2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 豪雨被害に関連して記事自粛のお知らせ | トップページ | 早朝カメづくし »

2010年7月19日 (月)

朝は必ず来る

前回のお話で触れた、全国的な豪雨ですが。
昨夜、名古屋に住む私の近県、岐阜県可児市の被害現場では
新たに一名の遺体が発見されました。
その変わり果てた姿を見つけたのは、たまたま現場を訪れた
被害者の叔父さんだったたそうで
きっと一族の血のめぐり合わせ、被害者が近しい方を呼んだのだろうと
そんな思いを抱かずにはいられません。
結局今朝現在で、今回の豪雨は全国合計10名もの死者を出す災害となりましたが
依然として行方不明者の捜索は続いており、関係者の不安と心配はいかばかりかと
心を痛めるばかりです。

そうしたニュースを見るたび、なぜ自然は人間に、そんな過酷な試練を与えるのだろうと
梅雨明けそうそうの晴天にも素直に喜べなかったのですが
そんな辛い心持ちを、少しだけ明るくしてくれる出来事がありました。
たまたま昨日見ていたBSの910チャンネル・SOLiVE24
全国各地の一般視聴者から、リアルタイムのお天気が
写真付きの文章で番組にメールされ、そのまま紹介されるお天気プログラムですが
昨日の朝9時30分、こんなリポートがキャスターの口から語られました。
岐阜県の豪雨被害現場近くの方からの報告でした。

どんなに辛い夜の後でも、やっぱり朝日はちゃんと来る。
この朝日を見ていたら、あんな災害があっても元気を出さなきゃと思う。
一言一句は思い出せませんが、そんな内容でした。
そして画面にはご本人が撮影した、眩しい朝日の写真が。

その時、素直に感じました。
ああ被害現場の方もこうして元気を出しているんだから
私ごときが塞ぎこんでいてはかえって失礼、頑張らなきゃと。
こんな小学生の作文みたいな稚拙な文章、書いていて恥ずかしいんですが
物事を斜めにしか見えなかったり素直に感じられない不幸な人より
表現は稚拙でも正直にそう思え、言葉に出来る方がよほど幸せな気がします。

ここ数日、折りに触れお話していますが
どんなにテクニックを駆使した上手い文章、卓越した表現より
シンプルな一言や朝日の写真一枚が、いかに雄弁に人の心を語るものか。
人は下手に策を弄し虚飾を配するほど、伝えたい思いは本質から離れていくことを
最近は感じるようになりました。
そうですね。頑張らなきゃ。
全国の被害地域の皆さんも、哀しみを越えようと努力しているんだから。

そんな一幕にモチベーションの上がった私は、すかさず着替えてウォーキングへ。
その時、自宅マンションのロビーで、夏休みを目前に控え嬉しそうな
小学生の女の子に挨拶されました。
「おはようございます。」ちょっとはにかみながら、それでもしっかりした口ぶり。
気温も上がる夏の朝、可愛い自転車で爽やかに駆け去る彼女にも
ちょっとだけ元気をもらいました。

自粛していた記事ですが、ここ数日のそれら小さな出来事により
新たな心持ちにもなりました。
そんなわけで次回から、「ネヴュラ」は通常記事で再開いたします。
ただ決して、今回の災害を忘れ去ったわけではありません。
どんな夜にも朝は必ず来る。そんな朝や日々の点描を綴り続けたいのです。
たとえヘタな写真でも。下らない記事でも。レスポンスなどなくても。
私には出来ることなど、その程度なんですから。

ここ数日の朝日です。

Photo
7月17日 4時55分

Photo_2
7月18日 5時

Photo_3
今朝7月19日 5時30分

« 豪雨被害に関連して記事自粛のお知らせ | トップページ | 早朝カメづくし »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/35803902

この記事へのトラックバック一覧です: 朝は必ず来る:

« 豪雨被害に関連して記事自粛のお知らせ | トップページ | 早朝カメづくし »