2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の記事

2010年1月31日 (日)

フランクと横柄のボーダー

今回のお話は、mixi日記からの逆アップです。
mixiニュースで、ちょっと興味深いコラムがあったものでhappy01

20代を中心としたらしい女性へのアンケートで
そのお題は「これまでに幻滅した、彼氏の行動は?」というもの。

他愛ない記事でしたが、ちょっと思うところあって駄文をしたためましたhappy01


女性の社会進出や、男女同権的な意識が浸透しつつあるとはいえ
デートという特殊なシチュエーションは、
未だに、男性が女性をリードすべき立場である事を強要されますね。
これは私のような特殊な存在には、なおさら強く感じられます。
まー最近の若年層はまた別でしょうが、デートの時は男性に従う。
これも一つの、女性の美徳と考えるわけです。

これは別に楽をしようとか、控えめなポーズを演出しているわけではなくて
あえて男性のリードぶりを見ることで、彼の性格や度量を推し量ろうとする
女性の本能的行動とも言えるわけですねほっとした顔


世間の男性からはほとんど相手にされない私ですが涙
これまで、デート経験が皆無だったわけでもありません。
で、前述の通り、やっぱり私も古い女なものですからあせあせ
やっぱりデートのリードは、彼に任せるのが常でした。


彼にリードを任せる。それはつまり、一緒に出かける外出先では
男性の判断が二人の総意と、周りからは見られやすいです。
つまり、男性がぞんざいな行動や恥ずかしい言動をすれば
連れ立っている女性も、その言動を認めていると
世間的には思われてしまうわけですね。

そういう意味で、二人は一種の運命共同体。
いやおうないその環境が、デートの醍醐味とも言えますが
だからこそリードを取る男性の判断が
今後の二人の命運を握るとも言えるわけですうれしい顔

私が書くと、なんか堅苦しい言い回しになっちゃいますがあせあせ
男性の恥ずかしい行動を女性が嫌がる背景は、そこに尽きると思います。
男性読者の中には、「やめてよ。私まで一緒と思われちゃうよ」なんて
デートで彼女に言われた場面もおありと思いますが
女性が男性の人前でのモラルやマナーにこだわる理由は
それだけ女性が、男性のリード次第で社会的評価が
決まりやすいからなんですね。


それを前提において、このニュースのランキングを見てみると。

Q、これまでに幻滅した彼氏の行動は?
1位 食べ方が汚い 30.2%
2位 差別的な発言をする 29.1%
3位 金銭感覚がケチ 28.6%
3位 道にゴミを捨てる 28.6%
5位 店員にエバる 26.4%


この順位が、実に真っ当な女性の気持ちを表していることがわかります。
いや実際、私もこの1位から5位には大いに納得。
コレを人前で全てやられたら、顔から火が出るほど恥ずかしいですふらふら

自分の事を棚に上げて、女はズルいなと思われるでしょうから

先に言っておきますとあせあせ
結局、男性の女性に対する評価も近い物がありますよね。
やっぱりゴミのポイ捨ては社会人としてNGだし
差別発言や店員さんにエバるのも男女の区別無く
人間的レベルの問題と思いますし。
ただ前述の通り、男性仕切りのデートの場合は
男性の言動が二人の総意と見られやすいので
男性側が目立つという事なのでしょう。

でも個人的には、1位の「食べ方」や3位の「ケチ」なんて
別に人前でなければ、全然OKだったりします。

自宅での食事に気取る必要なんてありませんし
意味や目的のあるケチなら、かえって前向きな姿勢ですしねうれしい顔
困るのは、ファミレスであっても食べ物をお皿からこぼしまくるとかあせあせ
支払いの段になって、レジで店員さんを待たせておきながら
割りカンを強要するなど
人前でのマナーの部分なんですよね。

なにも、デートでは男性が支払うのは当然なんて思っていませんが
レジでもめるのって店員さんや後のお客さんを待たせるし
やっぱりみっともないでしょふらふら


以前にレストランでのデートで
食後、女性が化粧室に立った隙に支払いを済ませ
レジで女性に気を使わせず、実にスマートにエスコートをこなした
男性の逸話を 、何かの本で読んだことがあって

(実体験じゃないのが悲しいですがあせあせ
その後私は、女性の友人との間でもこの手を使い
おごりおごられの引け目を感じさせないこのテクニックの秀逸さに
感服した覚えがありますうれしい顔
帰りにレジを通り抜ける時、事情を知らない友人の
「えっ?もうお金払ったの?」という怪訝な顔を見るのが楽しくてうれしい顔

まー考えてみれば、この手のテクに通じる事は
スタッフを連れまわすロケ先の食事時に、いつも行っているんですがうれしい顔
決して、気取って食事をすることを望んではいなくても
そういうちょっとした気遣いが、人間関係の潤滑油なんですよウインク


でもそうした気遣いは、テクニック的な側面もありますから
それらを覚えることで、なんとかなる事が多いですが
難しいのは前述の人間的問題、「差別発言」や「エバり癖」でしょうね。
これはテクで治る事が難しい。先天的なものですから。
人間の本性って、そういう所に出ますよね。


昔のお話で恐縮ですが、以前つきあっていた男性は
その部分の人間的完成度が、非常に高い方でした。

卑屈にも高飛車にもならず、人との接し方が実にソフト。
デートで立ち寄ったお店のスタッフにもフランクに接していながら
決して、それを横柄には感じさせないのです。

なぜなんだろう。私はいつもそれを不思議に思いながら
彼の背中を見ていたものです。


でも、彼とお店スタッフのやりとりをよく聞いていると
どうやら彼の人当たりの秘密は、その心根にある事が分かってきました。
彼のフランクさは、相手に対する信頼や愛情の表れだったんですね。
それが相手にも伝わるから、相手も嫌な気分にならない。

ちょっとした言葉の抑揚や言葉尻に、そういう優しさが溢れていたからです。

これは簡単なようで、非常に難しい事なんですね。
それこそテクニックではなく、にじみ出る人間性によるものです。
こればっかりは偽りようがなく、はっきりと出てしまいます。
同じ言葉を発していても、それが愛情によるものか
横柄な態度によるものかは
受け取る側には、痛いほどよく分かるもの。
単純に言葉を選べば良いというほど、人間関係は浅くはないと
いう事なのでしょう。


でもその『フランクと横柄のボーダーライン』って
いったいどこにあるんでしょう?
同じ言葉でも相手によって
なぜその意味が真逆に聞こえてしまうのでしょう?

まー手垢のついた言い方ですが、それも昔から言われている
「相手の立場に立って考えられるかどうか」なんでしょうね。

いかにお客とお店スタッフという関係であっても
越えてはならない一線があると。
その一線までは「フランク」。そこを超えた時に「横柄」という印象を
与えるのかもしれません。

そこを配慮し
「その言葉をその言いまわしで、自分が言われた時にどう感じるか」
を思いやれる余裕を持つ事が
人間同士の距離感を、最適に保てる秘訣なのでしょうね。


なんとなく思いますが、彼氏の「差別発言」や「エバり癖」に対する幻滅って
『男性』としてと言うより『人間』としてだから、より大きいわけです。

そんな偉そうな事を言っていながら、私もそれが下手で
いつも失敗ばかりしています。ホントに下手なんですよ涙
リアルの私を知る方なら、きっとご存知と思います。
日々反省していますので、どうぞ温かい目で見てやって下さいあせあせ

自分がそうですから、余計感じるんです。
フランクではあっても、決して横柄には聞こえない物腰を保つ。
この目標は、決して男性だけに求められるものではなく
全ての人間関係の、要なのかもしれませんねほっとした顔

2010年1月30日 (土)

緋牡丹夜汽車

ここ数日、DVDレンタルで見た主な映画は

プレステージ(2006年アメリカ クリストファー・ノーラン監督)
アイアンマン(2008年アメリカ ジョン・ファヴロー監督)
ノウイング(2009年アメリカ アレックス・プロヤス監督)
G.I.ジョー(2009年アメリカ スティーブン・ソマーズ監督)
緋牡丹博徒(1968年東映 山下耕作監督)
夜汽車(1987年東映 山下耕作監督)


の六本です。
念のため「最後まで鑑賞できた作品」と注釈を付けさせて下さい。
他にも、数多くの作品をプレーヤーのトレイに乗せたのですが
ほとんどは開始10分程度で我慢できず、残念ながらリタイアしてしまいcoldsweats01
ダメですねー。最近はこらえ性がなくてsweat01
映画に乗る、作品世界に浸るという事が
昔より確実に下手になっている事に気づきます。
作品によってはファーストカットを見ただけで
乗れるか乗れないかが決まってしまう。
何なのでしょうか。この感性同調の難しさはcoldsweats01


まー私の場合例外はあれど、主に映画は監督で選びます。
「プレステージ」は衝撃作「ダークナイト」の監督、クリストファー・ノーランですし
「ノウイング」は独特の作品世界の構築が好みにピッタリな
「ダークシティ」の監督、アレックス・プロヤス。

失礼にも「アイアンマン」「G.I.ジョー」の監督は存じ上げませんが
コレらは能天気ヒーロー物の勉強という意味で見た作品なので
ちょっと意味が違いますねsweat01
そんな中「アイアンマン」なんか、意外に私の好みにピッタリの作品世界で。
拾いものって、こういう作品を言うんだなあとcoldsweats01

まー私ごときの好みですから、同意も頂けないでしょうがweep

面白かったのは「緋牡丹博徒」と「夜汽車」の奇妙な監督符合でhappy01
この二作、珍しくタイトルだけ見て、監督にはこだわらず借りたんですが
帰宅後、監督が同じ方という事にはじめて気がついたんです。まーおバカcoldsweats01

両作の監督、山下耕作氏は
1960~70年代、時代劇や仁侠映画で名を馳せ
軍人・山下奉文にちなんで「将軍」と呼ばれた、東映屈指の職人監督。

これまで、仁侠映画やヤクザものには全く食指が動かなかったのですが
今回、たまたまお試しで見た「緋牡丹博徒」。コレがまた面白いhappy02

藤純子の名を一気にメジャーにし、シリーズ化されただけのことはあります。

私と同じく、任侠映画を敬遠される方は多いかもしれませんが
やくざでもヒーローでも、同じ「映画という娯楽」の題材として機能している以上
そこには卓越したストーリー、演出テクニック、演技の冴えがあり
抗争と流血を延々と映し出す、一部の人々向けの作品ばかりではないのです。

以前、「極道の妻たち」シリーズ鑑賞時も感じたのですが
監督の力量差による作品個々の落差は大きいものの
作品によっては、それこそ凡百の恋愛映画など足元にも及ばない
感動展開が待っている場合もありました。


今回の「緋牡丹博徒」の場合も、ストーリー展開の分かりやすさや
カタルシスの作り方、斬新な映像表現(特に、牡丹の花の効果的な使い方は
「ミロガンダの秘密」を超えたのでは)
などなど、食わず嫌いだった私が恥ずかしいほど
本当に見所が多く、全編勉強しっぱなしhappy02

やっぱり語り継がれる名作って、どこかしら光るものがありますね。
人間、一生勉強とはいえ、やっぱりヒーロードラマだけ見ていちゃ

そのジャンルの中でしか物事を語れませんから、こういう勉強も必要ですね。
未見者には未知の世界が、別ジャンルの作品には広がっているのです。
また逆に、ヒーローとは関係ないこういう作品に触れるからこそ
ヒーロージャンルを外から見ることができる。

離れて見なければ、分からない事だってあるわけです。

で、さらに面白かったのが
「緋牡丹~」の後に見た「夜汽車」でした。
前述の通り、私はこの作品が山下耕作監督作とは知らなかったんですが
いざ見てみると、これが泣ける泣けるcrying
原作は宮尾登美子の短篇小説ですから、堂々たる文芸作品なんですが
それにしたって、十朱幸代や秋吉久美子、萩原健一ら
’87年当時の邦画界を代表する俳優陣の個性をあそこまで引き出し
しかも大作のスケール感に加え、格調まで漂わせる手腕はタダ者じゃない。

確かに、女性映画としての側面も否定できませんが
それを補って余りあるドラマの迫力が、この作品には満ち満ちていました。


正直、見終わった後は
ラスト近くの演出の冴え、十朱・秋吉・萩原の火花を散らす演技合戦に
打ちのめされてしまって、「こういうのがホントのドラマだよねえ」なんて感慨も。
ここまで重厚なドラマを見た後では、どんなヒーロー物も
高級懐石料理の後のうまい棒みたいなもんだなーとcoldsweats01

まー懐石料理もうまい棒も、それぞれに違った美味しさがありますから
私はどっちも大好きですがhappy01

でも一つ思ったのは。
名匠と呼ばれる監督は、どんなジャンルの作品も上手くこなすなーという事で。
そりゃーご本人にも得手不得手はあるでしょうが、
どんなジャンルだって、ストーリーを面白く見せる演出の基本は同じで
その才能に長けている監督は、何を撮っても水準以上になるという訳です。

同じ監督が、仁侠映画と女性映画という真逆のジャンルを手掛けても
面白さは変わらないと。

偶然にも同監督の作品を鑑賞したことで、その感を強くしました。
やっぱり映画は、監督で見なければいけませんね。

分かっていたことですが、まさかここまで思い知らされるとはhappy01

「緋牡丹博徒」シリーズ制覇という新しい楽しみが、また出来ました。
他にもCSチャンネルでは駅前シリーズ特集、成瀬巳喜男特集、
岡本喜八特集などなど、不勉強だった私に最適の作品が目白押しです。
先日も成瀬作品「流れる」(1956年東宝)に於ける
山田五十鈴さんの、卓越した演技にビックリ。

後の仕事人時代を見て、分かったような気でいた自分が恥ずかしいですweep

こりゃ監督含め、一から邦画を勉強し直しですね。
まー楽しい楽しい勉強ですがmovie

2010年1月29日 (金)

Choo Choo TRAIN

Photo










どーも最近はホビーオフづいててさ。また行ってきちゃったよcoldsweats01
さて問題です。今日のお宝はなんでしょう?

もうちょっとみえてるけどね。またあれ?sad


Photo_2
当たり当たり。ダブル民ちゃんの豪華セットだよhappy01
前のさくらいろを買った時に、買おうかどうか迷ったんだけど
今月は生活費の出費が少なかったから、自分へのごほうびという事でhappy01

ぐれいとクリスマスタイプだよ。
くりすますはすぎちゃったぢゃん。ま、かわいいからいいけどねsmile


Photo_3










さくらちゃんを加えて、三つ並べてみました。
それぞれ少しずつ、ポーズやデコレーションが違うんだよね。
頭のゆれ具合がもう、なんともゆるくていいわあlovely

うーんわたしに、あたらしいいもうとができたみたいだよ。
まーキナちゃんに似てるしね。ひだまり四姉妹と呼んであげようhappy01



Photo_4
こんな並びはどう?ちょっとEXILE風フォーメーションsmile
きょうのたいとるはそういういみ?ねずみだけにってことでgawk
ま、いいじゃないベタで。私はZOO世代なんだけどnote
(さっそくパソコンまわりに置い

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ

2010年1月28日 (木)

赤い大物

えー前回のお話で、格安で落札したヤフオクのお宝。
今日、お昼過ぎに届きました。なんと落札の翌々日!佐川急便恐るべしhappy02


Photo
でたっ!コレですhappy02
おもちゃ雑誌の老舗、ハイパーホビー2003年5月号の
誌上限定版・CCP製のジャイアント三つ首竜です。
ご覧の通り、ハイパーホビーの現物も手元にあったので、並べてみました。
いやーこの雑誌、普段私は買わないんですが
三つ首竜の表紙欲しさに、この号だけ手にしちゃったんですよねー。

あれから7年弱。まさか今、この三つ首ちゃんに再会できるとはhappy01

Photo_2

完全誌上限定販売のこちら。
昔のマスダヤ三つ首竜を大幅にスケールアップし
写真のように、黒と赤茶色の2色というラインナップでした。
もともと私は赤い方が欲しかったので
今回は願ったり叶ったりということでhappy01
左ページをよーく見ると、一体の定価が書いてあります。
で、今回は、なんとこの定価の半額以下でゲット!

今でもヤフオク相場は8,000円前後ですから、コレはお得でしたhappy01


Photo_3
右が昔のマスダヤ版。写真は復刻ソフビですがcoldsweats01
較べてみると、左のジャイアント版がいかに大きいかがよく分かります。
なんと全高は、約33cmもあるんですよ。
しかも、ベースとなったマスダヤ版の単純な拡大かと思いきや・・・

Photo_4







よーく見ると、背中のヒレの造形などが全然違う。
似せてはいても、一から原形を作り起こしているんですね。

いやー手間かかってるわー。さすがピープロにこだわるCCP。
ま●だらけのウインドーで見た時から、ただモノじゃないと思ってたけど。
その迫力はダテじゃなかったのねー。
あまりに高額で、トランペットが欲しい黒人の子ども状態で
ウインドーに張りついてたけど、天は貧乏人を見捨てなかったとcoldsweats01

Photo_5












お約束のツーショット。
マーミットのスーパーアクションヒーローズと並べても
まったくひけを取らないこの迫力。

いや正直、ウチのスタンダードソフビ怪獣と並べても
確実に頭一つ、いや三つ出る大ボリュームです。
けっこう重いんですよ。これでこの冬の腕ストレッチ用具は決まりかなとt-shirt

Photo_6
リアルタイプのインスパイア版、ユージン版と並べて、三つ首ファミリーhappy01
でもこうやって見ると、マスダヤ流の怪獣デフォルメが
マルサンやブルマァクのそれとかなり違うことが分かりますねえ。

本物と全然似てないしcoldsweats01
まーコレはコレで良いんですよ私にとっては。
キングギドラのソフビより、私はこのマスダヤ三つ首竜が好きなんですからhappy01
そのジャンボサイズとくれば、もうお宝にするなと言う方がムリ。
ああ何が私を、ここまで熱くさせるのでしょう?

先日のゼロンといい、最近はピープロ物に当たりが多いです。
いや安いという事は、不人気の裏返しなんですがcoldsweats01coldsweats01coldsweats01

三つ首竜の迫力シーンが入った、スペクトルマンのオープニング。
この火だるま三つ首ちゃんは、いつ見ても涙を誘いますweep

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2010年1月26日 (火)

大物一本釣り

Photo

久々にオタクグッズゲットの虫が騒ぎ出し、ヤフオクをうろつくこと数日。

以前から欲しかった垂涎の品を、先ほど落札しましたhappy02

もう私の欲しがる物なんて、他のコレクターさんには見向きもされない
マイナーアイテムばっかりですからweep 
競り合う相手も現れず。
パソコンのキーボード上にキナちゃんを遊ばせ
リミット近くには、入札をこの子に任せようかと思うほど余裕の展開でcoldsweats01
で結局、ありがたくも一本釣り成功という顛末ですhappy01

写真は落札直後の様子。キナちゃんも緊張を解かれ、ちょっと拍子抜けhappy01
まったくこんな平日の夜に、姉妹揃って何やってんだかcoldsweats01

今度のゲットグッズも、私にはかけがいのない逸品です。

あの品がこの値段で手に入るとは!ああ貧乏やっててよかったhappy02happy02happy02
いずれ到着後は、またお披露目させて頂きます。
ちなみにヒントは、この写真のどこかにありますよ。
まー例によって、期待せずにお待ち下さいhappy01

2010年1月25日 (月)

ムラサキ式部

先週後半の暖かさはどこへやら。
すっかり寒さが戻っちゃった今週の名古屋shock

外出するにも、コートは欠かせませんcoldsweats01
でも毎日、ミニスカスーツとOLコートばかりという訳にもいかず。
普段はセーターとGパンでいますので
アウターも、温かいダウンコートを合わせます。
実は昨年末、ユニクロで手に入れたんですよ。使える一着をhappy01


Photo












写真のアップミスではなくcoldsweats01
今日はこのゴジラさんをモデルに、そのコートをご覧頂こうという趣向。
手元の一冊で、読者の皆さんには彼のサイズがお分かり頂けると思いますhappy01
(この本をご存知ない世代も増えてますから、ちょっと怖かったりしますがcoldsweats01

Photo_2

・・・とまあこんな感じ。けっこう似合うでしょhappy01
ひざ丈のレディース用、Aラインのモデルです。
今までブラック系ばっかり着ていて、この冬は斬新な色に挑戦したかったので
このパープルは願ったり叶ったりでした。
他のメーカーと比べ、ユニクロカラーは鮮やかさが違うんですよねhappy02

その分やはり人気色で、見る間に売れていくので
私も気が気じゃありませんでした。
試着に走り回ってほどなくゲット。

Photo_3
後ろから見るとこんな感じ。十二単みたいでしょhappy01
でもコレ、見た目以上に温かくて、普段着外出には大活躍しています。
脱着式のフードも便利ですしhappy01

なにしろミニバイク移動が多い私。
ひざまで隠れる丈じゃないと、寒くて仕方がないんですよ。
そういう意味でも、この一着はすぐれものです。


数日前、まったく同じコートを着た女性とすれ違った時は気まずかったですが
綺麗な方だったので、ちょっと安心しました。
彼女と同じセンスなら、まだ私も衰えていないなーなんてcoldsweats01

Photo_4












いかがですかゴジラさん?
うーん着心地が温かすぎて、抗核バクテリア以来の眠気に襲われたよsleepy
まーコメントは寒いけどcoldsweats01 
コートはこの冬いっぱい、体を温めてくれそうですhappy01

2010年1月24日 (日)

緩急の芸術

久しぶりに、本当に数年ぶりに、リアルタイムで地上波ドラマを見ました。
23日18時55分から放送された
TBS系『ブラッディ・マンデイ シーズン2 第1話』。
前シリーズ共に、今回もコミックス原作のドラマという事で
「これは漫画なんだから」と強く自分に言い聞かせ、最初から許容範囲全開
期待値も限りなくゼロで見たのですが。


このドラマ、10代から20代の視聴者ならきっと惹きつけられ
ひょっとしたらこの作品に魅了されて、テレビ業界を目指す若者が出たって
おかしくないほど、狙ったキャスティングと演出である事は分かります。
また、テレビ制作の現状を知る者から見ても驚嘆すべき程に
バジェット面で今作は、今期TBSの総力戦であり
初回も劇場映画並みに力の入った、超大作感満載の作品と感じました。
前作のヒットによる安全パイ的戦略として、企画も通りやすかったのでしょうが
ともあれ、初回をここまで豪華に彩れるドラマは、そうそう無いでしょう。


でも、見終わって感じたのは
自分が年を重ねてしまったことの、限りない寂しさでした。

何でしょうか。見終わった後のこの空虚感は。

決して、ドラマの作りが悪いわけではありません。
スタッフ、キャストとも、作品には非常に真摯に臨み
その姿勢にはもはや、頭が下がるばかりです。

おそらく今の若者世代にはリアルであろう、人間関係を描いた作劇術。
現代日本で撮影許可が下りるラインギリギリを狙う、アクロバティックな演出。
ややファンタジックなCGIの使い方も、きっと意図されたものでしょう。
そういう意味でも、現時点での地上波の総力戦であるはずなのです。


でも、私の心には全然響いてこない。
登場人物の感情の高揚も、タイムサスペンスのワクワク感も
謎また謎の展開も、まさかまさかのドンデン返しも
「はいはい。よかったねよかったね」のレベルで終わってしまうのです。

これは決して、作品の質が悪いという事ではないんですよ。
あきらかに原因は私の感力の枯渇。
ドラマに入っていけない私の側にあるのです。


まーいつもみたいにお話を長引かせるのも申し訳ありませんから
単刀直入に言いましょう。
私は最近まで、この感力枯渇の原因が分からなかったんですが
ここ一、二ヶ月の経験を通じて、何となく思い当たる点が見えてきました。

要はですね。やっぱり最近のこの手のサスペンス系フィクションは
昔の作品に比べ、明らかにパワーダウンしていると思わざるをえないと。


そう感じる、大まかな原因は二つあります。
その一つは、決して作り手側の責任じゃなく
前述した予算面や撮影条件、放送コードなどの制約によるものなんです。

ですから一概に、作り手を責めるわけにはいきません。

なぜ私が、こんな気分になったかと言いますと。
それはやっぱりここ最近、CSで放送中の
日テレプラス『大都会PARTⅡ』(’77~’78)
『大都会PARTⅢ』(’78~’79)
チャンネル銀河HV『必殺必中仕事屋稼業』(’75)など、’70年代ドラマを

毎日、浴びるように見ているからなんですね。


『仕事屋』はともかく、『大都会』シリーズは
現在、放送コードに引っかかるらしく、地上波での再放送は難しいそうですが
一日1エピソードという高密度で作品に触れていれば、理由もよく分かります。

確かにこれらの作品は、モラルや人道的見地から考えて問題が多く
現代の放送コードからすれば、クレーム発生なども容易に想像できます。
ですから私としても、これをそのまま地上波へなどと考えることはありません。
もう展開など、良い意味でメチャクチャですからね。
『ブラッディ・マンデイ』のテイストを、端正で切れ味鋭いナイフとするなら
『大都会Ⅱ・Ⅲ』なんて、無骨ながら大ナタでぶったぎる感じの野性味でhappy01
そりゃ放送できませんよ。開巻2秒後から銃撃戦が始まるドラマなんてcoldsweats01

またカーチェイスや大規模爆発の無い回の方が珍しいほど
テレビアクションの限界を追求したドラマでした。


ですから、こんなお化けドラマを見て育ってしまった人間が
最近のドラマをパワー不足と感じるのも、仕方ないという事なんですよ。


誤解されがちなのは、それじゃ『西部警察』じゃないのと思われちゃう点で。
コレは声を大にして言いたいんですが。
『西部警察』は『大都会』からドラマ性を排除して
全国各地のタイアップによりアクションをイベント化した
『石原軍団キャラクターショー』なんです。
まるで前期必殺と後期必殺の違いみたいですが、そこを間違えちゃうと
「オタクイーンは、車の爆発シーンだけ見て喜んでるお子ちゃまなのね」
という誤解に繋がると。
まー私がお子ちゃまなのは当たってるので否定はしませんがcoldsweats01
でも作品の方向性、ドラマの描き方において
『大都会Ⅱ.Ⅲ』と『西部警察』はまったくの別物と考えています。


お話がちょっとそれました。
私が現在のドラマにパワー不足を感じる、二つ目の原因ですが。
それは予算や製作体制の差とは別の次元、脚本や演出レベルの問題でした。


余計な説明や、前後のシーンを見ていれば予測できるような展開を
現在のドラマは、懇切丁寧に描きすぎるという点です。

ドラマ側が手取り足取り、視聴者が何も考えなくてもいいように
展開を全て説明してくれちゃうから、見る側に緊張感が生まれない。

「もうわかったからそこは省略して、もっともっと先へ進めばいいのに」と
イライラするシーンが山ほどあるので、私などはダレちゃうんですね。


最初は興味を持つんですよ。「よーし。このドラマに二時間付き合おう」って。
でも途中くらいから
「見る側は次を予想できるんだから、省略して次へ行こうよ」感が強まり
ドラマと見る側のペースが合わなくなってくる。
コッチはF1グランプリ並みの疾走感を期待しているのに
ドラマ側は小学校の運動会レベルのスピードに感じちゃうんですね。
だから、見る側の意識がドラマ側よりはるかに先行しちゃって
足踏みしながら、ドラマの展開が追いついて来るのを
待っているような状況なんですよ。この「足踏み」がまた、疲れるんですよね。
その間にダレちゃって、ゴールなんてどうでもいいかなんて気分になってくる。


『ブラッディ・マンデイ』23日の初回エピソードで、少し例を挙げれば
主人公宅で妹の帰りを待つ朝田あおい(藤井美菜)が、男に捕まるシーン。

あそこは、インターホンのモニターに男の顔が映ったところで
その後の展開なんて、充分に予想できるでしょう?
視聴者はあの男が、すでに敵だと知っているわけですから。
その為、次の玄関の攻防などは「不必要」「時間の無駄」に見えてしまう。

そこまで予想できないほど、視聴者はおバカじゃないよと。

逆にクライマックス、困難なパスワード解析のくだりは
CM明けでいきなり解決、もう判明している。
私はそこをじっくりと見せて欲しかったのに。
要は見せ所を見せず、余計な説明シーンばかりが多いんですね。

その他、あからさまにバレバレの謎展開や(中盤、吉○さんの狙撃死とか)
ラスト近くの逆転劇とか
(「最初からソッチに気づくでしょう!」とツッこんだ方がほとんどかとhappy01)
いろいろありましたが、やっぱり演出的には、丁寧すぎる点が気になりました。
「このドラマ、そういう無駄なシーンをカットしたら、一時間で充分じゃないの?」
二時間スペシャルと銘打っただけに、それだけの内容を期待したんですがcoldsweats01

ただおそらく私も、ここ最近の『大都会』『仕事屋』集中鑑賞がなければ
そこまでこの丁寧すぎる演出に、辛さを感じなかったと思うんですよ。

でも見ちゃったものは仕方がないとhappy01

この『ブラッディ・マンデイ』に限らず、最近のドラマに比べ
’70年代のアクション・サスペンスドラマは、はるかに展開が速いです。
例えば前述の拉致展開などは、余計な説明など一切無く
それを予想させるカットをほんの少し見せるだけで
次のシーンではもう、被害者は敵のアジトに監禁されているhappy01
拉致の瞬間を、視聴者の想像にゆだねている訳です。

これが「ドラマ」じゃないかと思うんですよね。この視聴者との呼吸と言うか
「こんなシーン、ダラダラ見せなくてもわかるでしょ」という
作り手の目配せと言うか。
そういう展開の飛躍もできれば、作り手が見せたい、本当に訴えたいシーンは
コッテリと、視聴者とのガマン比べのごとき濃厚な展開となる。

例えば、爆弾阻止の息詰まる攻防戦というモチーフで言えば
『ブラッデイ・マンデイ』とは比べ物にならないほどのアナログ展開ながら
ドラマの切れ味、緩急の鋭さの点で
『大都会PARTⅡ』第27話『爆破予告』(長谷部安春監督)などは
かなり成功していたと思います。
もしご覧になる機会があれば、タイムサスペンスの秀作とは
こういう作品という事を、感じられるのではないでしょうか。


そういう緩急がドラマの面白さであり、それが視聴者に感銘を与えるという事
じゃないかとも思うわけです。

同時に、この「シーンの呼吸」や「カットのリズム」は文章では伝えられません。
それだけ純粋な「映像のみに与えられた表現」であり、そこへの追求が
脚本の、ひいては演出の真髄とも言えるのです。



ただそこまで分かっていながら、なぜ私が冒頭のような
「自分が年を重ねてしまったことの、限りない寂しさ」を感じたのかと言うと。
結局、昔のドラマの良さをいくら知っていても
現代の視聴者が『ブラッディ・マンデイ』のような懇切丁寧な
手取り足取り演出を「ドラマ」と感じるなら
それに自分の感性が合わない事の方が、逆に不幸なんじゃないかと
思い始めたからなのです。


変に「緩急」や「説明の省略」を知ってしまっているゆえ
せっかくの新作地上波ドラマに、興味をそそられない。
むりやり見ても、やはり今回の記事のような感想になってしまう。
これがテレビの楽しみ方と、果たして言えるでしょうか?
たまたま見たドラマ一本が、ここまで楽しめなかったら
自分はこの先、何をもってドラマの未来を追及していけばいいのかと。
自分が面白いと思うドラマ演出が、現在の視聴者のニーズとずれている。

この恐れを、非常に感じるわけです。


この恐れは根深く、払拭する事は難しいでしょう。
果たしてドラマは、緩急や省略の芸術ではないのか。
それともドラマは時代と共に、加速度的に視聴者から
「考える力、想像の喜び」を奪い去って行く方向性なのか。
皆さん、どう思われますか?

(と珍しく、オチは省略して終わりますhappy01)

2010年1月22日 (金)

ひまわりの民

Photo
昨日までの暖かさはどこへやら、冬の寒さが戻った今朝の名古屋。

毎朝、ケージの飲み水替えと同時に
キナには朝食として、ひまわりの種をあげています。
肥満防止の為、毎朝六粒という厳重な栄養管理。
ひまわりの種はハムスターの大好物なので、与えすぎは食べ過ぎにつながり
良くないのです。

おねえちゃん、となりのたみちゃんはごはんいらないの?
たみちゃんは太陽がごはんだからね。あんたみたいにガッつかないけどsmile
そういうおねえちゃんも、おしょうがつぶとりがもどらないっていってたじゃん。
うっsweat01 心が痛いsweat02 あとマイナス2㎏のハードルがこれほど高いとはweep
だめだよきょうもおかしをひかえて、うぉーきんぐをがんばらなきゃsmile
うーむこの光景が拷問に見える。キナちゃん、一粒くれない?coldsweats01

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ

2010年1月19日 (火)

豪遊ホビーオフ

Photo










おねえちゃん、またなんかかってきたの?

あ、見つかっちゃった?キナちゃん今日はすごかったよーhappy01

Photo_2












暖かかったからさー。ちょっとミニバイクでホビーオフまでお出かけ。
久しぶりに行ったら、まーこれが大漁でhappy02

またーむだづかいばっかりsad だめぢゃんへんなものかっちゃあpout
いやそれが、安いものばっかりなのよ。
よーし今日は特別に、値札をつけたまま見せてあげよう。
お姉ちゃん流オタクグッズ節約術。ビックリするよキナちゃんhappy01


Photo_3










まずはコレかな。ペコちゃんとポコちゃんのマグカップ。
なんと
一個105円だよhappy02
ミルキー誕生50周年記念の、ちゃんとしたプレミアグッズなんだからhappy01
おおーかわいいねえ。これでここあとかのんだらおいしいだろうねえhappy01

Photo_4












次はコレ。癒し系グッズの超ヒット商品、ひだまりの民。
あたまをゆっくりふるやつでしょー。わたしでもできるのに。
いやキナちゃんとはまた違った可愛さがあるぢゃない。
いろんな種類があったけど、春をイメージしてさくらいろを選んでみました。
コレが
420円だもんねえ。まだ現行商品なのにhappy01

Photo_5











次はコレだけど、なんだかわかる?
あ、おねえちゃんのくるまだhappy01
そうそう。愛車ミラ・ジーノ。この車のミニカーが意外に出てなくてさーsad
デフォルメモデルながらようやく見つけたのよ。私のとは色も違うけどねcoldsweats01

いいぢゃないかわいくて。まるいところもわたしににてるし。
そうそう。しかもコレまた、420円だよhappy01 で、いよいよ次がメインイベント!
今日最大の収穫グッズがコレ!


Photo_6















・・・・・
あらっ?なにその醒めたリアクションは?
おねえちゃん。これはどうなの?ながれてきに。
いいぢゃん。私の必殺好きは知ってるでしょ。
発売当時はそれほど欲しくなかったんだけど、とりあえず必殺グッズだしね。
しかもあなた
210円だよ。この傷無しパッケージでhappy01
秀や勇次は要らないけど、八丁掘のダンナがこの価格なら買いでしょうhappy02


Photo_7















うーんでも、ぺこちゃんからなかむらもんど・・・

いやーこういうものよ。オタクの守備範囲なんて。
もっと広い人の方が多いんだからhappy01happy01happy01
それよりキナちゃん、これだけ買って合計、
1,260円だよmoneybag
すばらしい倹約術!オタクグッズで身を持ち崩すことだけは無いねhappy02

こういうちえをおしごとにいかせれば、もっとしゅっせするんだけどsad

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ

2010年1月18日 (月)

輝く月はフルムーン

さてエントリー頂いた皆さん、結果をお待ち頂いた奇特な皆さん
お待たせしましたhappy01


前々回の「ネヴュラ」、mixi連動企画

「粋な男はどう答えたか」

http://spectre-nebura.cocolog-nifty.com/cultnight/2010/01/post-ddab.html

の正解篇、と言うか
新郎が口にしたセリフの発表です。

これは実話であり、創作クイズではないので
どうも「正解」という言い回しが、しっくりこなくてcoldsweats01

例によってこの記事は「ネヴュラ」、mixi日記の両方にアップされています。


ともあれ、難しい穴埋めセリフに
果敢にコメント頂いたお仲間の皆さま、本当にありがとうございましたhappy01
この場をお借りして、深く御礼差し上げますhappy01happy01happy01

結論から申し上げれば、皆さんから頂いたコメントにあったセリフは
全て、ほぼ正解なんですhappy01

こういうのは、細かい言葉の違い云々まであれこれ言っちゃうと
正解なんてありえませんから、個々で多少のブレはあっても
エントリーコメント全員が正解と判断して、良いと思います。
重要だったのはセリフの意味、ひいては新郎の思いでした。
それが狙いを外していなければ、多少の言い回しの差は許容範囲という事で。



ただ、私がその披露宴の席で耳にし
女性客全員がメロメロになった新郎のセリフは
正確に言えば、頂いたコメントのいずれでもありませんでした。

しかも正解には、私だけの琴線に触れたかもしれない
非常に重要な言葉が含まれていました。

その言葉の意味は、頂いたコメントほぼ全員の解説に含まれていましたが
新郎は、そのニュアンスを最も簡潔に言い表していたのです。

前置きが長くなりました。ではご覧下さい。
披露宴の席で『Fly Me To The Moon』をサプライズプレゼントした
ジャズシンガーの新婦に向かって、新郎はこう答えたのです。


木星や火星は無理かもしれないけど
いつか一緒に、月へ行きましょう。』



いかがでしょうか。
これが一言一句間違いのない、新郎のセリフです。
まー設問の段階で、正解はほぼお察し頂けたでしょうから
それほどの意外性は無かったと思いますがhappy01

でも、サプライズで歌われた曲に合わせて
アドリブでここまでのセリフを返せる新郎って、スゴいと思いませんか?

さすが、ジャズシンガーの新婦を娶った旦那様ですね。
まさに夫婦の息はピッタリという事でしょうhappy01



このセリフで私が最も感動したのは、「いつか」の後にある
『一緒に』という部分です。
さすが回答者の皆さんは、この「一緒に」を回答に入れていなくても
その後の解説に、新郎の思いを綴って下さいましたね。
まさに私も、皆さんとまったく同じ思いです。

要はこういう事です。
確かに『Fly Me To The Moon』という曲の内容に合わせれば
前半の穴埋め「木星」「火星」、後半の「月へ」あたりの単語は
簡単に導き出せるはずなんですよね。
ただ、この『一緒に』だけは、意味合いが違います。
まさに、大リーグボール2号の正体が魔送球である事はすぐわかっても
ここだけは分からないという、「肝」の部分ですねhappy01


もうお分かりでしょう。つまり新郎はこの『一緒に』という言葉に
「人生」と「目標」という、二つの意味を込めているんですね。


「人類の月旅行実現までには、まだ長い時間がかかるし
二人とも年は取るけど、その人生を一緒に過ごそうよ」
「そこまで添い遂げられたら、一緒に月へ行きたいね」
きっと『月』は、こんな思いの象徴なんですよ。


ですからこの『月』は二人にとって『ハネムーン』ではなく
むしろ添い遂げたご褒美、『フルムーン』なのかもと、私には思えました。
な、なんて優しい旦那さま。
そりゃ会場内の全女性が、涙を絞られるわけですわweepweepweep

さて。いかがでしたでしょうか。
さすがエントリー頂いた皆さん、言い回しは違っても
新郎の思いは見事にお察し頂けたようですね。
返す返すも、本当に感謝致します。
やっぱり真実は強し。
作り話にはない重みが、このセリフにはこもっていたと信じたいですhappy01



繰り返しますが、これは実話です。
小説やクイズ用の創作ではないので、ドラマの名ゼリフのように
芝居がかっていないのは、ある意味当たり前で。
逆に現実の場面で、あまりに出来すぎたセリフは
かえって浮いてしまいますしね。

「このセリフ、感動的とは思えない」というご意見もおありかもしれません。
まー感性は人それぞれですから、感動を強要するわけにはいきませんしね。
私はこのセリフに涙を誘われた、涙腺の緩いおバカという事でcoldsweats01

でももし、クオリティーやレベルの点で苦言を呈されるなら。
よくお考え下さい。これ、全文がアドリブですよ。
自分の披露宴の席で、サプライズで「私を月へ連れてって」と歌われて
その直後、ここまで粋なセリフが即答できますか?

虫食いの出題を、パソコンの前でウンウン考えて
穴埋め部分の単語をやっと思いつく、という行程ではないわけです。
新郎と設問を読む側では、最初から考えるスタンスが違う。


このセリフをゼロから発想した新郎に対し
そういうご意見を持たれる方は、「虫食い」という80%のお膳立てに乗って
残りの穴埋め部分、20%を考えたに過ぎないわけで。
それを正解だけ見て、大した事ないと感じられた方は
新郎に対して、失礼と言わざるをえません。


私はそういうお考えを、どうしても上から目線と感じてしまう。
自分の発想は20%に過ぎないのに、100%と勘違いしてるんですね。

私はそういう方に、このセリフ以上の名文句をゼロから発想できるの?と
お尋ねしたいです。

昔からの私の主張「自分が出来ないのに批判だけするのは卑怯」
そういう意味なんです。


もし正解にご不満なら、穴埋め設問の前の段階
セリフ全文の出題記事の時点で、先に正解を超える回答をされてから
批判して頂かなければ、後出しジャンケンみたいになりませんか?

作品への不満は作品で返して欲しい。そのチャンスはあったはずですしね。
あくまでもフェアに行きましょう。
そんな風に、新郎擁護派の私などは思います。

お話の方向がちょっとそれてしまいましたが
それも全て、オリジナリティーへの敬意によるものです。
そこを分からない方のどんな批判も苦言も、私は認めることはできません。
それは頑固というよりむしろ、クリエイターの意地なのですhappy01



この披露宴から、すでに5年近くが経ちました。
ご夫婦は今、どんな暮らしをされているのでしょうか。
あの優しい旦那さまなら、奥さまもきっと幸せでしょう。
もうお子さんも、いらっしゃるかもしれませんね。
そうか。あの時のご主人の「一緒に」というセリフには
あるいはお子さんやお孫さん、ご家族一同まで含まれていたのかも。

彼が「二人で」と言わなかった理由が、ようやく分かりました。

滑るように月面上空を飛ぶ宇宙船の窓から
楽しそうに顔を覗かせる子どもたち。
それを見守るのは、幸せな年を重ねたご夫婦。
そんな光景も、夢ではなくなってきました。
ただ想像する宇宙船が、どうしても小松崎デザインになってしまう
私のような古いオタクには、月旅行は間に合わないかもしれませんがweep

2010年1月17日 (日)

隠れとキナ

Photo











久々に暖かかった今日の昼下がり。
ウォーキングの足取りも軽く。


Photo_2











いつもの池の鳥さんも、気持ち良さそうにひなたぼっこ。


ところがその一羽が、急にキョロキョロしだしたかと思うと・・・

Photo_3
『キナちゃんみっけ!』

Photo_4 















あれっみつかっちゃったーcoldsweats01
ちゃんとかくれたのに~weep

キナちゃんそれは・・・
見つけて下さいと言わんばかりのきれいなおしりだよcoldsweats01
おとぼけぶりも、すっかり板についてきた感じで。
お笑いキャラとしての今後の成長が楽しみだわ私はcoldsweats01
(キナはラップやトイレットペーパーの芯にもぐりこむのが大好き。
今日もこうやって遊んでましたhappy01

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ

2010年1月16日 (土)

粋な男はどう答えたか

前回の「ネヴュラ」、mixi日記連動企画

http://spectre-nebura.cocolog-nifty.com/cultnight/2010/01/post-7bd6.html
でお話した、『新郎のセリフ』ですが。

これ、私の話術があまりに下手すぎ
設問のハードルも高すぎたようで
この日記アップ時刻現在、「ネヴュラ」、mixi合わせて
コメントエントリーがゼロ、完全な企画倒れというありさまでしたあせあせ

まーそうですよねー。その後、親しい友人にも口頭で出題したんですが
当人も腕を組んで「うーん」と唸ったまま、一言も出なくて冷や汗
そのリアクションを見るにつけ
やっぱり設問形式に問題があった事がわかりました。
まーこんなもんですよ。だからクイズ番組の構成が下手なんですよね私涙

でもこの新郎の一言は
はい解答篇ですとバラしちゃうには、あまりにも惜しいほど
素晴らしいクオリティーでしたので
正解はちょっと出し惜しみして
もう一回だけ、果敢なエントリーをお待ちすることにしましたうれしい顔


ごめんなさいね。もったいぶっちゃってあせあせ
ただこれは決して、コメントゼロの状態が不満なんじゃなくて
私の、新郎さんへの敬意からです。
なんか普通の発表の仕方じゃ、感動をくれた新郎に申し訳ないんですよ。

それだけ私が、その一言に惚れこんじゃったという事ですね目がハート
やっぱり宝物のお披露目には、注目してもらいたいでしょ。
この一言は、発表を引っ張るに値する宝物というわけですうれしい顔



でも、いたずらにエントリーを募ったって
コメントゼロの状態が続く事は変わらないと思うので
私も猛反省して、ちょっと発表形式を考え直しましたあせあせ

要は、前回の出題が難問だったのは
『セリフ全文を考えなきゃいけなかったから』なんですね。
そりゃー難しいわけですよ。私だって答えられません涙


これをどうすれば、より答えやすくなるか。
それは簡単な事でした。

『虫食い』にすりゃいいぢゃないの。


まーおバカ。そんな事にも気づかなかったなんてあせあせあせあせ
というわけで、何の未練もなく方式転換。
ここで発表形式をガラリと変えて
新郎のセリフを、虫食い形式でご覧頂きます。

皆さんは()内の部分だけを考えればOKという
まさに私のいい加減な日記にしか出来ない、変化球発表ですうれしい顔


というわけで、さっそくご覧頂きましょう。
シチュエーションは、幸せな二人が人生で一番の輝きを見せる
結婚披露宴の席。
ジャスシンガーの新婦に『Fly Me To The Moon』の生歌を
サプライズプレゼントされた新郎は
歌の直後、その感動を新婦にこう伝えたのです。


『(  )や(  )は無理かもしれないけど
いつか(        )ましょう。』



うわー今思い出しても鳥肌が立っちゃう目がハート
披露宴の全女性客の目がハートになったんですから
私の感覚は、間違ってはいないと思います。
そういう事です。女性は弱いんですよ。こういうセリフに目がハート
これは小噺でもなんでもなく、私も目撃した実話ですから
変なヒネリも、オチもありませんようれしい顔

前回のお話の通り、このセリフの()部分は
『Fly Me To The Moon』という曲の歌詞を
ご存知なら、すぐにお察し頂けると思います。

ちなみにその訳詞は、前回の日記をご参照下さい本
なんかもう、ここまで言っちゃったら
正解を発表しちゃったようなものですけどあせあせ

さあ皆さん、()部分にセリフを入れて頂き
「なるほど分かった!」「いやコッチの方がロマンチック」
「笑えるセリフに変えてみたけどどう?」
「私が参列した披露宴では、こんな感動セリフがあった」
みたいなご意見がありましたら、どうぞお寄せ下さい。

オタクイーンはベタが好きなのね~みたいな呆れコメントも
お待ちしています。
いや実際ベタ好きなんですよ。
『ALWAYS 三丁目の夕日』で号泣するキャラですから私あせあせ

でもまー決して、ご無理なさらないで下さいね。
このセリフをご想像頂き、その時の光景を思い浮かべて頂ければ
それで充分なんですようれしい顔
なんか、こういう手間をかけないと
その新郎さんに申し訳ないという
私の勝手な、自己満足みたいなものですしねcoldsweats01

ちなみにこの記事も「ネヴュラ」、mixi日記の両方にアップされています。
いつもながら同じ文面を、別メディアに書く意義も
今ひとつ掴めませんが、その模索そのものに意義があるという事でcoldsweats01


特に締め切りは設けませんが、もし一通でもコメント頂けたなら
いずれ、「ネヴュラ」で完全正解と、そのセリフへの私の思いを
お話し致します。
もしまたコメントゼロなら・・・
正解は私の心の中だけに秘めて、皆さんには永遠の謎としましょうか。
まーイジワルな私あっかんべー 
『ダークイーン』とでも呼んで下さいうれしい顔

2010年1月15日 (金)

粋な女はこう誘う

さて今回は久々の、「ネヴュラ」、mixi日記の連動企画です。
とはいえ、例の「○○ベスト6」とかじゃありませんが。
今回はちょっとしたコイバナ、女子トークにひっかけた
創造力、シナリオ力テストです。
期待された皆さん、ごめんなさいcoldsweats01
ちょっと長いお話ですが、おヒマでしたらお付き合い下さい。



昨年から「草食系男子」「肉食系女子」なんて言葉が話題になっていますよね。
でも恋愛に関しては、依然として男性が誘う側というイメージが
根強くあります。
女性の方が正面きって男性を誘う光景なんて
めったに見られないわけですが
私は以前、やや特異なシチュエーションながら
実に感動的な口説きの光景を目にしました。

ただこれはまあ、舞台が舞台ですから実現した名場面。
ある種、ズルいとも言えますがあせあせ
なおこのお話は、全て実話である事をお断りしておきますほっとした顔



まーバラしちゃえば、そのシチュエーションとは
結婚披露宴の途中だったんですうれしい顔
で、新婦が新郎にプロポーズしたと。ね、ズルいでしょあせあせ

すでに二人は両思いの上、舞台は幸せの絶頂ステージ。
極めて特殊な場面なんですよ。
実戦で使えるかもと期待された女性読者がいらっしゃったら
ごめんなさいねあせあせ


でもこんな、二人がどんな甘い言葉を囁き合っても許される
部外者にすれば「勝手にやってれば」と言いたくなるシチュエーションでも
この時の、新婦の口説き演出は実に素晴らしいもので
目撃後何年も経った今も、こうして日記に書きたくなる程だったんです。


ただこの演出も、新婦の特殊な才能がなければ
絶対に実現しなかったでしょう。

新郎新婦とも、共に年齢は二十代後半で
いわゆる大人のウェディング。
披露宴の雰囲気も洗練されていて、よくある友人のおふざけスピーチや
恥ずかしさの塊のような馴れ初めビデオなどは、一切ありませんでしたうれしい顔


ずいぶんカッコいい披露宴だなーと感心していた私でしたが
それもそのはず。
件の新婦の職業は、夜ごと地下のジャズバーで
自慢の喉をふるう、ジャズシンガーだったのです。

外見や物ごしの端々に、酸いも甘いもかぎわけた大人の女性を感じさせ
実に魅力的。
モデル並みのプロポーションを包んだ、ドレスのセンスも抜群です。

もうこのあたりで、私たち常人にはマネできない展開が予想できるでしょ?
その通りです。もうあなたの予想そのままあせあせ
なんと新婦はサプライズ演出として、一生に一度という披露宴の席で
とっておきの一曲を、新郎に捧げたのでした。

手紙などベタな手じゃなくて、歌ですよ歌。プロの歌ほっとした顔


伴奏も皆無、魂を震わせるがごとくアカペラで披露した渾身の曲は
ご存知、今も延々と歌い継がれるスタンダードナンバー
るんるんFly Me To The Moon』。

エヴァファンの皆さんは、ここでやっと自分の守備範囲と
胸を撫で下ろされたかもしれませんがうれしい顔
でも会場を酔わせた新婦のヴォーカルは
あのエンディングのようなお子ちゃまテイストはずいぶん違う
大人の色気に溢れていましたけどねうれしい顔


その歌詞の日本語訳は、要約すればこんな感じ。
皆さんもご存知かもしれませんが。



私を月につれてって
そして星たちといっしょに歌わせて
どんなものか私におしえて 木星と火星の春がどんなものか
だからねえ 私の手を握って
だからねえ 私にキスして



どーですか、このロマンチックな歌詞目がハート
本番まで一切知らされず、突然この歌詞を捧げられた新郎の心持ちを
想像してみて下さい。

しかも、カラオケでちょっと上手い程度の歌唱力じゃないんですよ。
なにしろ新婦はプロのシンガー、それに自分の披露宴という
最高の舞台ですから、その歌声は過去最高のクオリティーなわけで。
まさに新婦はこの歌で、新郎にプロポーズしたわけです。


あるいはこの歌は、私たち部外者が知りえない新郎からのプロポーズへの
新婦からの答えだったのかもしれません。
でも、この歌詞に託された新婦の思いを考えれば
どんな邪推も、野暮になってしまいますね。
とにかく新婦は、新郎にこの思いを伝えたかったわけで。

これを女性からの誘い、口説きと言わずして何と言うんでしょう。
粋な女は口説きもカッコいいなーと、つくづく感心した次第ですうれしい顔


歌が終わった直後、一瞬の静寂に続いて
披露宴会場は、割れんばかりの拍手に包まれました。
新婦の喜びと新郎への思いは、参加者の心をそれほどまでに捉えたのです。
いや嘘ぢゃないんですよ。ラストに近づくにつれ
感極まって新婦の歌声が徐々に震えていくのが
空気の振動となって、会場に溢れてくるんですから。



でも皆さん。本当の感動は、その後にやってきたんです。
そんな新婦からのサプライスプロポーズに対し
新郎におもむろに近づいた司会者は、おずおずと彼に尋ねました。

「この熱いプレゼントに、貴方から新婦へ一言どうぞ。」


そのフリに、新郎はほんの一言、短い感想を口にしたんですが
そのセリフには新郎の、新婦への思いが痛いほどこもっていて
新婦のみならず、披露宴会場中の全女性の目がハート形に目がハート

いや別に、新郎は新婦一人に語ったんですが
そのあまりの優しさ、男らしさ、切り返しの鮮やかさに
「あー私も、そんなセリフ言われた~い」オーラが
全女性から溢れちゃったのでした目がハート目がハート目がハート


こんな事は考えたくありませんが
あまりに出来すぎたやりとりに
ひょっとしてこれ、新郎新婦が二人で仕込んだ演出なんじゃないかなんて
思ったくらい、そのセリフは感動的でした。

あんなセリフ、少なくとも私には書けませんねー。
万が一、あの一言が事前に考えられていたとしても
新郎はプロライター並みの文章力をお持ちです。いやー羨ましいあせあせ
でも私はあくまでも、あのセリフをアドリブと信じたい
年に似合わぬセンチメンタリストですが目がハート



さて皆さん、もうお察しでしょう。
この新郎のセリフが、今回のミステリーワードです。
新婦からのサプライズプロポーズとなった
『Fly Me To The Moon』に答え
新婦のみならず、披露宴会場の全女性を感動の渦に巻き込んだ
新郎の一言とは?


私がなぜ、この一言にヤラれちゃったかと言いますと。
まず新郎が、新婦との絆を大切にしている事が感じられ
それが見事に、曲の内容とリンクしていた事
そして何より、とてつもなくロマンチックだった事です。

上手い!あまりにも上手すぎる!
男性からすれば、きっと歯の浮くようなセリフでしょうが
女性にはたまらないんですよねーこういうのうれしい顔


男性読者は新郎になった気持ちで「ここで言いたいセリフ」
女性読者なら新婦になった気持ちで「言われたら感動するセリフ」を。

おヒマでしたら、ちょっと考えてみて下さい。

まー前述の通り、このお話は実話ですから
結末はちゃんとありますが
これは創造力、シナリオ力の問題ですから
パズルのように正解ピッタリなんて答えを考えるのは不可能ですよね。
ですから、「自分はこう思う」「このセリフなら感動する」みたいな
感じで、充分と思います。
なんだったらもう、ウケ狙いだってOKhappy01

それを考えられるだけでも、大したものなんですよ。
私なんてもう、アレを聞いちゃったら目がハー(以下自主規制)


はたして皆さんは、新郎の彼を上回るセリフで
新婦をメロメロにできるでしょうか?
この続き、新郎のセリフについては
解答篇でお話することにしましょう。
解答篇の更新は・・・そうですね。
曲のタイトルに合わせて、明日の宵、月が上る頃なんてどうですか?

ですからもしコメント頂けるなら、締め切りは明日の夕方くらいで。
いいですよね。更新を地球の営みに合わせるっていうのも三日月

なおこの問題篇は、「ネヴュラ」とmixi日記の両方にアップされています。
まーいつもながら、場末のおバカ日記ですから
コメントもゼロかもしれませんが
素敵な口説き文句を期待して、お返事お待ちしていますhappy01


一応、参考までに。
新婦の歌声に一番近い、ドリス・デイのバージョンを選んでみましたるんるん

2010年1月14日 (木)

心も潤うフエキのり

買ってきましたーうわさのハンドクリームhappy01
近所の文房具屋さんのチラシで見かけ、あまりの可愛さについ一個coldsweats01


Photo
それがコレ。子どもの頃から親しんだ文房具の定番
「フエキ糊」のマスコット【フエキくん】の容器を使った、ハンドクリームです。
ちなみにとなりでボーッとしているのは、ウチのフヤケちゃん】coldsweats01
おとぼけ顔同士、並ぶとちょっと似てますねhappy01

でもフエキくん、調べてみたら、
去年の夏からブレイクしてたんですね。
うーむ知らなかった。35年の時を越え、再び彼の時代が訪れていたとはっcoldsweats01


私たち昭和の子どもが使った図工の友、水糊と言えば
このフエキ糊とヤマト糊が、二大ブランドとして君臨していましたもんね。

模型業界で言うタミヤとグンゼ、今で言うGSIクレオスみたいなもので。
コクヨやセキスイのスティックのりなんてまだ無くて
こういう塩ビの容器から、水あめみたいな糊を指やヘラで直接すくったり
ハミガキ粉のチューブみたいなのからムニュ~っと出して
のりしろからハミ出すことなんておかまいなしに
塗りまくったものですhappy01


このフエキくん容器の糊は、今も現役商品としてお店に並んでいるんですが
その容器にハンドクリームを入れ、化粧品として売り出したところが
アイデアですねーhappy01

寄る年波には勝てず、毎年冬にはお肌の乾燥やひび割れに悩む私にとって
ハンドクリームは、何よりの必需品なんです。
ちょうど今使っているものが無くなりかけていて、これ幸いと買ったのですが・・・


Photo_2
中はこんな感じです。
でもコレ、見た目はホントに糊ですよね。happy01
でなきゃ工作用ボンドとか。コニシのhappy01

でもさにあらず。使ってみればアラ不思議。意外と言うかなんと言うか。
指に少量とっただけなのに伸びが良く、しかも手はスベスベにwink
しかも特筆すべきは、その後のツルツル感です。
この手のクリームにありがちな、使用後のべとつきが皆無という優れモノhappy02


正直、欲しかったのは容器の方で、中身への期待は低かったのですが
さすがフエキ糊。その歴史はダテぢゃありませんねーhappy01
水糊のノウハウが、クリームにどう活かされたのかは窺い知りませんが
クオリティーに手を抜いていない所が、なんとも素晴らしいhappy02

好みの分かれる、癖の強い香料が使われていないのもポイント高いです。

要は、作りが誠実なんですね。
化粧品メーカーの商品に多い虚飾が、一切無い分
清潔感と使い心地に特化していると言うか。


こういうのを待ってたんですよ。
これなら、乾燥肌に悩む男性でも使いやすいんじゃないかなあなんて。
まさに、私みたいな変な存在にしか言えない感想ですがcoldsweats01
まーそんなこんなで、また冬の愛用アイテムが増えました。
見た目も可愛いので、いつもパソコンのそばに置いて
心身ともに癒されています。


コレ、詰め替え用の中身が売ってたらもっといいんですけどね。
でもいーかたくさん買っても。並んだフエキくんも見てみたいしhappy01

2010年1月13日 (水)

今朝の歌姫

ぜったいUPされると、待ち構えていましたlovely
昔からアルバムを全部聴くほど、好きなアーティストなんです。

もしUPされなかった時を考えて、HDDに録画するほど
期待値は最高潮。
いざ生放送に登場した彼女は、やはり世界の歌姫でした。
キャラクター、歌唱力共に周りを圧倒。
いやー朝から、良いモノ見せてもらいましたhappy01happy01happy01

ではお聴き下さい。
今朝8時からの日本テレビ系ワイドショー『スッキリ!』に登場
日本初披露、スタジオでの生歌です。

新曲『Doesn’t Mean Anything』 アリシア・キーズ

雪の花

Photo











今朝8時。日本全土を襲う寒気により
私の地元も、元旦以来の雪に見舞われましたsnow


Photo_2













まさに時は登校時間。
不意の雪に、子どもたちも傘の花を咲かせ
足早に学校へと向かっています。寒そ~shock


30











で、その30分後。
うっすらと白化粧した街並みに、しんしんと雪が降り続いています。

こりゃ名古屋も、今日は積もりそうですね。
きっと明日は街のあちこちで、雪だるまが遊んでいることでしょうsnow


2
ちなみにウチではすでに、きなこ色の雪だるまが大あばれしていますshock
なんだこりゃ。この食い意地はsad
食べさせてない子みたいぢゃないのpout
(市川大河さん、遅れましたがお年賀ありがとうございましたhappy01happy01happy01

2010年1月12日 (火)

必読仕掛人

いやー先日、やっと手に入れましたhappy01
書店で見かけた時から気になっていたんですが、入手のチャンスがなくてcoldsweats01

朝日ビジュアルシリーズ・週刊 池波正太郎の世界③『仕掛人・藤枝梅安』。


Photo 













時代小説の雄、池波正太郎氏の没後20年を記念し
昨年末から全30巻予定で創刊された
この「週刊 池波正太郎の世界」シリーズは
池波氏の遺した作品を採り上げ、すでに四冊が発売されているんですが
この第三号は氏の代表作の一つ、藤枝梅安シリーズを特集。
今後も何号かに一度、梅安は取り上げられるそうです。


必殺シリーズ第一弾『必殺仕掛人』に魅了されてから
その原作たる池波小説に興味を持った私。
一時期むさぼるように仕掛人シリーズを
読みふけり、その芳醇な作品世界に酔いしれたものです。

そこまで思い入れを持つ池波作品を特集したパートワークですから
コレを見逃す手はないと。
そんな思いで手に取った一冊でしたが、その内容は久々に
「読む江戸暗黒街」の香りを、濃厚に感じさせてくれましたhappy01


「必殺仕掛人」は池波氏の原作が存在するゆえ
テレビオリジナルとしての必殺シリーズは第二作「必殺仕置人」から
という解析が、マニア間では定説のようです。
個人的には、別にそこまでのこだわりを持たなくても
「必殺」の二文字がついてるんだからシリーズとして見てもいいんぢゃ

と思う私ですが。
それでもこの「仕掛人」というドラマに見られる確固たる世界観には
後のシリーズには見られない、池波氏特有の視点が感じられます。

(「必殺仕掛人」と、別枠で作られた「仕掛人梅安」シリーズは別物という
ツッこみに関しては、話すと長くなりますし、今回のお話とは主旨が違うので
ちょっと置いておきましょうcoldsweats01

後年、「梅安」について池波氏が語った言葉の端々には
通俗的ヒーローを作り出したくなかった、氏のこだわりが溢れていました。
それはこの一冊からも充分に感じられるのですが
今回特に私の中に残ったのは、「矛盾」という言葉です。


表の顔は病を治す鍼医者。
その治療に使う鍼で、人の命を奪うという自己矛盾。



これは言葉にする以上に、梅安という人物の二面性
人間の心に潜む矛盾を表現しているなあと、改めて感じたわけです。


テレビ版必殺シリーズ等の製作体制は、そういう矛盾がやや抑えられ
梅安の仕掛針や鉄の背骨折りは、あくまで「武器」という位置づけでしたし
視聴者たる私たちも、その部分にはあえて目を向けず
単純にカタルシスの為のファクターとして見ていましたから
改めて感じる事も無かったんですが
よく考えてみれば、いかに昼間の顔が鍼医者と言えど
人を殺める際には、やはり匕首などの刃物が順当なわけで。


「暗殺針」「職業知識や技術の応用」みたいな見方も出来るとはいえ
「春雪仕掛針」等に見られる浪人たちとの立ち回りに関しては
大刀を構える浪人たちに針一本で立ち向かうなんて
いくら時代劇とはいえ、まるで勝負にならないパワーバランス

正直、見ていてむりやり感を覚えたりしたものです。

池波氏はなぜここまで、梅安の「針」にこだわったのか?
その理由の一端が、今回のこの一冊で見えてきたような気もするんですね。

やっぱりそれは前述の「矛盾」という人間の本性を
針というアイテムに象徴させたかったゆえじゃないかと。

人を救い、人を殺めるものが同じ「針」という演出は
決して偶然じゃなく、作品を貫く大テーマであり
それこそが自己矛盾であると、池波氏は言いかったんじゃないかなあと。



他にも池波氏はこのような事を、インタビューで語っています。
あくまで記憶ですから、言い回しは正確ではないですが
できる限り「池波調」で再現すれば・・・

「当時、一介の鍼医者が持つには法外な五十両、百両という仕掛料を
梅安はどう使っていたのか?」という質問に対して

「お上の目が光っていた当時の江戸で、一介の鍼医者がそんな大金を使えば
すぐに目をつけられ、裏稼業がバレてしまう。
それまでの仕掛料で、もう一生分の蓄えはあるし。
仕掛後の湯治などで旅に出るなどの贅沢に使うこともあるが
それでも使いきれない。梅安は独り者だから、女房など養う者も居ないし。
そんな余ったお金は、貧乏な患者に与えちゃうんだよ。」


なんたる自己矛盾。じゃあ梅安は何の為に、仕掛人をやっているんでしょうか。
正義の為?施しの為?

「いや、頼まれると断れないんだよ。いろいろなしがらみがあって。
裏稼業なんて人間関係が全てだから、それを大事にしないと
いつ誰の逆恨みを買って、逆に仕掛けられるかわからないから。」


本当は梅安も、人など殺めたくはない。
でも一度踏み込んでしまった殺しの世界からは、二度と足は洗えない。



後期の仕事人シリーズなどとは、「殺し」の意味が本質的に違うことが
お分かり頂けると思います。
人助けと人殺し。したくもない仕掛と施し。
こんな人生、長くは生きられないと思いつつも
鍼医者としての腕を磨きたいとも思えば、新しい住まいを建てようともする。
全てが矛盾ですよね。でも生きなきゃならない。


梅安が体現する自己矛盾は、言わば私たち自身だと。
単純なカタルシス以上に、「仕掛人梅安」という作品には
池波氏のそんな人間解析、それでも生きていく人間の悲哀が
描かれていたんですねえ。

そういう自己矛盾への思いって、年を追うごとに強くなりますよね。
私なんておバカですから、よけいにそれは感じますcoldsweats01
自分の人生に於いて絶対譲れないと信じていた昨日の主張が
今日の思いと矛盾していることなんてしょっちゅうで。
で、悩むわけですよ。
「どっちも正しい筈なのに、並べると相反するのは何故?」なんて。

そういう日々を送るのは、決して自分だけではないという事。
それが人間という存在なんだという深いテーマが
「仕掛人梅安」という作品には、込められているわけです。


これはおそらく、テレビ版「必殺シリーズ」が
カタルシスを優先するあまり、意識的に削ぎ落とした
人間の深い業、泣き笑いの部分ですね。
そういう機微が決め細やかに、丹念に描かれた池波氏の筆致を
久しぶりに、辿ってみたくなりました。
氏の著作の、殺しの場面のみに興奮していた昔の私は
まだまだ、読みが浅かったという事かもしれません。

こんな寒い夜は、グルメの梅安が好んだ湯豆腐でも作って

人生の矛盾を苦い薬味に、温まるのもいいですねhappy01

2010年1月10日 (日)

心のワサビ

今年になって、CSのチャンネル銀河/HVの番組表に
『必殺必中仕事屋稼業』の文字を見つけてから、はや一週間。
すでに第一話~四話をエアチェックし、そのハードな作風に酔わされています。

「いかに念仏の鉄と言えど、仕事屋の前には影が薄い」と
マニア誌に書かれるほど
この作品の評価は高く、私もその評価は充分頷けます。

ネット変換による路線変更により、後期は作風もやや明るくなりましたが
前期に漂う作中の空気は、殺るか殺られるかの予断を許さぬ
江戸暗黒街の人間模様が、辛口のロマンを提供していて見事。
全登場人物に与えられた尋常ならざるキャラクター性が
ストーリーを二転三転させ
あまつさえ主役「仕事屋」コンビの反スーパーマン性
言わば絶対的な強さを持たない殺し屋の設定が
クライマックスに与える緊張感は
鑑賞後に思わずため息をつかせるほど、見る者を惹きつけてやみません。


「殺す」と言うより「命を奪う」という表現がふさわしい
無様ながら確実な、接近戦の立ち回り。

一瞬も相手から目を逸らさず、確実に仕留めるという事が
これほどまでの迫力を生むものなのかと、改めて感心した次第です。
この頃の必殺はやはり、ピカレスクロマンであり
ヒーロードラマではないんですね。

その迫力ある演出は
近作に見られるケレン味とは対極に位置するテイストで
つくづく、「仕事人2009」あたりの作り方が
『必殺戦隊シゴトレンジャー』化していたんだなあという
諦めにも似た再認識も、新たにした次第でhappy01


ただ「仕事屋」の良さを「仕事人」ファンに説明するのって
本当に至難の技と言うか、もはや不可能じゃないかと思うのも事実で。
だって「仕事人」って、そういう初期必殺のハードな部分を全部削ぎ落とし
口当たりを良くした、
サビ抜きのお寿司みたいなものでしょ。
それを美味しいと食べている子どもに、ワサビがいかに美味か
説明するようなものですもんね。


だからもう、無理な布教はやめました。
「仕事屋」を楽しめるのは、子どもの頃から大人と一緒に
サビ入りの辛口寿司を美味しいと感じて育った
初期必殺ファンだけの愉悦と割り切って
この名作を再見しようと思います。

主題歌「さすらいの唄」、劇中歌「夜空の慕情」。
いつもお話していますが、この二曲のイントロを耳にするだけで
体が熱くなるのはなぜでしょう。
きっと幼き日にとり込んだ初期必殺の辛口テイスト
言わば「心のワサビ」が反応しているんでしょうねhappy01

2010年1月 8日 (金)

右肩に力を、左肩に余裕を

えーこの『三ヶ月に一度のお楽しみ』という謳い文句も
すっかり定着した感がありますがcoldsweats01

またまたやってきました。現在唯一の愛読書にしてモチベーションの源
『宇宙船』vol.127の発売日ですhappy01

Photo













いやー宇宙船も、もう創刊30周年なんですねえ。
’80年のあの日、近所の書店で創刊号を手に取った時の衝撃が
昨日のことのように思い出されますweep


まー年寄りの昔話なんて、誰も聞きたくないでしょうからcoldsweats01
話題は一気に、例のページへ飛びます。
部員からチャレンジャーの皆さんまで、まんじりともせず待ちわびた
あの4ページ。そう。『宇宙船映像倶楽部』です。


いやーでも今回はまず、その扱いにビックリhappy02
いつもよりかなり前のページに、しかも・・・
そーか。公式HPに「映像倶楽部」の項目が二つあったのは
てっきり誤植と思っていたんですが、こういう意味だったんですねーhappy01

まー出世しちゃって。お母さんは嬉しいですcrying


そんな喜びの余韻に浸りながら、掲載作を確認してみると・・・


うーむ残念ながら、今回も拙応募作の掲載は無し。
まーこんなものですよ。これまでがまぐれだっただけでweep




ここからは部員・チャレンジャー諸氏寄りのお話なので
ちょっと他の読者の皆さんには分かり辛くて、申し訳ないんですがcoldsweats01

今回の倶楽部ページを見て、二つほど思った事があります。

まず一つ目。
つぐづく思うのは、「映像倶楽部」って
もはや方向性が、完全に課題作一本に絞られちゃってるなあと。

まあ確かに、作品化に際して最も現実性の高い企画に力を入れるのは
部として実に真っ当な姿勢ですから、私もまったく異論はありません。

別の言い方をすれば、現課題作に匹敵する斬新な企画が
つまり新たな部の課題になりえるような応募作が無い、という事でしょうね。
そこは毎回、企画応募に血道を上げている私も
素直に反省しなければなりません。


「だって課題にしたくても、そこまで魅力的な企画が
部員から出てこないんだから、しょうがないじゃん」

なんておっしゃるだろう雨宮部長のお言葉が、胸に刺さります。
ああごめんなさい。ひとえに私の努力不足の結果です。
頭の足りないおバカな私を、どうぞお許し下さいとweepweepweep


で、二つ目は。
これ、言い訳に聞こえちゃったら、私の稚拙な文章力のせいですがcoldsweats01
実は、今回出題された課題の事なんです。


ちょっと説明しにくいんですが、私はどうやら
前回、前々回の課題「シナリオ」の出題主旨を
今回の課題のソレと勘違いしていたような気配がありまして。

コレは応募された方なら、なんとなくお分かり頂けるような気もするんですが。

「主人公が戦いに出向く、印象的なシーンのシナリオ」という
前回・前々回の課題は、一歩間違えば今回の課題
(ネタバレになっちゃうので、本誌を直接ご覧下さい)と混同し
今回寄りの応募作を作ってしまう確率が、非常に高いように思うのです。

私の場合はまさにその通りで、前回までのシナリオ課題に対し
むしろ今回出題の課題作を、せっせと応募していました。
事実、前回までのシナリオと今回の課題が要求する内容の
線引きは非常に曖昧で、私はこの課題出題欄を読んだ瞬間
「えーっ?前回までのシナリオ課題は
今回のコレを要求していたんぢゃなかったのー?」

脳内で叫んだほどでしたからcoldsweats01

そりゃ拙応募作が、選に漏れるわけですよ。
課題の出題意図をはき違えていたわけですから。
まーそれ以前に、実力不足は間違いないので
たとえ出題意図を正確に把握していても
採用はおぼつかなかったでしょうけど。

うーむ自分で傷口を広げてますがcrying

まあそれも、私の咀嚼力の無さと反省していますが
逆に言えば、今回の課題はまさに
私が最も創作意欲を掻きたてられる分野なんです。

事実これまで、そこばっかり追求していたわけですからhappy01
いやーついにそこですかー。大好物なんですよそのネタ。
なんて幸運。ありがとうございます雨宮部長happy02
誌面登場はかないませんでしたが、今回も締め切りまで
また楽しい一ヶ月を過ごせそうですhappy01


もちろん前述の通り、新ヒーロー企画も応募しますよ。
最近は「宇宙船」最新号の発売日が近づくと
何を見ても、ヒーロー企画に結び付ける習慣になってます
からhappy01
やっぱり好きなんでしょうね創作が。すでにヒントは二、三あります。
ひょっとして締め切られた感もある、プロット部門ですが
狭き門ほど燃え上がるこの情熱。うーむ高度成長期生まれの性と言うかpunch



いつもながらこんな言い訳にお付き合い頂いて、ありがとうございます。
でも実は今回は、これまでとはちょっと心持ちが違うんですよ。

これまでは選考の結果が気になり

ページを開く手も震えていた、映像倶楽部なんですが
前号、今号あたりは、ちょっと余裕が出てきたんです。
「自分より斬新な応募作があれば、拙作なんて選に漏れてもいいぢゃん」
なんて感じで。


以前から折りに触れ、お話している通り
私の目標は「斬新なヒーロー企画のお役に立てる事」であり
「応募作を入選させること」ではないんですよね。

むしろ、私のような古いオタクなんかとても及ばないほど
素晴らしく新しい発想が、若い層からどんどん出て欲しいわけです。

幸いにも、今の映像倶楽部はそういう流れになっているので
私はむしろ、自作の掲載云々よりも
部員さんやチャレンジャーの新発想を見る方が楽しいんですよ。
「おおーなるほどなあ。コリャ叶わないわ。私もがんばろーっとhappy01
くらいの心持ちで、やや肩の力が抜けているんです。



確かに入選、掲載も重要ですが
それはあくまで通過点であって、到達点ではありません。
現課題の実現化や、課題になりうる企画の弾数を増やす努力こそが
部員には求められているわけです。
その為にはなにも部員全員が、しゃにむに掲載だけを目指す必要はないと。
企画書作成技術やプレゼン技術、文芸やデザイン、造形など
各パートで実戦力を発揮すればいいわけで。

応募や掲載の有無が部員資格に影響せず
毎回どんなに選に漏れても、部員一覧から名前が消えないことが
部の姿勢を何よりも、物語っているような気がします。


野球はけっして、一人だけではできません。
全員がピッチャーを目指す必要はないのです。
応募のモチベーションを保つ意味で、右肩には力を。
でも自作の掲載に固執せず、他掲載作も尊重する意味で、左肩には余裕を。

まだまだ先は長いです。それくらいの気構えでいた方が
これからの長丁場を乗り切れるのではないでしょうか。


最近ちょっと、部員やチャレンジャーの皆さんとは疎遠となっていて
寂しい限りです。なぜそうなっちゃうのかが、私にはよくわかりませんがcoldsweats01

こういう機会こそ、お互いの意見を交換したいもの。
せっかくのコミュニティーも、存在意義が今ひとつ掴めませんし。
まー落選続きの私なんぞに、呼びかける資格なんぞないですが
部員として、またチャレンジャーとして、倶楽部へのご意見等あれば
この機会に、ご遠慮なくお寄せ下さいねーhappy01happy01happy01

2010年1月 7日 (木)

ネヴュラPM0:00

Photo
本日正午。
今月一日に亡くなられた、『スペクトルマン』蒲生譲二役・成川哲夫氏の告別式が
東京で行われました。
本当は何を置いても駆けつけたかったのですが
遠く名古屋に暮らす身ゆえ、それもままならず。

公園へ出かけ、彼がいつも劇中で仰いでいた空を見つめて
ご冥福を祈るのが精一杯でした。

『宇宙猿人ゴリ』放送から39年。
光化学スモッグに覆われていたあの頃に比べ、空も青さを取り戻しました。
この空なら彼も迷わず、ネヴュラに帰還できるでしょう。

鈍く光る冬の太陽の影に、キラリと光るネヴュラ。
それは眼鏡に反射した涙が見せた、幻影だったのでしょうか。

2010年1月 6日 (水)

もう一つの地球を知らない人々

前回の記事でご心配頂いた方々、私のような者の心中をお察し頂いた方々
本当にありがとうございました。
たとえ自然の摂理とはいえ、自分の人生に確実に影響を与えた存在が
天に召された事実のショックは、そう簡単に癒えるものでもありませんが
ファンがいつまでもふさぎ込むのは、きっと成川氏も望まれないでしょうから
明日行われるご葬儀に際し、遠く名古屋から哀悼の意を表することで
一つのけじめとしようと思います。

成川氏が作り上げた蒲生譲二というキャラクターの個性は
今後、私が創造する新ヒーロー企画の端々に、これまで以上に影響する事でしょう。
それが彼を偲ぶ事であり、私の彼への、唯一にして最大の恩返しです。
DVDでいじいじと彼の出演場面を振り返り、一人哀しむような
ネガティブな姿勢は、私のスタイルではありません。



さて。今回は気分も新たに、別のお話をしましょう。
とはいえ実は、この記事を読まれている段階で
すでに読者の皆さんには、まったく関係ない話題なんですがcoldsweats01


年末年始という時期は、なにかと人と会う機会が増えるものですよね。
親戚筋や旧友との再会に加え、新しい出会いもあったりします。
ご他聞にもれず私も、疎遠になった仲間の無事を年賀状で確認したり
また直接顔を見たりと、様々な人々と関わる数日間を過ごしました。

そんな日々の中で一つ、それが生活に根付いているかどうかで
確実に、現代社会に関する認識の差を感じる事がありました。

ダイエットじゃありませんよhappy01 
最近の「ネヴュラ」記事の傾向から
そう思われた方もいらっしゃるでしょうけどcoldsweats01
非常に単純な事なんですが、きっと皆さんも感じられると思います。


インターネットというツールが、生活に根付いているかどうか。



ブログやmixi執筆など、双方向の活動だけではなく
ネット通販やサイト検索など、基礎的な使用までも含んだ
広い意味での「ネット」という概念が、本人にあるかどうかという意味です。
これがあるかないか。もっと言えば
ネット接続に抵抗があるかないか、敷居が高いか低いかという事が
その人の社会認識能力に、ものすごく影響してくるように思えたのです。


オタクっぽい表現をすれば、社会の空間認識度や情報の把握速度に於いて
ネット敬遠者とネット経験者の差は
宇宙世紀における、アースノイドとスペースノイドの差に匹敵するような気も。


テレビや雑誌、新聞等のメディアから情報を収集し
学校や職場など身の周りの世界のみで、仲間と知り合う。
そういう生活を続けている人は、『物理的な行動範囲』という名の重力が
自分にのしかかっている事に気づかず、そこから逃れる発想が無い。


片や、ネットというツールを知ると
その重力からは、一気に解き放たれますよね。

世界中のリアルタイム情報を瞬時に知ることもできれば
自分が書いたブログの記事に、見ず知らずの方から寄せられたコメントに
目からウロコが落ちるほどの刺激を受けることだってあります。
それがきっかけで、長いお付き合いに発展することだってあれば
ましてやオフ会やコラボ企画に参加させてもらえるなんて
身の周りでしか仲間を作れない頃には、想像もできない事でした。

読者の皆さんの中には「ああ。分かる分かる」と
頷かれる方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

でもこの記事をご覧になっている事が、すでにネット活動なんですから
読者諸氏には「ネットの敷居が高い」なんて事はない訳ですよね。
こういうお話をネットで語っているというのも、なんとなくシュールですがhappy01


例えば年末のある時、私はこういう人とやりとりをしました。
当人はいわゆる「パソコン食わず嫌い」で、ネットのネの字も知りません。

近所の大手家電店の歳末セールへ出かけ、多くの家電品をまとめ買いし
たくさん買うからと値切って、格安で手に入れたと自慢しています。
店員さんとの交渉に一時間以上かかっちゃったと、「戦利品」の価格を
いかに安く手に入れたかという苦労話付きで、丁寧に教えてくれましたcoldsweats01


でも私は知っていました。本人が得意げに話す家電品の価格はすべて
「価格ドットコム」にラインナップされた全国の安値ランキングより
はるかに高いということを。

いやその情報だけなら別に、なんて事はないんですが
その最安値情報を提示すれば、その安値に値段を合わせる家電店も
あるわけですよね。ヤ●ダ電機とか。
実際私もその手で、46インチテレビをビックリ安値で入手できましたし。
つまりこの場合、ネット情報が強力な「値段交渉の武器」になるわけです。


他にも例えば、私と同じような「女装子」とのやりとりでも
同じような事はあります。

体が大きい女装子にとって服のサイズ以上に困るのが、靴のサイズ。
靴だけは自分に合うサイズを履かないと、足を痛めてしまうからです。
ネットでサイズ検索、という手段を知らないパソコン食わず嫌いの「彼女」は
近所の靴屋さんを探し回って、大きいサイズを探すしか手がありません。
文字通り足を棒にしながら、一日かけて探し回りやっと見つけた一足も
デザインは自分の意に沿わず、しかも希少サイズゆえ超高額商品。

「でもそれしかないのよ。ホントに困ったものだわ。」
と嘆く「彼女」の横で話を聞く私の足元には、ネット検索で選びに選んだ
大サイズながらもお気に入りデザインの、しかも驚くほど安価なパンプスが
誇らしげに踊っているという事態にcoldsweats01
これは決して自慢ではなく、ネットによる情報収集能力の拡大がもたらす
大きな恩恵と言えるわけです。


また年明けのある日も、パソコン食わず嫌いの友人と話したんですが
ブログやmixi等の経験がない仲間とのやりとりに
その繋がりがいかに驚異的であり、新鮮かつ有意義なことか
毎日がいかに感動の連続かを、どう説明すれば分かってもらえるのか
ほとほと困り果ててしまう始末でcoldsweats01

「ちょっとした独り言に、全国から意見が来るんですよ。」
「ウルトラQ6本チョイスなんてマニアックな呼びかけに、
ものすごく濃いコメントが15本も集まるんですよ!」

なんていかに力説しても、相手にはその重要性がピンとこない。
ネット経験値がゼロの為、その感動が推し量れないんですね。

無重力空間に浮かんだ宇宙飛行士の感動を
一般人が想像し得ないようなもので。


そんな私の嘆きに対し、彼らが呪文のように唱える言葉がこれです。

『今はなんでもネットだよねえ。』
『自分はパソコンには興味が無いから』
『そんなにネットに詳しいんなら、今度相談するから安く買っといてよ』


これが私と同年代か、年下の人間のセリフですよ。
私よりはるかに年上の方々にだって
ネットユーザーはたくさんいらっしゃるのにcoldsweats01

困るのはまるで、彼らが生きにくい世の中を作った元凶は
ネットという言葉を使い、縦横に使いこなす人間でもあるかのように
私たちが悪者扱いされちゃうところでcoldsweats01

私だって、いつも皆さんに呆れられている通り
未だにネットの片隅でウロウロしているおバカですよcoldsweats01
キーボードだって独学ですからブラインドタッチなんてとんでもなく
かな入力が精一杯というていたらくcrying
こんなヘタレだって、皆さんにお相手頂けるのにcoldsweats01


さらに、こんな言葉も言われましたね。
キミって、昔は絵に描いたようなアナログ人間だったじゃないの。
それがどうして、そんなデジタル世界にのめりこんじゃたの?』


この最後の一言が、パソコン食わず嫌いの人々がネット活動に持つ印象を
最も端的に言い表しているような気がします。

パソコンを、専門家がパンチカードで操作するデジタルツールとでも
素人には全く手の届かない世界とでも思っているのかなあとcoldsweats01
うーむまるで『殺人回路』か『十三代五ヱ門登場』の世界ですがpc


この相手の一言にさすがにおののいちゃった私は
咬んで含めるように答えました。
舌足らずゆえ、その答えは長くなりましたが
要約すればこういう事です。

『あのねアナタ。
電話だって別に、自分の声が相手に伝わる専門的な理屈を知ってて
使ってるわけぢゃないでしょ?
パソコンだって同じで、ネットが繋がる理屈なんて分からなくたって
充分、操作できるのよ。おバカな私が知るわけないし。

アナタ受話器を手にして、相手の番号をプッシュする段取りを
難しいとは思わないでしょ?

ネットだって、それとおんなじようなものなんだよね。』


電話もパソコンも、あくまで道具。
両方ともコミュニケーションツールであって、人は繋がりを求める時
受話器を持つ感触や、パソコンのデザインが好きなんて理由で
操作しているわけじゃないと。
電話なら相手の声の抑揚や言葉の切れ間
ネットなら記事やコメントの内容
そして行間からにじみ出る思いを分かち合うという部分が
何よりも、本当に何よりも重要なわけです。

たとえ両者は光ケーブルで繋がれていても
やりとりの実際は極めて血の通った、アナログ世界なんですよね。

でなきゃ、頂いたコメントに涙するなんて感情が湧くわけがありません。
ひょっとしてそんなのは、涙もろい私だけかもしれませんがcoldsweats01


まーでも今回のお話で出会った『パソコン食わず嫌い』の方々には
別に怒りを覚えているわけじゃありません。
私だってブログを始めるまでは、せっかく買ったパソコンも使い方が分からず
おっかなビックリ、変なところをクリックして大騒ぎしてましたから。
「さっき見てた画面に戻らないよ~shock」なんてhappy01
みんなそこから少しずつ、ネットの素晴らしさに気づいていくんですよね。

確かに人間、リアルのお付き合いは本当に大事ですし
むしろそれなくして、健全な人間形成は出来ません。
私だって別に、ネットが人生の全てなんて考えたこともないですしhappy01

でも確実なのは、前述の「家電価格交渉」や「靴探し」など様々な情報収集も
またブログやmixiなどを通じた、新鮮な価値観を持つ方々との出会いも
それまでの生活感覚を根底から覆す、カルチャーショックだったという事です。

三年半前、ネットエクスプローラーのアイコンに興味を持ち
ダメ元でワンクリックしていなければ
私は未だに、昔のままの生活を続けていたでしょう。
「今はなんでもネットだよねえ」と嘆く諦め派の側に
回っていたかもしれません。


今にして思えばそれは、それまでの人生で気がつかなかった
もう一つの地球の存在に気づいたほどの衝撃。

この衝撃と意義を知らない人生が、私には本当にもったいなく見えます。
おそらく現代は、ネットデビューが早いか遅いかが
少なからず人間の幅、知覚能力に影響すると言っても過言ではないでしょう。

一日でも一秒でも早く、この『もう一つの地球』に気づいて欲しい。
そんな焦りが、私をネット布教に走らせる理由なのですがhappy01

年末年始の再会に、ちょっとそんな事を思ってしまいました。
でも残念ながら、今回の私の願いは
そういうパソコン食わず嫌いの方々には、絶対に届かないんですよね。
ネットを見ない方に、ネットから発信してるわけですから。

うーむある意味、これもシュールですねー。
透明人間が透明迷彩のペンで
『透明な世界に気づいてねー!』と、書き綴ってるようなものでcoldsweats01

2010年1月 3日 (日)

孤悲するネヴュラ

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/obituary/?1262452230



私はいつも、このブログに
著名人や特撮分野で活躍された方々の訃報や
お悔やみ記事を書く事を、意識的に避けています。
それには理由があります。


一つ目は。
その方々が亡くなられた事を知った時、はたして自分は
訃報やお悔やみを述べるほど、亡くなられた方に
思い入れがあったかどうか。それを自問自答するからです。

訃報のニュースを聞いた時だけ、本当にその時だけ
さも普段から愛していましたと
忘れる暇もありませんでしたと
自分は心から貴方のファンでしたと言わんばかりに
紋切り型の言い回しで悲しみを表明する白々しさ、いやらしさ。
そのにわかファンぶりは何よりも醜く、見るに耐えません。
そんな醜い轍だけは、踏みたくないのです。


二つ目は。
厳しい表現で恐縮ですが、私が生業とするテレビ業界において
キャストやスタッフは、言わば使い捨ての存在だからです。
いかに傑作をものにした名監督でも
新作の出来が悪ければ、また不幸にして作品が作れなければ
過去の人というレッテルを貼られ、寂しい晩年を過ごすのみです。
俳優にしたって同じ。
生涯現役で、過去作品を凌駕する演技力を発揮し続ける方だけが
評価と名声を保つ事が出来るのです。

常に新たな血を求め続けるテレビ業界には
過去の栄光など、まったく通用しないのです。
ですから時々、懐かしのヒーロー特番などで姿を見せる
ヒーロー俳優の現在の姿は、私にはまったく興味がありません。
新作ウルトラ映画で顔見せする、過去ウルトラヒーローの人間体俳優に
私が辛さを感じこそすれ、愛着などかけらも湧かない理由は
そんなところにもあるのでしょう。
ファンはその俳優の今の姿に、彼らが最も輝いていた頃の
幻影を見ているだけだからです。
醜く太り、セリフ回しもおぼつかなくなった今の姿は、その抜け殻にすぎません。

大御所の名の下に祭り上げられ
新作映画やドラマのクライマックスに一瞬、顔を見せる「通称名優」だって
本当はもう過去の人である事は、誰もが分かっているはずです。
誰も口にしないだけで。

テレビの現場で、そうした芸能界、俳優世界の裏側を知る私には
いかに過去の栄光があろうと、最期まで第一線で活躍された方でなければ
訃報に悲しみを表明する気持ちが、一切湧きません。
その存在が忘れ去られるのは、俳優本人の努力不足。
世の中はそこまで、甘くないという事です。

たとえ俳優業に見切りをつけ、他の世界に転身を果たした方でさえ
元○○役という過去のレッテルは、一生ついて回ります。
それは本人のその後の人生を生かしも殺しもする、重い十字架。
本人が望むと望まざるに関わらず、背負わされるものなのです。



訃報を知った時、私はいつもこの二つのふるいを
頭に思い浮かべます。
ですから、著名人が亡くなられる度に
社交辞令のように訃報記事を書く気になど、どうしてもなれないのです。

でも時として、こんなふるいなど全く役に立たないほど
身をよじるような悲しみに暮れる存在がある事を知りました。


孤悲。「こひ」と読みます。
これは万葉仮名と言い、万葉集に使われた日本古来のもじり言葉。
お察しの通り、この言葉の意味は
現代で言う『恋』を示します。
『恋』を「孤独な悲しみ」と表現した万葉人の表現力は
「恋」という文字以上に、言葉の本質を見事に表していると思います。

恋はまさに、孤独で悲しい『孤悲』。
奇しくも拙ブログがタイトルに冠した『恋』という言葉は
今回の訃報に暮れる私に、そのまま当てはまります。

この方の死を知った私は、孤独で悲しい。
なぜなら私は本当に、心から彼に『恋』していたからでしょう。
さようなら蒲生譲二。スペクトルマン。
たとえ作品がどんな評価を受けようと
彼を人生最高のヒーローと慕う私にとって
この訃報は、心を切られるような辛さです。

貴方が帰還したネヴュラを見つめ、これからも生きていきます。

2010年1月 2日 (土)

元日はメタボ一直線

さて前回の予告通り、年に一度の怠惰な時間を楽しんだ
昨日の様子を、写真入りでご紹介しましょう。

とはいえ、食べたものの写真ばっかりですがcoldsweats01
まーネットは全国区ですから、同じメニューの地域差を
「ケンミンショー」並みに楽しんで頂ければhappy01

昨日はまず朝早く、同じ市内に暮らす妹一家のところへ行きました。
男の子ばかり三人の子持ちの妹は
会わなかった一年半のうちに、ちょっとふっくらしていましたがhappy01
まーそれも、事情を聞けば頷けるところで。
なんと旦那、つまり私の義理の弟が
今年の春先から、インドネシアに単身赴任しているそうなのです。
で、お正月の間だけ帰国して、すぐまた戻らなきゃならないとの事情。

旦那は目の前に居たので、本人から話を聞くまで知りませんでした。
そうかー。妹は彼がインドネシアに居る間
一人で、三人の息子を守らなきゃならなかったわけだ。
そりゃ逞しくもなるわねえとrock


体を絞りに絞った私の方が、逆に貧相に見えかねない状態で
母は強しの言葉が、改めて身に染みた一幕でした。

旦那さんに聞いた現代のインドネシア事情は、なかなか面白かったので
いずれ機会を改めて、お話しようと思いますhappy01


で、妹宅を出た午前11時。
以前から何度かお話に登場している、大学講師の従弟の実家へ。

今も叔父叔母が暮らすこの実家へは、毎年お正月の恒例行事として
近くに暮らす従弟一家が訪れます。

事情により昨年は失念しましたが、それまではほぼ毎年
近しい親戚の無事を確認すべく、私も訪れていました。
この日は実に二年ぶりの、親族実家集合というわけですね。


髪には白いものが目立ち、仕事の気苦労を顔に刻んだ従弟に連れ添う
従弟の息子、小学五年生の甥は、まさに今の子供の典型と言うか。
午前中に買ってもらったDSソフトに夢中のご様子でcoldsweats01

それがコレです。いかにもオタクの血を分かち合った従弟が
買い与えそうなソフトですねえとhappy01


Photo








甥のDSとの通信プレイ用にと、従弟もマイDSを持っているんですが
見せてもらえば、甥のDSよりはるかに画面が大きい。
「年をとると、これくらい画面が大きくないと疲れるよ」
と力なく笑う彼に、自分に較べずいぶん老けを感じちゃうのは
きっと気ままな人生を歩む私が、魂の衰えを遅らせているゆえでしょう。

まーそれと引き換えに、失うものも多いですがcoldsweats01

で。待ちに待った元日のお昼ごはん。
出ました!なんとおもち三個入りの特別お雑煮happy02


Photo_2
名古屋近郊のお雑煮は、お餅とシンプルな醤油だしのおつゆというのが
大まかな風習なんですが、今年は野菜やかまぼこも入った豪華版happy01

牛から寅へとエールを贈る、かまぼこのデザインも遊び心いっぱいでhappy01

後で携帯に、従弟から着歴があったのに気づき尋ねてみれば
「来る前に、おもちを何個食べるか聞きたかったんだけど
電話に出なかったから、一杯に全部入れちゃった」
そうで
それがここに凝縮されていると

いやーでも昨日まで、力石徹並みのシェイプアップを敢行していた私に
おもち三個は酷ぢゃないのと思う間もなく
食欲は正直、あっという間にたいらげちゃうところが怖ろしいshock

叔父の実家が静岡だった関係で、いつも叔父宅には
毎年のお歳暮に、実に美味しい静岡茶が送られてきます。

持ち寄ったお茶菓子と共にそれを楽しむのも、お正月の恒例行事です。
今年のお茶菓子は、こんな素敵なものでした。

Photo_3










干支や鶴亀など、手の込んだデザインを模った可愛いお菓子。
なんでも、ご近所さんから頂いた物だそうです。

Photo_4















そりゃ今年の主役ですから、コレがなきゃ始まりませんね。
「日本や中国で、こうした食べ物へのデザインが発達したのは
食にアート性を求める、極東人の繊細な国民性によるものか」
なんて
あーでもないこーでもないと、いいかげんな私見を繰り広げながらも
口にはしっかりお菓子が放り込まれているこの矛盾coldsweats01

やりとりの発端となったのは
このお茶の席に、従弟の奥さんのご両親がトルコへ旅行した際のお土産が
出されたことでした。

角砂糖のような2センチ角の立方体に、白いパウダーがまぶされただけの
そのお菓子は、イスタンブールで買い求められたものだそうで。
あまりに甘そうなその外観に、私は遠慮しましたが
「海外のお菓子って、こういうシンプルなデザインが多くない?」なんて
従弟の奥さんの感想が糸口で。

好きなんですよそういうお話。期せずして楽しいやりとりが出来ましたhappy01

でも名だたる静岡茶とはいえ、その一杯を本当に美味しく感じるあたり
私も年を取ったなと。
老けたという意味じゃなく、舌が肥えたと思いたいですがcoldsweats01

で、もうその後は、甥のDSで遊んだり「トムとジェリー」のDVDを見たりと
ダラダラな4時間あまりを過ごしました。
それでも「トムジェリが作られた背景」や
「この作品が時代を越え、今も子供受けする理由」
「ジェリーが食べる穴あきチーズって、日本に存在するのか」

などなど、甥そっちのけで従弟と私見を交わすあたり
お互い、オタク魂百までの業に苦笑いが消えませんでしたがcoldsweats01


さあそして日が暮れれば
この日のメインイベント、今年最初にして最大の贅沢タイム。
カニ鍋の登場ですcancercancercancer


Photo_5
いやーこのボリューム、存分に煮立てたカニの美味しさを
皆さんにも分けてあげたいhappy02
七人でたいらげたカニは実に七杯。
一人一杯の計算ですが、コレが思った以上に多くて
もう食べても食べても減っていかないカニの桃源郷状態happy02happy02

夢なら醒めて欲しくないと
親族一同、カニに襲いかかるのでありました。
どーも人間、焼肉とカニに関しては、太古の本能が蘇るようですねえ。
全員が背中を丸め、無言で鍋をつつくその姿は
ギャートルズの世界に通じるものがあったりしてhappy01

このカニのだしが存分に効いたおつゆに野菜やお豆腐
糸コンニャクなどを入れて野菜鍋で締めるのが、また格別なんですよhappy01

うーむ昨日までのダイエット魂などどこへやら。

「まあこの一年、最初で最後のご馳走だから。一年分食べていけよ」
なんて叔父さんの優しいはからいで、もう胃がはちきれそう。
「カニでお腹いっぱいになるなんて、めったにある事じゃないもんねえ」
なーんてえびす顔に包まれる全員の前に
食後のデザート、いちごとりんごが出されました。

Photo_6









こんな何でもない幸せが身に染みるのは
普段の毎日が、いかに殺伐としているかの裏返しですねhappy01
そして平穏なお正月というものが、一年間の無事な生活に
支えられている事も、良く分かりました。
怪我や風邪一つひいただけで、この日を楽しめないわけですからhappy01


食後、そろそろ解散の気配が漂う空気の中
甥っ子の彼が、そっと私に耳打ちしてきました。
DSゲームの「トモダチコレクション」に、住人登録してほしいと言うのです。

もちろん私は快諾、まるでネットでアバターを作り上げるように
顔から目鼻、体型まで似せて、甥のDSのマンション住人となりました。
DSの中で生きるもう一人の私は、どんな人生を送るのでしょうか。
そして来年のお正月。甥にゲームの進行を確認した時
現実の私は、DSの私に勝る一年を過ごしているのでしょうか。

どうやら今年はまた一人、「DS仮想オタクイーン」というライバルが
増えたようですねhappy01

・・・とまあ、こんな平穏な、どこにでもある元日でした。
皆さんはどんなお正月を過ごされているでしょうか。
でもどんなお正月であれ、ネットで報告できるという事は
それだけできっと、幸せなんですよ。
こんな毎日を紡げることに、改めて感謝した一日でした。

その後、体重計に乗った瞬間だけは、ものすごく後悔しましたけどweep

2010年1月 1日 (金)

すべり込み賀正

いやーさっき帰ってきましたー。ご挨拶が遅くなり申し訳ありませんsweat01

fuji皆さま、新年明けましておめでとうございま~すfuji

Photo

いやー先日のお話でようやく決まった、リアル年賀状のデザインが
コレですcoldsweats01

すがすがしいほどのベタぶりに、ツッこむ気さえ起こらないという
一般諸氏と
ご覧のバンダイキットの入手困難ぶりにニヤリとするマニア諸氏に向けた
二重構造。皆さんはどちらでしょうかhappy01

で、コレだけではあんまりなので
ネット用にもう一枚、撮影を敢行しました。


Photo_2

コッチには深い意味はありませんが
いつも可愛がって頂いている妹のご挨拶という事で。
ホントは振袖など着せたいですが
さすがにそれは調達できませんでしたcoldsweats01


おねえちゃん、おしょうがつなんだから、ちょっとはおしゃれさせてよpout

いやー可愛いよキナちゃんは。となりのお餅とまちがえそうなくらいhappy01


例年はそれほど忙しくない元日なんですが
今年は事情が違いまして、朝からバタバタとお年始回りをしておりました。
なにしろ昨年は年始から怪我と風邪で、親類筋への年始挨拶をすべて
キャンセルしていたものですから
今年はその義理を果たさねばなりません。


時ならぬ雪の中、二年ぶりの近しい人々との再会は楽しさ一杯。
テーブルに並んだご馳走にも二年分の思いが炸裂しちゃって
この日ばかりは禁を破った暴飲暴食、絵に描いたような寝正月にsweat01
帰宅直後に体重計に乗った私の狼狽ぶりは
容易にご想像頂けるでしょうweep


贅沢ながら食べ過ぎによる睡魔の襲来により、執筆続行は困難。
今日の顛末はまた、次回お話させて下さい。
ともあれ今年もこんな調子で
細々と、いいかげんな毎日を綴っていければと思っています。
なにとぞキナともども、「ネヴュラ」をよろしくお願い致します。

遅ればせながら、まずはご挨拶までhappy01

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »