2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の記事

2010年6月30日 (水)

朝焼けに染まる銀躯

お恥ずかしい話、普段はスポーツ中継にはさほど興味が湧かない私ですが
さすがに昨夜のパラグアイ戦には引きずりこまれ、寝たのは深夜2時半。
ちなみに昨夜の試合中継、名古屋の視聴率は52.4%だったそうで。
私みたいなお気楽庶民も、ネヴュラ座にクギ付けになるわけですtv

南アに散ったサムライ魂は、私たちに元気と感動を与えてくれましたね。

いや正直なところ、PK戦終了直後は体中に気力と体力がみなぎり
意味なく20代の感覚を取り戻し、挑戦する事の大切さを改めて感じた次第です。
久々に、瑞々しい気分で床につく事が出来ました。
たとえ俗人と笑われようと、この世紀の善戦に苦言やチャチャを入れる人とは
私は一生、分かり合えないような気がします。

試合には勝てなかったけど、勝負では負けてなかったぞ岡田ジャパン!punch

それでもしっかり朝4時半に目覚めるところに、年を感じざるをえないんですがweep
まー毎朝の日課、日の出怪獣を撮るには良い習慣ということでcoldsweats01
で、今朝5時。日の出から7分後くらいの空がコチラ。


Photo

いやー久々に良い空happy02
雲に照り返す太陽のあかね色が、青空に絶妙の差し色を加えています。

梅雨の真っ最中の名古屋ではさすがにピーカン空とはいかないものの
雲が最高の芝居を見せるこうした日の出空も、非常に魅力的です。
こういう光景を目の当たりにすると、思わず言葉を失いますね。
正味10分間にも満たないこんな瞬間に出会えるから、早起きはやめられませんhappy01

昨夜の試合同様、この感動はお金には替えられないんですよheart04


本当はこの空だけでも、充分に絵になるんですが
怪獣を置かないと私が撮った証明にならないかなあと選んだ一体は
この朝日に負けない存在感を誇るご存知悪の電獣・メカゴジラです。
私にとってメカゴジラと言えば、やっぱりこの昭和版。
歴代メカゴジラの中ではフォルム、キャラクターとも群を抜く凶悪さで
今もロボット怪獣界の頂点に君臨する、究極の一頭です。

いやー名怪獣はシルエットも素晴らしいわーlovely
一目でメカゴジラと分かる上、「コワカッコイイ」という難しい条件を満たせる
数少ない怪獣でしょうね。

後のメカゴジラは人類の兵器ゆえやっぱり「カッコイイ」が勝っちゃって
「怖い」フレーバーが薄いと感じるのは、仕方ないことかもしれませんが。
でもその分、平成メカゴジラや機龍には別の魅力がありますしね。

そういう意味では歴代メカゴジラ中、唯一の敵怪獣である昭和メカゴジラに
唯一無二の魅力を感じるのも、当然かもしれませんhappy01

映画本編にはご意見もおありでしょうが、今回はデザインに絞った感想という事でhappy01
うーむ岡田ジャパンの健闘が脳裏に焼きついているせいか
心なしか怪獣語りも熱いぞ私punch



で、久々にサムライブルーを見せた今日の空に合わせて
メカゴジラにはこんなおバカを演じてもらいましたhappy01


Photo_2
青空大好き、メカ郎とメカ代のメカップル。
今日は沖縄ばりのピーカン空に惹かれ、楽しいお散歩です。
僕たち金属製だもんねーメカ代ちゃんhappy01
雨に濡れると錆びちゃうもんねーメカ郎さんcoldsweats01


Photo_3
これなんだろ?安豆味王族の言い伝えかな?
円盤を回すと、色がついて見えるそうだよ。
円盤?ファイヤードラゴンじゃなくて?
ちょっと回してみようか?
えっ待ってよメカ代ちゃんsweat01


Photo_4
ひゃー目がまわる~
なにも円盤に合わせて首を回さなくてもsweat01
映画では首を回してバリヤー作ってたぢゃないのcoldsweats01

アレはムリしてたのsweat01 よく見るとグラグラしてたでしょ首がsweat02

(円盤はホントに回して撮ったんですが、写真じゃ止まって見えますねcoldsweats01


Photo_5
きもちわるくなっちゃった。熱中症にもなってるかもcoldsweats01
もう首が回らないよーsweat01借金はないけどmoneybag

嗚呼あのオールレンジ攻撃も、今は見る影も無くweep
皆さん、暑い日の外出は水分をしっかり摂って
こういうおバカはやらないで下さいねーcoldsweats01

(今日の名古屋の最高気温は33度。ベルベラ・リーンの歌声並みに暑いですsun

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2010年6月29日 (火)

怪猫の森

Photo_14
ナメちゃん今日も一日、ムシ暑かったねーsweat01
夕方もこんなお天気だもんね。ホントに梅雨だよねーケムちゃんhappy01
森にはまた、おもろい仲間が居るんやろか?


Photo_15
そんなツユーズのお二人に代わって、わたくしオタクイーンが
特派員として出かけた夕方6時。
公園の駐車場では近所の方が、森に暮らすニャーちゃんと遊んでいました。
その一匹と目が合った私。じっと目をこらせば・・・


Photo_16
おおっ目が細いっhappy02と言うより無いっshock
しかも真ん中から開いてヘリキャットが出てきそうなサボーガー頭!
さすがネコだけにhappy01
だれがウマいこと言えとsadでもまだムシ暑いニャcat
そりゃそうだろうねーcoldsweats01毛皮のニャーちゃんには梅雨は大変だろうね。
今は私もTシャツ七枚着て汗だくだけど、脱げば涼しいもんね。
また来るから元気でねhappy01

湿気に体力を奪われるのは、人間だけじゃないんですね。
ウォーキングでバテ気味の体がちょっと軽くなった、梅雨の夕方でしたrun

大激戦!!七大森獣 最終回

この時期は一年中で、一番蒸し暑いそうでsweat02
昨夜も湿度が高かったらしいですが、寝る前にエアコンをフル稼動させたおかげで
朝の部屋はヒンヤリ、目覚めもスッキリでしたeye
でもあい変らず空はどんより。午前5時10分の段階では・・・


Photo_2
やっぱり雨なんですよねーrain
せっかく選んだシルバーロボちゃんそっちのけで
傘を差してウォーキングに出かけるお二人に、ピントを合わせちゃいましたcoldsweats01

いやーすばらしく健康的。私も晴れた昨日は朝6時半から歩きましたが
どうしても歩くのがおっくうになる雨の朝なのに、本当に頭が下がります。
私も負けずに頑張らなきゃrun

で、ヘタレの私は雨上がりを待つこと30分sweat01
待望の日差しが覗いたのは、午前5時40分のことでした。


Photo_3
おおーカッコイイlovely
やっぱり怪獣の巨大感や迫力を演出する上で、背景の暗雲は
これくらいのさじ加減がベストですねー。鈍い朝日もいい感じだし。

ましてやシルバーロボですから、スペクトルマンと死闘を演じたこんなグレー空は
まさに絶好のハマリ具合というhappy01

それにしてもこの怪獣と言うかロボット、いつ見ても独特のシルエットですねー。
いずれ劣らぬ個性派揃いのピープロキャラですが、この一頭もそれに恥じない
特異なフォルムです。

でも本放送でこのエピソードを見た時、「なんでこんなカッコなのにロボットなの?」
「スペクトルマンをあそこまで追い詰めたつわものなのに、カカトが弱点なの?」
「決め技のスペクトルサンダーって、名前に比してどうして凍らせる技なの?」
などなど、ピープロ作品にツッこんじゃいけない疑問の嵐でhappy01

コレは後年の「大人の見方」じゃなく、ホントにリアルタイムで感じた謎だったので
今に至るもシルバーロボと言えば、謎の怪獣というイメージが強いです。
でもいいですよね。そんな他愛ない疑問も、時と共に愛情に変わるんですからhappy01
好きなんですよねーこのシルバーちゃん。スタンダード・サイズのソフビとかあったら
即買いしちゃうかもしれませんlovely


なーんておバカな郷愁に浸っていたら、またまた朝日は雲に隠れちゃってcloud
やっぱりこの時期は、お天気も分刻みで変わるようですね。

午前三時の段階で、上海から日本海側へ張り出している梅雨前線は
南側に雨雲を作りやすいそうで、中部地方はまさに雨雲の真下。
貴重な日差しを有効活用し、効率よく行動しようと思っていますsun


さて。アクセス数の激増に対してコメントが激減した
梅雨限定企画「大激戦!!七大森獣」も、いよいよ今回が最終回。
うーむさすがに皆さんタイトルにはつられても、内容のショボさに呆れちゃったかcoldsweats01
そりゃそうですよねー。怪獣と称してトカゲやカマキリを見せられても
私だって「ふーん」で終わっちゃうでしょうからcoldsweats01
まーいいでしょう。コントロールの効かない自然に人工物である怪獣おもちゃを
絡める試みの面白さ、難しさは、今回充分堪能しましたhappy01


というわけで。今回は最終回にふさわしく
梅雨の顔たるあの大怪獣(まだ言い張るか)が、満を持して登場します。
ラストには大魔神ばりの巨石像も顔を見せますよ。まー笑ってやって下さいhappy01


なお、ご紹介する動植物はすべてウォーキング中に見つけた本物で
仕込み等は一切ありません。
写真とフィギュアは合成・エフェクト等デジタル処理無しの一発撮りである事を
お断りいたします
happy01

Photo_4

謎と驚異うずまく森を散策するツユーズの二人が
最後に出会った梅雨のシンボル。いよいよ探検はクライマックスへ!!


Photo_5
あっナメちゃん、あんさんのお仲間と違うか?
ホントだ。やっぱりいるねえ梅雨だから。ようやく会えたよご近所さんにsnail


Photo_6

いやーこんにちわ。最近はとんとお見かけしませんねえ。
ええもう都会には住みにくくなっちゃって。こんな田舎で細々と暮らしてますcoldsweats01


Ff
でも良いツヤじゃないですかー。やっぱり雨が降ると元気になりはるの?
そーですねえ。私たちにとってこの時期の日本が、一番のリゾート地ですかねcoldsweats01
ホントにいい感じの殻ですねー。うらやましいわー。
ナメちゃんには殻がないもんねsmile


Photo_9 
この殻の感じからすると、あなたはウスカワマイマイさん?
そうです。まー名もないベタな一般種でございますよ。
こうして葉っぱの裏で、梅雨を静かに過ごすのが幸せなんですhappy01

謙虚やねー。お金好きのナメちゃんとはえらい違いやわsmile
あれはお金が目当てじゃなくて、ギャングを襲ったのっpout


Photo_8
じゃあまた、どこかでお会いできたらいいですね。
お互いそれまで、無事に暮らしましょう。
大阪においでになったら、心斎橋でおいしいタコ焼きをごちそうしまっせhappy01
それではお二人さん、お元気で~snail



Photo_10
再会を約束し、ツムラーさんと別れたナメちゃん、ケムちゃん。
やっぱりご近所さんはいいものだねー。みんなでワイワイ暮らしてみたいよ。
おっここにも大家族がおるで。ナメちゃん見て見てhappy01
えーっこんなブロックのすき間から、地下に巣を作ってるの?


Photo_12
コリャすごいわー 。この大きいのを運ぶんやろか?
ドッグフードみたいだけど、そりゃ彼らにはごちそうだろうねー。
手分けして運ぶんじゃないの?

そりゃ少しずつ運んじゃうよーhappy01 我々は大勢であるがゆえにhappy01
やっぱり地道が一番だねえ。センリの道も桜井からってsmile
それが分かる人も、少なくなったんちがう?gawk



Photo_13
やっぱり森の住民も、それぞれの梅雨を過ごしてるんやねえ。
まーみんな仲良く、夏を迎えられるといいねえ。

この像の前で、そんな思いに包まれたツユーズの二人。
進めツユーズ!梅雨が明けるまで、彼らのお気楽探検はまだまだ続くのだpunch

                                               《おわり》

いやーおバカな連載におつき合い頂いて、ありがとうございましたcoldsweats01
梅雨明けにはまだ間がありますが、皆さんも健やかにお過ごし下さいねhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2010年6月28日 (月)

大激戦!!七大森獣 第三回

梅雨の強力な蒸し暑さが列島を包みこんだ、昨日から今朝。
湿度の高さでは定評ある名古屋ですから、もう大変でしたsweat01

起きて窓を開けたとたん、「でへへ今日もしっかり蒸しまっせ奥さん」みたいな
薄笑いと共に、部屋へ流れ込む湿気と高温。あれはもう空気のストーカーですねshock
そんなうっとうしい空気をかきわけ、ベランダで撮った最初の一枚がコレ。
午前5時10分の空です。


Photo
青い部分は空の色ではなく、雲の色ですcloud
ですからコレは空一面の雲というわけなんですが、なぜ明るいかと言うと
日の出直後、太陽が一時的に雲に隠れている状態だからなんですね。

その証拠に、20分後の5時半になると・・・


2
この状態。決して写真の順番を間違えたんじゃないですよhappy01
湿度も関係しているんでしょうが、太陽が少しでも顔を出すと
こんな風に雲のディテールも怪獣のシルエットも、見事に逆光となります。

デジカメの補正機能が大きいとはいえ、太陽光が強いことも無視できませんねsun

一昨日からの公害怪獣つながりで、今日はピープロ怪獣の代表格・ゼロンちゃん。
以前から何度もご紹介していますが、このマスダヤ復刻ソフビ単体でのアップは
意外にも今回が初めてですhappy01
このソフビについては語りつくされた感もありますし、新発見も特に無いですが
素直に子どもの喜びそうなデザイン、ピープロ正統派怪獣の堂々たる威厳を
楽しむ上では、この上なく素晴らしい逸品という感想でいいんじゃないでしょうか。
別に評論家でも研究家でもない私が、したり顔でアレコレ言う必要も無いですし。
ゼロンを見て子ども心に戻れるという、スペクトルマン世代だけに許される
極上の愉悦を、心ゆくまで味わおうと思っていますhappy01



さて不定期企画と言いながら、けっこう連続アップしているsweat01
『大激戦!!七大森獣』。今回は第三回をお送りします。

マタソゴの誘惑をかいくぐり、森の奥深くへと進んだナメちゃんケムちゃん。
二人の行く手に待つ者は?

