2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« すべり込み賀正 | トップページ | 孤悲するネヴュラ »

2010年1月 2日 (土)

元日はメタボ一直線

さて前回の予告通り、年に一度の怠惰な時間を楽しんだ
昨日の様子を、写真入りでご紹介しましょう。

とはいえ、食べたものの写真ばっかりですがcoldsweats01
まーネットは全国区ですから、同じメニューの地域差を
「ケンミンショー」並みに楽しんで頂ければhappy01

昨日はまず朝早く、同じ市内に暮らす妹一家のところへ行きました。
男の子ばかり三人の子持ちの妹は
会わなかった一年半のうちに、ちょっとふっくらしていましたがhappy01
まーそれも、事情を聞けば頷けるところで。
なんと旦那、つまり私の義理の弟が
今年の春先から、インドネシアに単身赴任しているそうなのです。
で、お正月の間だけ帰国して、すぐまた戻らなきゃならないとの事情。

旦那は目の前に居たので、本人から話を聞くまで知りませんでした。
そうかー。妹は彼がインドネシアに居る間
一人で、三人の息子を守らなきゃならなかったわけだ。
そりゃ逞しくもなるわねえとrock


体を絞りに絞った私の方が、逆に貧相に見えかねない状態で
母は強しの言葉が、改めて身に染みた一幕でした。

旦那さんに聞いた現代のインドネシア事情は、なかなか面白かったので
いずれ機会を改めて、お話しようと思いますhappy01


で、妹宅を出た午前11時。
以前から何度かお話に登場している、大学講師の従弟の実家へ。

今も叔父叔母が暮らすこの実家へは、毎年お正月の恒例行事として
近くに暮らす従弟一家が訪れます。

事情により昨年は失念しましたが、それまではほぼ毎年
近しい親戚の無事を確認すべく、私も訪れていました。
この日は実に二年ぶりの、親族実家集合というわけですね。


髪には白いものが目立ち、仕事の気苦労を顔に刻んだ従弟に連れ添う
従弟の息子、小学五年生の甥は、まさに今の子供の典型と言うか。
午前中に買ってもらったDSソフトに夢中のご様子でcoldsweats01

それがコレです。いかにもオタクの血を分かち合った従弟が
買い与えそうなソフトですねえとhappy01


Photo








甥のDSとの通信プレイ用にと、従弟もマイDSを持っているんですが
見せてもらえば、甥のDSよりはるかに画面が大きい。
「年をとると、これくらい画面が大きくないと疲れるよ」
と力なく笑う彼に、自分に較べずいぶん老けを感じちゃうのは
きっと気ままな人生を歩む私が、魂の衰えを遅らせているゆえでしょう。

まーそれと引き換えに、失うものも多いですがcoldsweats01

で。待ちに待った元日のお昼ごはん。
出ました!なんとおもち三個入りの特別お雑煮happy02


Photo_2
名古屋近郊のお雑煮は、お餅とシンプルな醤油だしのおつゆというのが
大まかな風習なんですが、今年は野菜やかまぼこも入った豪華版happy01

牛から寅へとエールを贈る、かまぼこのデザインも遊び心いっぱいでhappy01

後で携帯に、従弟から着歴があったのに気づき尋ねてみれば
「来る前に、おもちを何個食べるか聞きたかったんだけど
電話に出なかったから、一杯に全部入れちゃった」
そうで
それがここに凝縮されていると

いやーでも昨日まで、力石徹並みのシェイプアップを敢行していた私に
おもち三個は酷ぢゃないのと思う間もなく
食欲は正直、あっという間にたいらげちゃうところが怖ろしいshock

叔父の実家が静岡だった関係で、いつも叔父宅には
毎年のお歳暮に、実に美味しい静岡茶が送られてきます。

持ち寄ったお茶菓子と共にそれを楽しむのも、お正月の恒例行事です。
今年のお茶菓子は、こんな素敵なものでした。

Photo_3










干支や鶴亀など、手の込んだデザインを模った可愛いお菓子。
なんでも、ご近所さんから頂いた物だそうです。

Photo_4















そりゃ今年の主役ですから、コレがなきゃ始まりませんね。
「日本や中国で、こうした食べ物へのデザインが発達したのは
食にアート性を求める、極東人の繊細な国民性によるものか」
なんて
あーでもないこーでもないと、いいかげんな私見を繰り広げながらも
口にはしっかりお菓子が放り込まれているこの矛盾coldsweats01

やりとりの発端となったのは
このお茶の席に、従弟の奥さんのご両親がトルコへ旅行した際のお土産が
出されたことでした。

角砂糖のような2センチ角の立方体に、白いパウダーがまぶされただけの
そのお菓子は、イスタンブールで買い求められたものだそうで。
あまりに甘そうなその外観に、私は遠慮しましたが
「海外のお菓子って、こういうシンプルなデザインが多くない?」なんて
従弟の奥さんの感想が糸口で。

好きなんですよそういうお話。期せずして楽しいやりとりが出来ましたhappy01

でも名だたる静岡茶とはいえ、その一杯を本当に美味しく感じるあたり
私も年を取ったなと。
老けたという意味じゃなく、舌が肥えたと思いたいですがcoldsweats01

で、もうその後は、甥のDSで遊んだり「トムとジェリー」のDVDを見たりと
ダラダラな4時間あまりを過ごしました。
それでも「トムジェリが作られた背景」や
「この作品が時代を越え、今も子供受けする理由」
「ジェリーが食べる穴あきチーズって、日本に存在するのか」

などなど、甥そっちのけで従弟と私見を交わすあたり
お互い、オタク魂百までの業に苦笑いが消えませんでしたがcoldsweats01


さあそして日が暮れれば
この日のメインイベント、今年最初にして最大の贅沢タイム。
カニ鍋の登場ですcancercancercancer


Photo_5
いやーこのボリューム、存分に煮立てたカニの美味しさを
皆さんにも分けてあげたいhappy02
七人でたいらげたカニは実に七杯。
一人一杯の計算ですが、コレが思った以上に多くて
もう食べても食べても減っていかないカニの桃源郷状態happy02happy02

夢なら醒めて欲しくないと
親族一同、カニに襲いかかるのでありました。
どーも人間、焼肉とカニに関しては、太古の本能が蘇るようですねえ。
全員が背中を丸め、無言で鍋をつつくその姿は
ギャートルズの世界に通じるものがあったりしてhappy01

このカニのだしが存分に効いたおつゆに野菜やお豆腐
糸コンニャクなどを入れて野菜鍋で締めるのが、また格別なんですよhappy01

うーむ昨日までのダイエット魂などどこへやら。

「まあこの一年、最初で最後のご馳走だから。一年分食べていけよ」
なんて叔父さんの優しいはからいで、もう胃がはちきれそう。
「カニでお腹いっぱいになるなんて、めったにある事じゃないもんねえ」
なーんてえびす顔に包まれる全員の前に
食後のデザート、いちごとりんごが出されました。

Photo_6









こんな何でもない幸せが身に染みるのは
普段の毎日が、いかに殺伐としているかの裏返しですねhappy01
そして平穏なお正月というものが、一年間の無事な生活に
支えられている事も、良く分かりました。
怪我や風邪一つひいただけで、この日を楽しめないわけですからhappy01


食後、そろそろ解散の気配が漂う空気の中
甥っ子の彼が、そっと私に耳打ちしてきました。
DSゲームの「トモダチコレクション」に、住人登録してほしいと言うのです。

もちろん私は快諾、まるでネットでアバターを作り上げるように
顔から目鼻、体型まで似せて、甥のDSのマンション住人となりました。
DSの中で生きるもう一人の私は、どんな人生を送るのでしょうか。
そして来年のお正月。甥にゲームの進行を確認した時
現実の私は、DSの私に勝る一年を過ごしているのでしょうか。

どうやら今年はまた一人、「DS仮想オタクイーン」というライバルが
増えたようですねhappy01

・・・とまあ、こんな平穏な、どこにでもある元日でした。
皆さんはどんなお正月を過ごされているでしょうか。
でもどんなお正月であれ、ネットで報告できるという事は
それだけできっと、幸せなんですよ。
こんな毎日を紡げることに、改めて感謝した一日でした。

その後、体重計に乗った瞬間だけは、ものすごく後悔しましたけどweep

« すべり込み賀正 | トップページ | 孤悲するネヴュラ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 オタクイーン様、
 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
 昨年11月よりブログにお邪魔するようになり楽しませていただいています。
 今年は誤字、脱字、妄想に気をつけ調子に乗りすぎないようにします(気持新)

 このお正月、私も実家でカニ鍋したんですよ(笑)一族大集合でした。
 お雑煮はお国柄が出るのでそれも楽しいですね。

 今年はエピソードがありました。
 3つ上の無口な兄と、ひょんなことから怪獣映画の話になったんです。
 すると、兄がしゃべるわしゃべるわ(唖然)
 そんなに覚えてたの?と驚きました。
 本田猪四郎監督のことまで語るとは予期しませんでした。
 いつも彼とは話題に困ってたんですが(笑)
 来年も怪獣映画の話で盛り上がりたいと思います。
 昭和の少年少女たちにどれほどの影響を与えたかはかりしれませんね。

 

 かたつむり様 明けましておめでとうございますfuji
 いやーもう、誤字脱字妄想、今年も存分にやっちゃって下さいhappy01
 私なんてもう、記事もコメントもひどいものですからcoldsweats01

 かたつむりさんも、カニ鍋を楽しまれたんですねcancer
 カニなんて高級食材、私はめったにありつけないですから
 ここぞとばかりに頂きました。
 「カニを食べてる時って無言になるよね」と従弟の奥さんに言われ
 笑ったのも楽しい思い出ですhappy01

 お兄様も、怪獣映画にお詳しいんですね。
 会話が盛り上がって何よりです。
 私たちの世代にとって、きっと怪獣映画は
 共通した原体験だからでしょうね。
 私も二歳年下の従弟と特撮映画の話をすると
 他の親類置いてけぼりで、マニアック一直線です。
 まーお互い、同じオタクの血が流れてますから
 無理もないんですがcoldsweats01

 拙ブログでも今年はまた、怪獣映画の話題など振りますので
 変わらぬお付き合いを、よろしくお願い致しますhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/32832402

この記事へのトラックバック一覧です: 元日はメタボ一直線:

« すべり込み賀正 | トップページ | 孤悲するネヴュラ »