2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 湖畔の対決風予告 | トップページ | 睨み合いの途中ですが »

2010年7月14日 (水)

暗雲下の睨み合い

Photo

ギリギリ降り出す直前、今朝5時半の曇り空。
ホントにこの時期は、たった一分の差がびしょ濡れの明暗を分けますねー。

この撮影直後に轟然と街を襲った雨は今も続いていますが
ときおり部屋に吹き込む風が、うっとうしい梅雨に唯一の涼感を与えてくれます。

名古屋の今日の予想最高気温は昨日と変わらず、27度ですから
湿度が増せばまたジメジメですが、もうちょっとのガマン。

週末には太陽が戻り、いよいよ梅雨明けも近いそうなので
やがて来る夏を思えば、雨粒の白い斜線も趣があるというものです。
でも西日本は記録的な豪雨だそうですから、そんなことも言ってられませんね。
被害に遭った地方の様子を見るにつけ、被害者の無事を願うとともに
けっして他人事ではないと、身を引き締めずにはいられません。


それにしても今日の一枚はまた、大迫力ですねsign03
東宝・大映の両カメ怪獣、夢の対決の図ですが
双方ともディテールがリアルですから、ボディのエッジが非常に効いて
ハッキリ見せるよりもこういうシルエットの方が、かえってドラマチックです。
ゲリラ豪雨直前の暗雲も雰囲気があって、世紀の戦いに華を添えるよう。
このシチュエーションには青空よりも、こんなグレー空が似合いますね。

狙って撮れる空ではないので、うっとうしい梅雨ながら
それだけはラッキーだったかもしれませんhappy01


ガメラ60m。カメーバ20m。設定身長は三倍近くも差がある両者ですが
もしサイズを合わせて戦ったら、どっちが強いんでしょうね。

単純に考えれば、回転ジェットで空を制するガメラが圧倒的に有利ですが
カメーバにも必殺技のネックボンバーhappy01がありますから
試合開始直後、みぞおちへの不意の一撃でガメラにダメージを与え
すかさず強力な顎とするどい歯で咬みつき攻撃、恒例の流血試合に持ち込み
ガメラの体力を奪って飛べなくすれば、カメーバにも勝機は充分ありそうです。


なにしろ同じカメ怪獣と言いながら、フォルム・戦術含め両者のイメージは
ガメラを柔とすればカメーバは剛というくらい真逆ですから
こと凶暴さの点では、優しいガメラより猛々しいカメーバに軍配が上がるでしょう。

ただガメラにはいつも、ラストギリギリに奇跡の逆転を呼ぶ
日本人が大好きな、神がかり的強運がついてますからねえhappy01

いやーこういう同種格闘技戦のシュミレーションは、いつ考えても楽しいものです。
でも私なんか両者とも大好きですから、できれば勝敗はつけたくないかな。
個人的には勝者を悩みに悩む、難解の大怪獣という事でhappy01

下手なオチがついたところでcoldsweats01 いつもの都合で申し訳ありませんが
前回のお話で予告した、新着のカメーバさんのお披露目は
次回にお送りすることにしましょう。
それにしてもホントにすごい出来。こんなカメーバ初めて見ました。
池のほとりに置いてみたら、本物のカメさんと間違えんばかりにリアルhappy02
まーこんなカメと本当に出遭ったら、いきなり飛びかかられそうですがcoldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 湖畔の対決風予告 | トップページ | 睨み合いの途中ですが »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/35745316

この記事へのトラックバック一覧です: 暗雲下の睨み合い:

« 湖畔の対決風予告 | トップページ | 睨み合いの途中ですが »