2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 新たな一目惚れ | トップページ | ワイルド・オン・ザ・アーケード »

2009年12月 7日 (月)

やっぱりブログが好き

今年10月17日から、つらつらと始めてみましたmixi日記ですが。
コレがどーも、私の中ではピンとこなくてcoldsweats01


mixi加入には事情があったとはいえ
日記はもともと「ネヴュラ」から派生した活動なので
まーブログみたいに、いつものお気楽日記でもと
軽く考えていたんですが
書けば書くほど、一種の罪悪感が拭いきれませんcoldsweats01

要はですね。こういう事なんですよ。
別に私は、ブログとmixiでキャラクターを変えてはいないし
記事の内容だって、mixiのみに限定するほどじゃない。
隠し立てしなきゃならない事なんて、何もないわけです。

まー嬉しければ嬉しい。辛ければ辛い。
そういうオープンなところだけが、私の唯一のとりえなわけでhappy01

考えてみれば「ネヴュラ」は、おバカ日記という意味で
極めてmixi日記的な位置づけでしたから
改めてmixi限定でと気張っても、なーんにも浮かばないばかりか
mixiのみに書くことで
かえって「ネヴュラ」を訪れて下さる奇特な読者の方々に
隠し事をしているような感覚にさえ、なってしまうのです。

これが前述の「罪悪感」に繋がっているわけですね。

なんかイヤなんですよ。
「ネヴュラ」のみしかご覧になれない方に
「オタクイーン、ブログではいい事言っていながら、mixiでは舌を出して
仲間内で本音を言い合ってるんだろう」
とか
「ブログでは書けない事があるから、mixi日記を始めたんだろう」
思われるのが。

そのあたりは私の、少々潔癖症的なところですが
そう勘ぐられるのが、何よりも苦痛なわけです。


mixiのお仲間はお気づきかもしれませんが、ここ最近の
私のmixi日記が、ことごとく「ネヴュラ」のコピーとなっているのは
その私の迷いのせいです。
ブログとmixiで記事を書き分ける必要性が
今のところ、まったく感じられないんですよcoldsweats01


ブログは作品発表の場、mixiはその裏話みたいに
記事内容を分けていらっしゃる方は多いですよね。
それはブログとmixi、それぞれのメディアの特性を利用する上で
非常に有効ですし、私も感服を禁じ得ません。

でも残念ながらもともと、「ネヴュラ」はそういう使い方をしていませんし
第一おバカの私が、作品など発表出来るわけもありませんcoldsweats01
毎日、ハムスターと遊んでる写真ばっかり載せるのもアレですしねhappy01happy01happy01

きっとそれは私が、まだmixiの特性を理解していないからでもあるでしょう。
決して、使いこなせてもいませんしweep
でも何となくですが、ブログとmixiの肌ざわりの違いは感じられました。
そこから導き出した結論としては、私はmixi的な閉鎖空間で
お互い認証されたお仲間とシークレットなやりとりをするよりも
たとえ新規のお客さんや反論のコメントがあっても、ブログのオープンな場で
多くの方々と関わりたい、そういうタイプのようです。


まーそれはきっと、私の職業とも関係しているのでしょう。
ローカル局とはいえ、開かれた地上波の番組を手掛けるテレビ屋ですから
契約が必要なCSでは満足できないというhappy01happy01

そんなわけで、私はしばらく
mixiとの関係を見つめ直そうと思っています。

その為今後、よほどの事がない限り
私は活動の軸足を「ネヴュラ」に置き
「ネヴュラ」に記事を上げる際、mixiにも必要と判断した場合のみ
mixi日記に「ネヴュラ」記事をコピーします。

ですからmixiのお仲間は、その日記と「ネヴュラ」どちらの記事にでも
コメント頂けるという事ですね。
で万が一、コミュニティ関係でオープンに出来ない内容や
特定のお仲間とどーしても連絡を取りたい場合
ブログとmixi連動の「実験」等を試したい場合などは
突然、イレギュラーの形でmixi日記を使いたいと思います。


奇しくも最近は、「ネヴュラ」、mixi以外にも
プライベートラインや直接メールなどの形で
ご意見下さる方が増えてきまして、嬉しい限りです。
日記や記事のスタンスやスタイルは人それぞれ。
私はどうやら、ブログ派のようですね。
とはいえ決して、mixiのあり方に異論等はありませんので
その点は誤解なさらぬようhappy01


まー別にしばらく日記を書かないというだけで、mixiは毎日覗きますし
マイミクのお仲間に対しては
これからもコメント等の書き込みはさせて頂きますので
これまでと変わらぬお付き合いを、どうぞお願い致します。
そういう交流から、mixi活動の新しい意義を感じた時は
私の日記の書き方も、変わってくるかもしれませんね。

それは私にも予測できません。一ヵ月後か、半年後か、いや明日かも。
その時はまた、呆れてやって下さいhappy01

« 新たな一目惚れ | トップページ | ワイルド・オン・ザ・アーケード »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 mixiとは無縁の私です(^^ゞ

 私はオタクイーンさんがmixiで陰口(?)を言っているとは思いませんが(^o^)、mixiの閉鎖性はそんなことを考えさせる危うさを持っているかもしれませんネ^^;

 たしかmixiの始まった当初は、「登録制の安心できるコミューン」ということが売りだったと思います。紹介制で、だれもが参加できるわけではないところがステータスというか、開かれたネット社会とは一線を画していた点でした。

 数年前、私のところの、メールでもしょっちゅうトラブルを起こしている生徒が、mixiに参加していることを知りました。紹介されればそういう人も参加できる現実に、急速にmixiへの期待感が薄れていった記憶があります。

 結局、文字だけのコミュニケーションというのは、よほどお互いに思いやりを持たなければ、そしてよほど誤解されないように表現することに努めなければ、そして読解力を磨かなければ、トラブルは起きてしまう‥‥。だから、表情や口調のニュアンスを伝えるために、「顔文字」が発達してきたのですし。私も積極的に使って、表情を出すように努めています(^o^)/

 私は開かれたネットで、不特定多数に向けて自分の考えを発信し、毎日500人もの人にアクセスしていただいていることに驚きと喜びを感じます。見ず知らずの人が私の意見にレスポンスしてくれる不思議さ、新しい出会い、その出会った人が知り合いの知り合いだったりする偶然などなど‥‥。「ブログ」という形態の面白さは、そんなところにあるのでしょうか。

やっぱり、こちらでコメントさせて頂くのが「正道」(笑)と思いましたので……。

私の場合、テリトリーはHP・ブログ・mixiと三箇所ありますが、「実家」「現住所」「勤め先」みたいなもので、「顔」はちっとも変わりません!

まあ、付き合う相手が、それぞれで異なると言うだけですね~~。最初に、オン書きで思いのままを、mixiに書いた記事を、改稿して、納得の行った文章でブログに載せ、最終的に「決定稿」としてHPに載せるという形です。

ですので、日記レベルで載せた「創作」や「ロケ地めぐり」が、なかなかHPにまで載せられない(気分が高まってこないと、なかなかその気になれない!(笑))と言う事態に陥りがちです。

やっぱり、それぞれのテリトリーで知り合った人と、それぞれのテリトリーで交流するのが楽しいんだと思います。私の場合でも、交流の場所が変わると、交流する人が変わってきますので。

上手く言えませんが、そんな感じです。

こんばんは!
お久しぶりです。キナちゃんかわいいですね!毎日癒されてます。
いよいよ受験が忙しくなってきました。後一月程でセンター試験なのですが、不思議と焦りは余りありません。それよりも『やっと終わる』という感覚の方が大きいようです。二次試験もあるのでまだ四ヶ月程あるのですが・・・(笑)
mixiは僕はよく知らないのですが利用している友達もいて『はまると止められない』というような話を聞いた事があります。mixiでのオタクイーンさんの日記も是非見てみたいです。
二週間程前に友達と藤岡弘、さんの講演会に行ってきました。僕は幼稚園に入る前から仮面ライダーが大好きだったのですが、生で藤岡さんを見たのは始めてだったのですごい感動でした。
お話の中で特に印象に残ったのが『自由には責任が伴う』ということと『苦しみや悲しみを通してしか分からない真実もある』ということでした。講演会を聞いてから、自分が普通に楽しく生活している間にも苦しんでいる人が沢山いて、自分の幸せのために誰かが間接的に犠牲になっているのではないかと思えて何だか毎日の生活の中に違和感があります。
それから色々と考えているのですが、便利さや物的な豊かさを求める時代は終わりにしたほうがいいのではないかと思います。そういうものよりも心の豊かさを求める生き方に世界中の人々が切り替えるべきだと思います。
心の豊かさは周りの家族や友達、それから綺麗な物や感動的な物、映画や小説や音楽や絵画などから与えられる物だと思います。
幸い大学に入れば四年間の時間があります。その間に色々と試してみて自分に何があっているのかを見極めて人に感動を与えられるような仕事をしたいと思います。

こんにちは。
mixiは立ち上げ当初からやっていますが、すでにSNSというよりもポータルサイト的なものに変貌しているようで、本来の目的である日記とかコミュがおろそかになっているのがどうも気に入りません。アプリだボイスだって、結局そうやってmixi漬けにしといてその周囲にちりばめられている広告宣伝を活用して収益を上げようという魂胆が見え見えなのがどうも気に入りませんが、まあここまで肥大化しては仕方ないかなという気もします。
私は極めて個人的な連絡場所として使っているので、ブログとの切り分けは出来ていますが、そうでないと色々面倒くさいでしょうね。

>ブログは作品発表の場、mixiはその裏話

そういう書き分けをするのは(わたし的には)全く構わないんですけど、そうやって差別化していることをブログのほうに書いてしまうから、ブログしか見ていない人に閉塞感を感じさせてしまうんだと思います。

>そう勘ぐられるのが、何よりも苦痛なわけです。

そう勘ぐられないようにするには、まずはブログでは一切mixiの事は書かないようにすべきですかねえ。「mixiでこんなことをやってる」などと書いてはまさに逆効果。
ブログ以外でのコミュニケーションの内容をブログの人にも疎外感無く書く事は難しいです。それならば、一切そういう事には触れないというのも手だと思います。
ただし、それではブログのほうまで書きにくくなってしまう。

>ブログではいい事言っていながら、mixiでは舌を出して仲間内で本音を言い合ってるんだろう

mixiに限らず、たとえばオタクイーンさんの行動の中で言えば、宇宙船映像倶楽部関係の記事も、実はブログだけしか見ていない人には同じような受け取りかたをしてしまう可能性があります。

我々はブログだけで情報交換しているわけじゃなく、メールや電話、実際に会ってコミュニケーションするなどさまざまな手段を使っているわけですが、ブログだけで接していると、「ブログでの行動が全て」と認識されてしまう危険性は物凄くあります。
特に、日常の日記的な使い方をしているブログではそれが顕著でしょう。

しかし、実際にはプライベートな事でブログには書きたくない事があって、そんな事までいちいちブログに書く必要は無いのですが、それを書かないと、見ている側には何か秘密を持っているなと勘ぐられてしまうわけです。

これは読み手側の問題が大きいと思いますが、書き手側にも問題があると思います。
メールや電話、日常会話の全てをブログで報告する必要は全然ありません。mixiの中での発言もまた同じです。ただ、ブログの中で、「今日だれそれとこんなやりとりをしました」と書くのであれば、出来るだけ初めて見る人にも分りやすいような説明を最低限加えるべきだと思いますね。思わせぶりな書き方をしたり、「これ以上のことは向こうの話なのでちょっと書けません」などと書くくらいなら始めから書かないほうが良い。

まあ、読み手の中で、ひそひそ話を気にする人は何をどう書いても気にするでしょうし、書き手の人でも裏表のある人はブログの文章にもそういう部分が滲み出てくるので、ブログ全体からそういう嫌な感じが漂って来てしまうものです。
オタクイーンさんの文章にはそういう所は感じられませんから、気にされなくても良いとは思いますが、読み手の中には関係ないところを読み飛ばせない人も居ますのでねえ。
そこがトラブルの元になったりするんだと思います。

長文失礼しました。

自由人大佐様 いやーなんかお騒がせしちゃってcoldsweats01
今回の記事は、軽いインフォメーションのつもりだったので
コメントは無いだろうと思っていたんですが、予想以上の反応があって
ちょっとビックリしているんですcoldsweats01

>mixiの閉鎖性はそんなことを考えさせる危うさを持っているかもしれませんネ^^;

まさにそこが、私の一番危惧するところなんですよね。
そこを勘ぐられてしまうと、ブログ記事の全てが嘘っぽくなってしまって
書き手の本音がうまく伝わらなくなっちゃうような気がする訳です。
それは書き手、読み手の双方にとって、決して良い関係とは言えません。
その悩みはmixi日記を始めた時からずっとあって
何を書いても信じてもらえないような
所詮ブログは上っ面の言葉と思われているような感覚が
私をキーボードから遠ざけるんですよね。
それは私の本意ではありません。

と言って、他の方のコメントにもありましたが
別に何か、mixiでトラブルがあったわけじゃないんですよ。
単純に、自分で書いていて生じた疑問、違和感、後ろめたさみたいなものを
突き詰めていくと、考えられる原因はそこにあったというだけで。
ですから今回の告知に至る原因は、ブログ・mixiのお仲間の
どなたのせいでもありません。
もしお気を煩わせてしまったらお詫び致します。
ただおっしゃる通り、文字のみの繋がりというのは
電話や顔を見ながら話す場合以上に
やりとりするお互いが表現の奥行きや行間を読み
書き手の真意を理解する必要がありますね。
そうしないと、微妙なニュアンスが伝わらない。
同じ言葉を使っても、書き手が笑っているのか怒っているのかで
意味合いはまったく違ってきますもんね。
そういう表現のフォローとして
顔文字や絵文字が発達してきたのかもしれません。
まー私もhappy01など、顔文字は多く使いますが
こういうのって、使っていて楽しいんですよね。
単なる表現のフォローを超えて、お互いが感情を共有するツールと言うか
双方が一緒に笑っている感じと言うか。
世知辛い世の中ですから、少しでもこういう表現を多用して
お互いの胸の内を分かり合いたいと思っていますhappy01

いやー拙ブログなんて、アクセス数では大佐さんの足元にも及びませんがweep
唯一誇れるのは、記事に対してお仲間が真摯にご対応下さる所です。
コメントも少ないですが、中身が濃いというhappy01
もうそれだけで、充分にありがたいです。
毎度のお返事にも時間がかかりますが、それもまた嬉しい悲鳴でhappy01
こういう深いお付き合いが、私のスタイルなのかもしれませんね。
どうぞこれからも、よろしくお願い致しますhappy01

都の商売人様
今回の告知では、いろいろお気を煩わせてしまい
申し訳ありませんでしたcoldsweats01
今回コメント頂いた、商売人さんの各メディアのスタンスは
まさに今回の告知で、私が伝えたかったことなんです。
私の場合はブログが「実家」ですがhappy01
決してmixi全体に違和感があるわけではなく
単純に「一人の人間が、何故オープンな場と閉鎖空間で
発言の内容を分けなきゃいけないのか」という疑問だった訳です。
それは様々な配慮からかもしれませんが、そういう配慮が必要なら
そもそも発言したい相手に、直接メールした方が確実だし早いのにと
思っちゃうんですね。
ですから商売人さんのように、mixiからHPまで
発言の内容を変えないというスタンスが
今の私に最も合ったネット活動のあり方なんですよ。

でもこれもきっと、私がmixiを極めていないゆえの悩みなのでしょう。
おっしゃる通り、メディアごとに交流する相手が変わるというのも
活動の妙味でしょうしhappy01
まーですから今は色々試してみて、自分に合った活動のスタイルを模索しようと思っています。
そういう可能性の追求も、ネットの面白さでしょうからhappy01

アラ様 お久しぶりですhappy01
もうすぐ受験ですね。そういうお話を聞くと
改めて、季節の移り変わりの早さを感じますhappy01
まーアラさんならしっかりしてますから、大丈夫ですよ。
私がアラさんの年だった頃とは大違いでcoldsweats01

記事の通り、私はブログとmixiで書き分けをしていないので
記事のテイストもまったく変わりません。
本当に今、私のmixi日記を「ネヴュラ」にコピペしても
誰も違和感を覚えないでしょう。
まー実際には過去の日記になっちゃうので、そういう事は出来ませんが
逆にその違いの無さが、mixiとブログの書き分けの是非について
思いを巡らす動機となってしまったわけですがcoldsweats01
でもこれも、両メディアの経験なくしては得られなかった感覚ですから
mixi日記の経験は、決して無駄ではなかったと思っていますhappy01

>『自由には責任が伴う』ということと
『苦しみや悲しみを通してしか分からない真実もある』

藤岡弘、さんのお話はいつもご自身の信念に基づいているので
心に響く言葉も多いのですが、今回コメント頂いた上記のお話も
普通、なかなか言えないですよね。
『自由の責任』は、フリーディレクターという立場の私には身に染みて分かるお言葉でcoldsweats01その責任の重さは、その立場になってみないと分からないものでしょうね。
『苦しみや悲しみを通してしか分からない真実』も
『事実と真実の違い』が理解できる年にならないと
本当に分かった事にはならないのかもしれません。

ただこの二つの言葉が分かるという事は
同時に『人生の辛さ』を感じる事でもあります。
そういう意味では深い、そして重い言葉と言えますねhappy01

>心の豊かさは周りの家族や友達、それから綺麗な物や感動的な物、映画や小説や音楽や絵画などから与えられる物だと思います。

分かります。それはアラさんの年齢ゆえの思いである事も。
でも私みたいに年を重ねてしまうと、その考えも別の捉え方をしてしまうんですよ。
心の豊かさは、もともと誰の中にも備わっているものじゃないか、なんて。
こういう言葉があります。

『美しい花など無い。そこには花を美しいと思う心があるだけだ』

アラさんだって、花を見て美しいと思った事はあるでしょう。
そんな風に、人間にはすでに『心の豊かさ』が備わっていると思うわけです。
与えられなくても、アラさんの心にも備わっているんですよ。
大事なのはその心の豊かさを、どう『育てる』か。
『心』だって、水をやらなければ育ちません。
その『水』こそ、おっしゃる通り周りの全てです。
それを大切にして下さいね。

アラさんのこれからの生活が、心の潤い溢れるものになって欲しいと
心の乾き果てた私などは、願ってしまうのですcoldsweats01

雀坊。様 もともと開かれたネットメディアであるブログと
閉鎖性が売りのmixiでは、そもそもの活動目的が違うんですよね。
ですから雀坊。さんのように、利用目的を完全に分けて
それぞれをうまく使い分けるのが、賢い利用法なんですよhappy01

それも分かっているんですが、きっと私の場合
まず「日々の思いを書きたい」という大目的があって
その目的に見合ったメディアを使いたいという経緯があるので
おっしゃるような「極めて個人的な連絡場所」という発想は
最初から無いんです。
「個人的な連絡なら、メールなり電話なりで済ませればいいか」
となっちゃうんですね。
もともと文才も無いですからweep 
変な書き方をして誤解されてもいけませんし
だったら分かるまで電話で説明した方が、確実かなあと。
まーアナログ人間なんですねcoldsweats01

でも日々の思いって、別にオープンだろうとクローズドだろうと
変わるものじゃないしなあと。
そこでブログとmixiの壁に突き当たっちゃったわけです。
要は、目的と手段のズレですね。
きっと今後、mixi日記に合った目的が見つかれば
mixiライフに新たな魅力を感じるとも思いますhappy01

>そうやって差別化していることをブログのほうに書いてしまうから

実はここは雀坊。さんとはちょっと考えが違うんですが
私はこの一文を「差別」ではなく「区別」として書きました。
映画で考えると分かりやすいんですが、映画本編の上映中に
突然、メイキング番組に切り替わる事ってありませんよね。
本編とメイキングは明確に「区別」されるべきだし
それをブログとmixiというメディアで使い分けるのは
メディア特性を活用した手法として、私には異論はありません。
「メイキングがあるなら見たくなるのも人情だから
その存在を知らせる事に是非を感じる」というご意見も
おありでしょうが
映画のメインはあくまで本編であり、メイキング公開の自由くらいは
制作者にもあると、私は思っているわけですね。
ちなみに私は、メイキングに興味が湧かないタイプですhappy01

>ブログ以外でのコミュニケーションの内容をブログの人にも疎外感無く書く事は難しいです。それならば、一切そういう事には触れないというのも手

そうですね。それはブログ、mixiの双方を経験してみて
初めて味わった感覚です。で、おっしゃる通り
「ブログのほうまで書きにくくなって」しまったとcoldsweats01
まさに雀坊。さんのご意見通りの経緯で
私は行き詰ってしまったわけですね。

ただ私などは「mixiの事は一切触れない」という事で
逆に、ブログとmixiという二つの世界を持つキャラクター性が
強調されてしまうような危惧も感じるんですよ。
要はブログで何を書いても、逆に書かなければ書かないで
「結局、オタクイーンはmixiという別世界で
人知れず別キャラを演じてると思われてるんだろうな」という
後ろめたさ、罪悪感からは逃れられない。

それを何とかするにはどうすればいいか。
まー頭の足りない私程度では、今回の記事が精一杯でしたが
それでも、一つの意思表明にはなったと思います。
あまり見かけませんもんね。ブログとmixiの二股をここまでオープンにするブロガーもcoldsweats01
でも、コレが私なんですよね。
そういうところにこだわって、しなくてもいい心配をしてしまうのがcoldsweats01

ただ、宇宙船映像倶楽部の場合はちょっと違って
ブログには純然たる「応募に対する思い」のみが書かれています。
この倶楽部は雑誌「宇宙船」が主導の企画であり
かつ商業作品を創り上げることが最終目標なので
企画の進行によっては、金銭や著作の問題が発生する関係から
企業の新製品企画に近い、一大プロジェクトなんですよ。
ですからその内容がシークレットになる事は致し方なく
私もその点は細心の注意を払って、記事に反映させています。

ですからどこまで書いても、公表出来ない部分があるのは仕方ありません。
「そういう部分も含めて読者は割り切れないから、関係記事は書かないほうが得策」という事なら、私も再考せざるをえませんが
なにしろこのネタは「ネヴュラ」のメインに近いカテゴリーなので
封印するのもツラいなあとcoldsweats01coldsweats01coldsweats01
まー貧乏オタクの唯一の楽しみという事で
なにとぞ、広い目で見てやって下さいhappy01

>思わせぶりな書き方をしたり、「これ以上のことは向こうの話なのでちょっと書けません」などと書くくらいなら始めから書かないほうが良い。

それは激しく同感ですhappy01
私もその点については気をつけていますが
そもそも私など、そういう部分に神経を使わなければならないような「書き分け」をする程、高尚な記事を書いているのかなんて疑問もあったりしてcoldsweats01
いずれにしても、公明正大を心がければ腹を探られても大丈夫なんて
お気楽な姿勢で臨んでおりますhappy01

>読み手の中には関係ないところを読み飛ばせない人も
居ますのでねえ。
そこがトラブルの元になったりするんだと思います。

そうなんですよね。勘ぐり始めたらキリが無いですが
結局最後は人間性。書き手を信じるしかないわけで。
ですから私はできるだけ勘ぐられないような
ある意味、勘ぐっても何も出てこないような公明正大さを
目指しています。
たとえバ○正直と言われても、その方が楽ですもんねhappy01

こちらも長文失礼しました。
こんな不器用ですが、これからもよろしくお願い致しますhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/32524980

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりブログが好き:

« 新たな一目惚れ | トップページ | ワイルド・オン・ザ・アーケード »