もうね。新キャラを見つけるたびにアドリブで撮ってるものですから
大変だったんですよ本当はcoldsweats01

なお、ご紹介する動植物はすべてウォーキング中に見つけた本物で
仕込み等は一切ありません。
写真とフィギュアは合成・エフェクト等デジタル処理無しの一発撮りである事を
お断りいたします
happy01


Photo_2
2s
いやー湿気が高くて、すっかり疲れてしもたわsad
ケムちゃんカエル顔なのに、意外に湿気が苦手だねえ。
そりゃナメちゃんはええで。まんまナメクジやしsmile
いやーこう見えて、塩水には弱かったりするんだよね実はcoldsweats01


Photo_3
そんなバテバテの二人の前に広がる、あじさいの一群。
その一枚の葉に、チョコンと乗った小さな影が。

あっケムちゃん、誰かこっちを見てるよ。
あじさいの精かいな?なんてかわいい事言ったりしてsmile


Photo_4
あ~らいらっしゃ~い。ご指名ありがとうございまーすkissmark
おいおいおネエキャラやでsad そこまで名前に合わせんでもええのにdelicious
まーネヴュラだからね。推して知るべしと言ったところでhappy01
いいじゃないのお行儀良く両手も揃えてるし。
珍しいねえ。あじさいの葉に座ってるなんてhappy01

美しい者同士、どこか惹かれるものがあるのよ私たちkissmark
確かにプロポーションはええもんなあ。やっぱり努力してはるのねdelicious
そうよー美人は一日にしてならず。この夏もウォーキングに励みまーすrun

どっかで聞いたセリフだけどcoldsweats01 じゃーがんばってねーhappy01

ウォーキングと言えばホラあそこ。葉っぱの上を歩いてる子が居るよ。
おおー古関裕而の名曲が聴こえてきたnote


Photo_5
コレはアレやね。歩いてると言うより葉っぱを食べてはるんやねclover
そうそう。おいしいわあ葉っぱ。食べ跡がいい感じになってるでしょhappy01
とは言うものの、小さな体に似合わずけっこう食べるねえ。
まーね。いずれ空を飛ばなきゃならないから、しっかり食べて育たないと。
ウチのキナちゃんも葉っぱを食べるけど、飛びそうもないねcoldsweats01
キナちゃんはハムスターやんか。それに小松菜やチンゲン菜じゃ飛べへんでpout
そりゃ食べ物とは関係ないと思うけどcoldsweats01

そんな下らないやりとりの末、モソラちゃんにもすっかり呆れられた二人は
ある草の陰で、さらなる驚異を発見!
「あっ!アレは何だ!?」
いよいよクライマックスを迎える次回・最終回へ続く!


Photo_6

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2010年6月27日 (日)

大激戦!!七大森獣 第二回

Photo
気圧と体調にはけっこう密接な関係があるようで。
気圧が低いとボーッとしたり、頭痛に悩まされる場合も多いそうですが
今朝の私も、まさにその症状そのものcoldsweats01


昨日は一日雨だったのでウォーキングも休み、部屋でおとなしくしていたので
日頃の疲れは回復、体力も温存されているはずなのに
今朝は頭がどよ~んとしていて、すっかり寝坊してしまいましたsweat01
部屋の暗さを感じながら布団から出れば案の定、空は写真の通り。

昨夜からずっと降り続く雨が空気をひんやりさせる、朝6時50分です。
まさに梅雨の低気圧。どよ~ん気分にもなるはずですsad


ここまでベタなグレー空ではむしろ、雲の様子より濡れた路面をお見せする方が
雨の雰囲気を表現しやすいと判断、珍しくやや俯瞰気味に撮りました。
まー太陽の顔など一切見えていませんから、今朝の怪獣ミドロンちゃんも
逆光にはならず、ディテール・色ともハッキリクッキリ。
まるで部屋で撮ったかのような映えぶりですhappy01


前回からのスペクトルマン繋がりとはいえ、このミドロンは本放送当時に発売された
マスダヤソフビの復刻版。
昨日のマーミット製ヘドロンとはまた違った、レトロな味わいが良いですねhappy01
「宇宙猿人ゴリ」劇中通りの四足歩行を再現したフォルムは
どんな怪獣ソフビも直立二足歩行に造形しちゃった’70年当時としては珍しく
大き目の頭に比して短い足happy01も非常にラブリーlovely

ミドロンに子どもがいたら、きっとこんな感じなんでしょうねhappy01
劇中では人形アニメで処理され、独特のリアル感を生んだミドロンでしたが
わが家では他の怪獣同様、のん気に暮らしていますhappy01


さて前回から始まった梅雨企画「大激戦!!七大森獣」
今回は第二回をお送りしましょう。

今回はいきなり、大迫力の一頭が登場します。
撮影後写真を確認して、私もビックリしましたhappy02happy02happy02

なお、ご紹介する動植物はすべてウォーキング中に見つけた本物で
仕込み等は一切ありません。
写真とフィギュアは合成・エフェクト等デジタル処理無しの一発撮りである事を
お断りいたします
happy01


Photo_2
大怪獣ガメヲに教えられ、森に向かったナメちゃんケムちゃん。
そこでは梅雨の湿気を楽しむ、様々な動物が顔を見せましたhappy01


Photo_3
あっなんかこっち見とるでナメちゃん。なんやろね?
時々見かけるけど、ここまでじっとしてるのは珍しいねえ。
すっかり目が合っちゃったよhappy01


Photo_4
ちわーすっベタなトカゲでーすhappy01
いやーアンタ、ここまでアップで見ると大迫力やなーcoldsweats01
両手の指が曲がってるーshock目も大きいしーshock
失礼だなーお二人さん、こういうもんだよトカゲってhappy01
こんなにリアルなディテールなら
ロジャー・コーマンが怪獣にキャスティングする気持ちも分かるねえhappy01

(この写真は撮ったままの拡大無しノートリミング・ノー補正。奇跡の一枚ですcamera


Ff2
全身を見るとかわいいねえ。10センチくらいやもんね。
いつも見かけるとすぐ逃げちゃうんだけど、やっぱり湿気が多いせいかな
草むらでまったりしてるわー。気持ちいいんだろうねhappy01

お二人さん、あっちにも珍しいものがあるけど
派手な色はワナだから、フラフラと行っちゃダメだよsmile


そんなトカゲ氏の忠告も聞かず、二人はそのワナへ・・・


Photo_6
あーおなかペコペコやわー。おいしそうなキノコやねーlovely
ケムちゃんコレは毒キノコだよきっと。こんな派手な色だもん。
食べたらきっと、東宝横丁のマタさんみたいになっちゃうよ。

あのアフロおじさん?いつもバルタン笑いの?
こんなキノコが育つのも梅雨ならではだよねえ。ほっといて行こ行こ。
ちぇーっ名残惜しいわあsad

大怪獣に怪奇植物!
謎と驚異が口を開けて待つ秘境を進む、ツユーズの運命や如何に!
第三回へ続く!

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2010年6月26日 (土)

大激戦!!七大森獣 第一回

Photo
いきなりサブタイを無視するような写真で、申し訳ありませんがcoldsweats01
もちろんコレは今朝5時の名古屋。雨の土曜日の空ですrain


はるかに見える低い雲の底は真っ黒。典型的な梅雨の雨雲ですね。
まーこの雲なら、朝から雨でベランダがビッショリなのも致し方ありません。
そんな暗雲垂れ込める梅雨空に選んだのは、ご覧の通りヘドロンちゃん。
「宇宙猿人ゴリ」第一話を飾った、記念すべき公害怪獣第一号です。

劇場映画怪獣やウルトラ怪獣などに知名度では劣るものの
この個性的なデザインやスペクトルマンとの名勝負は
私の中で、今も変わらぬ輝きを放っています。

自然破壊や環境保護が声高に叫ばれ、人々に認知された現代では
このネーミングの元となったヘドロなんて言葉も、死語となりつつありますね。
それはそれで素晴らしいと思いますが、それと怪獣愛はまた別でcoldsweats01
「ゴジラ対ヘドラ」が現在高評価を得ている感覚に、繋がるものがあったりしてhappy01



さて。先日の「ネヴュラ」再開以来、つらつらとお話していましたが。
6月17日から24日までのパソコン修理中もほぼ毎日向かっていた
ウォーキングルートの森林公園で、梅雨ならではの色々な写真が撮れましたcamera
まー田舎ですから珍しいものも無いんですが、やっぱり今じゃないと
なかなか姿を見せない動植物も居まして、それはそれで楽しいものです。
やっぱり森にも四季があり、彼らも彼らなりに梅雨を過ごしているんですねhappy01
そんなわけで不定期ながら、今回から数回に渡って
それら森の住民を、ちょっとずつご覧いただく事にしましょう。

なお、ご紹介する動植物はすべてウォーキング中に見つけた本物で
仕込み等は一切ありません。
また前述の日程中に撮影されたものであること、
写真とフィギュアは合成・エフェクト等デジタル処理無しの一発撮りである事を
お断りいたしますhappy01



Photo_12
梅雨の主役、満開のあじさいがカラフルなハーモニーを奏でるいつもの公園。
降り続く雨に瑞々しさを与えられた花々は、今が盛りと咲き誇っています。


Photo_3
セイヨウアジサイなる品種名にふさわしく、華やかなその形と
美しい色合いは、訪れる人々の目を楽しませてくれます。


Photo_4
どうですこのビビッドなブルーheart04
雨のしずくも、この花にいっそうの輝きを与えてくれるようです。
やっぱり人間も植物も、保湿は大事ですねhappy01


Photo_5
これなんかちょっと、ハート型に見えませんかheart01
自然が作り出す粋なはからい、ロマンチックな姿ですねlovely

その一方で、森には私たちの知らない顔がある事も忘れてはなりません。
彼らは人間からそっと隠れて、草の陰や池の底から
私たちのふるまいに、じっと目を光らせているのですshock


Photo_6
世界驚異シリーズみたいなハッタリですがhappy01happy01happy01

2s
さてそんな梅雨の公園、案内役は梅雨にピッタリのコチラ。
ナメちゃんケムちゃんの新ユニット「ツユーズ」てございますrain
ナメちゃんはともかく、ケムちゃんはカエル顔がキャスティングの理由smile
本人もまんざらじゃない様子ですhappy01

まーナメちゃん、二人してがんばらなあかんなー思てるわけやねんけどなhappy01
それにしてもケムちゃん、なんで漫才口調なのgawk


Photo_7
で、まずやってきたのがいつもの池。
ここでさっそく池の主、たそがれ兄弟のカモちゃんに
森の住民の居場所を聞いてみました。

ねえねえ兄さんならなんか知ってるでしょ?いつもここで寝てるしsleepy
寝てたら何も知らんわけやんか。兄さんに失礼やなキミはpout

そんなやりとりの最中。池から突然、巨大な影が姿を現しました!


Photo_8
おおー大きいやんか。20センチ以上はありはるでhappy01
カメさんは長生きだから物知りだろうねえ。聞いてみようかhappy01

そんな二人の失礼な質問に・・・


Photo_11
そりゃあんた方。こんなのどかな所より、森へ行ってみにゃいかんよ。
あそこにはなかなか迫力の、怪獣っぽいヤツがおるからの。



大怪獣ガメヲの案内で、森に向かったツユーズの前に現れた生物とは?
第二回へつづく!

(ずーっとこんな感じで進みますので、怒らないで下さいねcoldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2010年6月25日 (金)

地獄への片道切符 大門豊危機一髪!

Photo
えーというわけで、今朝5時55分の空は
みごとデンマークを下したジャパンブルーといきたいところですが
朝日は出ているものの、やっぱりはっきりしない面持ちでしたcloud

ホントに梅雨ならではの曇り空。まあしょうがありませんねcoldsweats01

そんな連日の梅雨空を縫って、「ネヴュラ」休止中にピーカン空の下で
やっと撮影に成功しました、先日予告のザボーガー写真コントcamera

すでにお忘れかもしれませんが、この時期貴重な晴天だけでもご覧下さいsun



Photo_2

ほほほ大門豊、われわれΣ団に逆らう者は許さないわよsmile
おのれミスボーグangry 戦えザボーガー!


Photo_3

あっまてっミスボーグ!チェンジ・マシーンザボーガー!
ミスボーグを追うんだっpunch


Photo_4

こらこら愛●県警だけど。そこのバイク停まりなさーいangry
この看板が見えないの?スピード違反でキップ切っちゃうよpout
バックミラーも無いみたいだし。整備不良もオマケしちゃおうかなーgawk

あっまずいっsad チェンジザボーガー!
ちょっと悪魔ハット、すぐ返すからそれ貸してwink


Photo_5

あれっコレが違反車両?
いえっ私の弟ですっ間違いなくっ。顔も似てるでしょどことなくcoldsweats01

巧妙なΣ団の作戦に負けるな大門豊!戦え電人ザボーガー!



・・・うーむアップを引っぱった割に
梅雨のせいか、ネタも湿っちゃったみたいですねweep

さーそんな話題は無かったことにしてcoldsweats01
前回のお話で告知した公園写真の特報ができましたので
お口直しに、コチラをご覧下さい。

例によってアオるだけアオってますが、内容は大したことありませんので
話100分の一ということでhappy01


Photo_7
あじさいのベールに包まれた、暗い梅雨の森に分け入る
われわれ取材班に、大自然は容赦なく牙を剥いた!

Photo_8 Photo_9 Photo_10
異境の地に潜む刺客たちの目、目、目。
池の底、木の陰のそこかしこから射られる鋭い視線に、戦慄する取材班。
その時、誰かが叫んだ!「あっ!アレは何だ!?」
想像を絶する探検の果てに、われわれが見たものは?

Photo_12
ナメちゃんケムちゃんの新ユニット「ツユーズ」がご案内する
次回よりのネヴュラ不定期企画「大激戦!!七大森獣」

ハッタリだけで進めますので、決して期待しないで下さいhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2010年6月24日 (木)

九つの空

皆さま、8日間のごぶさたでございました。
なんとか愛機の病状も回復、無事退院してまいりましたhappy01

とはいえ実は、修理の原因となったパソコン液晶画面モノクロ反転現象の原因は
メーカー側でも特定できなかったのですsweat01

17日の木曜日にわが家を離れ、修理工場に届いた段階では反転現象は表れず
画面がチラつく程度の軽いもので、その症状も今週になってパタッと消えたそうで。
メーカー側でも考えられる原因を探りながら、二、三の部品を交換したにとどまり
とりあえず回復したからということで、出戻りとあいなりました。
メーカー担当者も「原因を追い込めなかったことが、プロとして心残りで」と
電話で悔しさを滲ませていましたがcoldsweats01


原因が特定できない以上、また症状復活の不安もありますが
その時はその時。今度こそ完治を目指し入院させるということで
それまでは愛機にも体をいたわりながら、がんばってもらおうと思っていますhappy01
まるで自分の事のようですね。ガタが来ているあたりなんてcoldsweats01

というわけで今日から「ネヴュラ」も無事再開、また気ままな日々を綴っていきます。
あいも変わらぬおバカトークですが、どうぞ笑ってやって下さいhappy01


ところで。サブタイでお察しの通り、実は休止中の6月17日から
今日までの8日間も、休止前と同じく毎朝飽きもせず
いつものようにベランダにヒーローや怪獣を置いて、写真を撮り続けていました。

それに加え、写真編集が叶わなかった6月16日の朝写真も加え
未公開のカットは実に9日分camera
代わり映えしない梅雨空とはいえ、お見せする機会も今回以外に無いですから
今日は一挙公開、9日分の名古屋の早朝をご覧頂きましょう。
ご興味ない方にとっては、何の意味もないでしょうけどcoldsweats01

ちなみにいつも通り、選ぶフィギュアは「朝の空に合わせて」
撮影時刻も「絵になりそうな空」を基準に選定していますので
毎日、一定していないことをご了承下さいhappy01



Photo
6月16日(水)5時30分。
梅雨とはいえこの朝は、まだ朝日が見られました。
その朝日もあっという間に雲に覆われ、梅雨特有のどんより空に。
そういう意味でこの一枚は、けっこうなシャッターチャンスでしたhappy01
ライダーキックって、シルエットにしてもキマりますねえlovely


Photo_2
6月17日(木)6時。
この日も朝は太陽が姿を見せましたが、ご覧の通り梅雨雲が
朝日を邪魔する瞬間を、虎視眈々と狙っていますcloud
やっぱりこの時期は、スカッと晴れる日はありませんね。
まーこんなシルエットが撮れるのも、そんな気候のおかげなんですがhappy01
とはいえバルゴンにとって今の時期は、まさに受難の毎日ですねweep


Photo_3
6月18日(金)5時25分。
コレも不思議な空ですよねー。アイテムチョイスは正解かとhappy01
なんかこう、飛来したガラダマが割れた直後、中から噴き出す蒸気の名残り
みたいに見えます。

画面左上にちょっとだけ青空が見えていますが、結局はこのあと曇っちゃって
昼前から大降りの雨という、まさに梅雨のお天気。
専門的なことはわかりませんが、この雲も梅雨特有のものなんでしょうか?


Photo_4
6月19日(土)6時25分。
この日は5時30分に一度撮影したんですが、一面グレーの曇り空でした。
その55分後、ほんのちょっと青空が姿を見せたので
あわてて撮った一枚がコレです。
せっかく大好きなペギラを選んだんですから、やっぱり空に表情がないと。
でもペギラと絡めるだけで、梅雨の名古屋も吹雪前の南極に見えるから不思議happy01


Photo_5
6月20日(日)5時30分。
このあたりになるともう朝も真っ暗で、正直寝坊していますcoldsweats01
でもこんな雲じゃ朝日も見えないですから、何時に撮っても同じなんですがhappy01
いやーいいですねーベムラー。やっぱり怪獣はこういう空が似合います。
でもせっかくの父の日も、一日中こんな空でときどき雨。
とはいえ私は湿気の高さを逆手にとってしっかりウォーキングrun
滝のような汗をかきましたsweat02


Photo_6
6月21日(月)5時50分。
上の写真と同じ日に撮ったんだろうなんて言われても
何も言い返せないほどそっくりな空ですねcoldsweats01
こんな風に連日、空の写真ばっかり撮り続けたことって初めてなので
梅雨の毎日がこれほど雲に包まれていたとは思いませんでした。
昔から、梅雨時期の屋外ロケは心配でしたがrain
でも個人的には天候で怖いのは雨よりも雪ですねsnow
なんてったって、ロケ場所への移動が不可能になる場合もありますからcoldsweats01
こうやって見るとゴリ博士も、フィギュアとは思えないほどリアルな雰囲気heart01


Photo_7
6月22日(火)6時15分。
レッドキングのディテールがはっきり見えているのは、それだけ空が暗い証拠です。
太陽光が強ければ強いほど逆光になって、フィギュアがツブれてしまうわけですね。
ですからこの日はそうとう、空が暗かったんですねー。
でもこの日は結局晴れちゃいました。この不安定なお天気こそ梅雨。
まーディテール自慢のレッドキングにしてみれば、この朝の暗さは
かえって好都合だったかもしれませんがhappy01


Photo_8
6月23日(水)5時45分。
ジャイガーの足元でお察しの通り、この朝は雨でした。
で、空が暗かった分、ディテールもこんなにはっきり出ているわけですね。
16日の写真と較べると、同じ時期とは思えないほどの違いです。
ただこの日は雨のち曇り。最高気温も22日より5度も低い25度と涼しく
意外に湿度も低くて、過ごしやすい一日だったんですねー。
そう言えばこの朝、あまりの涼しさにコーヒーを飲んだことを思い出しましたcafe


Photo_9
で、今日6月24日(木)6時55分。
コレも5時すぎに一度撮った曇り空が気に入らなくて
この時間にほんのちょっと顔を出した太陽を頂いたカットです。
ちなみに朝日を三つ首竜の口に合わせた意味は、特にありませんcoldsweats01
でもやっぱりカッコイイわー三つ首竜lovely
特にこのインスパイア製は出色の出来ですよねー。いつ見てもホレボレしますheart04

こんなにディテールがツブれているということは、それだけ太陽とのコントラストが
強い証拠なんですよねー。
これはこれでいいなー三つ首竜←要は何でも認める三つ首竜ファンcoldsweats01



さてそんなこんなで、駆け足で9日分の朝を追ってみましたが
こうやって見ると、梅雨と言えど同じ空はほとんどない事が分かります。
いやーやっぱり自然は偉大happy01
とはいえ起きたそうそう、寝ボケまなこで空を見上げ
今日の怪獣は何にしようかと迷う時間も、なかなかスリリングでしたがcoldsweats01

でも皆さん。外出派の私がこの程度で満足できるわけもなく。
この8日間の休止時期に撮っていた写真は、コレだけではありません。
梅雨の今にしか撮れない光景を探し、いつもの森を歩き回っていたのです。
もちろんお仕事の合間にですがcoldsweats01
で、収穫もたくさんありました。何年も歩いている森ですが
梅雨にはこんな表情も見せるんだなあと、感動を新たにした場面も。


で、その撮り貯めた写真を、不定期ながら次回記事から
少しずつご覧頂きたいと思います。
もちろん「ネヴュラ」ですから、ネタは怪獣風に料理してお見せしましょう。
案内役はこちらのペア。まー例によって、期待せずにお待ち下さいねhappy01


Photo_10

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2010年6月16日 (水)

パソコン入院のお知らせ

えー突然ですが、パソコンが壊れちゃいましたcoldsweats01
お知らせはしていなかったのですが、二週間ほど前から画面がチラつき出し
それが日に日にヒドくなって、まともに画面が映らなくなってきちゃってpc
実は現在、画面はさながらモノクロのネガポジ反転状態weep
かろうじて文字は読めるものの、薄い色などはまったく判別できません。
写真なんてどれも、「2020年の挑戦」のタイトルバック状態coldsweats01
この記事も、黒バックにグレー文字というものすごく見にくい作成画面で
おっかなビックリ書いているというていたらくでweep

こんなことじゃ記事はおろか、いつもの写真もとてもアップできませんし
何より、お仕事に支障をきたしてしまいます。
うーむついこの間、直したばっかりなのに。
まーこの愛機もかれこれ5年、私と一緒で寄る年波には勝てないとhappy01

そんなわけでパソコンを修理に出す為、しばらく「ネヴュラ」をお休みいたします。
たぶん一~二週間程度と思いますが。
まーいつも下らないお話ですから、大げさに告知するほどもないんですが
今回の故障の影響で写真が取り込めず、ちょっと今朝の記事を休んだら
なんと今日のアクセス数がいつもの三分の一に激減しちゃって
こんなおバカなブログでも、気にしてくれる方がいらっしゃるんだなあと
感謝の意味もこめて、告知させて頂きました。

あれ?でも待てよ。今朝、記事が更新されていないってことを知るには
トップページにアクセスしなきゃいけないはずですよね。
じゃー今日のアクセス数激減の原因は更新とは関係なし???
まーいいか。こんなもんですよ私の頭もブログの程度もcoldsweats01

ともあれパソコンが直るまで、しばらくはネットを離れて
またアナログ生活に戻ろうと思っています。
今年四月の再開以前もネットから離れ、気ままな毎日を過ごしていましたが
それもなかなか楽しかったですから、そんな生活になるだけで。
梅雨の公園に出かけてかたつむりを探したり
あじさいの成長を見つめたりと、自然を楽しむのも良いかもしれませんねhappy01

数少ない読者の皆さんにはご迷惑をおかけしますが
パソコン入院に合わせたこういう休息も、時には良いものです。
まー今回は精神的ダメージ等の理由ではないですから
なにとぞご心配なさらぬようhappy01
なお、パソコンが手元を離れる事情により
この記事をはじめ、「ネヴュラ」に頂いたコメントに対しては
お返事がパソコン修理後まで遅れることをご了承下さい。

それでは皆さん、しばしのお別れです。
うっとうしい梅雨の時期は体調も崩れがちですので
どうぞ再会まで、お元気でお過ごし下さいねhappy01happy01happy01

                                       オタクイーン
                                       キナックマ

2010年6月15日 (火)

大部屋の逆襲

今朝のお話でちょっと触れたバルゴンが頭にあって
近くのリサイクルショップを覗いたら、ありましたガメラつながりいろいろhappy01

一個100円のお買い得価格。まーよくあるブツですしねcoldsweats01
むかし買い逃したガッパさんも、うれしい280円note

先日手に入れたネロンガ氏も加え、ここ数日のお迎え仲間はコチラ。
合計870円のささやかなお楽しみですが、お値段以上の満足感ですhappy01


Photo_2

コナミ、バンダイ、イワクラと、節操のないラインナップですが
いずれも発売当時、その価格に二の足を踏んだものばかりなので
今回の入手は大収穫。

いやー恐持ての面々とはいえ、やっぱり怪獣はこうでなくちゃhappy01
コナミのリアルガメラ怪獣は初めて手に取りましたが、独特の生物表現と
サイズの大きさにビックリ。真ん中のバルゴンなんて大迫力ですhappy02

この方々を見ていたら、いずれ劣らぬ人類との戦いや主役との名勝負
その断末魔が脳裏に浮かび、たまには味方をしてあげたくなりました。
というわけで今日はガメラさんにご協力いただいて、ヒーロー受難の一幕。


Photo_3

おいおい話はついたはずぢゃないの。何もまとめてかかってこなくてもwobbly
しかも俺は二代目だぞ。文句なら先代に言いなよってcoldsweats01

まあまあたまにはこんな、必殺シリーズ300回記念みたいな
特別企画もやってみたいんだよsmile
そういやあジャイガーさんって、今井健二顔だよねcoldsweats01


Photo_4

ところでそこの二人、あんたたちに恨まれる覚えはないぞshock
いやー大部屋の辛さはどこの会社もおんなじ。一口乗せてもらいましたよsmile
ああやっぱり看板役者は、日頃の根回しが大事ってことねweep
ガッパさんなら主役の立場も、少しはわかってくれるでしょ?

いやいや世間の風は冷たいんですよ。私みたいな一発屋にはcoldsweats01

さしもの特撮リボルテックも、まさかこう使う人は居ないでしょうsmile
まー大人の遊び方とは、とても言えませんがcoldsweats01coldsweats01coldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

今朝の黒子ダイル

Photo

梅雨ですねえrain
今朝6時10分。名古屋の空はこんな具合。

毎日写真を撮るという課題さえなければ、とても絵にはならないどんより空です。
これでも雲が芝居していてくれれば、それなりに面白いんですが
モノクロ写真と間違えちゃうようなこんな雲ではcoldsweats01

まーいいでしょう。梅雨が明ければこの写真も、いい記念になると信じますhappy01


すっかりグレー一色のバックに、これまたモノクロボディで立つのは
昨日のガマロンちゃんの相方的位置づけの、ご存知ワニゴンちゃん。
今朝はなぜワニ?と聞かれると困っちゃうんですがcoldsweats01
このワニゴンについては
コチラの記事をはじめ、「ネヴュラ」では
折りにふれてお話してきました。
日東科学が誇る無敵のゼンマイ四足歩行、絶対にコケない怪獣として
動力怪獣プラモの世界ではチャンピオン的存在ですねhappy01


でも写真のワニゴンは、昨日のガマロンと同じく
後年新発売されたオリジナルソフビ。プラモ版とはまた違ったフォルムです。
このソフビ、同社日東科学のバルゴン・スタンダードソフビに
酷似しているのは、マニア諸氏には周知の事実で。

でも背ビレなどはワニちゃんのそれですから、まー金型流用という
ことなんでしょうね。

かわいい両手の開き具合など、個人的にはかなりお気に入りの一体ですhappy01

でも考えてみると、ワニの怪獣って少ないですね。
「怪人」じゃないですよ。「怪獣」。

顔は凶暴、性格は獰猛と、怪獣にはピッタリのモチーフなんですが。


デザインのバリエーションは出尽くしたと言われる、第一次怪獣ブームの頃でも
コレがワニ怪獣の決定版、という一体は思いつきません。

前述のバルゴンが唯一、ワニっぽいと言えるくらいでしょうか。
でも体表のディテールなんかは、ワニと言うよりトカゲっぽく見えるんですよね。
第一ワニだったら、水が弱点というのも残念ですしhappy01

第二次ブーム以降は興味が無い、中途半端なオタクなのでアレですが
バッと思いつくのは「スペクトルマン」の三つ首竜くらいでしょうか。
でもアレはワニに似た顔を持つ、竜の怪獣というイメージですし。
直立二足歩行で首三本ではとてもワニとは呼べませんcoldsweats01
ベガロンもワニっぽいですが、アレも二本足ですしねーcoldsweats01coldsweats01

そもそもワニそのものが怪獣っぽすぎて、デザイナーの感性を刺激しないのか
あの地を這う四足歩行が災いするのか、名デザインに恵まれないモチーフです。
まー早朝のひとり言ゆえ、いつものおバカにターボがかかって
「アレを忘れてた!shock」なんて大ポカもあるかもしれません。どうぞお許しをcoldsweats01


おっとそんなことを話していたら、部屋に朝日が差し込んで来ましたsun
梅雨の合間の貴重な晴れを有効活用すべく
これからはりきって、ウォーキングに出かけてきますrun
もしいつもの池にワニが住んでいたら、知恵を借りることにしましょうかhappy01

2010年6月14日 (月)

ノットキナ

Photo_2

キナちゃん今日は、かわいい仲間を連れてきたよ。
えーっわたしよりかわいいの?


Photo_3

ほらほらリラックマの新作。安かったから。かわいいでしょーhappy01
いやーかわいさでは、わたしのほうがうえだとおもうけどsmile
あらっ?じゃー較べてみる?


Photo_5
これでどーだっ!ウチのリラックマ全員集合heart04
ひゃーこんなにいたとは。ここじゃおりられないじゃんcoldsweats01
でもキナちゃんは改めて見ると、色も顔もリラックマそっくりだねえ。
どこに居るかわかんなくなるよcoldsweats01
まーかわいさでは、いい勝負ってことにしておこうかhappy01happy01happy01

あとでちゃんとおろしてねsweat01
(この後降ろしてあげて、小松菜のギャラをあげましたbud

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ

雨の予報官

昨日午前11時ごろ、名古屋も梅雨入りが発表されたそうで。
いやー知らなかった。毎度ニュースにうとい私ですがcoldsweats01

まーいいでしょう。昨日のナメップルのデート写真は降り出す前に撮れましたし。
雨に映えるあじさいも綺麗ですし。うっとうしい中にも楽しみはありますhappy01


Photo

今朝6時40分の空はこの通り。
昨夜の雨は上がったものの、空は梅雨特有のグレー空に包まれています。

雨の心配と月曜日という、テンションダウンのダブルパンチsad
でも雲の向こうからは太陽が覗き、空気も思ったよりひんやりして
空の色に目をつむれば、まずまず気持ち良い週明けです。
部屋に差し込む日差しも、けっこう強かったりするんですよsun

というわけで今朝の怪獣は、世代人には懐かしいガマロンちゃん。
これほど、一定の年代のみを狙い撃ちする怪獣キャラも無いでしょう。
昭和40年代(ここはあえて昭和表記で)に吹き荒れた怪獣ブームに便乗し
模型メーカーがこぞって発売した、メーカーオリジナル怪獣の筆頭格です。

写真のものは後年、新造形されたソフビですが
オリジナルプラモはゼンマイ歩行で、ガメラでおなじみの日東科学から
発売されました。


当時、日東科学のゼンマイ歩行怪獣には、大映ガメラシリーズの登場怪獣や
日活のガッパがありましたが
ガマロンは映画には登場しないオリジナルなのに
あの伝説の四足歩行怪獣「ワニゴン」とともに、さも映画登場怪獣みたいに
ガメラらと並んで、こっそりラインナップされちゃいました。

まー日東の戦略だったんですね。
その為に当時の子ども達は「映画にこんな怪獣出てたっけ?」と大混乱coldsweats01

でも今より情報の少ない時代でしたし、出てようがいまいが
怪獣というだけで売れたブームの真っ最中でしたから
ガマロンもそこそこの人気を博しました。

そのドサクサまぎれの便乗人気が、今もガメラやガッパ並みの
ネームバリューを誇る理由だったような気もします。
何度も再版されましたしね。私も三個ほど持ってますがhappy01


独特のフォルムに加え、昔懐かしいゼンマイ歩行のぎこちなさがキュートな
ガマロンちゃん。あの頃を思い出して組み立てるには
梅雨時はピッタリかもしれませんねhappy01


ところで「雨と言えばカエル」ってイメージは、どこから来たものなんでしょう?
私も今朝の空を見て、瞬時にガマロンをキャスティングしましたが
言われてみれば、なんでカエルが雨を連想させるのかが分からないthink


やっぱり「カエルが鳴くと雨が降る」という言い伝えが
両者を結び付けているのでしょうか。と思ってちょっと調べてみましたが。
愛知教育大のデータによると
カエルが鳴かなかった時、翌日に雨が降った割合は11%。
逆によく鳴いた時、翌日に雨が降った割合がは36%だそうで。

うーむ割合は低いものの、鳴かない日よりは鳴いた日の翌日の方が
雨の確率は高いようですねrain


湿度が高いと、音の伝わり方が良くなるなんて聞いたことがありますが。
ひょっとすると、カエルはいつも通り鳴いているのに
前線の影響で湿度が高くなると、音の伝わりが良くなり
カエルの鳴き声もより印象深くなるので
雨と結び付けやすくなったのかもしれませんね。

「猫が顔を洗うと雨」なども、湿度の高さと関係がありそうです。
昔の人はそうやって、気温や湿度と動物の行動の関係で
お天気や季節の移り変わりを、的確に感じ取っていたんでしょうね。
雨の予報官は案外、私たちの身近に居るようですhappy01

うーむウチのキナちゃんも、雨を予報してくれても良さそうなものですが。
毎日食べて寝ているだけで、まったく役に立ってくれませんcoldsweats01

2010年6月13日 (日)

梅雨だけの遊園地

今日はせっかくの日曜日なのに、今にも泣き出しそうな曇り空cloud
もう名古屋の梅雨入りも、秒読み段階に入りました。

そんな空を見ながら、雨が降らないうちに出かけたウォーキングrun
梅雨直前の休日を楽しむ人たちを眺めていたら、こんなお話が浮かびましたhappy01



Photo

雨が大好き、ナメ太とナメ美のナメップル。
今日は大好きな曇り空のもと、公園をお散歩です。

どんより空がきもちいいねえナメ美ちゃん。
そうねえジメジメ感もさわやかだわあナメ太さん。


Photo_2

梅雨に入る前に、みんな外の空気を楽しんでるねえhappy01
雨が降るとしばらく、外で遊べなくなるもんねrain


Photo_3

わたしもなにかに乗って遊びたいわあぐすんweep
しょうがないなあ。池でボートは乗れないみたいだしcoldsweats01


Photo_4

そうだあそこへ行こう。梅雨の今だけ開いてる遊園地。
えっそんなのあるの?
今日はサエてるナメ太くん。ナメ美ちゃんを案内したのはあじさい通り。


Photo_5

どうだいナメ美ちゃん、あじさいのボートだよ。
そうねえ今しか乗れないボートね。ロマンチックだわあheart04
雨の季節も本番だから、もっと満開になるんだろうねhappy01
ポイント上げたナメ太くん、ナメ美ちゃんからキッスの雨をもらえそうwink

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2010年6月12日 (土)

怒りの兄弟

いやー今日はバタバタしてまして、朝の更新ができませんでしたcoldsweats01
でも変化球ながら写真はしっかり撮りまして。コレが今日の一枚ですcamera


Photo

まーベタな今ネタでsweat01 サイクロンと並ぶマイフェイバリット・モーターサイクル
マシーンザボーガーの勇姿でございますhappy01

コレ、夕日なんですよ。午後6時ごろの公園で。日も長くなりましたね最近はsun
実物大とは言えないながら、ユージンのガシャにはちょっと見えませんhappy02
いやーつくづく太陽光は、ヘタな写真の腕や被写体のアラを隠してくれるなあとcoldsweats01

電人ザボーガーが劇場版でリメイクのニュースを聞いた時は驚きました。
すでに多くの皆さんが話題にされていますので
今さら私ごときがお話することなど何も無いのですが
まさかあの『板尾係長』や『ゴレンジャイ』の”Rの女”が私のツボに入った
板尾創路大先生が、大門豊役を演じられるとはっhappy02

まー私は基本的にリメイク無関心派なので、特に意見も無いのですが
今の時代に『ザボーガー』を復活させると、やっぱり『ゴレンジャイ』テイストに
なっちゃうのかもと、別の意味で期待が膨らみますhappy01


読者の方はご存知かもしれませんが
ブログタイトルに「ネヴュラ」を冠する通り、私は大のピープロファンhappy01
幼年期、リアルタイムで出会ったスペクトルマンに心を奪われて以来
和製テレビ特撮作品の二大ブランド、円谷・東映のどちらにもない独自のテイストで
まさに我が道を行くその姿が、私の人生ポリシーにさえ重なってcoldsweats01
今も最愛のプロダクションでございますlovely
毎年、新作が作られない分、余計なサポーター活動を行わなくていいところも
煩わしさがなくて好きだったりしてhappy01


で、ザボーガーですが。
正直この番組は、私の中では「つい最近の作品」なんですよ。
あまり懐かしさがないんですね。

まーそれだけ設定や番組のテイストが、新しかったという事かもしれませんが。
東海地区では放送時間が毎週コロコロ変わる、流浪の番組としても有名で
放送が平日の夕方4時ごろの時は、学校からトンボ帰りでテレビにかじりついたり
翌週の放送時間も分からぬまま、いつの間にか放送されていて
見逃した回も何回かあった、オタク泣かせの番組でした。
でもやっぱり必死で追っかけ、鑑賞にありつけた時は
期待にたがわぬ出来に満足しましたしねhappy01

でも前述の通り、やっぱり私の中でザボーガーには懐かしさを感じない。
今も第一話を見ながら、キーボードに向かっているんですが
36年も前の作品でありながら、現代の作品よりリズムもよくテンポも速く
カタルシスの落とし所が視聴者の生理にシンクロした、気持ちよさを感じます。

その理由はやっぱり、バイクに変形するザボーガーの機動性や
いつも一緒に戦っている感覚を持たせる大門・ザボーガーコンビの一体感。
それがドラマにスピード感を与え、格闘シーン演出にも
迫力を与えているからでしょうね。

しかもサボーガーの格闘シーンは、「大門・ザボーガーコンビ」対

「格闘戦に優れた人間体敵キャラ・メカアニマルコンビ」という
敵・味方とも二人ずつ的な位置関係を持つ印象が強いので
格闘シーンが毎回バトルロイヤル状態、立体的な奥行きを持つわけですね。
これで熱くならないわけもなくpunch

いやーそれにしても強いわあ大門にいさんlovely 
メカアニマルをショートさせんばかりの目力と気合、飛竜三段蹴りのキレ味punch
ここまで強けりゃ一人でも勝てちゃうんぢゃないのと思うほどの主人公と
意外にもそれほど強力な武器を持たないザボーガーの、必殺技連続三段攻撃。
『ブーメランカッター!チェーンパンチ!速射破壊銃!』
このリズムがいいんですよ。ホップステップジャンプ的な爽快感がhappy01

この大門・ザボーガータッグのコンビネーションはやっぱり作品独自のもので
主人公自身が変身したり、ロボットを操縦しても1対1の格闘となる他作品とは
違う味わいを持つような気がしますhappy01

さすがピープロ、恐竜軍団編になっても主題歌歌詞はΣのしわざhappy01
いいんですよカッコよければhappy01happy01happy01


だから最近は、後年になって後追い鑑賞されたマニアの皆さんが
大門豊のアクションは当時ヒットしたブルース・リーの影響でとか
ザボーガーの設定はマジンガーZなど、当時のロボットアニメの遺伝子がなどと
むりやり時代性と絡めて解析されているのを読むと、ちょっと悲しかったりします。
どんな世代にもリアルタイム鑑賞し、心酔した作品はあるはずで
それはその方々にとっては「オリジナル」である筈ですもんね。

私にとってのザボーガーもそれは同じで
「ザボーガーはザボーガーで、他の何者でもないじゃん」なわけです。


『電人』という古風な響きを、ザボーガーになぜ冠したのか。
時々考えることがあるんですが。
やっぱりそれはザボーガーの基本設定でもあり、エンディング曲の歌詞にもある
「ザボーガーは大門豊の兄弟」というイメージから来たものなんでしょうね。

その最終回で豊の父・大門博士は、天国からの豊への助言で
ザボーガーに「豊の弟」という思いを込めたかのような言葉を発しています。
やっぱり制作者・鷺巣富雄さんの中でも
ザボーガーは豊の弟、人間であるとの思いがあったのでしょう。

だから『電人』。私、好きなんですよこの響きがhappy01


さーそんなわけで、いつもながら下らないお話ばかりで失礼しましたcoldsweats01
せっかくのザボーガーネタなので、いつもの写真コントもやりたかったのですが
今日はちょっと時間がなくて、出来ませんでした。
名古屋は明日からお天気が崩れ、梅雨入りもいよいよらしいので
屋外撮影の予定が立たず、アップ日時も未定ですが
シナリオはもう出来ていますので、あとは撮影を待つのみですcamera
一応、今朝5時の写真をバックに、予告だけはお送りしましょうhappy01



Photo_2

大門豊とザボーガーを襲う宿敵・ミスボーグ。
しかしそれは、Σ団の狡猾な罠だった。
ミスボーグを追う二人の前に現れる、新たな強敵。
大門豊に、かつてない危機が迫る。
戦え大門豊!チェンジ・電人ザボーガー!

『地獄への片道切符 大門豊 危機一髪!』
「恋するネヴュラ」にて近日公開。おたのしみに!

(いや例によっていつものおバカなので、期待しないで下さいねcoldsweats01


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2010年6月11日 (金)

墓場からの使者

Photo_5

モゲラたるもの、地球防衛軍の兵器には万全の備えが必要だ
はい先輩。いつも鍛錬は欠かしていませんgood
ようし今日も実地訓練だっpunch


Photo_6

大きいですねえこのマーカライトファープ
えーっ劇中でもこれくらいの大きさだったよ
コンウェイのおじさん言ってたぢゃん。直径200メトルって


Photo_7

先輩さすがに、二人で倒すのはムリじゃないですか?
まー足元はキャタピラだからね基本的には。何とかなるでしょcoldsweats01


Photo_8

とはいえまた首チョンパもつらいしなあweep
あれ先輩?誰か呼んでますよ


Photo_9

ははは伝説の戦士モゲラーマン参上punch
おおっ大先輩っお元気でしたか。てっきり雛形で中止されたものかとhappy02
そういえば内蔵がチラリshockいやさすが鍛え上げられたお体coldsweats01
うむっ私が来れば、マーカライト恐るるに足らずじゃよscissors
語尾の古さが若干気になるけどcoldsweats01




・・・とこまで撮ったところで、現場近くで親子連れが遊び始めちゃったので
残念ながら撮影中止(ホントなんですよ信じてくださいweep
この続きはまた、いずれ思いついたらお送りします。
(オシシ仮面っぽい幕切れですがcoldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

鋼の尖兵

今朝の夜明け空は非常に不思議でした。
全体に紗がかかったような感じで、朝日がかなり昇っても太陽光が拡散せず
円形を保ったままだったのです。

その為、空の明るさ、青さは昨日には劣るものの、
地平線から離れても形がくっきりとした太陽を捉えることができました。
で、コチラがほぼ5時ごろの一枚。


Photo_4 

この通り空が暗く、太陽光も弱いままなので
いつもの怪獣人形も逆光の影にならず、ディテールがしっかり映っています。

湿度の関係でしょうか?梅雨が近いとこうなるのかな?
同じ時刻の朝日でも、ちょっとした空気の差でここまで見え方が違うんですね。
でもキーボードに向かっている今はもう太陽ギラギラ、今日も暑くなりそうですsun
いやー自然って、ホントにおもしろいなあとhappy01


というわけでご覧の通り、今日の一枚はミステリアンが誇る鋼の尖兵、モゲラですhappy01
今日みたいにフィギュアのディテールが出やすい空には
このジャバラ状のボディ、金属の冷たい質感がよく似合うかなとhappy01

まー朝日を見た瞬間、寝ぼけ頭で決めたアイテムですから
いいかげんな発想ですがcoldsweats01


『地球防衛軍』公開年、1957年にはまだこの世に居なかった私にとって
この作品との出会いは、1980年ごろのビデオでした。

’78年のリバイバル公開なんてぜーんぜん眼中になく。
だって知ってる怪獣が出てないんだもーんなんて、オタクにあるまじき理由でcoldsweats01
で、その後あの’80年代特撮オタクのバイブル「大特撮」を手にして
「そ、そんなスゴい作品だったの!」とビックリhappy02
あわててビデオ鑑賞に至った次第でsweat01

私の中でこの『地球防衛軍』は
東宝スーパーメカ作品(「大特撮」に習えば、『超科学戦争』というジャンルですね)
の中で、『海底軍艦』『宇宙大戦争』と並ぶ大好きな作品です。
初鑑賞は25インチのテレビだったのに、ブラウン管から飛び出さんばかりの迫力と
押して押して押しまくるバトルのつるべ打ち。開巻からラストまで一瞬もダレない。

見た後はヘトヘトになっちゃって。
後年、エメリッヒの「インデペンデンス・デイ」を見た時
ああこりゃかなり水割りした『地球防衛軍』だなーなんて思ったものです。
(ちょっと『宇宙大戦争』も交じってたけどcoldsweats01

まー作品の興奮を語ればキリが無いので、このへんにしておきますがhappy01


その中でも今日の主役、モゲラさんは
一方的に地球への移住を企てる怪遊星人・ミステリアン(こう割り切っちゃう!)の
地球基地建設用掘削機械にして、地球制圧の尖兵。

怪しく目を点滅させ、山肌を割って現れるインパクト抜群の初登場から
軍の現用兵器をものともせず、有無を言わさぬ攻撃ぶりで見るものを圧倒します。
「得体の知れない金属の塊が、いきなり目から怪光線」なんてもう
怪獣オタクの心をわしづかみですよねーlovely


攻撃兵器という意味では、モゲラは海外作品「宇宙戦争」に於ける
トライポッドに通じるイメージがあります。
スピルバーグのリメイク版トライポッドなんて、まんまモゲラのテイストですもんね。
でもさすが、日いずる国の特撮キャラクター。
鋼鉄の体躯にしっかりと怪獣魂を秘めたモゲラには、愛着の湧き方が違いますhappy01

いや正直、このフォルムはかなり好きなんですよ。
ソフビからガシャポンまで、見つけたら買ってますからhappy01


ラストバトルの「マーカライトファープ首チョンパ」がクローズアップされすぎて
ちょっとお間抜けな印象ばかりが先行するモゲラさんですが
個人的には初登場時のゆっくりした動き、絶妙なリズムの目の点滅、
極めて高出力を感じさせるプラズマ光球happy01などなど
かなりの強者、何かに書かれていましたが初代「ゴジラ」にさえ匹敵する
恐怖を感じますねー。夜の町を炎に包むところなんかも。

人類の意思も武器も通じない、異形の侵略者。
初代メカゴジラの発想の原形は、この時すでに出来ていたのかもしれません。

メカニコング以上に、モゲラにメカゴジラの影を感じるのは
モゲラ好きのひいき目でしょうかhappy01

あ、ちなみに今思い出しましたが。
この作品の「怪遊星人」という言葉の響きに一時ハマった私は
昔、事ある毎に妹に「実は私は、宇宙の彼方からやってきた怪遊星人だ」と豪語。
その頃から妹の私を見る目が白~くなり始めた、ちょっと悲しい思い出があります。
あの頃からかなあ。オタクと一般人の間に流れる、深い川を意識し始めたのはcoldsweats01







※お知らせとお礼※

おかげさまで、この記事を持ちまして
「ネヴュラ」も開設以来、1000記事を迎えることができましたhappy02

これも読者の皆さん、コメント下さる皆さんの応援のおかげです。
本当にありがとうございますhappy01

記念すべき1000記事目がモゲラというのもアレですがcoldsweats01
これからも気ままに続けていきますので、どうぞよろしくお願い致しますhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2010年6月10日 (木)

レッドキング痴祭

Photo_2

レッドちゃん重いよー降りてよーsad
なんだよードドちゃん、ウルトラのダンナは乗せてたくせにangry


Photo_3

うひゃーつかれちゃったwobbly
だらしないなあドドちゃんはsad


Photo_4

レッドくんは太りすぎだからレッドカード!
今日は私といっしょに、やせる特訓だrunrunrun
えーっ今日は30度もあるのに~sad


Photo_5

あーらくちんらくちんhappy01
ほらほらそんなことじゃやせないぞっ!元気があればなんでもできるpunch
ちょっとまってよ~昔ダンナに二回もやられた首の古傷が・・・sad


Photo_6
すっかり夕方になっちゃったよ。もうおなかペコペコcoldsweats01
夏の運動はきもちいいだろう?マイナス10㎏めざしてがんばろう!
明日も晴れるといいねえsun

この夏、怪獣横丁はダイエットがブームのようです。
でも水分補給はしっかりねwink

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

光の騎馬

なんでも今週後半の晴天は、梅雨入り前の貴重な晴れだそうで。
今朝4時55分の名古屋も、雲ひとつ無い日の出に恵まれましたsun

いやーこの朝焼けがしばらく見られなくなると思うと、感慨もひとしおですねーlovely
というわけで今朝はとっておき、躍動感溢れるコチラの一頭ですhappy01


Photo

これはもう説明の必要など、まったくありませんね。
くどくどウンチクを話すのはかえってヤボ。オブジェのようなシルエットが美しいlovely
ご存知ウルトラマンが跨っているのは羽根を持つ麒麟、ミイラ怪獣ドドンゴです。
まー造形の素晴らしさもあって、ホントに朝日バックが映えるポーズですねー。
ホントは周りの建物が山林や岩肌だったら、もっと雰囲気なんですが
私は黒澤明並みに、建物をどける権力はありませんhappy01
まー自宅近くのお天気記録も兼ねているので、なにとぞご勘弁下さいcoldsweats01
二日連続のウルトラマン怪獣、画面下手(左端)寄せの画面構成もお許しをcoldsweats01coldsweats01


このドドンゴ、私の好み順ではそこそこ上位に食い込む怪獣で
拙ブログで以前書いたウルトラマン怪獣・マイベスト10にこそ
入らなかったものの、惜しくも11位という大健闘happy01

こうしてシルエットを見てみても、実にオリジナリティ溢れる形をしています。
ただむしろ私としては、ドドンゴは怪獣単体としてよりも
出演エピソードである「ミイラの叫び」が好きなんですねhappy01

たぶん、ウルトラマンエピソード・マイベスト10に堂々入選する一本です。


まー皆さん穴の空くほどご覧になっているでしょうから、細かく説明はしませんがhappy01
ミイラ人間復活のこわーい演出、科特隊の活躍、新兵器バリヤーマシンの登場、
怪人と怪獣の二体が登場する豪華な布陣や
各々の能力のカッコ良さ(目から怪光線!)
ウルトラマンの圧倒的な強さやちょっと悲しいラストの余韻など
「ウルトラマン」という作品を構成する要素が非常にバランスよく詰まっていて
いわゆる「まとまりのよい」エピソードという印象があるんですよ。


この朝日バック怪獣写真シリーズ(勝手に『空玩』なんて言ってますが)は
極力大人の視点を廃し、怪獣登場エピソード初見の印象をお話するよう
心がけていますが、この「ミイラの叫び」に関しても
私の印象は、子ども時代の初見から変わりません。
「故郷は地球」などでよく聞く「子どもの頃はつまらなかったけど今見ると」という
感覚のズレは、この作品に関しては無いのです。今見ても興奮するし、面白い。
「こういうのが『ウルトラマン』のテイストだよねえ」なんて偉そうに言いながら
ワクワクして見ていますhappy01


やっぱりウルトラマンは、人々がピンチの時に颯爽と現れ
おいしいトコロを全部持っていっちゃうけど、決してただの殺戮者じゃない。

それはこういう直球エピソードを見ても、子どもの心に充分伝わってきました。
お説教じみたセリフをちりばめなくても、ウルトラマンの優しさは
肌で感じられるものなのです。


決してすぐにとどめを刺さず、荒ぶる古代怪獣の怒りを何とか鎮めようと腐心する
優しき巨人こそ、私の中のウルトラマン。

その優しさはこの写真のシルエットにも、しっかり表れています。
もしドドンゴがその優しさに応えることが出来たら、あるいはウルトラマンの
頼もしき愛馬のような関係になっていたかもしれませんね。
朝日を浴びて天空を駆ける光の騎馬。そんな想像もしてみたい一枚ですcamera
「ドドンゴに飛行能力はないはず」なんてヤボは言わないでhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2010年6月 9日 (水)

ネロンガ死の平手打ち

Photo_3

地底の顔役ガボラさん、今日は公園へお散歩のご様子。
へへへ初夏の曇り空は涼しくて気持ちいいぜhappy01


Photo_4

おっといきなり後ろから、見えない手の強烈な平手打ちが!
いてっ!なにすんだコイツpout


Photo_6 
姿を現したのは同じく地底の暴れん坊、透明怪獣ネロンガ。

キャンプのチビッコに迷惑かけといて、のん気に散歩とはふてえ野郎だ!
おまえこそ停電騒ぎで、テレビが見られなかった子どもがいっぱいいるんだぞ!
お互い一歩もゆずらぬニラミ合い、まさに大ゲンカの様相。

その二人の目の前にあったのは・・・


Photo_7



Photo_8

悪かったよガボの字。腹ペコで気が立っちまってなcoldsweats01
なあにネロ坊、俺も言い過ぎた。今度、うまい発電所でもオゴってやるよhappy01


まーお互い、ホントは気のいい怪獣友達なんですよhappy01

キバ仲間 ケンカするほど 仲が良し なんちゃってwink  
       オタクイーン

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

罪な外套

昨日から崩れ気味の体調を引きずったのか、今朝は寝坊しちゃってsweat01
残念ながら朝焼けには間に合いませんでしたcoldsweats01

あわてて起きたのが5時半。空を見ると厚い雲の中から
ちょっとだけ太陽が覗いています。
この雲ではどの道、早起きしても朝焼けは拝めなかったかもなんて思いながら
部屋の怪獣コーナーを睨むこと数秒。午前5時50分に撮った空がコレですcamera


Photo_2

画面右下の明るいあたりが、雲に隠れた太陽なんですが
それにしてもまた、今日は変わった雲ですよねーcloud
上の方には青空も見えていますが、コレが梅雨近くの空の特徴なんでしょうか。

妙な段々の雲に背びれを連想した私が今日選んだのは
ごらんの通り、ウラン怪獣ガボラ。

まーこの怪獣も、シルエットだけですぐ分かる個性的なフォルムですね。
もともとバラゴンフォルムの王道系・地底怪獣ラインが大好きな私なので
このガボラももちろん、フェイバリットの一頭なんですが
バラゴン→パゴス→ネロンガ→ガボラ→マグラと続く着ぐるみ流用怪獣の中で
このガボラだけ顔の印象が薄い、異質な感覚を覚えるのは私だけでしょうかhappy01


その原因は、とりもなおさずあの首周りの「ガボッ」と開くヒレなんですが
リアルタイムで見ていた私には、ヒレが開くなんて予備知識はありませんでした。
なにしろ「ウルトラマン」のエピソード毎回毎回が
怪獣との初顔合わせだったんですからhappy01

ヒレが開いて中に顔がある怪獣なんて全然知らなかったので
登場時に閉じられたヒレを見て「ああこういう顔の怪獣なんだ。尖った顔だなあ」
なんて思った記憶があります。ヒレの切り欠きは「目」に見えますしねeye

それが中の顔から外を見る「覗き穴」と分かったのは、ヒレを開いた瞬間でした。
「ひゃー顔が開いて中にまた顔が」なんて、幼い私はひっくりかえったものですcoldsweats01

情報が溢れる今にして思えば、貴重な体験だったと思いますが。


たぶんそのビックリが、ガボラに対する私の印象を決定付けたのでしょう。
確かにネロンガも、透明状態から実体化するという離れ業を見せますが
フォルムそのものが変わるわけではありませんし。
パゴスやマグラは言わずもがな。登場から最期まで同じ顔で通す堂々ぶりhappy01
そういう意味ではガボラだけなんですね。フォルムが劇的に変わるのは。
しかもこのヒレは開いた後も、首周りで独特のシルエットを形作り
ガボラの特徴を一層際立たせています。質感・形状ともに絶妙の造形ぶりで。


後年露出される図版や立体物は、圧倒的にヒレ展開後の姿が多いですから
ガボラと言えば皮をむいたバナナ状態、みたいな印象が一般的。
先にそっちを見ちゃった人は、劇中でのガボラ初登場時にも
「あれはヒレで、中にネロンガ改造の顔が」なんてイメージになるのでしょうが
でも私にはあの、閉じたヒレを重そうに地面に引きずる姿が
ガボラとの初対面だったわけですから、むしろそっちのイメージが強烈だったと。


そういう意味では、私の中でガボラの顔の印象は
ヒレ閉じ7割・ヒレ展開後3割くらいの比率なのかもしれません。

今朝の写真で採り上げたガボラもヒレ展開後ですが
今も私の中では、このフォルムにちょっと違和感があります。
前述の原体験ゆえ、「ガボラと言えば、尖った顔のアレでしょう」みたいな
先入観が、どうしてもぬぐえない。

まー好きなんですけどね中の顔も。なんたってネロンガ好きですからlovely
でもやっぱりガボラの顔には、ネロンガの影がチラついちゃって
「何かが足りないネロンガ」みたいに見えちゃうとcoldsweats01
ガボラの顔の印象が薄いのも、そういう好みゆえでしょう。
まー毎度、不器用なオタクですみません。思いっきり笑ってやって下さいcoldsweats01coldsweats01coldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2010年6月 8日 (火)

怪獣な皮膚感覚

結局今日はずっと曇りで寒く、ついウォーキングもおっくうになって
メリハリのない一日になってしまいました。まーたまにはありますよこんな日もcoldsweats01
というわけで屋外怪獣も撮れなかったので、今回はこの写真をご覧頂こうかと。


Photo_4

うわっゲハラ来襲!
運転中、突如目の前に現れた大怪獣ゲハラ。哀れ私は愛車ミラ・ジーノと共に
その毛むくじゃらの足に踏み潰されるのでありましたっweep

happy01happy01happy01という一幕にしては、毛が二色という所に今ひとつムリがありますがhappy01
まーお察しの通り、コレは先日6日の一枚。
法事に出かける前に愛車をきれいにしておこうと
近所のセルフスタンドでコイン洗車機に入った時
運転席から撮った写真ですcamera


いつも車は自分で手洗いするのですが、この日は時間が無かったので
初めてコイン洗車機なるものを使ったのですが、案内に従って洗車機に停車
車に乗ったまま、ゴーッという音と共に周りからシャワーと巨大ブラシが
迫ってくる図を見るのは、なかなか新鮮なものでしたhappy01
ひょっとしてここで洗車機が故障して、ブラシがフルパワー可動。
水の勢いも止まらず、無残にも車はバラバラ。
私はブラシに巻き込まれて、怪獣映画最初の犠牲者のごとく
佐原健二さんや平田昭彦さんの眉をひそめさせるのかもなんて

あらぬ妄想に浸ることが出来ましたhappy01


車のフロントガラスを覆うような毛むくじゃらの姿なんて、まさに非日常の世界で
目の前に本当に怪獣が出現したら、こんなスケール感なんだろうななんて
ちょっとバーチャルな気分にもなれましたが
この日の体験に限らず、怪獣出現の予兆を感じさせる出来事って
日常生活の中にも時々ありますよね。

私などは古いオタクなのか、どーも「ヘリの音」に敏感なところがありましてcoldsweats01

実は今日も自宅上空で、いつもに比べ妙にヘリの飛行音が頻繁に響き渡り
民間機とは明らかに異なる爆音に、部屋から空を仰げば
独特の細いボディーをきらめかせたAH-1Sコブラが
悠然と飛び去る姿がありました。

うーむ明野駐屯地の第5対戦車ヘリコプター隊でしょうか?よく知りませんがcoldsweats01
おおーコブラが何機も飛んでる。こういう光景を見ると
なにか尋常ならざる出来事が起こっているのではあるまいかなんて

つい怪獣映画な発想に傾いたりするのですがhappy01


テレビ屋が生業のせいか「レギュラー番組を中断して入る臨時ニュース」も
緊張を強いられますね。

特にバラエティー番組など、平和の極地みたいなおふざけを突如割って
報道センターに座るキャスターの2ショットなんかが映し出された日にゃ
その空気感の落差にもう目はクギ付け、何が起こったのと身構えてしまいます。

しかもそういうニュースに限って、良い出来事はありません。
まさかの怪獣出現の時も、こんな感覚を覚えるんだろうなと
不謹慎ながら興奮を覚えたりもするのですが。
現代人が必ず覚えるこの感覚を、うまく演出に取り入れたのが
平成ガメラシリーズであることは、以前にもお話しましたねhappy01


まーそういう「怪獣な皮膚感覚」を生活の中で楽しむのも
日常のマンネリを打破する上で、一つの刺激ではありますね。
お話は異なるものの最近のマイブーム、朝日バックや自然バックの怪獣写真も
そんなバーチャル怪獣体験への欲求が、一つの形になったものかもしれません。
昔から台風の夜や雷に妙に興奮するのも、その性癖のなせる技でしょうし。
そもそも怪獣という生物の発想そのものが、自然の猛威の具現化ですから
人間が自然や気象現象に怪獣の影を見るのも、当たり前かもしれませんがhappy01


昔は台風や雷、今は洗車機やヘリ、臨時ニュース。
関わる形は変わっても人間のDNAに深く刷り込まれ、畏敬の念を抱かせるもの。
いつの時代にも怪獣的なキャラクターの人気が衰えないのは
そんな人間の、根源的な欲求の賜物かもしれませんね。
うーむ明日もコイン洗車機に行こうかな。一回300円で怪獣体験ができるしhappy01

陽下の宝獣

今朝の名古屋は厚~い雲が太陽を遮り
残念ながら日の出は見られませんでしたcloud

いやーせっかく早起きしたのに。もう梅雨も近い事が、肌で感じられますねえ。
グレー一色に染まり表情の無い空では、前に何を置いても絵になりません。
単なるのっぺりした、グレーバックの写真になっちゃうweep
まーおいおい、こういう曇り空を有効活用できる方法を考えてみますhappy01

で、今朝の一枚というわけじゃないんですが、こんな写真を持ち出してみました。


Photo

コレは昨日の7日、太陽光の下で撮った『ザゴラ山中の怪獣』。
前回の記事でご紹介した、パチ怪獣の銘品ですhappy01
昨日の名古屋もほぼ一日中、曇り空だったんですが
昼間のほんの一瞬だけ太陽が顔を出したので、すかさずベランダで緊急撮影
かろうじてこんなカットが撮れましたcamera


このザゴちゃんは独特のクリアソフビ処理と、カラフルな塗装が売りなんですが
太陽光の下でシルエットになっても、カラフルさがかえっていい感じに抑えられ
本物の着ぐるみみたいな質感になりますねhappy01

意図的におもちゃっぽく処理されたディテールも、影のおかげでリアルに見えます。
ゴジラみたいな単色だとシルエットも真っ黒で、ソレはソレでカッコイイんですが
こんな風に影の中で浮かび上がる極彩色というのも、味わい深いものですね。
下あごにこぼれる陽光も良い感じでhappy01


まー当たり前のことながら、この手のパチ怪獣は映像化されていないので
巨大感溢れる特撮画面などはただ想像するしかないんですが
こうして太陽光の下に持ち出すと、予想外のリアリティーや巨大感が演出されて
きっと実写化されたらこんな感じなんだろうなあと、バーチャルな体験が出来ます。
やっぱり怪獣は、外へ持ち出してナンボなんですねえ。
まだまだ広がる自然バック撮影の可能性に、偶然ながら気づかされた次第です。


私が子どもの頃は、怪獣ソフビもプラモデルもフィールドバトルが当たり前で
路地裏で公園で、毎日思いっきり格闘が繰り広げられていたものです。

傷だらけ汚れだらけ、マジックで大きく名前が書かれるのも当たり前。
塗装のハゲや間着のひび割れなんて「名誉の負傷」まみれの状態が普通でした。
本当の「おもちゃ」だったんです。
そんな「おもちゃ」が埃や汚れ一つ無く、大切にガラス戸付きのケースに収められ
触られもせず眺められるだけの「鑑賞物」扱いになって、もう何年になるでしょう。
確かにそういう扱いは、ソフビの延命措置ではありますが
誰にも構われず、静かにガラスケースの中に立つ怪獣たちは
どこか表情も寂しそうに見えます。
「ボクも外で遊びたいよ。太陽の光を浴びたいよ。」と語りかけてくるような。


最近、朝日や自然バックの怪獣を撮りはじめて、私は一つの事に気づきました。
太陽光の下だと、怪獣は生き生きして見えるなあと。
やっぱり怪獣たちも喜んでいるんですよ。思いっきり光を浴びてsun

きっとこんな陽光の下が、「おもちゃ」である彼らの本来の居場所なんでしょうね。
まー古いオタクの郷愁から来る、単なる感傷かもしれませんがcoldsweats01

きっと私はこれからも、どんどん外で怪獣写真を撮るでしょう。
デジカメのモニターに映る彼らの表情は
部屋に閉じ込められている時とはまるで別人、とてつもなく楽しそうです。
そんな彼らに会いたくて、私はシャッターを切るのです。
きっとその時、私の顔も子どもに戻っているんでしょうねhappy01happy01happy01


Photo_3 

2010年6月 7日 (月)

単眼の宝獣

さて前回の思わせぶりな引きに、自らのハードルも思いっきり上がってますがcoldsweats01
予告通り、本当にただの紹介記事ですのでガッカリしないで下さいねcoldsweats01


Photo

先日、ネットオークションで運よく落札できたコチラの荷物には
皆さまにお察し頂いた通りの、素晴らしいお宝怪獣が入っておりましたhappy01

期待と緊張に、箱の上で待つキナちゃんも顔がこわばり気味smile

ではさっそくご覧頂きましょう。パチ怪獣ファン垂涎の逸品。
『ザゴラ山中の怪獣』スタンダードサイズ・スペシャル版でございますっshock


Photo_2

以前もご紹介し、昭和の怪獣好きの子どもたちを虜にした
怪獣図鑑のバイブル、中岡俊哉著『世界の怪獣』。
近年、続刊『新・世界の怪獣』とともに限定復刻されたこの名著ですが
その快挙を成し遂げたシカルナ・工房さんの手により
作中で紹介された何体もの怪獣が、ソフビ化されました。
中でもそのフラッグシップとも言える、シカルナ怪獣の代表格が
この
『ザゴラ山中の怪獣』です。
ちなみに、ストーリーをお知りになりたい方はコチラ!


http://kyoto.cool.ne.jp/666_monster/world/014/index.htm


その王道デザインと、一つ目というパチテイストの絶妙な融合が
オタク心を千路に乱れさせるこの逸品。いやー私もずっと欲しかったんですよlovely

それがなんと未開封極美品という、願ってもない状態で入手できるとは。
いやー毎日の地道な生活も、ちゃんとお天道様は見ていて下さるんですねえとweep

シカルナ怪獣では抜群の知名度(って、一般の方は置き去りですがcoldsweats01)を誇る
この『ザゴラ山中の怪獣』(うーむわかっているのは出現場所の地名だけなので
こう書くしかないんですcoldsweats01)ですから
ソフビも特大からスタンダード、ミニの3サイズ、カラーリングや仕様も
各種作られたようですが
私が手にしたのはスペシャル版だそうで。だってタグにそう書いてあるんだもんcoldsweats01


Photo_3

何がどうスペシャルなんでしょうか?
少なくともノーマルカラーじゃないことは分かるんですが
スーフェス版、○○版と、その全貌は全くつかみきれないシカルナ怪獣。
うーむ私も、ソフビの秘境に迷い込んぢゃうのかっshock
と思って、よくよくタグを見てみると・・・


Photo_4

あっゼロが4つもあるっshock スペシャルなのはお値段だったのねっcrying
オークションの商品紹介には『一点物』とあったので、まさかどこぞのお金持ちが
発注されたカスタム版とか?いやー謎は尽きませんcoldsweats01

まーソレが半額で手に入ったんですから、ラッキーと言えばラッキーですが
これで当分は超極貧生活を余儀なくされるんですからcoldsweats01
それなりのスペシャルじゃないと困るなあと、豪快に開封してみれば・・・


Photo_5
Photo_9

ごらん下さいこのフォルムhappy02 
あえてあまり目にする機会の無い真正面と、バックショットです。
全高25センチの大ボリュームに加え、まさに怪獣としか表現できない
マッシブな体躯が素晴らしい逸品ですね。

いやーまさにパチ怪獣。この一つ目で見据えられたら、もう身動きできません。
そりゃー劇中でジンダクさんが震え上がるのも無理はないとshock

すでに写真でお気づきかもしれませんが、シカルナソフビの売りは
その造形センスに加え、見事なカラーリングにあります。

そのセンスはこのザゴちゃんにも、存分に発揮されているんですよ。


Photo_7 

どーですこのアタマ!
グリーンをベースに、何層にも重ねられた色の階調が実に美しいっhappy02 
首の節部分などのシャドウカラーも、嫌味にならないアクセントになっていて。
で、また妙にマニア心をくすぐる色なんですよねコレが。ツヤの具合でしょうか。

もちろん顔つきもいいですねえ。
『世界の怪獣』で紹介されている「写真happy01」を独自の感覚で解釈
レトロソフビ風テイストに消化したこのデザインセンスは
私のストライクゾーンど真ん中。『コワカワイイ』とはこういう事を言うんですねえhappy01


Photo_8

ひゃーマーブルチョコを並べたようなおなかhappy02
いったい何色使ってるの?と言わんばかりの美しいレインボーカラーが
腹部のデザインをいっそう引き立て、このソフビの大きな見せ場になっていますね。

本当に美しい。いつまで見ていても飽きませんlovely
もうこうなって来ると、一種の芸術的感覚さえ漂ってきます。
「依頼品を見てみよう」なんて銀河万丈さんのナレーションが聞こえてきそうtv

でもですね。
ここまで、現物を舐めるように眺め回していた私は
一つの疑問に包まれました。
「確かにコレ、グリーン成形の色乗せなんだけど、ボディのグリーンだけ
なーんでこんなに独特の質感があるんだろう?」

うーむおバカ。じっと見るまで気づきませんでした。
「あーつまり成型色のグリーンは、クリアソフビなんだ。
だからほのかに透けて、後乗せ色と質感が変わるんだ。
でもクリアソフビにしては透明度が低いね。全然スケスケじゃないぢゃん。
なんでかな?」


そんな私の疑問には、理由がありました。
以前入手した同社シカルナ怪獣・ダギゴンもクリアソフビだったんですが
それはこのザゴちゃんに比べ、はるかにスケスケ度が上だったからです。

ちょっと二体を較べてみました。


Photo_10
Photo_11

ね。透け感が全然違うでしょhappy01 
何がどう違うのか。ああわからないと眺め回していたんですが
ある場所に目が入った時、その謎が全て解けました。


Photo_12

ごらんの通り足の裏ですfoot
一目瞭然、なんとこのザゴちゃんは、ボディをクリアグリーンで成形後
ボディの裏面を、明るい色で彩色しているみたいなんですよ。

その後で表面をカラーリングしているので、ボディの透け感が少なく
クリアソフビの質感を保ちながらも、後乗せ塗装色の発色が良くなっているんです。
間着パーツを外す度胸もないヘタレなので推測ですが、そうにしか見えなくてcoldsweats01

いやーなんて手の込んだカラーリング。いったいどなたの発案でしょうか。
ノーマルカラー版を持っていないので分かりませんが
たぶんコレが「一点物」「スペシャル」の意味なんですねhappy02

そりゃースペシャルな手法です。クリア度の調整でここまでの効果が出るとは。
この凄さを皆さんにお伝えすべく、照明を工夫して写真もいろいろ撮ったのですが
私ごときの腕では、その美しさをどうしても捉えきれませんでした。
いやー惨敗。ゴメンナサイweep


Photo_13

というわけでお詫びも兼ねてsweat01昨日朝5時に撮った朝日のザゴちゃんsun
日の出バックなので透け感は出ませんが、浮かび上がるシルエットは
頭部や腕の造形など、ちょっとキンゴジを彷彿とさせますね。
そのあたりが、私の琴線に触れる理由かもしれませんlovely
今日の朝日は厚い雲に包まれていたので、昨日撮っておいて良かったcoldsweats01


それにしても。私も長年オタクをやってきましたが
手法やカラーセンスも含め、こんなに美しい怪獣ソフビを見たのは初めてです。
これもシカルナ造形スタッフのたゆまぬ研究と努力、怪獣愛のなせる技でしょうね。

その後、ネットに溢れる各種ザゴちゃんを検索してもみましたが
このカラーリングの同類やバリエーションは、今のところ見かけません。
たまたま入手できたアイテムでしたが、こんな当たりだったとはhappy02
まさに宝獣。いやーありがたいことです。
先日ご紹介したパゴスちゃんと共にこのザゴちゃんは
パソコンの傍らで、今もニラミをきかせていますhappy01


うーむこうなってくると、他のシカルナ怪獣も欲しくなってきますねー。
でもこんな当たりが手に入ると、次のハードルが上がっちゃって。
まー愛情を注げるアイテムは、多くは必要ありません。
またこんな出会いを夢見て、細々とオタク人生を続けましょうかhappy01happy01happy01

2010年6月 5日 (土)

昭和な予告

えーここ数日続けてきました、朝の空バック怪獣写真ですが。
明日6日はちょっと法事で出かける為、お休み致しますcoldsweats01

その代わりと言ってはなんですが、次回はこんな内容でお送りします。
更新は明日夜もしくは明後日。まーただの紹介記事なんですけどねcoldsweats01



Photo_3
「ネヴュラ」に届いた新たなる刺客は
あのソフビパゴスをも上回る、秘境からの巨獣だった!


Photo_4
緑に輝く鋭い爪が狙うのは
大自然に暮らす生命か、はたまた人類の文明か!?


Photo_6 
憎悪に満ちた巨大な眼が見つめる、視線の先にあるものは?

Photo_7
最高の造形、最低の撮影スタッフでお贈りする
謎と脅威の大怪獣巨篇!

Photo_8
次回「恋するネヴュラ」
「単眼の宝獣」!「単眼の宝獣」にご期待下さい!



いやノリで作っただけのお遊び予告ですから
くれぐれも期待しないで下さいねcoldsweats01coldsweats01coldsweats01

「みんな、早く帰ってこい」

Photo

今朝の日の出はご覧の通り。空を覆う雲をあかね色に彩り、朝日のお出ましですsun
名古屋の日の出は4時58分ごろだったようで、予報によればこの雲も
一時間ほどで散るとのこと。今日も太陽サンサン、暑くなりそうですねsweat01
でも雲底を太陽に
照らされ、ディテールが際立つこの雲もなかなか良い感じで。
同じ日の出でも昨日とはまったく違う空の表情に、改めて驚かされますhappy01


もうお分かりでしょうが、今日の一枚は、朝日に染まる科学特捜隊極東支部。
まー一般的には科特隊基地ですね。

毎日の写真用アイテムはいつも未定で、完全に当日空の表情を見て選びます。
そのアドリブ性が楽しいんですが、今朝もなかなか良いチョイスと喜んでいます。
なんか昨日に続き、今日もやっぱり夕景に見えちゃいますがsweat01
まーそれも一つの楽しみ方という事でcoldsweats01


パリに本部を置く国際科学警察機構の日本支部内に組織され
警察力だけで対処困難と思われる怪事件を専門的に捜査
地球の平和の為に戦う、正式名称科学特別捜査隊。通称科特隊。
うわーなんか漢字ばっかり並んで、ムズカシカッコイイ説明ですがcoldsweats01

設定によるとこの科特隊基地、八王子付近にあるそうですが
きっと防衛上の事情により、正式な住所はヒミツにしなきゃいけないのだっ
そうだその方がカッコイイもんっと勝手に思い込み、一人興奮しておりますhappy02

ですからこの写真の基地バックに映りこむ余分な建物も
基地の場所を特定されない為の情報操作ということで、今朝はご勘弁下さいcoldsweats01


それにしてもこの建物、改めて朝日に浮かび上がるシルエットを見ると
いかに変わった形をしているかを再認識しますねーhappy01
以前、知り合いの設計技師から「この建物は設計上、絶対にありえない形だっ」と
豪語もされましたが、いいんですよカッコイイんですからhappy01

まーこの基地を舞台にしたエピソードも多くありましたが、私なんかは
「無限へのパスポート」に於けるブルトン戦あたりが
舞台としてこの基地内を最大限に使いこなしたかなあなんて思っています。
科特隊特製ゴミバコも見られたし。
うーむさすが。アレが未来の科学ゴミバコなのねと勝手に納得したりして。

何を言ってるんでしょうか私はcoldsweats01


「ウルトラマン」本編では、写真のような夕景は無かったように記憶していますが
これまも何度かお話したように、私が科特隊を好きなのは
後の防衛チームにはない、アットホームな空気があるからなんですね。

職場という側面以上に「帰る場所」という雰囲気があるところ。そこが良いんですよ。
ほら、子ども時代に夕方まで公園で遊んでいて
「ごはんよー」というお母さんの声に走り帰ったバックで輝いていた、あの夕景。
そんな優しく温かいイメージを、科特隊にも感じるわけです。
あのオレンジのユニフォームカラーも、なんとなく夕日に通じる温かさがありますし。
事件が終わり、基地で隊員の無事を確認して
思わず
「みんな、早く帰ってこい」と言ってしまうムラマツキャップのセリフに
その温かさがにじみ出ているような気もするのですがhappy01


この写真は、そんな科特隊の雰囲気をイメージして撮りました。
以前は「イデコーヒーはかんべん」なんてお話もしましたが
その一笑いもメンバー同士の親近感に繋がると思えば、一興かもしれませんね。
あのキャップのユニフォーム後ろ前も、ムラマツ氏一流のギャグだったりして。
じゃないと出来ませんよね。あんな風に着る方が難しいんですからhappy01happy01happy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2010年6月 4日 (金)

カネップルの午後

さてさてカネオとカネ子のカネップル、今日はデートとしゃれこみました。
愛情タップリ、カネ子自慢のお弁当を開く公園の午後heart04


Photo_2

わあい今日はごちそうだhappy02 カネ子ちゃんはお金もちだねえmoneybag
そりゃお父さんは、ガメラの監督だものhappy01
えっ?カネ子って名前ぢゃなくて苗字なの?


Photo_4 

おなか一杯になった二人は、少年サッカーの練習を応援。
みんなガンバレー!


Photo_9 

そして夕方。雲に隠れた夕日も、二人の為にちらりと顔を見せます。
カネオくんニクいよこの色男ッ。うまくやりなよwink

今日も楽しかったねーカネ子ちゃん。太陽さんまたあしたー。
子どもねーカネオちゃんは。ムウド台なしcoldsweats01


Photo_10

ま、いいでしょうhappy01

また明日と 言う人の居る うれしさよ    
                                       オタクイーン

(山崎バニラさんの声でお読み下さいhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

「お宅の息子さんじゃないですか!?」

えー今日のサブタイを覚えてらっしゃる方は、笑いのツボが私と同じですhappy01
というわけで今朝の一枚はコレ。

今日は金曜日ですから、金つながりということでカネゴンちゃんですmoneybag


Photo

先日のパゴスの写真で、朝日が夕日にみえるなあと分かって
チャンスを狙っていたら、今朝は先日以上の雲ひとつない日の出でfuji
朝4時55分。一瞬の間をついた撮影ですcamera
コレが2分ズレるだけで太陽光が拡散しちゃって、太陽が円形を保てませんsun

「おなかすいたなーsad」のセリフとともに、夕焼けにたたずむ
哀愁のカネオくんが、見事に絵になって狂喜乱舞happy02

空気が澄んでいる分、ちょっとだけ夕方と雰囲気が違いますがcoldsweats01

まーカネゴンについては語りつくされてしまって、今さら何も言うことはありません。
「カネゴンの繭」本編中、金田家の部屋に掲げられたカレンダーが
5月・6月になっているので、ストーリーの設定季節はちょうど今頃。
タイムリーなネタということぐらいでしょうかhappy01


カネゴンの繭と言えばツッこみどころ満載
逆にツッこまないと失礼なくらいのエピソードですが
私がまず思い出すのは、今日のサブタイに使ったセリフですねhappy01
空腹に我慢できなくなったカネゴンが銀行前に現れ、お金をむさぼるシーンの後。
金田家に駆けつけたおまわりさんが放つ、おどろきの一言です。
「お宅の息子さんじゃないですか!?」


なんであの「アタマは金入れ、カラダは火星人」を、金田家の息子と思ったのか?
おどろくカネオくんのご両親に、おまわりさんは
「ヘンな動物が銀行に現れましてね。とにかく面通しを」とダメ押し。
ヘンな動物って、親御さんに失礼でしょうとcoldsweats01coldsweats01coldsweats01
しかもさすがにお母さんもカネゴンを見て「コレがお腹を痛めて産んだ息子」とは
思えないんぢゃないかなー。ソレを認めたら立派な母ですがhappy01


まー全編がそういうトーンで包まれた好編なので
どうツッこんでも笑えちゃうんですが、よく言われる「見終わった後に重いテーマが」
という大人の感覚は、初見の時は全く感じませんでした。
後年になって評価が定まる前、子ども時代にリアルタイムでカネゴンに触れ
ただ笑い転げられた宝石のような記憶は、誰にも邪魔できないのですhappy01happy01happy01


好きで貧乏やってるわけじゃありませんがcoldsweats01
私も子どもなりに、このエピソードから何かを学んだのでしょう。
あまりお金には執着せずに、気ままに赤貧を楽しんでおりますhappy01
まー世の中、お金じゃ買えないモノもあるって事で。今日の朝日の美しさとかsun

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2010年6月 3日 (木)

夕映えヌロン

前回がラドンとくれば、次は当然コレでしょうhappy01

Photo_2

太古のトンボの幼虫、メガヌロン。ラドンの食料でもあります。
コレはリアルモデルなので、森で撮ると実在の生物みたいに見えますがhappy01


でもやっぱりメガヌロンと言えば、ラドン本編に登場するような闇からの使者。
不気味な音と共に、炭鉱の暗闇や夜の人家で人々を襲う
怖いイメージがありますね。

海底原人ラゴンにも通じる、「夜、扉の向こうに居そうな恐怖」とでも言いますかhappy01
海外作品「放射能X」あたりの怪獣キャラクターに近いテイストもあります。
あっちは蟻ですから、そりゃヤゴなら近いなとhappy01


というわけで夕方6時、再度撮影に挑戦。
黄昏に浮かび上がる、異形の影が撮れましたcamera


Photo_3

おお今まさに、その巨大な鋏で夕日を掴まんとするメガヌロンの勇姿happy02
まー設定では8メートル程度らしいので、ここまで大きくはないですがhappy01
でもやっぱり甲虫系のリアルモデルは、自然の中に置くと映えますねえ。
落として帰ろうものなら誰かが見つけ、新種の虫なんて騒がれそうですhappy01



Photo_4

コッチはヌロンならぬ、メロンアイスをペロンの図bleah
今日は暑かったですから、キナにもアイス解禁というわけで。
でも口に合わなかったのか、ひとナメで飽きちゃったみたいですがcoldsweats01
うーむぜいたく。どーしてもスイカがご所望のようですwink

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

空駆ける速翼

Photo

今朝の一枚は本当に困りましたcoldsweats01
日の出から狙っていても、太陽は厚い雲に覆われてなかなか顔を見せず。

朝の準備をしながら待つこと三時間半。ようやく撮れた朝8時半の写真がコレです。
朝日はやはり眩しく、気力を与えてくれますねpunch

今朝の雲はエッジがはっきりしていて、ここ数日見られなかったフォルムcloud
今日は全国的に湿度が低く、梅雨が近いのにカラッとした空気だそうで
そんな気候状態が、雲のエッジにも影響しているのかも。

いやーこうして毎日、空バックで写真を撮っていると
一日として同じ空が無く、この年にして新しい発見がありますねえhappy01

今日のような、秋を感じさせる乾いた空には、ラドンがよく似合います。
太古の巨影にして、人類のスカイ・テクノロジーをあざ笑う天空の覇者。
独特の甲高い飛行音に頭上を仰げば、そこには大空に描かれた一条の航跡が。
私は今も飛行機雲を見ると、そこに悠然と飛ぶラドンの姿を夢想するのです。
ギャオスは空を切り裂くけど、ラドンは空を駆けるという印象ですね。
な~んてナウシカみたいな事をcoldsweats01


まー実際にそこに居るのは、今だ現役のファントムやC-1ですがcoldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2010年6月 2日 (水)

オタクイズ『朝焼けの名獣』解答編

さて。前回のお話でおつき合い頂きました写真クイズですが。
思い入れは強いものの、世間的には大した品でもないのでcoldsweats01
さっそく答えをご覧頂きましょう。

問題としてアップした日の出バック、首トリミング写真のフルショットがコチラ。
そのままだと暗すぎるので、ちょっと明るめに補正してあります。


Photo_5

もうお分かりですね。
ノスタルジックヒーローズ製『電動怪獣倶楽部』のパゴスです。
いやー補正しても、朝日に映える勇姿がカッコイイhappy02

今や高プレミアアイテムの代名詞と言えるマルサン製怪獣プラモデルを
ある時はオリジナルに近い電動ギミック付きプラキットとして
またある時はギミックを廃し、ボディのみの完成品をソフビ商品として復刻して
いにしえの怪獣ファンを唸らせたノスタルジックヒーローズ。
コレは同社のソフビ版復刻シリーズ『電動怪獣倶楽部』のアイテムです。
さすが読者の皆さん。予想通り秒殺解答された方もいらっしゃってビックリhappy02

いやーこのソフビ版パゴス、発売当時から欲しかったんですよ。
何しろ、1966年に発売されたオリジナルのプラキットなんか
未組み立てで120万円なんてプレミアがついた時期もあったそうで。
く、車が買えちゃうじゃありませんかcoldsweats01
ネロンガを筆頭にバラゴン系地底怪獣に目のない私ゆえ、当然パゴスも守備範囲。
でも120万なんて出せるわけないしと思っていた矢先のリリースで。

プラキット特有のシャープなフォルムには、一発で一目ぼれしたものの
慢性的な貧乏ゆえ、定価5,250円ではちょっと手が出ないなあと
諦めていたのです。


ところが幸運にも先日、ネットオークションでこのパゴスの新品未使用を
定価の十分の一で落札できましてhappy01 送料込みでも1,000円ちょっとでした。

ああ時には貧乏な私にもお慈悲はあるのねとweep

まーそんなおバカ話はともかくhappy01
この素晴らしい逸品を、なめるように見てみましょうhappy01


Photo_7 

もともとプラモデルとして発売されていた怪獣を
ボディパーツだけ組み上げ、素材をソフビに置き換えたシリーズですから
パッケージもこんな状態。躊躇なくガサガサと開封してみれば・・・


Photo_8

まず驚くのは素材ソフビの硬質感。か、硬い。叩くとコンコン鳴りますhappy02
プラキット再現というコンセプトに従ったカチカチの手触りは
一般的な怪獣ソフビとは一線を画すもので
ホントにプラモデルを手にしているかのような、感覚を与えてくれます。
色合いも渋く、バラゴンに通じる地底怪獣の風格充分。
もし「ウルトラQ」がカラー作品なら、パゴスはこんな色だったかもしれないという
ファンの予想を裏切らない塗装テイストですね。


Photo_9

この凶暴な顔!なんと舌まで出して咆哮してますhappy01
やっぱり、当時のマルサンプラキットのリアルテイストが
このパゴスにも見事に表れていて素晴らしい!
しつこいですがオリジナルはプラモデルなので、ボディ表面もゴツゴツしていて
同時期の可愛らしいマルサンソフビとはまったく違う
「怖い怪獣」というイメージを打ち出しています。

うーむコレが時価120万の顔かmoneybag


Photo_10

パーツ割がそのまま再現されているのもいいですね。
なにしろプラモデルですから、足の真ん中にこんな接着線が
ドーンとあるのが当たり前。そう色だって違うのが当たり前happy01

ガンプラMGがプラモ初体験の若い方には、この感覚は分からないでしょうねhappy01


Photo_11

問題編に頂いたコメントにもありましたが、同時期のマルサンのパゴスでも
プラモデルとソフビでは、フォルムにこれほど差があるんですよね。
パゴス夢の揃いぶみ!思えばこんな2ショット、見たことありませんでしたhappy02
数十年ぶりの再会に、感極まるパゴス兄弟のやりとりを聞いてみましょうhappy01


よう元気かい?ソフビのアニキhappy01
あたぼうよプラ坊。おめえこそ久しぶりじゃねえか。(なぜか二人とも江戸っ子口調)


Photo_12

見てみな。江戸川のお由利に入れてもらった刺青でい。これが男気ってヤツよ。
てやんでい俺だってpout


Photo_13

どうでい。胸に輝く円谷版権マークhappy02
コイツは一本取られたぜ。今夜は一杯やりながら、積もる話でもしようじゃねえかhappy01

すいませんもう気がすみましたcoldsweats01coldsweats01coldsweats01



Photo_14

コレも頂いたコメントにあったんですが、このパゴスはボディラインが
ゴジラのプラキットやソフビとよく似ているんですよね。

最近の研究で、それには複雑な経緯があったようですが
並べてみれば一目瞭然。こんな具合です。
問題編にあった「有名ソフビ風のシルエット」とは、このゴジラの事だったんです。
首なしで前からのシルエットだけ見ると、勘違いするのも無理はないなあと。
原型師は同じ方だったんでしょうね。おもしろいものですhappy01


Photo_15

例によってわが家のパゴスちゃんをかき集めて記念写真。
でもやっぱり元がプラモなので、今回入手の品だけ異彩を放ってますね。
元来、私はソフビよりプラモ派なので、このノスヒロ版パゴスを手にしながら
コレがリモコンで電動歩行する勇姿を、ひそかに夢想してみるのでした。

うーむ至福のひととき。コレで1,000円は安いhappy01

さて。皆さんの予想は当たりましたか?
残念ながら、私はリアルタイムでは遊べなかった貧乏人でしたが
プラキット発売当時に購入され、懐かしく思われた方もいらっしゃるでしょうねhappy01
私もこれでしばらくは、このパゴスちゃんが手放せなくなりそうですlovely



Photo_16

しかしっ!ネットオークション落札アイテムは追撃の手をゆるめず
更なる刺客をオタクイーンに差し向けるのでありましたっhappy02
今日も届いたこの箱の中には、いったい何が?
謎が謎を呼ぶ「恋するネヴュラ」。今後の展開にご期待下さいhappy01

(箱の上のあきれ顔は、商品とは関係ありませんcoldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

オタクイズ『朝焼けの名獣』

さあ今日も元気だ朝日がまぶしいsun
というわけで昨夜の予告通り、今朝の一枚はわが家の新着怪獣クイズです。
まーちょっと前に発売されたものですし、さほど珍しくもありませんが
アイテムはレア度より思い入れ。好きになったらそれがお宝ですhappy01

さあ皆さん。私が手に入れたお宝が、この写真でお分かりになりますでしょうか?


Photo

いやーいじわるsmile もちろん全身を撮影したんですが
首から上のシルエットがあまりに特徴的なので、どう見てもバレバレで
読者の皆さんなら瞬殺、考え甲斐がないとガッカリされるかもと判断
あえてシークレットにさせて頂きましたwink

でもこの写真、ホントに今朝午前5時、日の出の狙い撃ちなんですよcamera
いにしえの怪獣職人の偉業が朝焼けに映えて美しいhappy02
なんか夕日みたいで、ちょっと郷愁さえ誘う一枚ですね。写真の腕はともかくweep

モノは高さ25センチ。いわゆるスタンダードサイズですね。
オールドファンの皆さんならよ~~~くご存知。
ブラウン管でおなじみの名怪獣でございます。うーんこんな色だったのかーlovely
私も大好きなんですよ。コレが安く手に入るなんて、今も信じられません。

あの有名ソフビ風のシルエットに、惑わされないで下さいねhappy01

でもこの写真一枚じゃあまりにかわいそう、ご立腹の方もいらっしゃるでしょうから
もう一枚だけ、ヒント写真をアップしましたcamera

でもコレはさすがに、見る方によっては正解がわかっちゃうでしょうから
この記事内のどこかに、ものすごーく縮小して貼り付けましたbleah
もちろん、写真はワンクリックで拡大できますよ。


そのヒント写真を探してご覧になれば、もう正解は目の前。
正解は今夜の更新で発表(大したモノじゃないので、さっさとお見せしますcoldsweats01
お仕事やお勉強の気分転換に、お時間あれば一度お試し下さいhappy01happy01happy01
Photo_4

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2010年6月 1日 (火)

夕焼け守護獣

Photo_3

今日はバタバタしてまして、ウォーキングも夕方6時ごろになっちゃいましたsweat01
朝の特撮リボルテックに変わり、公園出張はかわいい小メラちゃんが担当happy01
もう日の入り直前。右端に見えるのが夕焼けです。
今日も終わっちゃって、ちょっとさびしいねー小メラちゃんhappy01


Photo_4

じゃーギャオスちゃんとも、ここでは一時休戦ですねhappy01
ガマロンが鳴くからか~えろっとhappy01



さて。すっかりペースに乗ってきた朝晩二回の「ネヴュラ」更新。
というわけで次回、明日朝の更新では
先日チラリとお話し、今日無事に届いた怪獣人形を
いつもの空バック・シルエット写真でお見せしますcamera

例によって黒い外形だけなので、コレはクイズにいいかなとsmile
記事内にアイテム名は書きませんので、皆さんも写真を見て
そのアイテムを、ちょっと考えてみて下さい。


正解は明日夜の更新でnight
朝日バックの怪獣シルエットをクイズにするおバカなんて、私くらいでしょうねhappy01
写真の撮影時刻はお天気に左右されるので
クイズ記事更新時刻も不確定ですが、午前中のアップを目指します。
賞品もな~んにも出ませんが、お昼の頭の体操にぜひご挑戦をhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

雲下の守護獣

Photo

まー今ネタという事でcoldsweats01 特撮リボルテック新作・平成ガメラの勇姿です。
いやー鋭く浮かび上がる牙のシルエットが、良い芝居をしてますよねーlovely

今日発売だからと、のん気に構えていたのですが
昨日チラリとお店を覗いたら、店頭在庫はガメラ3個、ギャオス2個を残すのみshock
あわてて一つずつ抱えてレジへ走れば、スタッフの
「先週の土曜日には入荷してましたからね」というクールなお返事がcoldsweats01
あらー土日で売れちゃったのねー。じゃー発売日を前に売り切れてたかも。
あー危なかった。あい変らず情報にはうといわー私weep


まーともあれ、ギリギリながら手に入ってめでたいめでたいhappy01
さっそく開封、今朝6時半の空の下に置きました。
でも梅雨時期の6月ですから、名古屋の空も残念ながら雲に覆われて
典型的な大映マークタッチmovie
 
まーそれはそれでガメラにはお似合いかなと
しばらくカシャカシャやっていたら・・・


Photo_2

空を覆う雲は散り、7時には朝日がおはようさんsun
おおさすが守護獣ガメラ。太陽を呼ぶ能力さえあるんでしょうかっlovely


今回は雲あり雲なし、どちらの写真をアップしようか迷ったのですが
どちらも捨て難く、両方ご覧頂きました。
毎朝、下手な写真ばっかりですみません。
でも意外と新鮮なんですよ。朝日バックのフィギュア写真ってhappy01

もちろんシルエットだけじゃアレなので
今回入手のガメラ・ギャオスはいずれお披露目の予定ですが
早くも入手済の皆さんが、すでに濃いレビューをされていますから
今さら私が言うことなんか、残っていないかもしれませんねcoldsweats01
じゃーここはアクロバット企画・幻の対決ストーリーという事で
妹分のキナと戦わせ、ガメラ対ネズラなんてどうでしょうねpunch

うーむガメラファンからは、間違いなくひんしゅくを買いそうですがweep

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »