2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の記事

2009年12月31日 (木)

『よいお年を~!』

いやー前回から時間が空いちゃってごめんなさいcoldsweats01
年始準備のバタバタで、予想以上に時間を取られちゃって。
まさか縮毛矯正とヘアカラーが一日仕事になるとは。うーむ年末恐るべしcoldsweats01

それはともかく、いよいよ今年も大詰め。
奇しくも前回の続きは、今年最後のお話にふさわしいものとなりました。


あのメガネを受け取った、28日。
クリスマスのデコレーションもあっという間に迎春飾りに変わり
街行く人々もちょっと気の早いお正月気分を楽しむ、師走の午後の事でした。


Photo










メガネ屋さんを後にして、お正月の買い物をするべく
近くの激安スーパーへ向かっていた私は
途中の交差点で、ある物に釘づけになったのです。
「あらっ!アレはひょっとして?」


Photo_2












それは街角の、小さな自動車修理店。
ごらん下さい。もうお分かりですよね。
ショールームにちょこんと置かれているのは、
なんとあの、ダイハツミゼットぢゃありませんかっhappy02


「うわっ!実車ぢゃないの?コレ?」とあわてて近づいてみれば
間違いなくあの『ALWAYS 三丁目の夕日』で大活躍した、ミゼットそのもの。
コリャすごい!ぜひ近くで見せてもらわなければっ!


こういう時の私は、攻めの一方です。
いきなりお店に入ると、カウンターの女性スタッフに声をかけました。
「あのーこのミゼット、写真に撮らせてもらえませんでしょうか?」
ブログに載せる旨も快く承諾頂き、さっそく撮影開始。

いやーまさか私の住む街に、こんな素敵なお店があるなんてhappy01


Photo_3
うわー本物だ。なんてかわいいフォルムでしょうhappy02happy02
今の軽自動車の半分くらいのサイズしかありません。
コレに乗れちゃったんですから、当時の日本人の平均体格は
今よりずいぶんコンパクトだったんでしょうね。
いつもデジカメを持ち歩く癖に感謝しながらカシャカシャとシャッターを切る私は
興奮のあまり、
女性スタッフに聞いてしまいました。
「ひょっとしてコレ、まだ走るんですか?」
「ええ。まだ調子よく走りますよ。」

Photo_4













彼女の言葉を裏づけるように、フロントガラスには車検登録シールが
燦然と輝いていました。
おおーっこのミゼット、車検通ってる~っhappy02
たしかこの型は昭和34年デビューだから
あるいはもう、50年選手の可能性もありますね。
まーお元気な一台。大切に使われてきたんだろうなー。
この丸い二つ目には、昭和から平成へと変わりゆく日本の姿が
焼きついているのでしょうか。

ちょっと感動を隠しきれない私に、女性スタッフはいろいろお話してくれました。
「ウチの社長はこういう古い物が好きで、車以外にもいろいろ集めてるんですよ。
昭和の暮らし展みたいな展示会にも、貸し出したりしていて。」

「へえーっさすがですねー。」
「このミゼットも、近所の農家で使われていたものを社長が引き取って
キレイに修理したんです。」

「ああそうでしょうね。修理屋さんですものねえ。
ここまでピカピカにするには、手間も費用もかかったでしょう?」

「そうですねえ。40万円くらいかかったって聞いてますけどね。」

「えーっ?40万円でここまでになれば、安いものじゃないですか。
欲しくなっちゃったなー。このミゼットhappy01


Photo_9













見ればリアには、「○○オート」とお店の名前が。
その書体は「ALWAYS」の鈴木オートとソックリで、またまたビックリlovely
まさか意識したわけじゃないでしょうが。古い物好きの社長さんは
堤真一さんみたいなガンコな修理職人さんなのかもしれませんねhappy01


ちゃんとナンバーもついてます。
やはり修理一筋の社長さん、車は動いて当たり前なんでしょうね。すばらしいhappy02

「ドアを開けて、運転席も見てみて下さいよ。腰掛けてもらってもいいですよ。」
そんな優しいご配慮に甘えて、おっかなびっくりドアを開ければ・・・

Photo_7












うわー何にもない運転席。それがかえって新鮮に見えますhappy01happy01happy01

カーナビまでが標準装備の現代では考えられませんが
昭和の中ごろの車は、これでよかったのでしょう。
まー商用車ですから、余分なものは一切付けないシンプル設計だったんですね。
私が以前乗っていた日産のPAOも、コレをイメージソースにしたのでしょう。
ハンドルを握っていた私にはわかります。
PAOには、このミゼットと同じテイストを感じますからhappy01

(あまりの興奮に、写真が手ブレしちゃってごめんなさいcoldsweats01

いつの間にかお店に現れた、作業服姿の電気屋さんも加わって
期せずして店内では、ミゼット談義に花が咲きました。
「うんと撮ってやって下さいよ。」
笑顔で話すスタッフの皆さんが、私には鈴木オートの奥さんやロクちゃんら
あの優しい面々に見えちゃって。

ホントにくったくない方々だったんですよhappy01

Photo_8








「どうもありがとうございました。」

飛び込みの私に良くしてくれ、素敵な時間を下さったお店の皆さんに
感謝しながら、頭を下げました。
きっとその時の私はまぎれもなく、夕日町三丁目に居たのでしょう。
年末の慌しい中、心休まる一時でした。

また同時に、ミゼットから元気ももらいました。
日本に勢いがあったあの時代。その時代を駆け抜けた、この小さな車に。
「ワシもまだまだ現役。お前さんもがんばんなさいよ。」なんてpunch


さて。今年も一年「ネヴュラ」を可愛がって下さって、ありがとうございました。
今年はこれが最後のお話になります。

まー明日には年賀記事でしょうから、大した間もありませんがcoldsweats01
とはいえ区切りは区切り。今年もお仲間との楽しいやりとりを通じて
いろいろな事を考えさせられた一年でした。
「宇宙船」の部活やプチオフ会など、初の試みも楽しかったですね。
ともあれこうして心穏やかに、去り行く年を見送れる喜びと共に
来年も読者の皆さんと、楽しい時を過ごせればいいなと思っています。


今年のお話の最後は、もちろん今回のネタに絡めてあの言葉で。
『ALWAYS 三丁目の夕日』第一作のラスト
帰省するロクちゃんの汽車をミゼットで見送る、鈴木家のあのセリフ。

『よいお年を~~~っ!』

皆さんに、素敵な新年が訪れますようにhappy01

                                    オタクイーン
                                                                     キナックマ

2009年12月28日 (月)

紅い眼鏡

年も押し迫り、雑事に追われた今日の午後。
年越しの買い物を済ませ、両手いっぱいに荷物を抱えて帰宅してみれば
留守電のランプが点滅しているぢゃありませんか。

「ご注文のメガネが出来上がっておりますので、いつでもご来店下さい。」
いま、このお店の目と鼻の先まで行ってきたばっかりなのにいいいいshock

というわけで、再度ミニバイクを飛ばして行ってきましたメガネ屋さんeyeglass
頭に比例して目が極端に悪い私は、気合を入れた外出時はコンタクト
自宅作業や近所への外出には、メガネを使っています。

今のメガネは何年も前に作ったものなので
もう古くなり度も合わず、もともとの乱視の具合もあって
この年末に、ひとつ新調しようと思い立ったのでした。

自宅使用程度なので、ネットで調べた近所の激安店で適当にフレームを選び
検眼の上、発注したのが一週間前。
年末ゆえ注文も混みあい、完成予定は明日の午後と聞いていたのですが
一日早く出来上がったようですね。まー早いのは良い事ですhappy01


Photo
で、受け取ってきた一本がコレ。
昔から言い続けていますが、私は怪獣もハムスターも
まるくてユルいシルエットが好きなので
メガネフレームもスクエア派よりオーバル派なんです。
で、縁取りも細いのが好み。

まーあまり、顔の印象をキツく、シャープにしたくないんですよ。
もともとおバカですから、シャープにもなりようがないとはいえcoldsweats01
こういうテイストを好む、私の顔を想像してみて下さい。
こんなまるいレンズでは、色気とは縁遠いですがcoldsweats01
リアルの私をご存知の方は、吹き出しちゃうかもしれませんねhappy01happy01happy01

フレームデザインは、これまでと同じタイプを選びましたが
今回、新機軸として挑戦したのは、ご覧の赤いフレームカラーでした。

メタルの質感が気持ちいいレッドですが、派手派手な赤ではなく
ほどよくシックで上品なマルーン系というところが、気に入っています。
ちょっと、愛車ミラ・ジーノのボディカラーに合わせたところもあったりしてhappy01

Photo_3













メガネ選びはファッションの決め手なんて言われますが
私は顔が顔だけに、こんなまるい一本が似合いそうです。
でもメタリックカラーのフレームは、目元も華やいで楽しいですね。
おニューのレンズも実に調子よく、もーパソコン画面が見やすい見やすいhappy02

いかに以前のレンズが劣化したか、視力が衰えたかも、よくわかりましたsweat01
目元も頭もピントを合わせ、新たな年を迎えられそうですeyeglass

さて。このメガネ受け取りの際に
また予期せぬ、楽しいエピソードがあったんですが
それはまた、次回のお話にしましょう。
ヒントは、メガネの写真のどこかに隠れています。
皆さんなら、すぐにお分かりかもしれませんねwink

今年最後の悩み

いやーやっと決まりました。年賀状のアイデア。
思えば昨年も、同じようなお話をしてましたがcoldsweats01

デザインの専門学校を卒業後、まがりなりにも広告代理店経験を経た私には
昔から年賀状や名刺など、個性で勝負する書面の類にはこだわりがあります。

メーカー見本のデザインに名前だけ添えることに、たまらない敗北感を覚え
どーしても自分のオリジナルじゃなきゃ、年明けの寝覚めが悪いというpunch
たとえ投函を遅らせても、オリジナルデザインに執着を見せる困り者ですcoldsweats01
とはいえ実力が伴わないですから、いつも不発ばかりですがcrying
ご家族の写真などをレイアウトされる方も多いでしょうね。
私はひとり身ゆえ、それもままならずcoldsweats01

