2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 夜明けのファイヤー | トップページ | ペギラの蒲焼 »

2010年7月25日 (日)

超電人スペクトルザボーガー

Photo

ここ数日、全国の最高気温のトップを走る中部地方。
今朝5時10分の名古屋も、その記録にたがわぬ暑さですsad

多少の風はあるものの、室内はすでに30度を超え
パジャマ代わりに着ているTシャツもすでに汗だく。
高温と高湿度で空気の淀んだベランダへ出ても、いっこうに爽やかにはなりません。
写真の朝日だけが、唯一の心のよりどころsun
でも考えてみれば毎朝の早起きも、朝日撮影の為と言うよりは
暑さにムリヤリ起こされちゃうわけですから、涼しくなったら起きられずに
日の出も撮りのがしちゃうかも。
まーそういう意味では、この猛暑にも感謝しなければなりませんね。
明けの空に一筋走る白い航跡が朝日に映えて
ネヴュラの戦士のシルエットを、いっそう引き立ててくれていますhappy01



というわけで今回は、すでに暑中お見舞いで紹介済みのお宝をご覧頂きましょう。
貧乏な私が、8月のオタクグッズ予算を前倒ししてまでゲットした逸品はコチラですhappy01


Photo_2

ネヴュラ読者の皆さんならよーくご存知。
2002年3月22日にアミューズから、限定4000セットで発売された
『スペクトルマン DVD-BOX』。

全長38センチもの巨大ヘッドフィギュア型・DVD収納ボックス付きという
驚愕の仕様で
全国のスペクトルマンファンはもとより、特撮ファンの間で話題になった商品です。
後にDVDは廉価版BOXで再発売されましたが
このヘッドフィギュアは付属しませんでした。
そんな事情からこのヘッドは
「スペクトルマンヘッド唯一にして最高のプロップ再現モデル」として
今も貴重なコレクターズアイテムとなっているのです。


当時、ウルトラやライダーの1/1ヘッドフィギュアは続々と商品化される中
マイナーなスペクトルマンはやっぱりムリかなあと半ば諦めていましたから
このDVD-BOX発売の仕様を知った私が、手に入れないわけがありません。
もちろん発売時に即ゲット、今も事あるごとに眺めてはため息をついています。
つまり、すでに1セット持っている私が
なぜ今回、新ゲットのお披露目をしているのか。それは・・・


Photo_3

今回の入手は二個目なんですっhappy02
うわーすごい。こんなに出来の良いスペクトルマンヘッドが二個もあるなんてlovely

ちなみに真ん中に立つのは特別出演、CCPの特大スペクトルマンソフビです。
サイズ比較の為でしたが、あまり役に立たなかったようですねcoldsweats01


でもお話している通り、DVDはすでに1セット持っていますから
もう1セット入手する必要は、まったくありません。
つまり今回はたまたま、ネットオークションにDVD無しのヘッドだけが
出品されていた、というわけです。

確かにヘッドは一個持っているものの、それはあくまでDVDの収納ケースとして。
手荒な扱いをするには二の足を踏んでしまうのが、人情というもの。
傷でもつけたら大変です。でも眺めているだけというのもつまらないし。
やっぱり触れる遊べるいじり倒せる「プレイ用ヘッド」が欲しかった私にとって
今回の出品は目の毒でした。

でもこのヘッド単品、たまーに出品されているのを見かけても
巷ではけっこうな高額で取引されていますから
今回もオークション終了直前は高騰するんだろうなあと思いながらも
一縷の望みを託してチャレンジしてみれば、なんと相場の5分の1程度の安価で
落札できてしまいましてhappy01
いやーこんな完璧なスペクトルマンヘッドが3000円ちょっととはっhappy02


Photo_4

サイドショットも素晴らしい再現度。
スペクトルマンCタイプヘッドの特徴的な面取り、ディテールが
完璧にモデリングされています。これ以上何を望みましょうlovely

で、やっぱり嬉しいのは、1/1プロップサイズゆえの迫力でしょうね。
ヒーローヘッドのフィギュアをお持ちの皆さんはお察しでしょうが
人間の頭部を一回り大きくしたサイズ、しかも頭頂部に巨大な突起を構えた物体が
部屋に置かれている状態の圧迫感は、ちょっと想像を超えているんですね。
その迫力に比例して、満足感もひとしおです。


Photo_5

もちろんこのヘッドの本来の目的は、DVDの収納ケースですから
後頭部に作られた収納部には、右のようにDVDが収められます。

前からはDVDが全く見えず、出来の良いヘッドプロップとしか思えないという。
劇中のオリジナルヘッドのバランスを崩さずにDVD収納スペースを確保した
この商品開発の姿勢には、発売後8年を経てなお感服を禁じ得ませんhappy02
まー発売当時もDVDショップの店頭ではニラミをきかせ
圧倒的な存在感を放っていましたからねーhappy01


Photo_6

おねえちゃん、このなかすずしくていいねえ。わたしすんじゃおうかなsmile
ちょっとキナちゃん、お披露目の途中だからあっち行っててよーsad


Photo_8

このDVD収納部分、ちょっといじったら外れる事がわかりまして。
新発売時に入手した一個目のヘッドは外れないんですが
経時変化なのか個体差なのか、簡単にパカッとhappy01
実はあることを企んでいたので、このサプライズは願ったり叶ったり。
後頭部にポッカリ開いたこの穴は、むしろありがたいくらいです。

で、さっそく外へ持ち出し、遊んでみたのがこの写真camera


Photo_9

まースゴイhappy02 暑中お見舞いに使ったのはコレだったんですよねーhappy01 
愛車ヴェルデのヘッドライトと、あの後頭部の穴のサイズがほぼピッタリなんですよ。
で、カポッとハメこめばこの通り。簡単に取り付けられるというわけで。

バイクのボディーにスペクトルマンの顔。名付けてスペクトルザボーガーhappy01
まーバイクが50CCのスクーターというショボさが、ヘタレな私ならではですがweep
でもまさか今どき、スクーターにスペクトルマンのヘッドをつけるおバカは
私くらいのモノでしょうねー。
まー目立つ目立つcoldsweats01 スクーターとの対比でお分かりでしょうけど
半端じゃないマスクの存在感が不思議なアート感覚まで醸し出して
もはやシュールの域に達しています。

彼方でジョギングするお兄さんも、ひょっとして悪い夢でも見ているのかもと
やや首をかしげていました(ウソですがsmile


Photo_10

このアングルで見ると、ザボーガー的テイストに見えますね。
改めて、オートバイのフロントに顔が付いているというデザインの奇抜さと
それを成立させたザボーガーのセンスが、いかに卓越していたかが分かります。

コレ、決して合成写真じゃないですからね。ホントにやってますから。
撮影していた朝6時はすでに猛暑。その暑さも手伝って
もはやカッコ良いんだか悪いんだか、自分でも分からなくなってましたcoldsweats01


Photo_11

大空を仰ぐ雰囲気も劇中そのまま、実に勇ましいですlovely
これで号令一下、スペクトルマンに変形でもしようものなら
さすがに私も、熱中症を認めざるをえないんですがcoldsweats01

そんな夢さえ見せてくれる、おバカな遊びでした。
こうして改めて写真を見ると、撮影時の印象よりはるかにインパクト大ですねー。
ホントにおバカですね私ってcoldsweats01 まーコレも私のスペクトル愛ゆえと。
二度としませんからお許し下さいcoldsweats01

でも惜しい。せめて両目がヘッドライトになる程度の改造を、とも考えたんですが
その手の工作は苦手な上、何よりも違法改造になっちゃうので諦めましたcoldsweats01
もちろんこの時も、撮影時以外はヘッドを取り外して移動していましたよhappy01
でも使えるわーこのヘッド。今後の使い道に、夢は広がるばかりですhappy01

でも一回でいいから、見てみたいですね。
賑わう都心の真ん中にこのマシンでさっそうと乗り付け
ヘルメットのインカムへ「チェーンジ!スペクトルザボーガー!」と
渾身の雄叫びを放つ、恐れを知らぬ青年の勇姿punch

あらっしつこい?見たくない?失礼しましたcoldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 夜明けのファイヤー | トップページ | ペギラの蒲焼 »

「ピープロ特撮クラシック」カテゴリの記事

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

 このヘッド付きのDVDは保管場所に困ることになるだろう‥‥と、メーカーさんに「通常版のリリース予定は無いんですか!?」とメールしたことがありました。
ピープロ作品にはあまり詳しくないのですが、『スペクトルマン』は見ましたから、DVDがリリースされると聞いたら欲しくて欲しくて‥‥。しかしヘッドがネックになって(ちょっと洒落てる♪)購入に踏み切れず、廉価版が再リリースされ、しかもそれを中古で入手するまでは「おあずけ」でした(T_T)

 やっと手に入れたDVDで何十年ぶりかで再見して、『スペクトルマン』の面白さとメッセージを再認識しましたヨ! 『レインボーマン』や『アイアンキング』など、円谷や東映以外の作品が「幻」扱い・「キワモノ」扱いされている状況は勿体ないですネ。特撮作品がTVに溢れていたあの'70年代でしたが、もっと容易に多くの作品が見られるようになればイイのに(『マグマ大使』や『レインボーマン』はレンタル商品でもあるんですが)。

 ん~、このヘッドがこんな逸品だとは知りませんでした。2つも持っているなんて、オタクイーンさん、お大尽ですネェ~。

自由人大佐様 なるほどー。確かにこのヘッドは場所をとるばかりか存在感も抜群なので
部屋に置くには覚悟が必要ですねcoldsweats01
自分がどこに座っていても、常にスペクトルマンに睨まれている感覚になりますしeye
まー私などは、その感覚が嬉しくて仕方ないおバカファンなのでcoldsweats01
二個もあればその嬉しさも二倍。しかも予想以上に表面処理が綺麗なので
室内照明の加減で生まれるゴールドの深い階調がマスクに表情を与え
アーティスティックな美しささえ感じられます。ひいき目でしょうけどcoldsweats01

でも私など、個人的には『スペクトルマン』が大好きとはいえ
世間的にはそれほど有名作品とは思っていませんでしたから
DVDもこのヘッド付き初版のみで、二度とリリースはないと思っていました。
ですから逆に、廉価版がリリースされたことの方が驚きでcoldsweats01
やっぱりリクエストがあったのでしょうか。
という事は、まだまだこの作品も愛してくれた方々が多いのねと
妙に安心した覚えがあります。親心みたいなものでしょうかcoldsweats01

>円谷や東映以外の作品が「幻」扱い・「キワモノ」扱いされている状況は勿体ないですネ。

ホントですよねー。最近はCSチャンネルなどでも
時折’60~’70年代のマイナーヒーロー作品が放送されますが
知名度の点ではまだまだのようですし。
ここは一つ、『アメトーーク』あたりでマイナーヒーロー好き芸人の皆さんを
フューチャーし、心ゆくまで語ってもらうことで
作品の知名度を上げてもらいたいものです。
『レインボーマン芸人』や『スペクトルマン芸人』なんて居そうですけどね。
芸人さんって意外に、マニアックな傾向がありますからhappy01

とは言いながら私も、『レインボーマン』DVDが全話手元にありながら
本放送以来未見の回が数話存在するというていたらくでcoldsweats01
マグマ大使は再放送が多かったおかげで、全話制覇したんですがhappy01

お話は戻っちゃいますが、やっぱり同じ部屋にスペクトルマンヘッドが二つというのは
不思議な光景ですよ。
やっぱり一つをルームライトに改造しようかと、よからぬ企みに浸っておりますsmile


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/35887949

この記事へのトラックバック一覧です: 超電人スペクトルザボーガー:

« 夜明けのファイヤー | トップページ | ペギラの蒲焼 »