2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 今夜はチルソナイト | トップページ | 観ても観なくても後悔する »

2009年9月18日 (金)

名作の夜長

ここ数日、すっかり秋めいてきたおがけで
ウォーキングも気持ちよく、体力の消耗はすっかりなくなりました。

その余った体力を、最近は深夜の映画鑑賞に使っていまして。
歩いて行ける距離のレンタルショップが
年内いっぱい、旧作100円セールを行っているのを幸いに
DVD借りまくりの見まくりですhappy01

ここ二日ほどをメインに、すでに8本を鑑賞済み。
劇場気分を演出する、46インチモニターのネヴュラ座とはいえ
部屋の家具一式が視界に入る昼間の鑑賞よりも
漆黒の中に画面だけが浮かび上がる深夜の方が
集中度も増すというものでhappy01

灼熱の夏も過ぎ去り、澄みきった空気が部屋に満ちる秋になると
見たい作品の傾向も、やっぱり変わってきますね。
大迫力のアクション映画よりも、静かな文芸作品や
名作の誉れ高い、巨匠の作品をつい選んでしまいます。

とはいえ、私のようなおバカが手に取るような作品ですから
皆さんがご存知のものばかりですがcoldsweats01

というわけで初見、再見含め
ここ数日で見た映画はご覧の通り。鑑賞順です。


吉原炎上        1987年東映 監督 五社英雄   脚本 中島貞夫
ホタル      2001年東映  監督 降旗康男   脚本 武山洋 降旗康男
ゼロの焦点    1961年松竹 監督 野村芳太郎 脚本 橋本忍 山田洋次
張込み           1958年松竹 監督 野村芳太郎 脚本 橋本忍 
羅生門           1950年大映 監督 黒澤明    脚本 黒澤明 橋本忍
八甲田山        1977年東宝 監督 森谷司郎   脚本 橋本忍
ブラインドネス  2008年日本・ブラジル・カナダ合作 
                           監督 フェルナンド・メイレレス  脚本 ドン・マッケラー
007慰めの報酬  2008年イギリス   
                           監督 マーク・フォースター 脚本 ジョシュア・ゼトラマー他


8本の内、実に6本までが邦画。しかも最新作は一本もありません。
いやーでもこうして見ると、さながら橋本忍特集ですね。
意識して選んだわけじゃないんですがcoldsweats01

確かに、骨太の人間ドラマには欠かせない巨匠ではあります。
よほどの外れ監督でない限り、橋本脚本で残念な仕上がりは無いですもんね。
その橋本脚本と黒澤、野村、森谷らがガップリ四つに組んだ作品群ですから
これらが面白くないはずがありません。

他の作品も総じて「粘りの脚本」。演出もそれに充分に応え
カメラをじっくり据えじわじわと人間の業をえぐり出す、重厚な作品ばかりでした。

奇しくも『羅生門』と『ゼロの焦点』を同時期に見たというのも
不思議な巡り会わせですが。(この意味は、ご覧になった方ならお分かりかもhappy01

「ホタル」のような作品に涙するのも、私が年をとった証拠かもしれません。
いつも降旗作品には涙腺をやられる私ですが、今回も完敗ですcoldsweats01


二本の洋画に関しては・・・
うーむネット上で皆さんが書かれている感想を
一歩も出ない印象というところでしょうかcoldsweats01
というよりも、残り6本の邦画名作に打ちのめされてしまって
ありきたりのアクションやシチュエーション・サスペンスでは
もはや、心が動かなくなっているのかも。
やっぱり私にとって、秋は名作鑑賞の季節ですね。
作品ジャンルへの興味って、季節の空気も確実に影響していると思います。
あと食指が動くのは社会派サスペンスかな。増村保造監督の「黒」シリーズとかhappy01

でもまー女心と秋の空ですからcoldsweats01 舌の根も乾かぬ内に
「やっぱり秋はアクションねー」なんて豪語しているかもしれませんがhappy01happy01happy01


その証拠に、今後の鑑賞予定作品は


序の舞      1984年東映 監督 中島貞夫 脚本 松田寛夫
球形の荒野   1975年松竹 監督 貞永方久 脚本 貞永方久 星川清司
不毛地帯     1976年東宝 監督 山本薩夫 脚本 山田信夫

に加え・・・

ウォッチメン   2009年アメリカ 
            監督 ザック・スナイダー 
                        脚本 デヴィッド・ヘイター アレックス・ツェー

という、またしても和洋折衷のラインナップhappy01
あるいは重厚、あるいは長尺の作品を、ギブアップせず鑑賞しきれるか。
四作品ともに、この秋は耐えるがごとくのDVDライフとなりそうですcoldsweats01coldsweats01coldsweats01

« 今夜はチルソナイト | トップページ | 観ても観なくても後悔する »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

MIYUKIさま、こんにちは!!
朝夕、涼しくすごしやすい季節になりましたね。
私も夕方、近くの小さな公園をお散歩してきましたが、
とても気持ちよかったです。

テレビでゆっくり映画とか見るの大好きです。☆
そう、部屋を暗くすると映画館気分でいいですよね〜。
私テレビアニメを見るときも部屋暗くしてますよ。
放送前にテロップで注意されてるのに。w
好みの作品を特集できるのもホームシアターの良い所ですね。

ネヴュラ座の8本、未見なのですが、
いつか見る映画リストに加えさせていただきます。
私はいつも偏ったジャンルばかり観ているので、
名作も見なきゃって思っていたところなんです。(^^)

明日から連休ですね。MIYUKIさん、キナちゃん、
良い休日をおすごし下さいませ。


hikari様 秋の訪れと共に、散歩も楽しくなりますね。
私も昨日のウォーキングでは、鳥のさえずりや遊ぶ家族連れの様子に
爽やかな秋を感じましたhappy01
虫の鳴き声も、セミから鈴虫に変わるんですよねhappy01

毎年、暑さの収まりに従って
夜は窓を開け、涼しい風の中でホームシアターを楽しんでいます。
時々、マンション下を走る車の音には悩まされますがcoldsweats01
それでも、ひんやりした空気と名作映画の取り合わせには魅了されますね。
「この風だったら、今夜はこの作品」なんて、当日の空気で選べるのも
ネヴュラ座の良い所です。
最新作映画が皆無に近いのが、悩みの種ですがcoldsweats01

この記事にラインナップした映画は、私もほとんど初見です。
名画って意外に、タイトルだけ知っていて中身を知らないことが多いんですよね。
ですから私もこういう機会を見つけて、観ておこうと思っています。
hikariさんも、有意義な連休にして下さいね。

キナはいつもケージごと、私の隣に置いているんですが
意外にもおとなしくしているんですよ。
最近はすっかり慣れちゃって、入口からヒマワリの種を差し出すと
近づいてきて、一粒ずつ食べてくれます。
この仕草がまた可愛いlovely
あまりの可愛さに、ついたくさんあげちゃいますhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/31426801

この記事へのトラックバック一覧です: 名作の夜長:

« 今夜はチルソナイト | トップページ | 観ても観なくても後悔する »