そんなわけでいつも、年も押し迫ったこの時期に、どんなデザインにするか
あーでもないこーでもないと悩むのが、恒例の行事となっています。

今年は「ネヴュラ」でも、賀状デザインの写真をお披露目しましたね。
「ウシトラマン」なんてベタなネタで、皆さんの失笑を買った苦い思い出がweep


http://spectre-nebura.cocolog-nifty.com/cultnight/2009/01/post-bc4e.html

まーそのショボぶりを見れば、私の発想なんて推して知るべしなんですが
言い訳じみたお話をすれば、年賀状ネタの出来不出来って
毎年の干支にかなり左右されるんですよね。

私の場合、賀状は干支に絡めた写真構成が多いですから
扱いやすい干支かどうか、発想は良くても材料が揃っているか
材料入手の必要があれば、予算に見合う金額かどうかなど
懸念事項は山積みなわけで。
いくら素晴らしいネタを思いついても、手が出なければ意味がないですから。

今年の「ウシトラマン」の場合、たまたま昨年、運よく発売された
円谷倉庫のウルトラマン・変身プロップが入手しやすかった事と
「牛柄に塗り替えたウルトラマンを見たい」というおバカな思いがうまく合って
そういう下らないネタも、何とか形になったわけですが
そんな幸運が、毎年訪れるとは限りません。
いやー裏話をすればするほど、ネタのショボさが際立っちゃいますがweep


で、皆さんご承知の通り、来年の干支は『寅』です。
寅。虎。トラ。コレが簡単なようで、思ったより難しいネタなんですよねーcoldsweats01
賀状はオタク仲間以外でも理解できる、ベタなデザインが必須ですから
寅の会やタイガージョーやトライアン・チーム程度のユルいネタでも
一般社会では通用しないんですよ。

そこが非常に難問。ネタはベタでもヒネり方にこだわるという部分が。
「うーむタイガーマスクのソノシートを持ってたなー。それでいこうか。」
「井村屋の寅まんをキナがかじる写真は面白いけど、近所には売ってないし」
なんて悶々と数日を過ごし、投函リミットも迫る今日あたりは
もう思考も限界、「宇宙船」の企画締め切りもかくやの悩みようsad


で、今は一応の決着がついたので、こんなお話も出来るんですが
今回も昨年に劣らぬベタぶりです。

材料には一切手を加えていませんから
昨年よりむしろ、失笑度は高いかもしれませんがcoldsweats01
でもコレが今の私の気分という事で、それなりに満足行く賀状ができました。
宛名書きや相手別のメッセージを書くモチベーションも
ネタの出来不出来に左右されますからね。
またお正月には皆さんにお披露目し、脱力頂こうと企んでおりますsmile


そんなわけで何とか、今年最後の悩みもクリアできました。
あとはお正月のおしゃれに備え、30日に施すストレートパーマと
たまったオタクグッズ整理を兼ねた、大掃除を残すのみ。
どーもコレが年をまたぎそうで、ちょっと不安なんですよねcoldsweats01

2009年12月27日 (日)

水面下の白鳥

「今日も歩いちゃった。10キロ。」
そうつぶやくと、「彼女」は自慢の足を組み替えました。
「やっぱりみんなしてるよねえ。そういう努力って。」
「そうそう。冬だってがんばらなきゃ、理想のボディは手に入らないよ。」

クリスマス明けの土曜日。私のような立場の者が集まるスポットで
久々に再会した古い友人と、女子トークで盛り上がった時の話題です。

「ネヴュラ」では何度もお話していますが
昨年の今ごろ、私は例のバイク事故により体の自由がきかず
さらに年末に風邪をこじらせて、体調は最悪でした。
そのツケを取り返すべく、今年は2月からダイエット作戦を敢行。
夏の熱中症や秋の公園を綴った日記に、その戦歴が表れています。
貧乏ながらフリーという立場をフル活用、空いた時間をすべて当てた
お手軽ウォーキングの成果はそれなりに大きく、
達成した-20㎏の体重は、今もなんとか維持できています。


昨日会った「彼女」は、私のように極端な体重増減とは無縁に見え
昔から、見事なスレンダーボディが売り。

そんなルックスと、はるな愛風のくだけたトークのギャップが
飲み屋さんでも人気を博し、誰にでも愛されるキャラです。
そのギャル系ファッションは、スーツ系秘書テイストの私とは路線が違うものの
同じく女性を目指す仲間として、思いが重なる部分も多々あります。
久々に顔を見たこともあり、積もる話のつれづれに
「彼女」本人も、自らの女性化への努力を他人に語りたくなったのでしょう。
お酒が入っていた事が、自分語りに拍車をかけたのかもしれませんねhappy01

最近「彼女」がハマっているのは、女性的なボディライン作りとダイエット
そして髪のお手入れだそうです。
以前からよく一緒に遊んでいたのに、そんな影の努力をおくびにも出さず
いつも周りをジョークで明るくしていたキャラだったので
私も「彼女」の新たな顔を発見したようで、新鮮な感動を覚えました。


「いやー私も今年は、ほぼ毎日歩いてたんだけど
さすがに寒くなってくると、そういうのも億劫になっちゃってねー。
ウォーキングの話をブログに書いても、反応が小さいものだから
こんなおバカな事をやってるのは、私だけだと思ってたよ。」

なーんて私の反応に、満面の笑みで頷く「彼女」。
「いやそういう地道な努力が、女に磨きをかけるのよ。
人も羨むボディを維持している人は、なんにもやってませんなんて顔して
その実、絶対に努力はしてる。
ほっとけば人間、体型がゆるむ一方だもの。」

「なるほどねー。私なんてただ歩いてるだけだけど
そういう話は勉強になるわあhappy01


確かに「彼女」の主張は頷けるところがあります。
お仕事がら、モデル出身のタレントやリポーターと話す機会も多いのですが
彼女たちは口を揃えて「体重維持だけは本当に大変」と語るのです。
「モデルなんて撮影中はニッコリ笑って、ダイエットなんて無縁でーすなんて
フリをするのが仕事ですけど、カメラが向けられてない時はそりゃ、悲惨ですよ。
顔はゲッソリ、目は落ち窪み肩で息をしちゃって、お互いに口もきかない。
仲が悪いんじゃなくて、体を絞るだけ絞ってるから口をきく体力さえないんです。
プロポーションの維持が、即お仕事に影響しますからね。
服をキレイなシルエットで着られるかどうかが、モデルの命ですから。」

そうした職業意識から来るあまりの強迫観念に、拒食症になっちゃう
モデルも多いとか。


いやー楽なお仕事はありませんねー。どんな業界も裏は凄まじいものですが
モデルさんたちも命を削りながら、カメラの前で笑顔を見せているわけです。
その気概はまさに、試合前のボクサー並み。
「そういう世界ですから、私も一度痩せすぎて体を壊し
このままではやっていけないと思って、タレントに転身したんです。」

その彼女の言葉には、説得力がありました。

またこんな事を言った、仕事仲間の女性タレントも居ましたね。
「高カロリーの食べ物って、お金を出して脂肪を買ってるようなものですからね。
そんな無意味な事はありませんよ。」

まーそこまで極論してしまうと、食事の楽しみも無くなりますが
ボディラインを職業の要とする人々にとって、脂肪摂取への脅威は
それほどまでに強いという事なのでしょう。


冒頭の「彼女」の気合いも、それに通じるものがありますね。
レディースの服は、メンズのそれよりはるかにボディラインが出やすく
プロポーションへの気配りをちょっと怠れば、その気の緩みが
そのままシルエットに反映されちゃうところが怖ろしいshock

いや私も耳の痛いお話なんですよ。ここ数日、体重は変わらないのに
なんとなく、夏に比べてボディラインが緩くなったような気がしてsweat01

うーむやっぱりチョコの食べすぎか。ましてや拒食症とは絶対無縁の私なので
食べる時は鬼神のごとき勢い。餃子の王将なら2000円程度は楽勝ですからcoldsweats01
最近はそんな暴食は控えていますが、それでもクリスマスのケーキやチキン
おせち料理のチラシを見るたびに、ゴクリと喉が鳴りますcoldsweats01

そんな煩悩の塊の私ですから余計、食べた分だけ動くというダイエットの基本を
心がけなければならないのでしょう。
「冬は寒いから、体温維持の為に体がエネルギーを使うわけよ。
だから夏より痩せやすく、運動効果も上がるのよね。」

見事な脚線美を惜しげもなく晒す「彼女」のその言葉を信じて
この年末も、サウナスーツに腕を通します。
たまったオタクグッズを片付ける「大掃除ダイエット」にも期待できますが
その先にやってくるお正月に、早くも戦々恐々shock

初売りのチラシでまるまると太るであろう元旦の新聞に
三が日明けの自分の姿を見るようでweep

「こうも思うのよ。」
「彼女」はこんな言葉もつぶやきました。
「私たちの年代になると基礎代謝が落ちて、どうしても中年太りになるじゃない。
同窓会なんかで昔の仲間に会うと、余計そう思うよね。
確かにそれはしょうがない事かもしれない。人間、年には勝てないもんね。
でも女性体型を目指して努力することで、ボディの崩れからは逃れられる。
だからけっこう実利も兼ねてるのよ。女性を目指すって。」

「うーん。女装ダイエットか。」
「そうそう。女装ダイエット。」

私のリアクションにそう答えて、いたずらっぽくウインクした「彼女」。
何気ないそぶりの裏で、日々の努力を怠らないその姿。
女装、性同一性障害など特殊な嗜好には異論もおありでしょうが
体調管理、健康維持という点で、一つの目標を持つ事は大事と思います。
寒空の中を歩くのが私一人じゃない事に、大きなモチベーションをもらいました。
そんな仲間からの刺激により、私のウォーキング癖は年を越しそうですhappy01

2009年12月25日 (金)

スノーマン完食せよ

Photo









おねえちゃん、きのうのやくそくおぼえてる?
もちろんよーhappy01 今日はクリスマスだもんねーxmasxmas

Photo_2









でも今日はあったかかったから、クリスマスの雰囲気はなかったけどねsweat01
ほんとだ。おひさまがまぶしそうだねsun

Photo_3












おなじみのカーネルさんも、今日はサンタさんに変身だよhappy01
えがおがちょっとぶきみだけどねshock

ということは、おみやげはちきんかなーnote
と思ったんだけど、チキンはいつでも食べられるじゃない。
せっかくだから、クリスマス限定のおいしいモノを探してきたのよ。


