2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の記事

2009年9月28日 (月)

キャプテン・ムラ、事件です!

いやーコレは初めて。ありがたいですねーネットってhappy02happy02happy02



この年になって「ウルトラマン」の海外オープニングが見られるとはhappy02
いいじゃないですかこの唄。ウルトラセブンのハワイ版は知ってましたがeye
これまで何百回と聴いたこの主題歌メロディーも、歌詞が英語だと
ものすごく新鮮で。いかにも当時のサウンドですよねーnote

この英語タイトルロゴは、ウルトラマンのスペシウムポーズ横に配置されると
あたかも光線の軌跡に見えるんですよね。いやーうまくデザインされてる。
昔、ロゴデザインをちょっとかじった私などは
そういう所にも感動を禁じえませんhappy01

キャスト・スタッフのクレジットもなかなか趣深いですねー。
小林昭二さんの役名が「Captain Mura」になってるのねhappy01
うーむムラさんhappy01 ムラマツキャップだから間違ってはいないんですがcoldsweats01

そうすると海外のウルトラファンには、「ムラマツ」じゃ通じないんでしょうか。
きっと子どもが覚えやすいように、名前も縮めたんでしょうね。

「スールー」と「ミスター加藤」よりは、はるかに原形をとどめてますがhappy01


名前ならその程度の処理でもOKですが、セリフによっては翻訳しにくいものも
あったんでしょうね。
『キレテ・コシ・キレキレテ』なんて、どう翻訳されたのでしょうか?
なにしろ宇宙語・・・別に翻訳する必要はないかcoldsweats01

ちょっと小ネタで申し訳ありません。
例の小説の腹案が煮詰まりつつあるので、そっちに手一杯でcoldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2009年9月27日 (日)

そこまで跳ぶの?

今日も最高気温は29度。朝6時から汗だくでお洗濯の日曜日sweat01
いやー毎年のことながら、名古屋の残暑はまだまだ全開。
なかなか気を緩めてはくれません。

ここまで厳しい残暑なら、こっちも有酸素運動で対抗しようと
つい、乾きたてのサウナスーツに手が伸びるのも人情punch
結局、日中で一番気温の上がる午後2時過ぎから
いつものコースへ飛び出してしまいましたrunrunrun

ホントはこの時期、のん気に歩いている場合じゃないんですよ。
気合の入れ所が違うでしょうとcoldsweats01
なにしろ、先日チラリとお話した公募小説のツメが
まだ出来てないんですからwobbly


お仕事や「宇宙船」企画も同じなんですが
私はいつも、台本やプロットなどを作る時は
まず脳内で、構成のほとんどを組み上げてしまうんです。

脚本のイロハにあるような「ハコ書き」などを
まったくしないタイプなんですね。


ですから例えば、以前ずっと手掛けていた45分番組の構成台本なども
書き出すギリギリまで、頭の中であーでもないこーでもないとヒネリまくって
煮詰まったところで、一気に書き出すんです。
で、執筆中はわき目もふらず、エンドまでノンストップ。

締切前日の夕方からスタートして、完成は朝方なんてことが多かったですねcoldsweats01
当時は手書きにこだわっていたものですから
出来上がった45枚(やっぱり1枚1分見当なんですねコレが)の構成台本は
締め切りギリギリに、FAXで局へ送ることになると。
朝方に45枚ものFAXを送られて、番組担当者もいろんな意味で
感動していたようですがcoldsweats01

私のそんな癖は、台本をパソコン作成・メール送信する今も残っているようで
どうしても、少しずつ書きためていくやり方が馴染まない。
頭で煮詰めて作り上げたストーリーをそのまま、熱い内に鍛造する
「刀鍛冶」方式が抜けないようです。

