2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 新チューナー迎撃態勢 | トップページ | 軍団再び »

2009年10月24日 (土)

難解の怒り

前回お話した、ケーブルテレビのチューナー工事ですが。
昨日、無事終了しました。

チューナーをアナログからデジタルに変えたんですが
まず驚いたのは、地デジやハイビジョン放送の美しさhappy02

まーこれは、また折りに触れお話するとも思いますが
これを見ちゃうと、もうアナログ放送は見れませんねーhappy02happy02
いやー46インチテレビを買った時、無理してフルHDにしといて良かったweep
私は今まで、このテレビのスペックを引き出していませんでしたねー。

もうアレですよ。アナログ放送が新聞写真の荒さとするなら
地デジ・ハイビジョンはグラビア印刷ほどのきめ細かさです。

画面を見て久々に、息を飲みましたhappy01
何かもう、新しいテレビがウチに来たほどのフレッシュ感でtv


増えたチャンネルの把握も、いまだに出来ていません。
いきなり、おとといまでの倍以上にチャンネル数が増えたわけですから
何が何だかもう、わけがわからなくてcoldsweats01

また、デジタル放送になったことで
チャンネルの数字がアナログの時と変わっちゃいましたから
チャンネルとセットで覚えていた数字も、完全に意味がなくなっちゃいました。
しかも新しい数字は三桁ですし、とても覚えきれません。
今はただ、ひたすらチャンネルを送り戻しするだけで
特定チャンネルのロックオンなんて高等技術は、私にはとても無理ですcrying
そもそもケーブルテレビ導入までは、地上波の7チャンネル生活だったわけで
チャンネル数が7倍になったからと言って、おいそれと覚えきれるわけもなくcoldsweats01


他にもデータ放送とかレンタルソフトチャンネルとか
ビックリの機能はいっぱいありますが、覚えられない上使いこなせないので
これからゆっくり、探っていこうと思っています。

そんなこんなで、とにかく昨日は大騒ぎだったんですが
実はまだ、設置作業の後始末が残っているんです。


Photo













チューナー変更の上、アンテナをもう一台のテレビに分波したものですから
ケーブルや配線コードがもう、異常に増えちゃって。

ネヴュラ座46インチの背面もごらんの通り。
タコ足ぎみで絡まっちゃって、見るも無残なありさまです。

これを数本ずつまとめ、ビニールカバーで覆って見栄えをきれいに
また足などひっかけないように、色々処理をしないといけないんですよcoldsweats01
もちろんこの状態では、散歩中のキナの餌食になる事は間違いないですからweep

でもこのケーブルのまとめなんて、私にはまるでパズルのようでcoldsweats01
アレとコレをまとめて、そーするとコレがからまっちゃうし
テレビを動かした時を考えて、ケーブルの長さには余裕を持たせておきたいのに
個々のケーブルは長さが違うし。

数学的な考え方が出来ないんですね。理詰めが苦手と言うかcoldsweats01
以前にまとめた時も大騒ぎでした。こんな時には男手が必要だなあとsad

まあでも、なんとかなるでしょう。
こんな作業をゆっくりやってるほど、時間に余裕は無いし。


Photo_2













でも、今回のデジタル化で用済みとなったアナログケーブルの山を見る度に
改めて、ケーブルさばきの大変さを思い知るのでしたwobbly
ホントはこの程度のケーブル、局で見慣れてるんですけどねhappy01

« 新チューナー迎撃態勢 | トップページ | 軍団再び »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは!
ぼくんちも今はオタクイーンさんと同じような状態です(笑)

 もともとアナログ時代からWOWOWやらスカパーやらを外部入力でつないだり、外部入力につないでいるデッキにさらに外部からのビデオ映像を出してダビングしたりとなにやっているのかよう分からない状態になっていました。さらにホームシアターが繋がっているためにスピーカー配線などもこんがらがっております。

 とりあえず地デジテレビとブルーレイ・デッキを買い込み、ケーブル局の契約を済ませたため、繋がるのを待っている状態です。BSはすでにありますのでハイビジョンは視聴できますが、来月くらいまで工事が立て込んでいるそうなのでなかなか地デジ化が完了しません。

 しかしまあ、ブルーレイって、とても綺麗ですね。アナログ放送時に録画していたビデオを試しに見たら、その汚さに愕然としました!!

 機材はどんどん良くなっていても、元画像は劣化する一方ですね。大事なものはもうDVD化させているのですが、一度綺麗なものを見るともう戻れないですね。

 ではまた!

用心棒様 やっぱりAVラックの裏って
機器入れ替えの際には、ケーブルさばきの苦労が絶えませんよねcoldsweats01
私だけじゃなくて良かったhappy01

ケーブルテレビのチューナーがデジタルに変わった事でますます配線が増え
しばらく、何が何だか分からない状態でしたが
ようやく何とか、システムの構造が理解できました。
用心棒さんと同じで、私も機器を買い足しながら来たものですから
その度に、繋ぎを考え直す必要に迫られます。
まーそれが楽しみでもありますが、アナログ派の私にとって
ここ数年のデジタル機器は、ケーブルの概念からして発想を変えなければならず
もはや昔のノウハウは、通用しませんね。
「ピンジャック同士なら何とかなる」程度の知識は、もう役には立ちませんweep

私もテレビはフルハイビジョン・地デジ対応だったので
デジタル化によるハイビジョン画面の美しさには驚きましたが
用心棒さんはさらに先を行く、ブルーレイ導入をされているんですねhappy02
私は古いDVDプレーヤーなので、羨ましい限りですweep

綺麗なんでしょうねーブルーレイはhappy02
VHSとDVD、アナログ放送とデジタル放送の画質の差は理解できた私ですが
大画面でのブルーレイは未体験なので、ぜひ試してみたいです。
でも先立つ物の都合も、おいそれとはつかずcoldsweats01
まーおいおい、考えてみようと思います。

ブルーレイシステム完成と共に、用心棒さんの映画感想記事も
さらに面白くなりそうですね。
ファンの一人として、期待していますhappy01

MIYUKIさま、こんにちは!!
またあいだが開いてしまいごめんなさい。
20万アクセス、遅くなりましたがおめでとうございます。
これからも頑張ってくださいね。(^^)

ネヴュラ座リニューアルしたんですねー!
一度デジタルハイビジョンを体験すると、
アナログ放送へ後戻りできないとよく聞きますが、
やっぱりそうなんですね。
新聞の荒い写真とグラビア写真との例え、
とてもわかりやすかったですよ。

私のテレビはまだ20型ブラウン管で、
地上アナログ放送をDVDレコーダーに繋いで見ていますが、
やっぱりもうデジタルの時代ですね。
ひかり座も少しずつデジタル仕様に向けて
頑張らなくちゃと思いました。(^-^)


hikari様 お祝いコメントありがとうございましたhappy01
まーあい変らずのヘタレブログですが
これからも見守ってやって下さいcoldsweats01

今回のデジタル化は、ケーブルテレビ会社からの案内がきっかけでした。
9月末までに申し込むと、チューナー移設費用が
かなり割引になりますよなんて甘い言葉に、ついフラフラとcoldsweats01
そんな事情ですから、予算もあまりかかっていません。
貧乏な私には、良いチャンスだった訳ですhappy01

最初はさほど期待していなかったんですが
やっぱりデジタルハイビジョンの美しさには、目を見張りますね。happy02
昨夜もNHKハイビジョンチャンネルで、高層ビルの窓拭き業務に励む
中国の企業を取材していましたが
迫力の大画面に加え、ビルの屋上から地上を見下ろした画面があまりにクリアすぎて
高所恐怖症の私はクラクラするほどでしたshock
ハイビジョンもこうなると、考えものですねcoldsweats01

でも私も、ハイビジョン体験をするまでは
hikariさんと同じく、テレビは小さなブラウン管でしたから
余計にビックリしちゃったのかもしれませんcoldsweats01
hikariさんもチャンスがあったら、一度試されるといいですよ。
いやーこんな高級な機械とつりあわない自分が、何にも増して情けないですweep

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/31918542

この記事へのトラックバック一覧です: 難解の怒り:

« 新チューナー迎撃態勢 | トップページ | 軍団再び »