2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 地獄への片道切符 大門豊危機一髪! | トップページ | 大激戦!!七大森獣 第二回 »

2010年6月26日 (土)

大激戦!!七大森獣 第一回

Photo
いきなりサブタイを無視するような写真で、申し訳ありませんが
もちろんコレは今朝5時の名古屋。雨の土曜日の空です


はるかに見える低い雲の底は真っ黒。典型的な梅雨の雨雲ですね。
まーこの雲なら、朝から雨でベランダがビッショリなのも致し方ありません。
そんな暗雲垂れ込める梅雨空に選んだのは、ご覧の通りヘドロンちゃん。
「宇宙猿人ゴリ」第一話を飾った、記念すべき公害怪獣第一号です。

劇場映画怪獣やウルトラ怪獣などに知名度では劣るものの
この個性的なデザインやスペクトルマンとの名勝負は
私の中で、今も変わらぬ輝きを放っています。

自然破壊や環境保護が声高に叫ばれ、人々に認知された現代では
このネーミングの元となったヘドロなんて言葉も、死語となりつつありますね。
それはそれで素晴らしいと思いますが、それと怪獣愛はまた別で
「ゴジラ対ヘドラ」が現在高評価を得ている感覚に、繋がるものがあったりして



さて。先日の「ネヴュラ」再開以来、つらつらとお話していましたが。
6月17日から24日までのパソコン修理中もほぼ毎日向かっていた
ウォーキングルートの森林公園で、梅雨ならではの色々な写真が撮れました
まー田舎ですから珍しいものも無いんですが、やっぱり今じゃないと
なかなか姿を見せない動植物も居まして、それはそれで楽しいものです。
やっぱり森にも四季があり、彼らも彼らなりに梅雨を過ごしているんですね
そんなわけで不定期ながら、今回から数回に渡って
それら森の住民を、ちょっとずつご覧いただく事にしましょう。

なお、ご紹介する動植物はすべてウォーキング中に見つけた本物で
仕込み等は一切ありません。
また前述の日程中に撮影されたものであること、
写真とフィギュアは合成・エフェクト等デジタル処理無しの一発撮りである事を
お断りいたします



Photo_12
梅雨の主役、満開のあじさいがカラフルなハーモニーを奏でるいつもの公園。
降り続く雨に瑞々しさを与えられた花々は、今が盛りと咲き誇っています。


Photo_3
セイヨウアジサイなる品種名にふさわしく、華やかなその形と
美しい色合いは、訪れる人々の目を楽しませてくれます。


Photo_4
どうですこのビビッドなブルー
雨のしずくも、この花にいっそうの輝きを与えてくれるようです。
やっぱり人間も植物も、保湿は大事ですね


Photo_5
これなんかちょっと、ハート型に見えませんか
自然が作り出す粋なはからい、ロマンチックな姿ですね

その一方で、森には私たちの知らない顔がある事も忘れてはなりません。
彼らは人間からそっと隠れて、草の陰や池の底から
私たちのふるまいに、じっと目を光らせているのです


Photo_6
世界驚異シリーズみたいなハッタリですが

2s
さてそんな梅雨の公園、案内役は梅雨にピッタリのコチラ。
ナメちゃんケムちゃんの新ユニット「ツユーズ」てございます
ナメちゃんはともかく、ケムちゃんはカエル顔がキャスティングの理由
本人もまんざらじゃない様子です

まーナメちゃん、二人してがんばらなあかんなー思てるわけやねんけどな
それにしてもケムちゃん、なんで漫才口調なの


Photo_7
で、まずやってきたのがいつもの池。
ここでさっそく池の主、たそがれ兄弟のカモちゃんに
森の住民の居場所を聞いてみました。

ねえねえ兄さんならなんか知ってるでしょ?いつもここで寝てるし
寝てたら何も知らんわけやんか。兄さんに失礼やなキミは

そんなやりとりの最中。池から突然、巨大な影が姿を現しました!


Photo_8
おおー大きいやんか。20センチ以上はありはるで
カメさんは長生きだから物知りだろうねえ。聞いてみようか

そんな二人の失礼な質問に・・・


Photo_11
そりゃあんた方。こんなのどかな所より、森へ行ってみにゃいかんよ。
あそこにはなかなか迫力の、怪獣っぽいヤツがおるからの。



大怪獣ガメヲの案内で、森に向かったツユーズの前に現れた生物とは?
第二回へつづく!

(ずーっとこんな感じで進みますので、怒らないで下さいね

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 地獄への片道切符 大門豊危機一髪! | トップページ | 大激戦!!七大森獣 第二回 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 今日の夕方のニュースで、この「ミシシッピアカミミガメ(いわゆるミドリガメ)」が生態系を壊すということで駆除の対象になっていることを知りました。気性が荒くて、40年生きるんだそうですヨ。

 ケムラーはカエル顔だからの採用だったんですネ。気付きませんでした(^^ゞ

 アジサイは朝顔と並んで私の好きな花です。私、青い花が好きなんですヨ。なんとも日本的でしっとりした色合いがイイですネェ~。
英語ではhydrangea。つまりウルトラ警備隊の潜水艇と同じ名前なんですネ。

自由人大佐様 いやーそうなんですか
このカメさんは公園の池に数多く住んでいて、岸辺で時々カモと並んで寝ています
そんなのどかな風景に癒されっぱなしなんですが、けっこう気性も荒いんですねえ。
池の仲間とは共生しているようですが、見かけたら逃げないと

>ケムラーはカエル顔

ナメゴンとのペアということで、梅雨らしいウルトラ怪獣を探したんですが
第一期の怪獣だと、なかなかピッタリ来るキャラが居ないんですよね。
「赤影」の大ガマなんかも良いかなとは思ったんですが
まーでもいいかげんな企画ですから選定基準もユルユル。
ケムラーくらいでちょうどいいです

今の時期はまさにアジサイの旬。毎日公園を覗くたびに、その美しさにウットリです
アジサイは太陽の下よりやっぱり雨に映えますね。写真の青アジサイも
連日の雨の中、本当に気持ち良さそうに咲いています。

>hydrangea

そうなんですねー。円谷メカのネーミングセンスにはいつも唸らされますが
まさかあの潜水艇に、アジサイの名が冠されていたとは。
確かにあのフォルムの優美さは、アジサイに通じるところがありますね。
梅雨の花と潜水艇という両者の絶妙な「水繋がり」ぶりにも
円谷スタッフの、卓越したエスプリを感じます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大激戦!!七大森獣 第一回:

« 地獄への片道切符 大門豊危機一髪! | トップページ | 大激戦!!七大森獣 第二回 »