよとweep
スペクトルマンをはじめ、私はマイナーキャラ応援主義の純日本人なのでpunch
で、そんなカメーバ派を貫くこと早や40年coldsweats01
先日ネットオークションを覗いていて、ようやく巡り会いました。


Photo_9 Photo_10 Photo_11 
Photo_18

ひゃーなんてリアルプロポーション、劇中通りのカメーバちゃんlovely
全身のトゲトゲが凄まじく、ディテールからカラーリングまで言う事なしです。
頭からシッポまでで24センチくらいですから、けっこうな迫力。
コレ、現在は閉館しているという千葉のバンダイ・ミュージアムで売られていた
限定商品だそうで。

足の裏にしっかりと刻まれた、この刻印がその証拠happy01


Photo_12

名古屋のはずれに暮らす田舎者の私ですから
そんなミュージアムの存在も、知らないうちに閉館していたなんてことも初耳でcoldsweats01

なんとなーく近所のオタクショップに出向いては、時々ウインドーに鎮座する
それらの会場限定アイテムを眺めていました。
「ものすごく出来が良いのに、普通のショップではめったに見ないよねコレ。
でもお値段は私とは無縁だし、まー目の保養ってことでweep
でも私が見かけたのはキンゴジだったので、シリーズにこのカメーバをはじめ
ゲゾラやガニメがあるとは知らなかったんです。
噂によればどうやら、あのエクスプラス製らしいとのことで。
同社の怪獣は何体か持っていますが、プロポーションやディテールの素晴らしさでは
他社の追随を許さないクオリティーには、いつも満足しています。

まーお値段もそのクオリティーに見合った高額というのがなんとも(以下同文crying


そんなエクスプラスの品なら、現物を見なくても出来は保障されたようなもの。
でも前述の通り会場限定商品の為、オークションに出回っても
開始価格からしてとんでもない高額で、やっぱり私には縁が無かったんですweep
でもラッキーなことに、今回は非常に低額スタートだったので
ゲットを決め、気合を入れて入札していたら
意外にお安く落札できちゃったので大喜びhappy02 

ガメラだったらこうは行かないでしょう。
うわー40年も待った甲斐があったわーlovely
改めてカメーバのマイナーさに、嬉しいやらちょっと悲しいやらの夏の宵night

ちょっとアップで見てみても・・・


Photo_13
ホラ目が血走ってますよhappy02 鋭く尖ったキバにも真っ赤な血がshock
おまけに口なんて、劇中の着ぐるみより裂けてますしshockshock
で、カメーバお約束の首伸縮ギミックも・・・


Photo_15
Photo_16
もちろんこの通り再現。
まー本物みたいに圧縮空気で飛び出すわけじゃなく、ひっぱるだけですけどcoldsweats01
3センチくらい伸びるんですよ。左右にスイングできる余裕もあります。

こんなカメーバを見ちゃったら、やっぱりゲゾラやガニメも並べたいんですが
まー今回のような奇跡の安値ゲットは二度と起きないでしょうからweep
すっかり諦め、自宅の怪獣メンバーから見合う方を探してみれば・・・


Photo_19

やっぱりエクスプラス随一のディテールを誇る、トラウマガメラさんかなと。
というわけで二者揃い踏み。
以前もシルエットでお見せしたカメ怪獣対決です。
いやー両者とも素晴らしいトゲトゲぶり。もしこの時テーブルがひっくり返ったら
降ってきた二体は、私の顔に突き刺さっているでしょうshock

まーそんなこんなで。ユルユルの怪獣ソフビ集めがメインの私ですが
こういうリアルなアイテムも、時には欲しくなります。
今回も本当に大満足。今月はオタクグッズへの出費も多いですが
今のところ、ハズレは一つもありません。

ありがたいことです。
昨日は本物のカメさんにも会えたしhappy01

いつもながらの下らないお披露目におつき合い頂いて、ありがとうございました。
まー今どきカメーバでここまで大騒ぎしているのも、私ぐらいでしょうけどcoldsweats01
で、今日の最後は、
先日の予告編の続きという事で。
東宝・大映が誇るカメ怪獣の決戦は、こんな顛末を迎えましたhappy01


Photo_21
あれっこんなに居たの?
シリーズ作品をナメちゃいけないよカメーバのダンナ。
お望みなら平成メンバーも呼べるけど?
(ご覧の通り、首は回転もできるんですよhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 早朝カメづくし | トップページ | 目をムキナ »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

 決戦 はスクリーン表記では、「決戦!」じゃないんですか。
カメーバさんについては、首が伸縮する事もほぼ忘れていたくらい認識の浅いガメラ医師。こんなソフビがあったことも失念しておりました。
カワイイですねカメーバさん。首の可動が特にラブリーで。
 昭和ガメラの大群には、かなり驚きました。
集団リンチでなければ、胴上げシーンの直後みたいに見えます。 ^^;)

ガメラ医師様 特報や予告編をはじめ、ポスターなどあらゆる文献なども
決戦には!が付くんですが
なぜか本編のスクリーン表示だけは「!」が無いんですよhappy01
私も見間違いかと思って、DVDを10回以上確認したんですが
何度見ても無いんですよねー。実に不思議です。
まーそんなところにこだわる私がおバカなんですがcoldsweats01

この作品をリアルタイム鑑賞した私にとって、カメーバはかなりインパクトがありました。
ガメラとはまったく異なるデザインをはじめ
首の伸縮もまるでボクシングのパンチのようで、衝撃を受けたことを覚えています。
私を今回のソフビ購入に走らせたのも、そのインパクトゆえでしょうね。
でもガメラ医師さんと同じく、こんなソフビがあるなんて
私も知らなかったんですよ。いやーあるもんですねー探せばhappy01
首の可動が再現されているあたり、原型師さんもリアルタイム派だったのでしょうかhappy01

>胴上げシーンの直後みたい

あ、イイですねそれもhappy01
私としてはリンチより、なんだなんだと集まっちゃった感じでした。
昭和ガメラ各作品に登場したガメラさんが、全員別人だったら。
まーありえませんが、いつもの妄想という事でcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/35837374

この記事へのトラックバック一覧です: セルジオ島の悪魔:

» ガメラ:10年7月第四週のフィギュア関連情報(その1) [ガメラ医師のBlog]
 今週の検索中に拝見した、ガメラ関連フィギュアについての情報を、まとめてご紹介しております。 前回17日更新分の、「 第3週のフィギュア情報(その2) 」はこちら。  前回「 6月第1週の 」では、「アートワークスコレクション、G?ガメラ&ギャオスのレビュー」をご紹介しました、 『 ゴジラ電撃大作戦?!怪獣フィギアの写真館!! 』 http://yminobe.blog21.fc2.com/ さん、7月17日の更新。 最後の希望・ガメラ、時の揺りかごに託す!【ガメラ大怪獣空中戦】 【写真あり】 ... [続きを読む]

» 小浜二郎のニュースご意見番 [小浜二郎のニュースご意見番]
巷のニュースをお知らせし、私なりの短い感想を書いています。まじめな時もあれば、面白おかしくアレンジすることもあります。 [続きを読む]

« 早朝カメづくし | トップページ | 目をムキナ »