たぶん私は、作品の大まかなプロットだけ決めたら
後は、登場人物に動いてもらうタイプの作劇法なんでしょうね。

ですからストーリー途中のイメージは、もう出来ているんですよ。
キーになるセリフも、人物のキャラ設定から逆算して無理なく配置できそうだし。


ところが今回は、そうやってなんとなく登場人物に動いてもらうと
当初予定していたクライマックスやエンドでは、ちょっと物足りなくなっちゃう。
作品の方向性は間違ってないんですが、用意した着地点に納得がいかない。
微妙なズレがあるんですよ。
「このキャラだったら、ラストはこうならないだろう」みたいな違和感が。


作者が準備した意向を、登場人物が拒否する感覚。
まーこれまでも、お仕事でそういう事はよくありました。
番組という走り幅跳びを「このお話なら、着地点は4メートルくらい先だろう」
なんて目測で、それに見合った助走距離やスピード、踏み切り地点を考えたら
登場人物のパワーが意外に強くて
お話を組み立てているうちに「ありゃ、アナタ6メートル先まで跳んじゃうの?」
なんて焦る感じですねcoldsweats01

それはストーリー中でキャラクターが命を持ち、一人歩きを始めた証であり
嬉しくもあるんですが、現場では喜んでもいられない訳でcoldsweats01


番組のスケールアップはそのまま、予定外の追加ロケなどが発生する
可能性を意味します。でも無い袖は振れないweep
当然そんな予算も時間もないですから、泣く泣く番組スケールをちょっと縮めて
その案にはご遠慮頂くと。
脳内では瞬時にして、「この案ボツ」の判断が下されるわけです。
プロなら、そういう現場事情を台本に反映させる手腕も必要なんですよね。

なーんて言いながら、5月の「映像倶楽部」部活では・・・
まーあの時は、夢100%で走れましたからhappy01

今回の公募小説も、過去の入選作から何となーく
映像化予算の目測は出来ますから、あまりスケールアップは出来ないし。
「着地点の補正」というリスクを冒してまで、キャラを活かす価値があるかどうか。
やっぱりお仕事のノウハウ通り、無難に収めるか。
これは悩むところです。

「そんなの無視して、書きたいものを書けばいいじゃん」
というご意見もおありでしょうけど、良くも悪くも現場を知っていると
そこを無視することが、どうしても出来ないんですよねweep

本職ゆえ「審査側の空気が読めてしまう」という事が
今回はマイナスに働いているようです。


うーむ困った。そこを解決しないと
クライマックスとエンドのイメージが、大幅に変わってしまう。
ここは夢に走るか、リアルに割り切るか。
ともあれ泣いても笑っても、締め切りは今月30日。
実質あと3日の内に、結論を出さなければなりません。
それさえ決まればいつも通り、徹夜も辞さず書けるんですが・・・

最近は、こんなお話ばっかりですみませんねーcoldsweats01
でもきっと、こういうグチを漏らすことで
産みの苦しみのガス抜きをしてるんでしょうね。
つきあわされた読者の皆さんには、本当に申し訳ありませんがcoldsweats01

2009年9月26日 (土)

空の大怪獣アンキルス

「へえー。地球にはまだ謎が多いねー。」
今日の新聞を読んで、無知な私はそんな独り言をつぶやきました。
ネットニュースでもチラホラ採り上げられたので、皆さんもご存知ですよね。


始祖鳥より前の年代の地層から、羽毛恐竜の化石が見つかったニュース
です。

ご他聞にもれず、新聞を読んでいても
「ジュラ紀」「恐竜」なんて単語だけが目に突き刺さる怪獣オタクの私。
そんな私に「中国、ジュラ紀地層から化石」なんて見出しに加え
「世界の怪獣」のイラストみたいな想像図が踊る記事を
スルーしろという方が無理ですhappy02happy02happy02


