2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 津波雲 | トップページ | 気分はドレイファス »

2010年5月 8日 (土)

他でもない悩み

こんなこと、ブログで書くネタぢゃないんですがcoldsweats01

アクション映画やテレビで、主人公組織のメンバーが集められ
長官クラスが作戦を説明する時、最初に喋るお約束のセリフ


『さて。君たちに集まってもらったのはでもない』


『他』って、何を意味するんでしょ~かっ?
もっと考えれば、『他でもない』って言葉の意味もわかんないです~weep
考えれば考えるほど、思考の迷宮が暗い口を開けて待つばかりweep
いや分からなくても、生活への支障はまったくないんですけど
こういうのって考え出すと、納得できるまで止まらない性格でcoldsweats01coldsweats01coldsweats01

いや語感はカッコイイので、意味なんて関係ないといえばないんですが。
このセリフを聞くたびに大作戦が始まるなんてテンションも上がりますから
むしろ大歓迎のセリフなんですがっhappy02

せっかくの土曜の夜なのに、何をやってるんでしょうか私はっcoldsweats01
覗いて下さった方、ゴメンなさいね。
おそらく今日の記事は、「ネヴュラ」史上もっとも下らない記事でしょうcoldsweats01
みなさん華麗にスルーして、今夜も快適な眠りをお楽しみ下さいねsleepy
私はキナと一緒に、徹夜で『他』の意味を追求しますbleah

« 津波雲 | トップページ | 気分はドレイファス »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

もう辞書などでお調べになって解決ずみでは?と思うのですが、
調べた程度でお伝えします。
私も辞典を調べて勉強になりました。
ありがとうございます(笑)

広辞苑や日本国語大辞典には慣用句としてあつかわれ
「外でもない」とも書きます。
後にくる話を強調するため、とも説明されてました。
日本国語大辞典(小学館)には次のような用例があります。

「敵を討つとは誰を。ヲヲ 外までもなし。鎌倉の大将北条時政」
                        ( 浄瑠璃 「源頼家源実朝鎌倉三代記」 )

「君をけふ(きょう)わざわざ、呼寄せたのは外では無いが」
                        ( 坪内逍遥 「当世書生気質」 )

「ほかならず」という表現も載っており、
「それ以外のことではない、確かにそのとおりだ」という使われ方をしているようです。

聞き手に対して、「まさにこのことをいいたいのだ」と伝える前の
一呼吸準備で、勿体つけた表現なんですね。
後にくる核心的な話を聞いて初めて「外」がさしていることがわかるという、
倒置的というか、修辞的なセット表現なんですかね。
核心な話、そのこと以「外」ではない、というところでしょう。

「君たちに集まってもらったのはほかでもない」と言われると
集めた理由(作戦)がいかに重要な任務であるかを感じさせますよね。
集められた人も重要であることを前もってわかっている感じもしますね。

 もう先に言われてしまいました‥‥。
 「ほかでもない」というのは、これで一続きの表現なんですネ。これからする話の前置きとして、「わかっていると思うが‥‥」というように、重要な案件であることを相互確認するとともに、その案件については既に共通理解されていることを示しています。

かたつむり様 詳しく調べて頂いてありがとうございましたhappy01
そーですか!「ほかでもない」の「他」は「外」とも書くんですねーeye
かなり古い時代から使われていたという事もわかりました。勉強になりますhappy01

昨夜はこの一件と共に、色々考えなきゃいけない案件があったものですから
(まー大したことじゃないんですがsweat01
いつのまにかそちらへ意識が集中してしまって
「ほかでもない」については後回しになっていました。もう人任せですみませんcoldsweats01
いやー私も辞典などで調べれば早かったですね。
なんかお手数をかけちゃったようで恐縮していますcoldsweats01

>後にくる核心的な話を聞いて初めて「外」がさしていることがわかるという、
倒置的というか、修辞的なセット表現なんですかね。

たぶんそうなんでしょうね。最初に「ほかでもない」と言われるから
意味が通じにくいのであって、核心的な内容、重要なお話ですよと
はじめに念押ししているということなんでしょうね。
いやーでもコレ、「ほかでもない」だけを聞いちゃうと
何がなんだか分からないですよね。
「言わずもがな」とか「やぶさかでない」みたいに
日本語って一語だけ切り取ると理解に苦しむ言い回しが多く
使っていても時々、頭に「?」が浮かんだりします。

でも記事にも書いた通り「ほかでもない」という言葉の響きは好きなんですよ。
この言葉が出たら、いよいよスゴイドラマが始まるぞみたいな期待の一言というか。
そんなワクワク感を持てるドラマが、最近は少なくなりましたがcoldsweats01

自由人大佐様 まさかこんな下らない悩みに
お二人もコメント頂けるとは予想もしていなかったので、本当に恐縮ですcoldsweats01
そうですね。「ほかでもない」を「分かっていると思うが」と言い換えれば
すべて解決、完璧に意味が通ります。
これでスッキリ。使っても後ろめたくなくなりました。ありがとうございましたhappy01

この「ほかでもない」というセリフを聞くと、どーも私は実写版「ジャイアントロボ」の
ユニコーン機関・日本支部を連想するんですよhappy01
伊達正三郎さんの太い眉がキリリと引き締まって、作戦説明を行うシーンが
浮かぶんですよね。
「ほかでもない」が使われたシーンが実在するかどうかはともかく
私は東支部長の指揮官ぶりを、それだけ頼もしく感じていたという事でしょうかhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/34594088

この記事へのトラックバック一覧です: 他でもない悩み:

« 津波雲 | トップページ | 気分はドレイファス »