2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 今朝の歌姫 | トップページ | 粋な女はこう誘う »

2010年1月14日 (木)

心も潤うフエキのり

買ってきましたーうわさのハンドクリームhappy01
近所の文房具屋さんのチラシで見かけ、あまりの可愛さについ一個coldsweats01


Photo
それがコレ。子どもの頃から親しんだ文房具の定番
「フエキ糊」のマスコット【フエキくん】の容器を使った、ハンドクリームです。
ちなみにとなりでボーッとしているのは、ウチのフヤケちゃん】coldsweats01
おとぼけ顔同士、並ぶとちょっと似てますねhappy01

でもフエキくん、調べてみたら、
去年の夏からブレイクしてたんですね。
うーむ知らなかった。35年の時を越え、再び彼の時代が訪れていたとはっcoldsweats01


私たち昭和の子どもが使った図工の友、水糊と言えば
このフエキ糊とヤマト糊が、二大ブランドとして君臨していましたもんね。

模型業界で言うタミヤとグンゼ、今で言うGSIクレオスみたいなもので。
コクヨやセキスイのスティックのりなんてまだ無くて
こういう塩ビの容器から、水あめみたいな糊を指やヘラで直接すくったり
ハミガキ粉のチューブみたいなのからムニュ~っと出して
のりしろからハミ出すことなんておかまいなしに
塗りまくったものですhappy01


このフエキくん容器の糊は、今も現役商品としてお店に並んでいるんですが
その容器にハンドクリームを入れ、化粧品として売り出したところが
アイデアですねーhappy01

寄る年波には勝てず、毎年冬にはお肌の乾燥やひび割れに悩む私にとって
ハンドクリームは、何よりの必需品なんです。
ちょうど今使っているものが無くなりかけていて、これ幸いと買ったのですが・・・


Photo_2
中はこんな感じです。
でもコレ、見た目はホントに糊ですよね。happy01
でなきゃ工作用ボンドとか。コニシのhappy01

でもさにあらず。使ってみればアラ不思議。意外と言うかなんと言うか。
指に少量とっただけなのに伸びが良く、しかも手はスベスベにwink
しかも特筆すべきは、その後のツルツル感です。
この手のクリームにありがちな、使用後のべとつきが皆無という優れモノhappy02


正直、欲しかったのは容器の方で、中身への期待は低かったのですが
さすがフエキ糊。その歴史はダテぢゃありませんねーhappy01
水糊のノウハウが、クリームにどう活かされたのかは窺い知りませんが
クオリティーに手を抜いていない所が、なんとも素晴らしいhappy02

好みの分かれる、癖の強い香料が使われていないのもポイント高いです。

要は、作りが誠実なんですね。
化粧品メーカーの商品に多い虚飾が、一切無い分
清潔感と使い心地に特化していると言うか。


こういうのを待ってたんですよ。
これなら、乾燥肌に悩む男性でも使いやすいんじゃないかなあなんて。
まさに、私みたいな変な存在にしか言えない感想ですがcoldsweats01
まーそんなこんなで、また冬の愛用アイテムが増えました。
見た目も可愛いので、いつもパソコンのそばに置いて
心身ともに癒されています。


コレ、詰め替え用の中身が売ってたらもっといいんですけどね。
でもいーかたくさん買っても。並んだフエキくんも見てみたいしhappy01

« 今朝の歌姫 | トップページ | 粋な女はこう誘う »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 私はヤマト糊を使っていました。私の家の近所の文房具屋さんにはヤマト糊しか置いてなかったので、選びようがありません。

 あの糊のにおい、そして「アトリックス」や「ウテナお子さまクリーム」などのハンドクリームのにおいを思い浮かべながら読ませていただきました。

 子どもの頃は、糊を指で直接すくって塗りたくっていましたネ。どんどんベタベタになり、乾くとガビガビに‥‥。ハンドクリームとは全く正反対の性質のものでしたっけ(^o^)
思えば、あのゲル状の糊を直接手で触れていたというのは、体験としては貴重かもしれません。あんな感触のものに、最近は触れた記憶がありません。子どもだけの特権かも。(私は料理をしないのですが、もしかしたら料理の材料にそんな感触のものがあるのかもしれませんが‥‥)

 それにしても、「糊の容器にハンドクリームを入れる」っていう発想が素晴らしいですネ。自社に既にある容器で、新しい商品展開をするというアイディアの柔軟さに驚きます。

 本物の糊を隣に置いて2つを並べ、「蓋を開けてしまった方を必ず手に塗る」なんて遊びができそうです。(そんな遊びをしても、だれも得はしませんが(^^ゞ)

 ハンドクリームって、使用期限って無いのでしょうか? いっぱい買い溜めしておいても、使えなくなってしまったりしないのでしょうか?

自由人大佐様 いつもコメント頂きありがとうございますhappy01
私は子どもの頃、ヤマト糊とフエキ糊の両方を使っていた記憶があります。
「フエキ」という言葉の響きが面白くて
そのメーカー名を、意味無く友達と呼び合っていましたからhappy01
逆に「ヤマト」という語感はカッコよくて
勝手に「フエキ」より高級品と位置づけていましたね。
我ながら、おバカな子どもでしたcoldsweats01

今思えばあの水糊って、香料が使われていたんでしょうね。
あの甘い香りが、子どもには何とも魅力的で
私も指すくい派でしたが、思わず舐めたくなったほどですcoldsweats01
うーむ恥部の嵐。大佐さんの呆れ顔が見えるようですがcoldsweats01

>あんな感触のものに、最近は触れた記憶がありません。

確かにそうですよね。
ああいう感触は、食材にもちょっとありませんし
最近はスティック糊ばかりで、糊に直接触れる機会そのものがないですもんね。
おまけにパソコンの普及で紙の使用頻度が低くなり
それに付随して、糊もあまり使わなくなりました。

当然このハンドクリームも、糊の感触ではないですしね。
非常にサラサラしていて、他のクリームに多いベタベタ感がないんですよ。
乾きも早いし。
フエキくん容器というアピール点を除いても
かなり使いやすい逸品です。
最近はこんな風に、パッケージング以上に
商品単体としてのコストパフォーマンスが高くないと
売れない時代なんでしょうね。本当に厳しい時代です。

>「糊の容器にハンドクリームを入れる」っていう発想が素晴らしいですネ。
>本物の糊を隣に置いて2つを並べ、「蓋を開けてしまった方を必ず手に塗る」なんて遊びができそうです。

実はお店にも、クリームとまったく同じ容器を使った糊が売っていたんですが
(もともと糊の容器ですから当たり前ですがcoldsweats01
おっしゃる遊びも面白そうですねhappy01

実はこのクリーム一個と、糊五個セットの価格がほぼ同じだったんです。
ですから容器目的なら、糊五個セットを買えば
クリーム一個分の価格でフエキくんが五個手に入ったわけなんですが
ここはやっぱりクリームを、という事で
あえて中身の価値を優先しました。
でも結果的に、その判断は正しかったと思います。
中身が無くなったら、また買っちゃいそうですねーcoldsweats01

>ハンドクリームって、使用期限って無いのでしょうか? いっぱい買い溜めしておいても、使えなくなってしまったりしないのでしょうか?

私がハンドクリームを使うのは冬だけなので
一冬で一個を使いきることは、まずないですね。
ですから毎冬、前年の使い残しを使うことになりますが
まったく問題ありませんhappy01
銘柄にもよるのでしょうが、一年くらいは大丈夫みたいですね。
まー私の皮膚なんて鈍感ですから
古いクリームを塗っても、何も感じないのかもしれませんがcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/32983898

この記事へのトラックバック一覧です: 心も潤うフエキのり:

« 今朝の歌姫 | トップページ | 粋な女はこう誘う »