2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 勝手口の恐怖 | トップページ | 慟哭の森 »

2009年10月 7日 (水)

Stay With Me

台風18号の接近により、窓に打ち付ける雨は強さを増す一方。
明日未明にかけ、東海地方への上陸はほぼ確定らしいです。

18時36分。名古屋でも暴風・波浪警報の発令が、テレビで速報されました。
皆さんも、不安な夜を過ごされていることと思います。

過去10年間で最強のパワーとか、50年前の伊勢湾台風に近いケースとか
怖ろしい煽り文句に脅されて
女二人暮らしの我が家はcoldsweats01 まことに心細い限り。

猛烈な雨や、陸上でも50メートル以上という突風に備え
ベランダの荷物をあわてて部屋に取り込んだり
停電に備え、懐中電灯や携帯ラジオの電池を確認したり。
そわそわと落ち着かない状態です。

たまたまトム・サヴィーニ監督のロメロ版リメイク
『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド~死霊創世記~』を見たばっかりなので
窓に板を打ち付け、補強しようかなんて考えたりして。
ロメロにとってゾンビは、台風みたいなものだったんでしょうかcoldsweats01

こんな時なのに、一番の心配は
停電した時に融けちゃうかもしれない、冷蔵庫のアイスクリームcoldsweats01
キナも怖さに震えるどころか、呆れかえっていますhappy01


不安な一夜の気を紛らわそうと、動画サイトをつらつらと見ていたら
ちょうど5年前の今日、44歳の若さで惜しまれつつ亡くなられた
松原みきさんの美しいお姿が、アップされていました。


私が最も多感だった1970年代末から80年代初頭にかけ
ビジュアルや歌唱力など、すべてが憧れの存在だった女性シンガー、松原みき。

私もあんな大人の女になるんだと、自分の未来を投影していましたcoldsweats01
1stアルバムから全部揃え、毎日擦り切れるほど聴きましたねーcd

デビュー曲「真夜中のドア~Stay With Me」はもちろん
「His Woman」「Manhattan Wind」「愛はエネルギー」「偽りのない日々」
「Jazzy Night」「Howa Howa Shuwa-宇宙ネコの舌ざわり-」
10カラット・ラブ」「―Cupid―」・・・
そして「ニートな午後3時」。名曲が多すぎて、とても書ききれません。
最近もCDで揃えなおして、事あるごとに彼女を偲んでいます。

そのハスキーな声とセクシーなルックスは
色あせるどころか、今になってひときわ輝きを増すよう。
こんな空気が出せるシンガー、今は居ませんねーweep
いやーキレイ。こんなハスキーボイスで『Stay With Me 』なんて囁かれたら
どんな男性もメロメロでしょうねーhappy02happy02happy02


彼女の魅力の百分の一も、今の私にはありません。
こんな台風の夜こそ、『Stay With Me 』と甘えられる男性が
そばに居てほしいんですがweep

« 勝手口の恐怖 | トップページ | 慟哭の森 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 記事タイトルの「Stay With Me」って、「台風にずっと居座ってもらいたい」という意味かと思ってしまいました(^^ゞ

 松原みきさんというと、『ウルトラマンガイア』の主題歌を作曲されているんですよネ。作曲:松原みきと、歌:田中昌之のクレジットに懐かしさを感じましたっけ。それがもう10年前ですから、時の経つのは早いものです。

 「真夜中のドア」は大好きな歌です。「♪あの季節が 今目の前」のところのメロディがイイなぁ~。ここを生かすための楽曲のような気がします。
ライヴ演奏ではレコードで聴くよりもハスキーなお声なんですネ。
 たしか、佐野元春さんがつくった歌がアルバムに収録されているはずなのですが、聞いたことがありません。どんな歌なのでしょう?

自由人大佐様 台風は今朝早く中部地方を通過。
各地に多くの爪あとを残しながらも、我が家はなんとか助かりました。
大佐さんのお近くはいかがでしたか?
こういう天災の前には人間は無力である事を、改めて思い知らされますねhappy01

『ウルトラマンガイア』の主題歌が、松原みきさんの作曲によるものとは
知りませんでしたeye
意外なところに、意外なアーティストが参加しているものですね。
私は平成ウルトラは『ティガ』しか知らないものですから
そういう情報には驚くばかりで。ダメですねえホントにcoldsweats01

『真夜中のドア』が収録された1stアルバム『POCKET PARK』は
リリース当時、ヘッドホンステレオで毎日聴いていました。
当時はもちろんカセットテープだったので、冗談じゃなく伸びるほど聴いていましたねhappy01

>「♪あの季節が 今目の前」のところのメロディがイイなぁ~。

そうですねhappy01 明らかにポップスなんですが
そこにちょっとだけ効かせたJazzyなテイストが、彼女の持ち味でしたね。

当時松原みきさんは、同時期デビューでやはり頭に「松」が付く松田聖子さんと
よく比較されていましたが、私はアイドル然とした聖子さんよりクールなみきさんが
好きでした。自分の理想像を、可愛さよりもカッコ良さに求めていたんでしょうね。
あの哀愁を帯びたハスキーな声もど真ん中ストライクでhappy01

>佐野元春さんがつくった歌がアルバムに収録されているはずなのですが

それは3rdアルバム『―Cupid―』の"Side B"3曲目
『スーヴェニール』ですね。佐野さんは作曲で参加されています。
このSide、2曲目は化粧品のコマーシャルにも使われた
アップテンポのヒット曲『ニートな午後3時』で、それに続く『スーヴェニール』は
佐野元春さんらしいけだるいミディアムテンポが絶妙の一曲でした。
ちょっと『SOMEDAY』っぽい感じ、と言えばお分かり頂けるでしょうかhappy01

このアルバム『―Cupid―』はリリース当時、私の周りでもかなり話題になりました。
ハズレ曲が一曲もないので、仲間内でみきさんファンが急増しまして。
隠れた名盤と言えるかもしれませんねhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/31690611

この記事へのトラックバック一覧です: Stay With Me :

« 勝手口の恐怖 | トップページ | 慟哭の森 »