Photo_4














出たっhappy02 今しか食べられない雪だるまパンsnow
ホイップクリームをたっぷり挟んだふかふかパンに
シナモンパウダーをまぶした、ジングルベルな逸品だよhappy01

おお~あんぱんまんみたいなびすけっともついてるよlovely

Photo_5









チョコで描かれた顔はひとつひとつ表情が違っててさ。
いちばん笑ってる顔を選んできたんだけどhappy01

おねえちゃんににてない?へのへのもへじっぽいかおつきがsmile
失礼ねー。そりゃ鼻は低いけどさangry

Photo_6











さあ特設スタジオでセットもバッチリ。昔の使いまわしだけどcoldsweats01
なじんじゃうねーわたしがはいると。わたしのめまでちょこみたいだよhappy01
まーとにかくお上がりなさい。おいしいよーhappy01

Photo_7













で、ここはなに?
あっキナちゃんそこは違うってばcoldsweats01 どーも穴好きねーあんたはsad
それともお尻に自信があるとか?そのポーズ、最近よくとるもんねsmile


Photo_8










まずはこっちをいってみようかな?
ビスケットからとは、またマニアックな。



・・・こんな調子で、どーもパン本体には興味が行かないキナちゃん。
しょうがないので、頭をちぎるスプラッターな上げ方をしたところ・・・


Photo_9















ようやくパクリといってくれましたhappy01
もうホントに手間のかかるハムだわー。顔が自分と似てたからかな?coldsweats01


Photo_10










で、やっぱりそこが一番なのねgawk
まーね。おいしいものはおちつくところでnote
ま、本人が喜べばいいか。こうして今年も暮れていくのねーgawk
なんか毎年、こんな感じみたいな気がするけどcoldsweats01

というわけで皆さん、貧乏な我が家は、こんなささやかなお祝いでした。
皆さんも、楽しいクリスマスを過ごされたことでしょうねhappy01happy01happy01

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ

2009年12月24日 (木)

チロルなイブ

せっかくのクリスマスイブなのに、よりによってお仕事が忙しくsweat01
まともな写真も撮れませんでしたweep

いつも以上にショボいですが、なにとぞご勘弁をcoldsweats01


Photo_2












名古屋駅前のナナちゃん人形も、すっかりクリスマス仕様に衣替え。
昨日撮った一枚ですが、今年はデコレーションいっぱいの真っ赤な衣装です。


ナナちゃんのクリスマスウェアは、毎年違った華やかさがあるんですよhappy01

Photo_6 









ちなみに昨年、2008年のクリスマスはコレ。
サンタさんの水着みたいですねhappy01


Photo_7









こちらは一昨年、2007年バージョン。
シックな装いですが、それでもツリーを意識した
大人な雰囲気が魅力的kissmark

女性の衣装の色は、その年の景気を反映するらしいですが
お笑いブームと一緒で、不況の時ほど派手な色調が好まれるのでしょうか。
たった三年分見ただけでも、微妙に時代を反映していて面白いですhappy01


でもせっかくのイブなので、これだけじゃ寂しいと・・・

Photo_8











おなじみのチロルチョコ、クリスマスケーキBOXを買ってきました。
三種類のケーキ味が楽しめる特別仕様のチョコが入った、期間限定版。
まー当日じゃないですから、これくらいがちょうどいいでしょう。
貧乏なひとり身ですし、高カロリーのケーキも勘弁だしcoldsweats01
いっしょに撮ったエビちゃんカレンダーも、もう少しでおつかれさまですねhappy01


で、こういうシチュエーションに必ず顔を出すのが・・・

Photo_9















おねえちゃん、はむすたーはちょこがにがてなんだよー。
ほかになんかないのーangry
ごめんごめん。今日はイブだからcoldsweats01
明日が本番よ。ごちそうを用意するから、期待して待っててねhappy01

うーむキナのくいしん坊ぶりにも、油断なりませんね。
ともあれみなさん、メリークリスマスxmasxmasxmas

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ

2009年12月21日 (月)

寒中水泳

今朝の日記を裏付けるかのようにhappy01 出かけた午後三時半、いつもの池。

Photo
さすがに震える寒さの中、池の皆さんは今日も元気に寒中水泳。
日も短くなり、夕日の照り返しが彼らを赤く染め上げています。

Photo_2

逆光の中に浮かび上がる白い影。
思えばこの私がウォーキングを始めた6年前にはすでに、このアヒルさんは
池の住民でした。
彼らはもういくつの冬を、この池で耐えてきたのでしょうか。

この程度の寒さに甘えていられませんね。私も。
この冬は思い切って、乾布摩擦にチャレンジ?
いやちょっとはしたないかな。女子としてはcoldsweats01

体脂肪維持命令

愛する先代妹分、コタの二月永眠をきっかけに
今年は一年を通じて、ウォーキングに励みました。

プライベートはヒマさえあれば、サウナスーツに袖を通していた気がします。
大きな口を聞くほど大した距離も歩いていませんが、継続は力と言うか
寒波にこごえるこの時期も、その習慣はおさまらず。
連日の公園写真に、もう飽きられた方も多いのでは?coldsweats01

ともあれその甲斐あって、体重は何とか現状をキープ。
恐れていたバルンガ並みのリバウンドもありません。
まー怖いのは、多忙な年末の後に待つ年始の怠惰な生活ですから
決して気は抜けませんがcoldsweats01

リバウンドが抑えられている要因はなんとなく分かっていまして。
それはきっと、
体脂肪の急激な減少によるものでしょう。
確かに昨年も、ウルトラ検定に挑んだ7月下旬には
それなりに体重も落ちましたが
それは極端な発汗による体内水分の排出に過ぎないもので
体脂肪率は、驚くほど高かったのです。


昨年から毎日の食事メニュー、体重と体脂肪率は細かく記録しているので
そのデータを見れば、昨年の今日と今朝の体重差は実に-16.4㎏
さらに体脂肪率の差は、
-11.6%です。

昨年末はバイク事故の治療で、動くのがおっくうだった事情があるとはいえ
今年のこの痩せぶりは、尋常ではありません。
そりゃGパンもブカブカになるわけですが、不思議と無理している感はなく。
それはやはり、体脂肪率のせいなのでしょう。
代謝の活性化により体内脂肪が燃え、筋肉化しているから
体脂肪率が減って、体に負担がかからなくなっているんでしょうね。


不思議なのは、この体脂肪の減少が冬になっても止まらない事で。
元来の甘いもの好きに加え、ここ数日の急な寒さにより
つい部屋に閉じこもりがちになって、口寂しさから
かなり大量にチョコレートを食べているのに
体脂肪率の極端な変動が無い事にも、ちょっと驚いています。
まさに嬉しい悲鳴と言いたい所ですが、ここまで順調に進んでいると
いつか突然、一晩にして元の体形に戻っているんじゃないかなんて
うなされる夜もあったりして。
そう。あの
芥川龍之介の『鼻』のような脅迫意識がhappy01


恥ずかしいですが一つの記録として、今日の体脂肪率をお教えしましょう。
2009年12月21日現在、16.6%です。
(身長と体重はご勘弁下さいcoldsweats01 女子には辛い数値なのでweep
ちなみに年齢別・男女別の平均体脂肪率一覧はコチラ

これによれば私は、男性なら標準、女性なら痩せ型という事になりますね。
まーシャーシは男ですから、標準体形でしょうか。
昔の私を知っている人が知ったら、驚くこと間違いないでしょうねhappy01

で、来年の三が日明けにこの記事を見て、きっと蒼ざめるんですよ。
あああんな数値、発表するんぢゃなかったなんてweep
うーむ逆に、この数値を死守する為にもうひとがんばり。
やっぱり今年は、ウォーキングで暮れてゆきそうですrun

どたんば勝負

さあ2009年も、あと10日あまりを残すのみとなりました。
お仕事納めやクリスマス、年末年始の準備など
一年の締めくくりが一気に押し寄せるラストスパート。
山積みの雑事を前に、もっと早くからやっておけばよかったと
嘆かない年などありませんねcoldsweats01

私もそろそろ、大掃除と年賀状作成に本腰を入れざるをえない崖っぷち。
そんな時にはこの一曲で、どたんば勝負を乗り切りますpunch
必殺オタクの血を沸騰させる、永遠の名曲。

イントロが流れるだけで目は血走り、体の動きは三倍の速さに!
故・緒形拳氏入魂の名場面に乗せて、お聴き下さい魂のナンバー。
ご存知、「必殺必中仕事屋稼業」劇中歌にして殺しのテーマ
note夜空の慕情』

この曲が脳内に鳴り響けば、年末の雑事もはかどる事うけあいですhappy02

2009年12月20日 (日)

赤鼻のキナカイ

Photo









おねえちゃんおかえり。どこいってたの?
あ、キナちゃん。おねえちゃん今日は、サンタさんに会ったよhappy01

Photo_2











あ、いつものやすいすーぱーのところだ。
うるさいなーsad いいぢゃないのそこはcoldsweats01
やっぱりクリスマス前の日曜日だよねー。不況でも人は多くてさ。


Photo_3












ほらほら最近珍しい、歳末セールの宣伝の人happy02
さんたさんって、このちょんまげのひと?
いやそうぢゃなくてgawk それはそれで面白いけどcoldsweats01

Photo_4















うわーさんたさんだhappy02 ふうせんくれるんだlovely
そうそう。みんな嬉しそうだったよ。
他にもこのサンタさん、パントマイムも上手なんだよね。
まさに無言のアーティストと言うか、中村ゆうじと言うかhappy01

ほしかったなーふうせん。もらってきてくれればよかったのにsad
キナちゃんは軽いから、風船を持ったら飛んでっちゃうよhappy01
いいよー。ゆりちゃんのきもちをあじわえるし。はちぶんのいちけいかくのhappy01


ほんとにもうすぐクリスマスだねえ。一年なんてあっという間だねcatface
わたしもさんたさんにあいたかったよsad おねえちゃんばっかりweep
わかったわかった。ちょっと早いけどサンタさんに会わせてあげようhappy01

Photo_5














・・・これ?
ぜいたく言わないのpout ウチは貧乏なんだからweep
でもそうやってると、キナちゃんはサンタさんのソリを引くトナカイみたいだね。
角はないけどトナカイ色だし、鼻は赤いし。キナカイってところだよhappy01happy01happy01

いいよーだgawk くりすますにはごちそうしてもらうもんpout
そうだね。期待しないで待っててねhappy01

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ

2009年12月19日 (土)

毛皮のおもち

Photo










初雪が舞った今日の名古屋。
キナちゃんも寒いだろうと、ケージの横にハロゲンヒーターを置きました。
これで防寒対策もカンペキhappy01

Photo_2











なんか食べてますね。

2











いつものチクワですかcatface
それにしてもキミは、本当に丸いねえ。
名前の通り、きなこもちみたいだよhappy01

Photo_4











ほらほらこのおしりなんて、ぷぅ~っとふくれたきなこもちhappy01happy01happy01

Photo_5
やあねえもうれでぃーにむかって。
あったかいんだもん。ぷぅ~っともふくれるよ。

そうかそうか。明日も寒いから、あったかくして寝ようねhappy01

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ

ムーブな毎日

やっと一段落つきました。HDDレコーダーに録り溜めた番組の
『DVD-Rへの移動』。

この『移動』という概念が、当初はどうしてもわからなくて。
なんでも専門用語では『ムーブ』と言うそうで。おバカが出ちゃいますねーcoldsweats01
DVD-Rに『移動』した途端にHDDから番組データが消えた時は
軽いショックが。「おおー」なんて唸っちゃってshock



『移動』を余儀なくされたのは、先日のケーブルテレビチューナー変更の為。
チューナーがアナログからデジタルに変わったもんですから
チューナーを通して録画した番組は全部『コピーワンス』になっちゃって。


『コピーワンス』。この「一回だけコピーできますよ機能」という概念。
チューナー取替えの際、担当スタッフに何度も確認したんですが
いざ自分でやってみないと、なかなか理解できないものですねえ。
まーほとんどの方はご存知でしょうが、例えば放送番組をHDDレコーダーに
『録画』すると、これがすでに
『一回目のコピー』となっちゃって
もうそれ以上は一切、DVDなど外部メディアへのコピーが出来ないという。

アナログ放送のような『HDDに録り溜め→DVDにコピーして保存』という
当たり前のやり方が通用しないという不思議coldsweats01


うーむ一種のコピーガードですね。私と一緒でガードが固い。
多少は隙を作らないと男にモテないよなんて言われた過去を
こんな時に思い出すとは。隙があってもモテませんがcrying

いかにテレビ業界に身を置いていても、こういう放送方式については
まるで素人ですから、まったくどういうカラクリなのか
謎と恐怖を呼ぶ、「光る通り魔」のような展開shock
末代まで祟るおバカな頭ゆえ、この概念を理解するまでに
ケーブルテレビ会社からレコーダーのメーカーまで
鬼のように電話をかけまくらなければならないのでしたcoldsweats01


で、やりとりの中でようやく理解できたのが
「デジタルチューナー→HDDレコーダーにコピーした番組は
DVD-R等の別メディアへは『移動』しか出来ない」
「その場合、デジタル放送対応(CPRMと言うそうです)のDVD-Rが必要」
「レコーダーからDVD-Rへの『移動』操作は、極めて特殊で煩雑」

この三点でした。


それを早く教えてくれなきゃ!それまでDVD-Rがデジタル対応かどうかなんて
考えたことも無かったですから、ウチの在庫は全部非対応というていたらくweep
何度試してもエラーが出るわけですよwobbly
まー100枚980円の超特価DVDでしたから、多くは望めませんでしたがcoldsweats01
第一、CPRMなんて初めて聞きましたよ。ミサイルかなんかですか?
とにかくあわてて近所のパソコンショップで対応DVDを購入、数回の失敗の末
ようやく『移動』の何たるかが理解できた、というわけです。


そりゃレコーダーの説明書をよく読めば、そういう事も書いてはありますが
ネットショップの会員登録規約と同じで、全部は読めないですよ。
特に私のような機械音痴(死語かなcoldsweats01)なんて、読んだってわかんないしweep
目的のたびに「お問い合わせダイヤル」のお世話になるのが、一番の近道です。


でも本当に「移動操作の煩雑さ」には参りましたねーweep
レコーダーが古い機種のせいもありますが、メーカー担当者さえ
「ちょっとお待ち下さい」「いやそのルートからでは移動へはたどり着けません」
なーんて指示の連続でcoldsweats01

いやーまさか移動操作へたどり着くまでに、こんなにも色々なルートを
経なければならないとは思いませんでした。
それはまさに、香港の下町を逃げる泥棒を追いかけるような難しさweep
操作をわざと煩雑にしているようにしか思えません。
第一『移動』の項目が『ダビング』という大項目の中に隠れているのが
納得できない。これじゃ見つからないわけですよ。全然別の概念なのにsad


まー百戦錬磨の読者の皆さんですから、こんな事は先刻ご存知でしょうね。
時代遅れのオタクゆえ、こんな基礎に戸惑っちゃうのが恥ずかしいですcoldsweats01
愚痴ばっかりでごめんなさい。ホントに機械に弱いんですよ私。
こんなおバカがなんでブログを書けるのか、自分でも不思議ですがcrying

ともあれこれで何とかやりかたを覚え、連日、少しずつの作業により
パンク寸前のHDDに詰め込まれた番組を
DVDへ「避難」させることに成功しました。その枚数、約40枚cd

数十本に及ぶ番組の余計なCMをチャプター分割、作品のみを切り出すのも
大変でしたが、再生開始と共にオープニングがきれいに始まる様は
さながらセルDVDを入手したかのような満足感。地道な苦労も報われたと。
しかもそれが未ソフト化の作品なら、喜びもひとしおですhappy02


で今、DVD-Rに移動させた大切な財産の中で
もっとも鑑賞頻度が高い番組が、現在、日テレプラスで放送中のこちら。

残念ながら3話ほど録り逃しましたが、今日現在で31話までが終了しました。
いやーやっぱり’70年代の刑事ドラマは熱いわー。こういうドラマを見ると
今の刑事ドラマがつくづく「会話劇」に見えますねー。
「名ゼリフを言った者勝ち」みたいな。

この頃の刑事ドラマは「頭より体」ですもんね。アクションの切れも映画並みでhappy02
以前も言いましたが私は「太陽にほえろ!」よりも断然コッチ派なんですよ。
昔は優作命でしたが、今見ると、優作を上回る渡哲也の存在感が圧倒的。
ドラマの密度も、近作に較べ数倍充実していると思います。


特にこの第3話「白昼の狂騒」は、怪優・三上寛のスーパーアクトに加え
東京タワーを舞台にした、ラストのスペクタクルアクションが素晴らしいlovely
空撮カットなどをネヴュラ座46インチで見ると、もう映画ですよ映画movie
最近は脳内に「ひとり」が鳴りっ放し。
こんな黒岩デカ長みたいな野生的な男性、今は居ないなーweep


2009年12月18日 (金)

模索の十年

happy01あの脳内メーカーの作者が新たに贈る
年末にピッタリのお遊びサイト
『10年メーカー』
名前を入力するだけで、これからの10年を教えてくれる
すばらしいサイトです。
今日は寒いしヒマなので、私もさっそくやってみましたhappy01
で、気になるその結果は。


Photo_2



































うーむ波乱万丈の人生coldsweats01
2014年からの5年間が登り調子だから、勝負を仕掛けるならここかなhappy01
でもその末が『謝罪』とはっweep 調子に乗って何かやらかしたかなcoldsweats01

まーその頃は「ホホホーイ」って笑ってるから、それほど心配しなくてもいいかhappy01
問題は体重だねー。これじゃ拒食症ですよweep
過剰なダイエットには気をつけよっと。

ああ参考になるわー10年メーカー。どっから手に入れるんだろ水晶玉sweat01
ひょっとして10年後は、性別不詳の占い師として銀座でひっぱりだこ・・・



Photo_3












なにいってんのーおねえちゃん。そんなにあまくないよよのなかはangry
あんたこそ。お気楽にこたつ布団から顔出してgawk
そういうキナちゃんの10年は・・・


Photo_3




































・・・

happy01happy01happy01ま、アレだね。今後のキミの10年は、自分探しという事でhappy01
いいぢゃないの。きっと私より大柄になってるしhappy01

・・・はむすたーはじがよめないから、こんなのしーらないpout
なーに楽勝楽勝、ホホホーイhappy01

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ

高熱源体接近

ちょっと前に入手したコレ。
イオンアイロン ウルトラシャイニープロ。平たく言えばヘアアイロンですがhappy01
これがまあ、ものすごく活躍してましてhappy02


Photo












ここ最近、炸裂する女子魂の一環として
久しぶりに施した縮毛矯正から、すでに一ヶ月と一週間。
もともとひどいクセ毛なので、新たに伸びる髪の癖にはいつも閉口し
なおかつ冬の乾燥した空気で想像以上に奪われる髪のうるおいが
私にとって毎冬の悩みの種でしたweep


そんな事もあって、ヘアサロンのスタッフに
うるおいを与えつつもストレート効果の高い、ヘアアイロンの選び方
相談していたんですが
そこで教わったポイントは「温度調節が出来ること」。
彼が使うプロユースのアイロンを見せてもらったんですが
温度調節スイッチが付いていて、状況に応じて温度を使い分けられること
さらに、出来ればより高い温度が出せることが、選ぶポイントなのだそうです。
「150度くらいまでしか出せないんですよね。市販のアイロンは。
しかも温度が固定されているものが多い。
だから家庭では、ストレート効果が出にくいんですよ。」

そのアドバイスを胸に、先日から目を皿のようにして
近所からネットまで、あらゆるショップを探していたのです。

で、見つけたのがコレ。


Photo_2











数字がさかさまで申し訳ありませんがcoldsweats01
ポイントは「200」の数字が眩しい、このコントロールダイヤル。
なんと温度が200度まで上げられ、しかもダイヤルでコントロールできます。

コレでスタイリングすればパサパサな私の髪も、潤いあふれるシルキーヘアにhappy02

話半分で試してみたんですが、予想以上にスゴい効果happy01
スタイリングした所としない所で、これほどの差が出ちゃうとはhappy02

決してメーカーの回し者じゃありませんが、コレは良い買い物でした。
加えて、的確なアドバイスをくれたヘアサロンのスタッフにも感謝。
200度の高熱源体を、顔の横で操作するのは勇気が要りますが
この効果を考えれば、使わないわけにはいきません。

まー安かったですから、いつまで使えるか分かりませんが
このヒートホーク、冬一杯は手放せなくなりそうですhappy01

男性読者の皆さんはピンと来ないでしょうが
女性はいつもこんな風に、髪一本までこだわっているんですよ。
女子力アップの必殺兵器が、また一つ増えました。
この冬、私はツヤで殺しますheart04

導火線の届かぬ花火

今回のお話は、書くのをホントに迷いました。
17日のレディースデイに、現在劇場公開中の新作映画を観て来たんですが
コレがもう・・・crying

あまりの辛さに、ちょっと立ち直れなくてweep
今は何を書いても苦言になっちゃうので
しばらく頭を冷ましてからにしようと思ったんですが
そうすると永遠に機会を逃しちゃいそうなので、あえて今日お話しますcoldsweats01


作品名は伏せますが、読者の皆さんならすぐお察し頂けるでしょう。
私が観に行くジャンルの作品ですし、この年末の目玉の一本でもありますし。


でも鑑賞前は私も、それなりに期待はしていたんですよ。
世代人には今も絶対の集客力を誇り、実写版も予定されるビッグタイトルアニメ。
35年前のテレビ版第一シリーズは「ハイジ」や「猿の軍団」を差し置いて
本放送第1話からフォロー、最終回までつきあった過去がありますし
再編集版の劇場用第一作も、意気込んで行った世代ですしね。

ですから今回の新作も、期待しないわけがないと。




さて。作品名は伏せてはいても、今回のお話はけっこうネタバレを含みます。
ですから前文で作品をお察しの方は、なにとぞご注意下さい。

誤解を避ける為に最初に申し上げますが、ネット感想によくある
CG描写やキャラデザイン、声優さんの違和感は
私にはまったくありませんでした。
昨今の劇場作品のクオリティーからすれば目立つ、作画の甘さもご愛嬌。
大人の裏事情からすれば健闘していて、微笑ましいほどだったのです。
主題歌の軽さもまあ、これが現代の作品かなと納得できましたし。


いつも言いますが、何よりもまず
この作品が現実に制作されているという事実だけで
まずそれを実現させた制作者のご努力には、感服せざるをえないのです。
企画から上映までの気の遠くなるような道のりの大変さ
それを実現させるにはいかに情熱が必要かということは
痛いほどよく分かるつもりですから。


でもそれとは別に、好みというモノサシで見た時
この作品は、私に限りなく「NO!」を突きつけます。

この作品をご覧になって「アリ」と感じられた方々とは
私は完全に、感性がズレている。

ですから私の感想は、かえっておかしいのかもしれません。



鑑賞中から感じていたことですが。
この作品にはもっとも肝心な、ドラマの盛り上げが足りません。

そう書いちゃうと語弊があるかもしれませんから言い直せば
「ドラマというものを、あまりに軽く見すぎている」とでも言えばいいでしょうか。



全ての映像作品に共通する「感情の操作方法」みたいなものがあります。
一つの例を挙げれば「犬の死が悲しい」というドラマを作るためには
まずドラマ上で「観客とその犬を親しくさせておく」必要があるわけです。
観客に感情移入をさせるだけさせておいて、その頂点で不幸に見舞われるから
観客は命を失い行く犬を見て、涙を絞るわけです。
つまり登場キャラクターの「掘り下げ」が、ドラマに深みを与えるんですね。


また「勝利のカタルシス」を観客に感じさせる為には
主人公は敵から徹底的に叩かれ、敗北ギリギリの所で起死回生の反撃を行う。
それが鮮やかに決まれば決まるほど、観客の脳内アドレナリン分泌は増え
鑑賞後の喝采に繋がるわけです。
この場合、敗北一歩手前からの勝利という「ドラマの起伏、感情のギャップ」が
観客に爽快感を与える。
負けていれば負けているほど、逆転勝利のカタルシスは大きいと。
最初から勝利が確定した戦いでは、観客は感動しないんですね。

バトルストーリーにとどまらず、ラブストーリーからコメディに至るまで
全てのドラマ制作者は
「いかに登場キャラクターに観客を感情移入させ、
敗北⇔勝利などドラマ上の起伏を大きくするか」
という部分が
ドラマの肝、最大限のテクニックを要するところなのです。


意外に思われるかもしれませんが、それはバラエティーやドキュメンタリーに
おいてさえ、例外ではありません。
観客の及ばぬレベルで周到に計算された演出の力学は、共通しているのです。
キャラクター設定や物語展開も、全てこの「感情の操作」の為に行われます。
この基本を抜きにして語れる映像作品は、環境ビデオと報道だけでしょう。
いや。報道番組さえ制作側の情報操作によって成り立っているわけですから
決して盲目的に受け取れないことは、皆さんもご存知でしょうね。


結論を言えば。この手腕の是非が、そのまま映像作品の優劣に繋がります。

で、今回鑑賞した作品の場合、一言で言ってしまえば
「感情の起伏を想起させるキャラクターの掘り下げは甘く
ドラマの山は低く、谷は浅い」
としか表現しようがありません。


手垢のついた言い方になってしまいますが
「あえて感情操作を廃した演出を試みているのでは?」
とでも勘ぐりたくなるような作品に見えてしまったのです。

ここでは分かりやすいように数値化してみますと。
Aというキャラクターが居て、彼が特攻して命を散らすシーン。
(ご覧になった方はお分かりですよね)
これは前述の「犬」の場合に当てはまりますが
「死」がもたらす感情移入レベルを100とした場合、Aというキャラクターは
それまで、感情移入レベルが20くらいの扱いだったわけです。
その彼がいきなり「俺が行かないと」みたいな見せ場を作って
誰が見ても生還できない状態で特攻してしまう。

そこまでに、観客の感情移入を80くらいまでに上げておいてくれれば
「死」という大変なドラマがもっともっと、観客の心に響いたはずなのです。
ところが彼は「20」のまま、命を散らしてしまった。

彼はまぎれもなく、メインキャラクターの筈なのに。


またケースは違いますが、こんなシーンもあります。
主人公が、自分の娘を助け出す一幕。
娘は他の多くの仲間と一緒に、嵐の中輸送機で施設からの脱出を図ります。
不慮の事故で輸送機は不時着。主人公は一人、娘の救出に向かいます。

そしてあろうことか。輸送機の残骸の下から、娘一人のみを救出し
彼女に「命を粗末にするな」と言い放つのです。
同機に乗っていた他の被害者の探索、救出など忘れているかのように。
目の前の残骸の下に居るかもしれないんですよ。まだまだ怪我人が。
で案の定、娘だけを自機に乗せて飛び去る。

この主人公がいくら「地球を守る」と豪語しても、私は唖然とするばかりで。
これなんかは「キャラクターの分裂現象」ですね。キャラの主義に一貫性がない。
ですから観客は迷っちゃうわけです。このキャラに付いていって良いのかどうか。
何かとんでもなく異端の思想を押し付けられそうで、怖くなっちゃうんですよshock


せっかく盛り上がりそうな「敗北ギリギリ→起死回生の勝利」というシーンも
悲しいほどに、感情移入がスポイルされています。
例の「6連発」だって「撃った直後にワープで逃げる事は?」
「いや撃った直後はエネルギーがゼロに。どうします艦長!」
的な駆け引き、そして「いつもの演説」があってもよかったのに。

勝算を残さず特攻を仕掛けるのは、先代艦長の意に反するとしか思えないし。
第一、「命を粗末にしている」のは自分じゃないですかweep


観客はCGで描かれる戦闘シーンの「絵」に感動するわけじゃありません。
CGの戦艦や戦闘機に、愛するキャラクターが乗っているさまを想像して
その活躍やピンチに一喜一憂するわけです。
それこそが「ドラマ」だと思うのですが、いかがでしょうか?


演出の基本を知る人間にとって目を背けたくなるシーンは
他にも山ほどあります。
主役戦艦建造の理由や「お披露目」の演出。導入部最大の見せ場でしょうに。
あの女性医師のゴーグルの理由。もっと盛り上げようがあったでしょうにsad
これらは「ツッこみどころ」なんて可愛いレベルではなく
映像演出の根幹を揺るがす一大事なのです。


ラストシーンだって、あの第三艦橋で終わる必然はあるんでしょうか?
笑顔で労をねぎらいあうクルー達に、違和感を覚えたのは私だけでしょうか?
あそこで一言、主人公の悲痛な声を聞きたくありませんでしたか?
それこそがごく普通の人間の心理、感情というものなのではないでしょうか。


全てのドラマ的要素を掘り下げず、おいしいところを一つも活かしていない。
良い伏線はいっぱいあるんですよ。私も最初はワクワクしていたんですが
観客の感情をへし折る場面が多すぎて、いちいち覚えていられないほど。
あまりの落胆ゆえ、事実誤認等ありましたらお詫び致しますがcoldsweats01

もし、このドラマを見て「感動した」という意見が世間の大半を占めたなら。
私は演出業を辞するかもしれません。
自らの感覚が明らかに時代に乗り遅れているという、力なき笑いと共に。


適切な言い方かどうかはわかりませんが、特撮ファンの読者なら
「さよならジュピター」鑑賞後のショックとでも申し上げれば
私の落胆を、お察し頂けるかもしれませんね。

お恥ずかしいお話、私も「ジュピター」を劇場鑑賞したんですよ。封切当時。
鑑賞直後の帰り道、同行した特撮ファンの友人が
「ジュピター」の話題に一切触れなかった記憶が
走馬灯のように蘇ってきますweep

確かに映像はよく出来ていますし、制作者の作品への愛も伝わってきます。
でも「愛」と「努力」は別物なのです。
「人間的に良質な制作者が良い作品を生むとは、決して限らない」
職場の先輩から聞いたこの言葉が、耳に響きます。

好きなら良い作品が出来るわけじゃない。作品に寄与するのは
もっと現実的な、ドラマを作ろうとする現場の努力なんです。


今回のお話を苦言と捉えられた方がいらっしゃいましたら、申し訳ありません。
ただ言い訳めいた表現になりますが、これは苦言と言うよりも
私が信じていた映像演出の基本を撃ち砕かれた悔しさ、悲しさなのです。

この悔しさを、どこへぶつければいいのかが分からない。
同業者ゆえのはがゆさと言うか。
ですからちょっと、ご理解頂けないかもしれません。
なまじ伏線は良かっただけに、その悔しさは余計に強いのです。

「途中で切れている何十本もの導火線の向こうに
きっと美しいであろう花火が、点火されずに見えている」感が、ものすごく強い。


「こんなに凄い花火を用意しながら、なぜ導火線が届いていないの?」

と聞いたら、花火師は何と答えるのでしょうか?
「「愛」で花火を仕込んだんだけど、導火線を作る「努力」が足りなかった」とか?
現場の立場からすれば、それも痛いほどよくわかります。
むしろ、そういう局面の方が多い。
でも。もっと努力しなければ。
作品を作るには愛だけでは足りない事を、もっともっと理解しなければ。


でなければ、波動砲が泣きます。
数々の名場面を生み、人類の未来を切り開いてきたあの波動砲がweep

2009年12月14日 (月)

冬のソニャタ

Photo









寒気の到来を思わせる、曇り空の下。
今日も出かけた公園で、まさかあんな出会いが待っていようとは。
その運命のいたずらを、私は露ほども予想していませんでした。


Photo_2








凍てつく寒さを尻目に、優雅に水と戯れる
白鳥やカモの親子を眺めながら・・・

Photo_3












立ち去ろうと歩を進めた池のほとり。
私の前に、小さな影がたたずんでいたのです。

Photo_4 
こちらをじっと見据える二つのまなこ。
それはこの森に住む、一匹の猫だったのでした。

Photo_5












そのワイルドな毛並み、鋭い眼光は

彼が生き抜いてきた野生の日々を思わせるに充分でした。
「人間なんかにゃ、簡単に喉を鳴らさないぜ」
目でそう語りかけてくる彼に、私も身構えざるをえませんshock

Photo_6











「ところで、俺のアイツはどこへ行ったかな」
そうつぶやき、振り向いた彼の視線の先には・・・


Photo_7












近所のご婦人に愛嬌をふりまく、白いニャーちゃんの姿が。
そうです彼女こそ、誰あろう・・・


Photo_8











以前私がここで出会った、イイトコのお嬢さまではeye
あいかわらずのセクシーポーズも健在。いつ見ても見事な脚線美ですheart04


Photo_9










でも皆さん。かの白ちゃんには
これも以前、私のバイクのシートを占領していた
トムくんという彼氏がいたはずぢゃありませんかっ!あくまで噂ですがcoldsweats01


Photo_10













ああこの笑顔で、男ごころをもてあそぶ小悪魔か。
それとも、二人の男性の間で揺れ動く悲劇のヒロインか。
静かな森の片隅で、こんな愛憎劇が繰り広げられていたとは。
ミニョンかサンヒョクか、どちらを選ぶのユジンさん?
きっと彼女の鳴き声は、田中美里さんの声にそっくりでしょうhappy01

まさに「冬の大三角関係」。この三匹の行く末は?


Photo_11












えーっここでつづく?きんじょのおくさんもたのしみにしてたのにpout
なーにキナちゃん、チクワかじりながらテレビって。主婦の昼下がりかgawk
はやってるのよいま。いまやじだいはにゃーりゅうね。
うーむすっかりおばさん化してるわ。ヨン様グッズ収集も時間の問題かなcoldsweats01
そっちのオタクっていうのもどーなんだかgawk


公園内のカラー写真は本日、動物との偶然の出会いによる撮影ですが
彼らの関係は、すべて推測に基づくものです。
個別確認はとっておりませんので、なにとぞご了承下さいhappy01

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ

2009年12月13日 (日)

タイトルは燃えているか(笑)

あまりにネタがショボかったので、出し方にこだわってみました。

http://www15.big.or.jp/~t98907/unmei/R3_temp/R3_temp.swf?inputStr=%8D%A1%93%FA%82%CD%82%A8%93V%8BC%82%BE%82%C1%82%BD%82%CC%82%C5%0D%0A%95z%92c%82%A9%82%E7%83V%81%5B%83c%82%DC%82%C5%81A%96%DA%82%DA%82%B5%82%A2%82%E0%82%CC%82%F0%0D%0A%91S%95%94%90%F4%91%F3%82%B5%82%DC%82%B5%82%BD%81B%82%A0%82%A0%8BC%8E%9D%82%BF%82%A2%82%A2%81i%91u%81j

2009年12月12日 (土)

セピアの絨毯

午後二時半。最高気温が18度まで上がった今日の名古屋。
今年最後の小春日和かもしれないと、あわてていつもの公園へ出かけました。

昨日の冷たい雨から一転。数え切れないほど通ったウォーキングルートは・・・


Photo
敷き詰められた落ち葉で、見事なセピア色に染まっていましたmaple
雨風で散った紅葉がごくわずかの期間だけ見せる、自然の絨毯。

かすかに差し込む木漏れ日とのコントラストも、なかなか趣がありますね。

これまで冬はウォーキングをお休みしていたので
森のこんな表情を目にしたのは初めてです。
春から毎日のように通っていたこの道にも、また違う顔がある事が分かりました。


踏みしめる度にカサリと響く落ち葉の音に、本格的な冬の訪れを感じます。
そうですよね。もう今年もあとわずか。

きっとこの絨毯は、訪れた人たちの今年の健闘を讃えてくれる
森からの、ささやかなレッドカーペットなのでしょう。
ちょっとそんな気がして、足どりも軽くなった午後でしたhappy01

2009年12月11日 (金)

ノルウェイのめまい

このニュース。

ノルウェー北部でUFO騒ぎ、正体はロシアのミサイル発射実験失敗
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2673436/5022601



お昼の情報番組で紹介された映像を一本、貼ってみました。



まー光の正体は、ロシア海軍が発射実験に失敗した
弾道ミサイルだったそうですが

ミサイル開発の是非はともかく、神秘的な映像ですよねほっとした顔
おバカとはいえ私も、ヒーロー考案に明け暮れるオタクですから
こういう夜空のイベントには、目がないんです。

個人的にはやっぱりUFOと言うか「空飛ぶ円盤」であって欲しかったですねー。
大伴昌司世代としてはうれしい顔



ただ私はこの映像を見て、瞬時にこれを思い出しましたが。



ご存知、世界の巨匠の名を欲しいままにし
映像作家として私が最も敬愛するアルフレッド・ヒッチコック監督の
「めまい」(1958年)オープニング・タイトルです。
この作品について語ると止まらないので自粛しますがあせあせ
もうどこから切ってもヒッチコック印のこの作品。
ごらんのタイトルをデザインしたソール・バスは
ヒッチの代表作「サイコ」(1960年)に於ける「シャワールームの殺人」シーンの
絵コンテを手掛けた事でも、有名ですよね。
あの場面が、公開後半世紀を経た今も映画青年の血を躍らせる
カット割りの教科書となったことは、変えようのない事実です。


なーんてお話をしていたら、その場面を見たくなってしまいましたうれしい顔



2分55秒あたり、排水口からジャネット・リーの目へとオーバーラップする
カットワークのセンスには
確かに、ソール・バスの映像感覚を想起させる部分がありますね。
きっと「回転運動を伴う円」というイメージが
前述の「めまい」のタイトルと共通しているからでしょう。


そんな強烈なイメージを感じる、ノルウェイの映像。
きっと銀河の果てには、ソール・バスのようなデザイナーが居るのでしょう。
その彼も、夜空から重々しく頷いているでしょうね。
「地球にも私のような、天才が居たのか」なんてうれしい顔

2009年12月 9日 (水)

引っこしとキナ

Photo_2








キナちゃん、きのうのリクエストにお応えして
新しい巣箱を買ってきたよhappy01

ほんとー?あんまりきたいしてないけどgawk


Photo_3
まあまあそう言わずにcoldsweats01
ほら、ケージの床材に使う牧草風の巣箱だよ。あったかそうでいいでしょーhappy02

ふーん。いいかもsmile


Photo_4














キナちゃんはけっこう体も育ってきたから
昔コタに使ってた、大きいケージに引越ししようよ。
三階建てだから、思いっきり暴れられるよhappy01

うーんでも、まずすばこをみてみたいよwink
そりゃそーだね。じゃーさっそくお試しという事でhappy01


Photo_5










お客さま、いかがですかウチの住宅は?

うーんなかなかいいかんじ。いりぐちはどこなの?
えー穴の空いてる所なら、どこから入ってもかまいませんがcoldsweats01

Photo_6










あっ、ここだここだhappy01

ひゃーお客さま、吸い込まれてるみたいですねshock
丸いおしりがなんともラブリーhappy01happy01happy01

Photo_7










あれっ?ここはよじげんのせかい?

いやー通り抜けちゃいましたねー予想通りcoldsweats01
ま、ビギナーはそういうもんですよ。この手の巣箱にはhappy01

Photo_8












よーしもういっかい、こうそくそうこうでじげんをこえちゃうぞrun

そうやって遊んでなさい。巣箱にもケージにも、いずれ慣れるでしょうgawk
(ケージのプラスチック壁が反射するので、写真映りが悪くてごめんなさいcoldsweats01

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ

2009年12月 8日 (火)

赤い寝袋

Photo










冬の太陽が、鈍い光を放つ小春日和。
名古屋も最高気温13度を記録した、午後三時。

Photo_2









時ならぬ暖かさに、いつもの公園にもチラホラと人が集まっています。

Photo_3













公園の片隅をふと見ると、そこには・・・

Photo_4
赤ちゃん用の小さな靴下が片方、チョコンと落ちてました。
ここは赤ちゃん連れのお母さんも多く訪れますから
きっと散歩の途中で、ベビーカーの赤ちゃんが蹴り飛ばしちゃったんでしょうね。

なんてかわいい落し物。きっとお母さんも、家であわてているでしょう。
「クリスマスまでにこの子に靴下を買ってあげないと、サンタさんは来てくれないねsweat01」なんてxmas

Photo_5

そのくつした、ひろってきてくれればよかったのにー。
わたしのねぶくろにちょうどいいよpout

きみは夢がないねえgawk
もーちょっとファンタジー心を持ちなさいよ。姿はクマっぽいんだからsmile

あのねーおねえちゃん、はむすたーってりありすとなのよ。いがいと。
ごはんまだ?

ああ私の貧乏が、この子にも移ったかweep

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ

2009年12月 7日 (月)

ワイルド・オン・ザ・アーケード

セシル・マクビーでワンピを物色→オタクショップでソフビを物色という
いつものルートの後、立ち寄ったアーケード街。

ここの超激安スーパーで、私はいつも一週間分の食材を仕入れますmoneybag
なにしろキャベツ一個79円、ちくわ一袋49円
コロッケ一個25円という仰天価格happy02
そういう異空間ですから、一日通してお客さんが絶えません。
今日も昼間から、地元の老若男女が我先にサービス品へとなだれ込み
私も今日デビューさせた千鳥格子のコートを脱ぎ捨て、戦列に加わりましたpunch


わざわざおしゃれした縦ストライプのスーツを振り乱し
サラダやきなこチョコ、うどんなど目ぼしい食材をゲット成功
(今回はいつになく所帯じみてますが、こんなもんですよ普段の私はcoldsweats01
やっとレジに並べば、そこも気が遠くなりそうなお客さんの列。
じりじりと進みながらレジ台の先を見ると、いつもの光景が広がっています。
実はこのスーパー、カゴからの商品袋詰めスペースがお店の外にあるのです。
しかもお店は一日中お客さんで一杯ですから、スペースも空く事がありません。

わずか長テーブル二脚程度のスペースの上で、会計を済ませたお客さんが
商品を必死に袋詰めしています。


ここで出るのが、お客さんの性格。
後のお客さんの事を配慮し、時間短縮の為どんどん袋詰めする人も居れば
実にマイペースに、几帳面に袋へ商品を「置いていく」人も。
ただ、こういう込み合ったお店の場合、少しでも袋詰めの時間を短くし
早めにスペースを空けるのが、お客さんの最低限のマナーというもの。
私もいつもそうするのですが、今日は運悪く
几帳面なお客さんばかりが集中するところへ居合わせてしまいましたcoldsweats01


いっこうに膨らまないレジ袋、いっこうに減らないカゴの商品。
カゴを置くスペースに困る私の前、そのご婦人は悠々と商品を選別しています。
なぜ商品を袋に入れないのか。一秒・・・二秒・・・

ご婦人の手が止まりました。手にはA4サイズほどもあるひき肉のパック。
次の瞬間!ご婦人の手が、パックを包む透明なラップにかかりました。
尖った爪が、ラップをビリビリと引き裂いていくじゃありませんか。

うわっこの人!ここでひき肉をどうするの?まさか両手でムシャムシャと・・・
この光景、どっかで見たことある!あっそうだ。
ロメロの最新作だっshock


しかし彼女の片手は、別の方向に伸びていました。
流れるような手つきで後手のロールビニール袋(魚などを入れるアレです)を
カラカラと巻き取るやいなや
見る間にその袋へ、パックのひき肉を流し込んだのですshock

普通の状況なら、ありがちなシーンなんです。
でもここは戦場のごとき、レジ先の長テーブル。
さながらインドの鉄道を思わせる、人の渦です。
そんな中、他のお客さんの商品詰めをかいくぐり
まるで後に目がついているごとき見事なコントロールで
ロールを巻き取る華麗な手さばき!


驚愕する私の前で、彼女は私を一瞥すると
まるで当然のように、大きなレジ袋を二つ提げて歩き去りました。
ううむ地元住民は強い。この混み具合でひき肉を移し変える余裕とは。
移し変えの途中に肘でも触られようなら、お肉はあっという間にパックから
こぼれ落ちてしまうのに。それを微塵も感じさせない流麗な動きhappy02
同じ女性として、家事の年季に学ぶ点は大きいです。

その迫力に当てられて、私のレジ袋詰めはすっかりトーンダウン。
おまけにコートを片手に下げているので、全然進みません。
きっとあのご婦人なら、金歯を光らせこう言うでしょう。
「まだまだ青いわね。おしゃれなんかしちゃダメよ。こういう所へ来る時は。」
その時私の脳内では、「スターシップ・トゥルーパーズ」のテーマが
高らかに鳴り響いていましたnote


いやーやっぱりスーパーは女の戦場、激安ジャングルねー。
オタク同様、女の戦いもキビしいわー。
部屋に帰り着いて、理由なきヤケ食いの愚行を犯してしまった私でした。
明日の体重計が怖いです。ああいつも以上におバカな日常crying

やっぱりブログが好き

今年10月17日から、つらつらと始めてみましたmixi日記ですが。
コレがどーも、私の中ではピンとこなくてcoldsweats01


mixi加入には事情があったとはいえ
日記はもともと「ネヴュラ」から派生した活動なので
まーブログみたいに、いつものお気楽日記でもと
軽く考えていたんですが
書けば書くほど、一種の罪悪感が拭いきれませんcoldsweats01

要はですね。こういう事なんですよ。
別に私は、ブログとmixiでキャラクターを変えてはいないし
記事の内容だって、mixiのみに限定するほどじゃない。
隠し立てしなきゃならない事なんて、何もないわけです。

まー嬉しければ嬉しい。辛ければ辛い。
そういうオープンなところだけが、私の唯一のとりえなわけでhappy01

考えてみれば「ネヴュラ」は、おバカ日記という意味で
極めてmixi日記的な位置づけでしたから
改めてmixi限定でと気張っても、なーんにも浮かばないばかりか
mixiのみに書くことで
かえって「ネヴュラ」を訪れて下さる奇特な読者の方々に
隠し事をしているような感覚にさえ、なってしまうのです。

これが前述の「罪悪感」に繋がっているわけですね。

なんかイヤなんですよ。
「ネヴュラ」のみしかご覧になれない方に
「オタクイーン、ブログではいい事言っていながら、mixiでは舌を出して
仲間内で本音を言い合ってるんだろう」
とか
「ブログでは書けない事があるから、mixi日記を始めたんだろう」
思われるのが。

そのあたりは私の、少々潔癖症的なところですが
そう勘ぐられるのが、何よりも苦痛なわけです。


mixiのお仲間はお気づきかもしれませんが、ここ最近の
私のmixi日記が、ことごとく「ネヴュラ」のコピーとなっているのは
その私の迷いのせいです。
ブログとmixiで記事を書き分ける必要性が
今のところ、まったく感じられないんですよcoldsweats01


ブログは作品発表の場、mixiはその裏話みたいに
記事内容を分けていらっしゃる方は多いですよね。
それはブログとmixi、それぞれのメディアの特性を利用する上で
非常に有効ですし、私も感服を禁じ得ません。

でも残念ながらもともと、「ネヴュラ」はそういう使い方をしていませんし
第一おバカの私が、作品など発表出来るわけもありませんcoldsweats01
毎日、ハムスターと遊んでる写真ばっかり載せるのもアレですしねhappy01happy01happy01

きっとそれは私が、まだmixiの特性を理解していないからでもあるでしょう。
決して、使いこなせてもいませんしweep
でも何となくですが、ブログとmixiの肌ざわりの違いは感じられました。
そこから導き出した結論としては、私はmixi的な閉鎖空間で
お互い認証されたお仲間とシークレットなやりとりをするよりも
たとえ新規のお客さんや反論のコメントがあっても、ブログのオープンな場で
多くの方々と関わりたい、そういうタイプのようです。


まーそれはきっと、私の職業とも関係しているのでしょう。
ローカル局とはいえ、開かれた地上波の番組を手掛けるテレビ屋ですから
契約が必要なCSでは満足できないというhappy01happy01

そんなわけで、私はしばらく
mixiとの関係を見つめ直そうと思っています。

その為今後、よほどの事がない限り
私は活動の軸足を「ネヴュラ」に置き
「ネヴュラ」に記事を上げる際、mixiにも必要と判断した場合のみ
mixi日記に「ネヴュラ」記事をコピーします。

ですからmixiのお仲間は、その日記と「ネヴュラ」どちらの記事にでも
コメント頂けるという事ですね。
で万が一、コミュニティ関係でオープンに出来ない内容や
特定のお仲間とどーしても連絡を取りたい場合
ブログとmixi連動の「実験」等を試したい場合などは
突然、イレギュラーの形でmixi日記を使いたいと思います。


奇しくも最近は、「ネヴュラ」、mixi以外にも
プライベートラインや直接メールなどの形で
ご意見下さる方が増えてきまして、嬉しい限りです。
日記や記事のスタンスやスタイルは人それぞれ。
私はどうやら、ブログ派のようですね。
とはいえ決して、mixiのあり方に異論等はありませんので
その点は誤解なさらぬようhappy01


まー別にしばらく日記を書かないというだけで、mixiは毎日覗きますし
マイミクのお仲間に対しては
これからもコメント等の書き込みはさせて頂きますので
これまでと変わらぬお付き合いを、どうぞお願い致します。
そういう交流から、mixi活動の新しい意義を感じた時は
私の日記の書き方も、変わってくるかもしれませんね。

それは私にも予測できません。一ヵ月後か、半年後か、いや明日かも。
その時はまた、呆れてやって下さいhappy01

2009年12月 3日 (木)

新たな一目惚れ

出ました!またまたネットショップに素晴らしい逸品が。
しかも、諦めかけていた代物でした。


Photo_7


























冬の女子の定番、Aラインの千鳥格子コート。
この手のデザインコートは数々あれど
トップスがここまで絞られ、ボトムの広がりが美しいスタイルは珍しいです。
しかもまたしても、フロントには大ボタンが6つhappy02
衿元のスクエアデザインと、もう好みの塊happy02
ダメです。これで一目惚れしないわけがありませんlovely


実はコレ大人気で、以前私が見た時には見事に在庫切れ。
まーそのシルエットの美しさ、高級な素材感に反して
リーズナブルな価格ですから、人気が出ないはずはありません。

そりゃそうだよねと私も諦めていたんですが、なんと今日サイトを覗いたら
在庫希少ながら、販売が再開されているじゃありませんかhappy02

しかも私が欲しいサイズのみhappy02happy02happy02
なんという奇跡!もう速攻で注文、見事ゲットとなりましたhappy01

先日届いたピンストライプスーツと合わせて
クリスマスシーズンをドレッシーに過ごせそうです。

Photo_8
















まさに、この冬の最強コーデ。
夜のメインストリートに輝くイルミネーションにも負けませんhappy01

たぶんコレが最後のチャンスなので

すでに他社に発注したコートを全部キャンセルcoldsweats01
電話担当者に平謝りの夜でしたtelephone
なんかそういうキャンセルって、必要以上に罪悪感を覚えちゃって
ネット上でキャンセルできないんです。
どうしても電話で謝らないと気がすまない。ダメですねー小心者でcoldsweats01
そういうところが、もう一つ大きくなれない原因なんでしょうがcoldsweats01

乗ってキナ

Photo











キナちゃん、なんかおすましポーズみたいにキマってるねhappy01
まーねsmile で、なんかあったの?
そうそう。今日は愛車ミラちゃんの車検だったのよ。
で、引き取りに行く途中、ふとマンションの駐輪場をのぞいたら。


Photo_2













こっちも愛車のストロング・ヴェルデの上に、知らないニャーちゃんが座っててさ。
あーまえから、しーとにあしあとがついてるっていってたもんねhappy01
そう。犯人はこのニャーちゃんだったのよcoldsweats01

Photo_3
でもなんか、おきものみたいにおさまってるねhappy01
でしょーhappy01 あんまりかわいいから、そのままにしといたよ。
雨も降ってたから、雨やどりしてなよって言ってさhappy01happy01


Photo_4













まーミラちゃんも悪い所はなかったし。また二年間、元気で走ってくれそうだねhappy01
おねえちゃんはいっぱいくるまがあっていいねえ。わたしもほしいよ。
しょうがないなー。じゃあ・・・

Photo_6 













これでどう?ダイハツ・ミゼットづくしhappy01
こんなの、ちいさくてのれないじゃんpout
ゼイタク言わないの。あんたはけっこう速い四つ足があるでしょsmile
まー乗れて運転できたら、逆にビックリだけどhappy01happy01happy01

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ

2009年12月 2日 (水)

床暖房導入

Photo
夏にやってきたキナちゃんは、我が家では初の冬越え。
寒そうに寝ていたので、コタにも使ったハムスターヒーターを敷いてあげました。

大のお気に入りで、一度上にすわったらもう動きませんsad

あーあったかい。きぶんはこーとだじゅーるねhappy02
キナちゃん、少しは動かないと太るよ。たたでさえキナコもちみたいなんだからdespair

でもこの癒し顔を見ていると、つい許してしまいます。
床暖房なんて、私より贅沢なのにgawk
冬ももう本番。皆さんも暖かくお過ごし下さいねhappy01

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ

2009年12月 1日 (火)

2009年末の挑戦

あっという間に師走の到来。まー今年も早かったですねhappy01
私のような古いオタクは、この季節になるといつも
条件反射のごとく、公開真近の新作ゴジラ映画関連商品の発売日や
周辺情報の収集に余念がなかったものですが
ゴジラ沈黙の今は、そんなワクワク感も遠い昔となりましたcoldsweats01

でもこの年末は、ウルトラ・ライダーとも新作映画が公開されるとあって
多くのお子さんや両シリーズのファン諸氏はきっと
私の新作ゴジラへの思いと同じワクワク感を、感じていらっしゃることでしょう。

クリスマスをはじめ、何かとイベントも多い年の瀬ですから
決して皮肉ではなく、そういうお祭り映画はこの時期にピッタリですねhappy01


まーこれまでもさんざんお話してきた通り、私の中では
ウルトラは初代とティガ、ライダーは初作と龍騎で終わってますから
今回の新作映画は対岸の火事と言うか何と言うか
何が起こっても、我関せずのスタンスにならざるを得ないんですがcoldsweats01


でもホントに続きますねえ。ウルトラもライダーもhappy01
ただ、タイトルだけが一人歩きし、その内容はシリーズと言うよりも
「同じキャラクターを使った、世界観のバリエーション遊び」になってますから

「○○版初代マン」「○○客演時新1号ライダー」なんて不思議な設定が横行
たとえ見慣れたデザインでも、別人として見なきゃ理解できないほど
パラレルワールドの出来事になっちゃってます。

まーそれはそれで、人気継続の戦略としては正しいですよね。
世界観をリセットし続けることで、テーマやドラマに新しい切り口が出来る事は
間違いない訳ですし。


その現状に対しては別に、何の異論も無いんですが
ここ数日、ちょっと気になっていることがありまして。
昨年からずっと挑戦し続けている『宇宙船』のプロットに関する事です。
(最近、所属部の正式名称を明記しないのは、キーワード検索を避ける為です。
あまり連呼するのはなんか鼻にかけてるみたいで、嫌なんですよねcoldsweats01


今回の応募は先月の頭に締め切られたので、ギリギリで送った拙プロットも
今さら変えようがありませんし、別にどうしようという事じゃないありません。
逆に今は、考案の必要に迫られていないゆえ
その余裕から、こうした考えが頭に浮かぶのかもしれませんがhappy01



いつも、お話が長くなっちゃうので
今回は単刀直入に、私の疑問をお話しましょう。
一言で言えば、こういう事です。



『新ヒーローというものを創造する上で
今までのヒーローと変えなければならない事は?
逆に、変えてはならない事は?』



まーこれ以上でも、以下でもないんですがhappy01
コレ、考え出すと意外に難しいんですよ。
つまりですね。この疑問は
「ヒーローの定義とは何か」という事を、聞かれているようなものなんです。
たぶん「ヒーローの定義」って、人によって違いますよね。



例えば「ヒーローは敵を倒す存在」という定義があるなら
たとえヒーローのビジュアル、武器や必殺技はどんなに変えられても
「何らかの方法で敵を倒す」という部分は、変えられないという事になるし。
でもビジュアルや武器が変わったくらいで「新ヒーロー」と言えるでしょうか?
だったら前述のウルトラヒーローやライダーと、なんら変わらないという事に
ならないでしょうか?


また「超人的な能力を駆使して戦い、常に勝ち続ける存在」という定義を
持つ方も居るでしょう。
(’80年代以降の少年ジャンプファンに多そうですがhappy01
でもそうなると、何を考えても
ケンシロウやキン肉マン、ジョセフ・ジョースターになっちゃいませんか?

(ジョセフファンなもので、承太郎はあえて外しましたcoldsweats01


で、最近よくある
「同じ能力を持つ者同士の抗争の中、外道を倒す正統派」
みたいな定義があるとしたら。
コレも限りないほどの先鞭を付けられてますから
今や製作側も、美少女要素に頼らなければ成立しないような仇花的新作で
目先の新しさをアピールするしかないわけで。

今回の新作ウルトラ・ライダーさえも、この定義に引っ張られているようですが
最近のヒーローは、この定義が時流に合っているのでしょうかhappy01


前述の作品は全て、商業作品として成立しているものですから
それぞれには独自の特徴があります。
しかしながら、「新ヒーロー」というオーダーで見た場合
どれ一つとして、参考には出来ません。

なぜなら、それらはすでに世に出ている以上
「新しくはない」からです。


「いやオタクイーン、そういうテーマの部分こそ
『変えてはならない事』なんじゃないの?
だから結局、『変えなければならない事』って
それらのテーマを具体化する、作品のパッケージングの部分
なんじゃないかなあ。設定だったり技だったりキャラだったり。」

というご意見もあるでしょうね。それもごもっとも。
私だってこれまでの応募作は、前述のどれかのテーマを当てはめてきました。
たとえ無意識でも、結果的にどれかのテーマになっていたんです。
まー私ごときの頭ですから、そうなっちゃいますよねやっぱりcoldsweats01


でも。今回の応募締め切りから約一ヶ月。
暖冬とはいえ、ヒートアップしていた頭もいい感じに冷えてきたここ数日。
「いやひょっとして、この「変えてはならない事」という部分に
ヒーローの新しい鉱脈があるんじゃないかなあ?」

なんて、無謀にも考えてしまいまして。

つまり、こういう事です。
「『変えてはならない事』を、変えることは出来ないか。」

お恥ずかしいお話、毎回「宇宙船」発売日からの約一ヶ月間
応募作に追われている間は、頭にも余裕がなくて
その根本的な部分に思いを巡らせるなんて、全然出来ないんですよね。
ですから「この設定を活かせるドラマは、昔あったアレ・・・」
みたいな、先人の偉業に頼っちゃうんですよ。
これはしょうがないですよね。
「新しいものを創造する」って事は、それくらい難しいし
歴史に残る名作はそれだけ、チャレンジャーにとっては高い壁なんです。

皆さんもちょっとオリジナル作品を考えれば
その壁の高さに絶望する筈ですから。
「ああ何を考えても、どこかで見た作品になっちゃうなあsweat02」なんてhappy01


ですから応募も一段落し、精神的に余裕がある今こそ
そのお題を突き詰めてみるいい機会かも、なんて思いまして。
もともと、二次創作や設定遊びより
そういう「ゼロからの発想」にモチベーションが上がるタイプなので
ちょっとレベルの高い頭の体操として、挑戦してみたいと思います。

「年末の忙しい時に、何やってんの?」
なーんて言われそうですねcoldsweats01
でも頭の回転って、体の動きに比例しませんか?
少なくとも私の場合、体が忙しい時ほど頭が冴えますhappy01

何か結論が出るのか。それともやっぱり『ヒーローの定義は不変』なのか。
ちょっと挑戦しがいのある、大きなお題ですよね。


皆さんもちょっと、考えてみて下さい。
きっとあなたの「ヒーロー観」「ヒーローに求めるもの」が
浮き彫りになる筈です。
作品のディテールやビジュアルに隠れ、普段は見えなかった
極めて根源的な部分なので、難しいかもしれませんがcoldsweats01

でも部員の皆さんはもう、一年半もそこに挑戦し続けているんですよ。
むしろそこを突き詰めなければ、設定やディテールなど出来ないわけで。

ホントにもう、私がヒーローに助けてほしいくらいですsweat01
でも「名プロットを出し続ける」という定義は、ヒーローにはふさわしくないかなcoldsweats01

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »