2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年2月の記事

2010年2月 3日 (水)

反省とけじめ

今回は、ちょっと悲しいお知らせです。


私の不用意な判断、行動により
一人の大切な友人を、傷つけてしまいました。
すべての原因、責任は、私にあります。
いいわけはしません。

身近な友人一人助けられない今の私には
ヒーローを語る資格も
新ヒーローを創出する資格もありません。
また今回の顛末を通じて
私のようなおかしな者が、お仲間の皆さんとお付き合いさせて頂く事が
最初から身分不相応だったような心持ちにもなりました。

その反省の証とけじめとして
今月5日に締め切りが迫った「宇宙船映像倶楽部」への
課題応募を、取り止めようと思います。
またブログ、mixi活動についても
しばらくは取り止め、自分を見つめ直そうと思います。

休んでも結論は出ないかもしれませんが
今はとても、日記や記事を書く精神的余裕がありません。
またコメント頂いても、お返事を差し上げる気力が
とても残っておりません。

そういう理由で、誠に勝手ですが
心持ちが変わるまで、皆さんとはお別れさせて下さい。
前述の理由により、コメント下さってもお返しできないと思いますので
その点も、お察し頂けるとありがたいです。

ふたたび皆さんとお目にかかれるのは
桜の季節か、緑萌える初夏か。
それは私にもわかりません。
でも、戻ってこられる日を信じて
このページは残しておきます。どうかそれだけはお許し下さい。

顛末をご存知ない皆さんにはご迷惑をおかけしますが
私も生身の人間。気持ちが文面に反映されることも
ご理解下さい。

これまで、親しくして下さった皆さん。
いろいろお付き合い下さった皆さん。
本当にありがとうございました。
またお会いできれば、嬉しいですね。


オタクイーン

2010年2月 1日 (月)

私が最近のヒーローを語らない理由

文字にすると、ものすごく大仰なサブタイに見えちゃいますねcoldsweats01
でも私ごときのお話ですから、別に大したことはなくhappy01

昔から、’90年代から今世紀にかけてのヒーロードラマを
あまり語らない私ですが
どーも最近は、その沈黙ぶりに拍車がかかってしまいましてcoldsweats01

確かに興味が湧かないとか、一回飛ばすとわかんなくなっちゃうくらい
ストーリーが複雑で、私のおバカな頭ではついていけない内容だからとか
そんな情けない理由は、以前からありました。
うーむこう書くと、私はホントにオタクなのかと疑いたくもなりますがweep

でもここ最近、そうした「語らない理由」に、もう一つ新しい要因が
加わったような感が強いんです。

これは別に外的要因があったとか、ネットで拝見する皆さんの濃いファンぶりに
少々物怖じしちゃったからとか、そういう類のお話じゃないんですねhappy01


まー今、例の『宇宙船』のヒーロー企画応募の追い込み時期という
心理状態も、確かに影響しているとは思います。
ひょっとして、部員の皆さんはお分かりかもしれませんが
この『新ヒーロー』『オリジナルヒーロー』という代物は
例えばウルトラやライダーをはじめ
それこそ星の数ほどすでに存在するヒーロードラマが
誕生する、ずーっと以前に遡らなければ、発想できないものなんですよ。

例えば「仮面ライダーみたいな感じ」と発想した段階で
すでに「仮面ライダー」というヒーローの呪縛に捉われているわけですから
その時点で出発点が遅い。ダウトなんですcoldsweats01

映像化や文章化などどんな状態であれ、発想の時点で
ヒーロードラマ史に残っている作品がイメージされた段階で
もう『古い』『カバーヒーロー』なんですよね。


ですから、新ヒーローを生み出そうとすれば
「○○みたいな」という発想を捨てることから始まって
既に存在するヒーローも、徹底的に知り尽くさなければならない。


まー私も、そんな偉そうなことを言いながら
以前「コレは新しい!」と提出した企画が
雨宮部長の「既にあるよ」という講評と共に次点掲載の憂い目にあい
全国的に恥をかいた苦い思い出がありますから
勉強不足は否めませんがcoldsweats01
逆の発想として、あえて古い皮袋に新しい酒的な
「平成ガメラ式発想」もありますよね。
でもあれは作風が新しかったのであって、企画が新しいわけじゃないですし。


かように『新』『オリジナル』を生み出すことは難しく
部員やチャレンジャーの皆さんは、きっと今も
その苦しみに耐えていらっしゃるんじゃないかと思いますhappy01


その前提に立ってお聞き頂くと、分かりやすいんですが。
我が家では昨年秋から、ケーブルテレビの契約プランを変更した為
CSチャンネルで放送される国内、海外映画の鑑賞頻度が
飛躍的に増えたんです。

その気になれば一日中、名作から初鑑賞の珍作までを通じて
映画世界の深い脈流に触れることが出来るわけですね。
この環境が、『ヒーロー誕生以前』の映画等を鑑賞するチャンスを
ものすごく増やしてくれたわけです。


当初はさほど気にしていなかったんですが
実はこの環境、私には本当に勉強になるんですよ。

この際ぶっちゃけちゃいますが
「ネットや雑誌などで名作という評価は定まっていても、実は未見の作品」って
けっこう多くありませんか?
雑誌やネットなどで高評価を得ていても、何となくストーリーを読んだ程度で
見たような気になっている、過去の名作。
さらに、見たくても見られなかった「未ソフト化」作品も。
これらの片鱗が、日々少しずつでも体験できるわけです。

で、そういう機会を通じて
私には一つの、確信めいた思いが湧いてきました。
要はですね。
「どんなヒーロードラマも、その誕生前に作られた邦画やテレビドラマの
子供向けアレンジなんじゃないか」という事なんです。

『「ウルトラマン」は東宝怪獣映画+刑事ドラマ+スーパーマン』
『「仮面ライダー」は空手アクション+東映時代劇』のような
「ヒーローの源流」は
両者以外の、古今東西のほとんどの和製ヒーロードラマに当てはまると。

そんな思いを強くしたんですよ。


例えば「ゼロ・ファイター大空戦」「青島要塞爆撃命令」「独立愚連隊」など
東宝娯楽系戦争アクション。
「国際秘密警察」「100発100中」「豹は走った」などのスパイ・犯罪アクション。
「緋牡丹博徒」「女囚さそり」「修羅雪姫」「野良猫ロック」シリーズなどの
ダーティヒロインアクション。
最近見た作品をちょっと挙げるだけでも、これら諸作には
歴代のヒーロードラマに繋がる設定やドラマ構造が、随所に散見されます。

駅前シリーズや社長シリーズのような喜劇さえ、その発想の自由度は
歴代の特撮コメディ作品を、軽く凌駕しているのです。

まー確信犯的にそれを行っている
『快傑ズバット=日活アクション』
『アイアンキング=隠密剣士=東映忍者物』みたいな例もありますよね。


つまり、なんとなく掴めてきたこの図式を眺めるにつけ
①『先人が斬新な発想で挑んだ映画』というお手本がまずあって
②『そのアイデアやプロットを、子供向けに分かりやすく翻訳したもの』
もしくは『予算など諸条件により、大きくスケールダウンしたもの』が
ヒーロードラマなんじゃないかと、そんな感があるわけです。


ただ、それは企画の体裁、入れ物の部分であって
最近はプロット上はヒーロードラマでも、中身はかなり変容していて
それが恋愛ドラマだったりコメディだったりするから
私みたいな古いファンはついていけないわけでcoldsweats01
まーそれはまた別のお話、今回の趣旨とは外れちゃうので
別の機会に語ってみたいものですがhappy01


ちょっと遠回りしたので、冒頭のお話に戻りましょう。
何故私が、最近のヒーロードラマを語らないのか。
コレが、前述の「図式」と大きく関係することなんですよ。

この私の感触を、もうちょっと噛み砕いてご説明しますと。
最近のヒーロードラマ放送後に、ネット等で
「今週の第○話の展開はすごい!次回も目が離せない!」
「コレは斬新。さすが○○だ!」という感想をいくら目にしても
それらはやっぱり
先人が作り続けた過去の作品の上書きに過ぎないんじゃないか。
過去作品の縮小形の域を出ないんじゃないかと、感じてしまうわけです。


ヒーローを見た新鮮な驚きを、子どもが語るんなら良いんですよ。
もちろん、作品のメインターゲットですもんねhappy01

きっと彼ら子ども達も私と同じように、幼少期にそれらヒーローに触れて
おいおい大人になるに従って、それが先人の諸作を模したものだという
構造が、分かってくるはずですから。


でもある程度年齢を重ねた上でも、そういう根底構造に気づかないというのは
私にはちょっと辛く見えます。
だから私は、そういう風になりたくない。

今回の○○みたいな展開は、きっと以前に誰かが行っているんだろうと考える。
そこを推測せず、ヒーロー世界だけで感力を閉じてしまうもったいなさと言うか
感性の狭量さが、ちょっと息苦しいんですね。

お話がまたそれますが
私がいわゆる「ヒーロー仲良しコミュ」での活動が苦手なのも
そういう事情からでしょう。
私がヒーロードラマを見る理由は、『ヒーローが出るかどうか』ではなく
『ドラマが面白いかどうか』だからです。

キャラクターじゃなく、ドラマ重視なんですね。


たぶん今日放送の○○で試された演出を
もっと上手くこなしている作品がある。
同じシチュエーションでも、もっとドラマの濃度が濃い作品がある。

ここ最近、過去の作品を浴びるように見ちゃうと
どうしても、そういう気持ちになっちゃうわけです。
実際、前述した作品でも、随所にそういう「ヒーロー原形」が見られましたし。


ですから近作は何を見ても、手放しでは語れないのです。
何を見ても「コレが最高」「コレが一番」とは言えない。
その手本となる作品が、たぶんどこかにあるはずだからです。
それを知れば知るほど、新作を単純に語れなくなってしまう。
よく言う「○○を語るには、まず●●を見てからでなければ」状態ですね。
その言葉の重要性が、今になって非常に分かります。
もう私は、そういう事を感じなければならない年齢になってしまったと。
ヒーローの活躍を単純に楽しめないという意味で
これも悲しい事かもしれませんが。

まーでも人間、年齢を重ねてくれば
そういう部分に興味が行くのも、自然な事じゃないかと思うんですよ。

作品の楽しみ方は人それぞれ。単純に楽しむスタンスだって全然OKです。
ですから、私がとやかく言える資格も無いんですが
やっぱり、過去の名作映画を子供向けに分かりやすくリメイクした
ヒーロードラマの1エピソードを、何も知らずに最高扱いして
「凡百の映画を超えるオリジナリティー」なんて持ち上げすぎるのは
「私って勉強不足でーす」って言ってるようなものでしょ。


いや別に、具体的にどの作品がどうのというわけじゃないんですよ。
別にどなたかが、そんな事をおっしゃってるわけでもありませんし。
ただ私は、そんな轍を踏みたくないなと。
それだけなんですよね。まーいつものおバカなこだわりですがcoldsweats01

なんかまた、下らないお話におつきあい頂いて申し訳ありませんでした。
いやー応募締め切りも近く、追い詰められているせいでしょうね。
あー全然浮かびませんweep
今夜もちょっと、夜更かしになりそうですnight

« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »