2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 鉛空復活 | トップページ | オタクイズ『笑うステンドグラス』解答編 »

2010年7月11日 (日)

オタクイズ『笑うステンドグラス』

えーコメント数が激減する中、さらに書き込みしづらいネタでごめんなさいcoldsweats01
先日からチラリとお話しているオタクグッズの一つが、本日到着しまして。
例によって、ネットオークションで落札した怪獣ソフビなんですが
コレがまた紹介写真で見た以上に、劇的なカラフル塗装が施されておりまして。

ここまでアバンギャルドなカラーリングだと、いきなりお見せするのも芸がないなあと
またつまらないクイズで、ちょっとお楽しみ頂こうと思ったのですが

天気予報では明日の朝も雨。いつものベランダ写真ではグレーバックになっちゃうし
なによりも逆光になりませんから、クイズとして成立しません。
というわけで今回は空写真は諦め、画像処理ソフトの力を借りて
現物写真をちょっと加工し、それをご覧頂いて
入手アイテムを当てて頂こうという趣向です。

まーおバカな思いつきなので、また企画倒れに終わるでしょうけど
なかなか面白い画像になったので、それだけでもご覧下さいhappy01

さて。こちらが問題の画像。
入手した怪獣ソフビの顔をアップで撮影後、フォトショップのフィルターの一つ
ステンドグラス処理を加えたものです。
この画像で、アイテム名がお分かりになりますでしょうか?


Photo_3

最初に申し上げておきますが、コレはいわゆるパチ怪獣に分類される一頭。
映画やテレビに出演した、メジャーなキャラではありません。
顔のアップですから、大きな一つ目と口角の上がった口元が
なんとなく確認できると思います。

画像の処理はステンドグラス状ですが、色の補正は一切行っていませんから
レッド・グリーン・イエローと、さながら信号機のごときビビットな色に
彩られた怪獣であることは、お分かり頂けるでしょう。

ただこのソフビをリリースしたメーカーは、カスタムカラーリングに力を入れていて
同じ怪獣にも一体一体、違う塗装を施すことで有名です。
ですからこの色も設定色ではなく、カスタムカラーの一つ。
うーむなんて常人離れしたセンスなんでしょうかっ。
梱包を解いた瞬間、私は目が点になりましたeye

まーここまで言えば、分かる方には分かっちゃいますね。
すでにお持ちの方もいらっしゃるでしょう。ついに私も手に入れましたhappy01
でもこのメーカーは、造形以上に塗装にオリジナリティを込めるので
同じ型から抜いた怪獣でも、塗装が違えば別物扱いの感覚ですよね。

まったくこのカラーセンスには唖然、さながらソフビ素体をキャンバスにした
アート作品のごとき趣さえ感じさせたりしてcoldsweats01

私のような俗人には、とうてい発想できない色使いと言うかlovely


さて、この不気味な笑みを浮かべる一つ目怪獣。
出来ればお披露目は次回の「ネヴュラ」で行いたいですが
明日の朝のお天気次第で、予定は変更になりますのでご了承下さい。
なにしろお天気だけはコントロールできないものでsweat01
また飛び込みでお伝えしたいことが出来た時にも、予定は変更されますhappy01

というわけで、またすかさず識者からの瞬殺回答が舞い込むのでしょうかっ!
それともさすがに皆さん呆れかえって、相手にしてもらえないかもweep

このメーカーのアイテムでクイズを出すなんて
なんかもう私、ものすごく狭いフィールドで遊んでる気がしてきましたcoldsweats01

« 鉛空復活 | トップページ | オタクイズ『笑うステンドグラス』解答編 »

オタクイズ」カテゴリの記事

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

では、今回もまた挑戦させて頂きますね。

文中の様々なヒントとモザイク画像から察しますに、これは恐らく
シカルナ工房製の「バグン」ではないでしょうか?

かつ、今の時期における出品&ご落札のタイミングからしますと
たぶんコレは7月4日のスーパーフェスティバルで販売された
“シカルナ福袋”の中身の、一品モノ塗装ソフビではなかろうか、と
ワタクシの脳内のスーぱーコンピューター(笑)はこう推理しましたが
オタクイーンさん、いかがでしょうか(笑)。

さすがはさいとうさん、落札状況までご存知とはhappy01
もう隠し事はできませんね。すべてご名答ですhappy01happy01happy01
きっと落札価格もご存知でしょうから、今回はかなり高値でのゲットでしたが
いざ現物を見ると、本当に価格に劣らぬ素晴らしい逸品でした。
まーそれにしても、手を抜かない確かな造形力と驚きのカラーセンスで
今やシカルナ・工房さんは、怪獣ソフビ界でも確固たる地位を築きましたねー。
同じ怪獣ソフビでも、色違いでここまで印象が変わることに
今さらながら驚いていますhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/35717916

この記事へのトラックバック一覧です: オタクイズ『笑うステンドグラス』:

« 鉛空復活 | トップページ | オタクイズ『笑うステンドグラス』解答編 »