2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« オタクイズ『笑うステンドグラス』解答編 | トップページ | 目覚ましコールは豪雨 »

2010年7月12日 (月)

極彩色の侵略者

さて今回は予告通り、前回の記事の続きです。最近はコレが多いですねcoldsweats01
オタクイズ『笑うステンドグラス』の正解、オークションで手に入れたバグンですが。
コレは正直、万年貧乏の私にとってかなりの高額落札商品で
ほぼ同時にゲットしたお宝を含め、今回のお買い物で今月のオタクグッズ予算は
すべて飛んで行ってしまいましたcoldsweats01
これでしばらくは細々と、お茶と粗食の生活を余儀なくされそうですweep
まーそこまでして手に入れるだけの魅力に、溢れていたということですね。

さいうわけで、さっそくその素晴らしいお宝をご覧いただきましょう。
まー前回の記事でお見せしていますがcoldsweats01


Photo_11
出ました!「ネヴュラ」でも何度かご紹介している
昭和の怪獣少年少女のバイブル・中岡俊哉著『新・世界の怪獣』に登場

悪のバスカ星人の尖兵として、わずか三頭で地球を壊滅に追い込んだ
恐怖の宇宙怪獣「バグン」です。

バグンの詳細設定については以前の記事でもご紹介しましたので
よろしければコチラをご覧下さいhappy01


このバグンはソフビメーカー数社が商品化していますが、今回私が入手したのは
件の『新・世界の怪獣』を復刻したシカルナ・工房製の逸品。
シカルナ怪獣はすでにダギゴンザゴラ山中の怪獣を入手していますが
私がこのメーカーのリピーターとなる理由は、原作本の登場怪獣イラストを
独自のセンスでおもちゃっぽくデフォルメした造形センスに加え
もはやアートの域に達していると言っても過言ではない美しいカラーリングの
虜になったところにあります。

カラーバリエーションも他社の比ではなく、各種ホビーイベントごとの限定カラーは
もとより、毎月スペシャルカラーがリリースされる力の入れよう。
一体一体がカスタムカラー、彩色でアイテムを差別化しているので
造形が同じでも色が違えば別怪獣と言えるほど、カラーリングに特化しています。


Photo_4

そもそも劇中のバグンの色は「全身が夜光虫のように青光り」しているそうで
(サバみたいな色ですかねcoldsweats01
この色は似ても似つかないんですが、まーコレはコレでいいかとhappy01

先日7月4日のワンフェス53にて発売された、福袋用の一点物だそうですが
他にも無数のカラーバリエーションがあって、全貌はとてもつかみきれません。
普段は造形重視でソフビを選ぶ私ですが、このシカルナ怪獣に関しては
造形に加え、彩色に大きな比重を置いています。

同じ怪獣だったら、たとえ安くても色が気に入らなければ見送ると。
逆に多少お高くても、好みの色ならお買い上げという。
今回の高額入手も、そんな私の悪いクセが出ちゃったわけですねcoldsweats01


Photo_5
まーそれにしても、すさまじい存在感ですねーこの怪獣。
意外と原作版イラスト↓には忠実な造形なんですが

Photo_6 
何とも可愛いアレンジが効いていて、嫌味がないのに怖いという。
非常にマッシブな造形も、その迫力に貢献していると思います。
まーそもそも原作デザインが「コワカワイイ」とも言えますがhappy01


Photo_7

で、そんな造形に一見不釣合いとも感じる
目に痛いほどのトロピカルカラーが、実にマッチしています。

造形色のイエローに吹かれたレッド、グリーン、パープルの
絶妙なコラボレーション。
怪獣に季節色を取り入れる実験でしょうか。それともハワイ輸出仕様とかhappy01
単色も迫力があって大好きですが、バグンに関してはこの色もアリかなと。
なんたって宇宙怪獣だしnight

まさにシカルナセンス炸裂。ありそうでないんですよこういうカラーリング。
こんな実験はパチ怪獣ならでは。実に素晴らしいアイテム選択ですねー。
だってこんな色のパゴスやギャオスやダストマンなんて、ちょっと考えられないしcoldsweats01
あ、ダストマンは見たいかなhappy01


Photo_8

で、またこの顔つきが実に不思議で。
アップした上半身写真は上からそれぞれ俯瞰、仰角、サイドショットなんですが
見る角度で、顔の印象がまったく違うんですよ。

俯瞰は単純な見下ろし顔なのに、仰角は不気味な笑みに見えるし。
サイドショットも表情が微妙に違う。

一つ目と口角の角度によるマジックなんでしょうが、なかなか奥深い表情です。
コレが派手なトロピカルなカラーと相まって、絶妙な迫力を生み出すわけですね。
たぶん照明の変化でも、別の表情を見せるのでしょう。
うーん手を抜いてませんね造形も。コレもシカルナ怪獣の大きな魅力ですlovely


Photo_9

そんな魅力に満ちた、我が家のシカルナ三兄弟に集まってもらいました。
いやーなんでしょうかこのカラフルさは。さながらリオの怪獣カーニバルの様相happy02
まともな二つ目が一頭も居ないところも素晴らしいhappy01

コレですよコレ。こういうピープロ怪獣に通じる怪しさと愛らしさが
私の脳内怪獣ワールドなのですhappy01happy01happy01


Photo_10
巻頭グラビアを飾るとは侮れねーなーバグンのアニキ。
ワイキキビーチのチョイワルオヤジみたいな、今日の衣装もキマってるぜsmile

いやいやおめえも知名度じゃ一番じゃねえかザゴラhappy01
あれっじゃあ俺の立場は?
ダギゴンおめえはちょっと影が薄いなークリアソフビだけに。
出身地も謎だし。(以前と同じオチですみませんcoldsweats01


いやーいいですねーシカルナ怪獣heart04 私だけかな盛り上がってるのはcoldsweats01
今月はお財布がカラッポですが、来月はまたネットショップをウロウロしそうです。
さてそんなおもちゃまみれの今日。以前にゲットしたお宝がまた届きました。
コレもウチの近所じゃお目にかかれない、珍しい逸品。

私も初めて見ました。あったのねーこんなアイテムがlovely
それはいずれ「ネヴュラ」でお披露目しましょう。
気が向いたらいきなりまた、クイズにするかも。
その時はまたいつもの病気と思って、お許し下さいねhappy01happy01happy01

« オタクイズ『笑うステンドグラス』解答編 | トップページ | 目覚ましコールは豪雨 »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます&バグン入手おめでとうございます!
ワタクシは茶色い成型色のバージョンの方を持ってるんですけど
いいですよねー、シカルナのバグン。
元々はソフビ怪獣塗装の、量産のための簡略化と
流れ作業化のための措置だったスプレー吹きつけ塗装を
明確な主張を伴った「表現」として昇華させたというだけでも
シカルナソフビは充分後世に語り継がれるべき存在になった、と
おぼろげに思ってたりします。

あと、バグンのルックスに関しましては巻頭のカラー口絵ではなく
モノクロページの図解を参考にした造形みたいですね。
個人的には「カラー口絵バージョン」のバグンも、頭部のみ新造形した
マイナーチェンジ・バージョンとして発売してほしいところです――
バルタン星人やレッドキングの「初代、二代目」みたいな感じで、ね(笑)。

さいとうひとし様 シカルナ怪獣には手にする者をリピーターと化す
不思議な魅力がありますねーhappy01
おっしゃる通り、確かにシカルナソフビは
オリジナル塗装のバリエーションを一つの売りにしたところが画期的と思います。
スタッフにとってソフビ本体は、あくまで表現の為の白いキャンバスなんでしょうね。
そうでなければ、あそこまでのオリジナリティーは生まれないと思ったりしますhappy01

>モノクロページの図解を参考にした造形

あ、そうですねsweat01
図解とソフビにだけある頭部の透明熱線銃は、カラー口絵には無いですもんね。
口絵にある東部の突起も鼻もソフビには無いですし。
なーんだよく見れば、口絵は全然別物でしたcoldsweats01
ソフビは筋肉質の体格だけ、口絵の面影を残しているようですねhappy01

>頭部のみ新造形したマイナーチェンジ・バージョン

期待したいですが、万が一実現したとしても
お値段はそれなりのシカルナ価格なんでしょうねーcoldsweats01
またお財布の説得に苦労しそうですが
バグンなら買っちゃうんでしょうねーきっと。またさいとうさんと先を争ってhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/35729639

この記事へのトラックバック一覧です: 極彩色の侵略者:

» ザゴラの逆襲! [遊びをせんとや生まれけり]
故・中岡俊哉氏の著した好事家必携の奇書、秋田書店より発行の 「世界の怪獣」と「新・世界の怪獣」。 [画像] この二冊の本において続々登場し、暴れまわる、アクの塊とでもも言うような 個性派ぞろいの怪獣・珍獣・奇獣たちの群れの中にあって、ひときわ高い 知名度と人気を誇っているのがこの一匹…… チベットの奥地に現れたと言う“ザゴラ山中の怪獣”です。 [画像] ……と、本年1月16日更新分の記事と同じ出だしになってしまいましたが(笑) 勿体付けず、結論から先に申し上げましょう。 [画像] インディーズ・メー... [続きを読む]

« オタクイズ『笑うステンドグラス』解答編 | トップページ | 目覚ましコールは豪雨 »