コレがその想像図。いやー新聞にこういう図が載ってるっていうのもhappy01


Photo











前述のリンク記事って、つまるところ
中国でジュラ紀(1億6100万年~1億5100万年前)の地層から
この恐竜の化石が見つかったという事ですよね。


手足に羽毛が生えたこの恐竜は「アンキオルニス」という名前だそうで。
今まで羽毛恐竜の化石は、始祖鳥(白亜紀・約1億4000万年~6500万年前)
より後年代の地層からしか発見されなかった為
「鳥に進化する前みたいに見える恐竜の化石が、鳥の先祖と考えられていた
始祖鳥より、後の地層から発見されるのはおかしいぢゃないの」
という疑問が、学者間の長年の悩みだったと。

ところが、先だってドイツでもジュラ紀地層からこの恐竜の化石が見つかり
今回の中国の化石発見は二例目。

で、「そーかー。コレの化石がドイツ、中国の二箇所で
始祖鳥より前の年代から発見されたんだから、恐竜が鳥に進化したという説は
ますます正しそうな気もしてきたねえ」という事で一件落着したと。

そんな感じですよね。多少は違っててもこう解釈しましたcoldsweats01

という事は単純に考えて、アンキオルニスは
少なくとも、始祖鳥の1100万年以上は先輩というわけですね。

なるほどー。こういう新発見によって
歴史はどんどん書き換えられていきますよねー。
参考までに、コレがネットで見つけた始祖鳥の想像フィギュア。

Photo_3



















両者のフォルムを較べてみると、確かにアンキオルニスの方が
始祖鳥よりもかなり、恐竜寄りに見えますがhappy01

始祖鳥はもうほとんど、鳥のフォルムですもんね。
となると。アンキさんが年代的に始祖鳥の先輩という事は
この「始祖鳥」を「始祖鳥」と呼んでいいんでしょうか?
その称号を、アンキ先輩に渡す必要も出てくるんじゃと思ったりして。
もっとも最近では、始祖鳥そのものが鳥の先祖じゃなかったなんて説も
出てきたそうですから、アンキさんと始祖鳥とは直系ではないのかも。
まーよけいなお世話ですがhappy01

そう考えていくとこの方のいでたちも、始祖鳥よりかなり怪獣寄りという
感じでしょうか。これまた余談ですがcoldsweats01


Photo_4















でも個人的には、アンキオルニスの猛々しさに、創造力を刺激されますねー。
まだ顔が恐竜のままという所や羽根に爪が生えている所
足の羽根なんかもカッコイイhappy02


でもこのアンキオルニス、体長が50センチくらいなんですよね。かなり小さい。
この形でラドンくらい大きかったら、ギャオスもビックリの大怪獣なんですがhappy01
でも羽根のサイズからして、大空を自由に飛び回れるほどの飛行能力は
無かったような感じですね。やっぱり「滑空派」だったんでしょうか。
うーむ夢は広がるアンキオルニス。
東宝や円谷怪獣に習って、学名を縮めてみると
「アンキルス」・・・背中にトゲトゲが生えてそうな感じが。
名前からして、飛べるようには見えませんねhappy01



「滑空派」と言えば。ちょっと調べてみたんですが。
その滑空能力と愛らしい大きな目で、ペットとしても人気の動物、モモンガ。

あれってげっ歯目なんだそうですね。ハムスターの遠い親戚という。
それを知ってから私は、「キナ飛行計画」を画策中happy01
外を散歩中のキナを捕まえて、20センチ上空からダイビングさせてます。

いつもボテッと落ちて、目を白黒させてますがhappy01
うーむやっぱり、あのバランみたいな飛膜がないとダメかcoldsweats01

Photo












「あたりまえぢゃんangry

2009年9月25日 (金)

究極の選局

きっかけは今月6日、自宅への一本の電話でした。
発注していた『BOWS ザ・SOKOJIKARA』が届いたのと同時刻。夕方6時。
電話の相手は、加入しているケーブルテレビ局でした。

おかげで私は電話とインターホン両方の相手をしなければならず
少々パニック。こういう事ってなぜか重なりますよねcoldsweats01

電話の内容は、キャンペーンのお知らせでした。
「お客さん宅のアナログチューナーをデジタルチューナーに変更すれば、
今と同じ月額料金で、視聴可能チャンネルが20チャンネルも増えますよ。」


私の加入プランは、マンションにケーブルテレビが導入された当初に入った
アナログのベーシックコース。

チャンネルNECOやムービープラス、スーパー!ドラマTVやアニマックスなど
一応、有名どころは押さえた24チャンネルパックだったので
特に不自由もなく、お気楽CSライフを送っていたのです。
でも時代はデジタル。昨日も局で先輩ディレクターと
地デジ移行時のワイド画面について語り合ったところでしたhappy01


えっそーなの?チューナーを変えるだけで?20チャンネルも一気に?
そういう事に無頓着だったアナログ頭の私は、すっかり舞いあがっちゃいまして。
「でも、チューナー変更の手続きとか工事費とかかかるんじゃ?」
「今月末までキャンペーン中で、全部込みで6,300円しかかかりません。」

うーむ6,300円ポッキリかー。知らなかったわーeye
くれぐれも月額料金が増えないことを確認して、返事は後日に回しました。
届いたBOWSに気を取られ、一昨日まではすっかり忘れていたのですが
電話卓に残したその時のメモを発見、不意に甦る「今月末まで」のフレーズ。
ありゃどうしよう。気がつけばもう25日ぢゃないの。
このチャンスを逃がす手はないかと、申し込みの電話をかけようとしたその時。


「待てよ。ここでスカパーに切り替える手もアリかな?」
妹宅で目撃以来、ウチのケーブルでは見られないスカパーのチャンネル群に
魅力を感じてはいたものの、番組なんて浮き草のごとく一定していないしなんて
とりたてて、導入を後押しする気持ちもなかったのですが
今回のような事情なら、お話はまた別です。
ケーブルテレビのパック契約よりも、見たいチャンネルだけコンプリートすれば
より充実したCSライフを送れるかなと、妙な浮気心が湧いてきまして。

で、今日は、ケーブルテレビとスカパーのチャンネルを徹底比較していました。



まず調べたのはケーブルテレビ。
番組表を開けば、確かに毎月の料金が変わらない
44チャンネルのデジタルパックがあります。

増えるチャンネルは「日本映画専門チャンネル」「時代劇専門チャンネル」
「チャンネル銀河」などですが、それを除けば圧倒的にブロードキャスト系。
「BSフジ」「日テレNEWS24」などですね。

そーかー。悪くはないんだけど、地上波の延長上のような番組編成は
ちょっと食傷気味だしなー。今ひとつ魅力に欠けるラインナップ。

で、プランのグレードを一つ上げるとさらに5チャンネル増えて
「洋画★シネフィル・イマジカ」「ミステリチャンネル」などなど
ちょっと見たいチャンネルも出てきました。

何より期待大が『日テレプラス』で、何しろ現在ソフト化されていない
『大都会PARTⅡ』『大都会PARTⅢ』が放送中。コレが見られるだけでも
アップグレードの価値はあるかも。前言と矛盾しますがcoldsweats01


ただこのアップグレード、月額が今より1,050円上がるんですよねーweep
結局、合計49チャンネルで月額4,725円。

でもその中には「ゴルフネットワーク」や「囲碁・将棋チャンネル」など
見ないチャンネルもあるしなあ。これが高いか安いかは、悩むところです。



続いてスカパー。以前も問い合わせた事がありましたが、時代は進んでますね。
今日ショップを覗いて知ったんですが、『スカパー!e2』でも今月末まで
アンテナ代とアンテナ設置費用が実質無料になるキャンペーン中だそうで。

ただこれはテレビやレコーダーにBS・CSチューナーが付いていればのお話。
このあたりで不安が頭をよぎったのも事実ですが、そこは後でお話しましょう。

スカパーは基本料金はリーズナブルですが、チャンネルを単品で選ぶと
月額合計が結構高くなる事が分かっちゃって、すっかり落ち込んでしまいましたweep
でも拾う神あり。貧乏な私の為にあるような「基本パック」を発見。
コレはすごい!前述の『日テレプラス』はもちろん
「ファミリー劇場」「FOX」「AXN」「ヒストリーチャンネル」などなど
ケーブルではオプション扱いだったチャンネルが目白押し。

さらにケーブルにもラインナップされていない
「ザ・シネマ」「FOXプラス」「ナショナル ジオグラフィック チャンネル」なんて
見た事もないタイトルも含まれていますhappy02


田舎者の私にとって、こんなカタカナばっかりのタイトルは眩しいばかりeye
合計41チャンネル。基本料金を加えて月々3,980円。
初回加入料は必要なものの、ほとんど見たいチャンネルなのが高ポイントhappy01


ところが前述の通り、このスカパーe2、チューナーがなければ
見られないんですねーcrying
まー当たり前と言えば当たり前ですがhappy01

まー最近買ったネヴュラ座46インチテレビには、当然付いているんですよ。
ですから最低限、見ることだけはできるものの
やっぱり気に入った番組は、どうあっても録画したいですし。
そこで頭をもたげるのが、長年愛用しているレコーダーの性能。

「あっ!ウチのレコーダー、そんな高級なチューナー付いてたっけ?」
あわててメーカーに問い合わせてみれば、案の定「付いてません。」
まー分かってました。そりゃーそーだよねー。このブルーレイ時代に
2005年の時点ですでに型落ちのVHS・DVD・HDD一体型だし。
買った当初はスカパーなんて、露ほども意識してなかったですからねーcoldsweats01


ああそうなると、スカパーを録画するには
なんと今どき時代遅れの、「外付けチューナー」を導入する必要があると。

えっ?いくらするの?そんなの買ったことないよ。
で、間髪を入れずショップに聞いてみれば。

「店頭に並んでいるものでは、32,800円ですねえ。」

た、高いwobbly
それならいっそ、チューナー内蔵のレコーダーを買った方が
コストパフォーマンス的には、よっぱど割安ぢゃないのsad

でも別にウチのレコーダーは壊れてないし、わざわざスカパーの為に
一台買う必要も、お金の余裕も無いしなー。
いやーそーいう事か。世の中、なかなかウマいお話はないわーweep



結局、お話をまとめますと。

●A作戦  ケーブルテレビ

アナログ→デジタルチューナー変更費用               6,300円
49チャンネルパック(アップグレード後)            月額 4,725円
→チャンネルのラインナップは今ひとつ



●B作戦  スカパー!e2

アンテナ代・設置費用                         無料
加入料(初回のみ)                        2,940円      
41チャンネルパック                                        月額 3,980円
外付けチューナー(一例)                                       32,800円
(もしくはもったいないけど、チューナー内蔵レコーダー新規購入)
→チャンネルのラインナップはかなり好み

さらにもう一つ。


●C作戦   ケーブルテレビ

今のまま、アナログ→デジタルチューナー変更のみ       6,300円
44チャンネルパック(アップグレード前)          月額 3,675円
→前述の二作戦に比べ、チャンネル内容は劣る


と、こうなるわけですね。
問題はこのどれをとっても、明日以降あと5日以内に申し込まなければ
料金が変わってしまうという事で。9月末までのキャンペーンですから。



いやー困ったbearing
チャンネルのラインナップでは、スカパーが圧倒的に魅力的ですが
予定外のチューナーの出費がネックだしmoneybag
地上波系が多いながら、多チャンネルを誇り出費が少ない
ケーブルテレビも、それなりに魅力的だし。
こういうのは私、ホントに悩むタイプなんですよ。

まー地上波しか見られなかった頃から考えれば
これもