2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« カシワキナ | トップページ | 津波雲 »

2010年5月 6日 (木)

日々の幸せはこんなもんで

Photo

キナちゃん連投で申し訳ないんですが
この「ちょぼちょぼ」というお菓子、最近の私のマイブームで
どこまで謙虚な商品名やねんと、あたまをなでてあげたくなるかわいさ


先日ダイソーに、1袋だけ残っていたのを試し買いしまして。
で、食べてみたら大当たり
昔懐かしいたまご風味の焼き菓子で、あっという間にペロリでした。
コレ、人気商品のようで、その後どこのダイソーへ行っても
1~2袋程度しか残っていなくて、細々と買っていたのですが・・・

たまたま今日寄った近所のドラッグストアで、大量販売しているのを発見
いきなり5袋ゲット。至福の一時を過ごしております


うーむ買ったばかりのドンキホーテ690円ジーンズを穿いて出たのが
運を呼んだのかっ

いずれにしても、690円のジーンズやら100円のお菓子やらで
はしゃいでいるんですから、小市民と言うか貧乏と言うか
まー日々の幸せなんて、こんなちょぼちょぼのサイズでいいんでしょうね。
あまりにせこいスケールに、さすがのキナも呆れ顔ですが

« カシワキナ | トップページ | 津波雲 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「ちょぼちょぼ」?
あれ、「ちょぼちょぼ」ってなんだっけ?
真剣に意味を調べたら
=「ちょびちょび」!!
ああ、そういえば「ちょぼちょぼ」って言うな。
と思い出しました。
あるつはいまーでしょうか(笑)?
でも、そんなかわいい言葉は久しく使っていませんでした。
お気に入りのお菓子を大量に見つけて喜んでいるオタクィーンさんも
かわいいひとと思います。
小さな幸せは大切ですね。
幸せはその人次第なのかもしれないと
自分を省みる私です・・・

「ちょぼちょぼ」ってかわいい名前ですね。
ボーロや「ちょぼちょぼ」のような焼き菓子には懐かしい味がします。
5袋もゲットできてよかったですね。

庶民にはその幸せ共感できますよ。
大阪のおばちゃんなんて
いいものをいかに安く買ったか毎日自慢大会ですよ。
「負けてえな」とか「これなんぼになる?」
なんて直接値切るのはもちろんですが
店先で「たっかいなあ~これ」といいながら
買いたそうにする仕掛け人もいますよ(笑)
買い物一つでもあの手この手ですね。
ちょぼちょぼの日常にも
笑いと喜びを生み出さずには
いられないんですね~。

ところでキナちゃんはマルチタレントですね。
時にはアイドルユニットのリーダー、
時にはいやし系グラビアアイドル、
時にはお笑い芸ハム、時には土俵入り力士、
時には大食いタレント・・・
今後もネビュラ事務所からのオファーが楽しみです。

(=^・^=) 様 私もお店でこの「ちょぼちょぼ」を見つけたときは
まず商品名に目が行きました。
そして1円玉サイズの黄色いたまご色・・・
かわいくて懐かしくて、思わず手に取っちゃって。
きっとこのネーミングを考えた人は、この丸い小さな焼菓子に
溢れる愛おしさを感じていたのでしょう。
まさに絶妙のネーミングセンス 
なんとなく口にしたくなっちゃうフレーズなんですよね。「ちょぼちょぼ」って。

そんな風に、暮らしにちょっとだけ垣間見える優しさのフレーバーが
生きる潤滑油なのかなとも思います。
別に大きなイベントや、高い買い物じゃなくてもいいんですよね。
日々の点描に、どれだけ発見や感動を覚えられるか。
それがまさに、心の豊かさなのかもしれませんね。
今の私には、キナといっしょにちょぼちょぼを食べる至福の一時に勝る喜びはありません。
すでに残りは4袋になっちゃいましたが

かたつむり様 おやつにお茶うけにと、この「ちょぼちょぼ」は
今やわが家で大活躍です
なんかこう、自己を過剰に主張しない奥ゆかしさが良いんですよね。
サイズも1円玉程度で、口に運ぶにはベストの大きさ。
でもネーミングに比して、美味しさは決してちょぼちょぼじゃないところが
このお菓子のすごいところなんですよ
ボーロ系に通じる懐かしさがありますが
どちらかと言えば「ちょぼちょぼ」はたまごせんべい風。
甘~い味とカリッとした食感が売りです

最近は関西で暮らしている、地元の幼なじみに聞きましたが
名古屋に比べ大阪は、総じて物価が安いそうですね。
貧乏な私には羨ましい環境で
そこにはやっぱり、お店とのかけひきと絶妙な笑いのセンスで
毎日を逞しく生きる、大阪主婦の心意気があるんでしょうね
いやー私も見習わないと。
見切り品に手を出すよりも、正規品を値切ってこそ買い物の達人ですよね

今やネヴュラ事務所にとって、キナは看板タレントです
どんなに小さなネタでも、彼女を絡めればサマになるという
最近は出演の機会が多いので、事務所としても高待遇を心がけています。
撮影後にはギャラとしてひまわりの種をあげるんですが
演技に応じて、粒の数を増やしたりしているんですよ
ちなみに「ちょぼちょぼ」の回のギャラは、種8粒プラスちょぼちょぼ三個。
貧乏なネヴュラ事務所としては、破格の扱いです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日々の幸せはこんなもんで:

« カシワキナ | トップページ | 津波雲 »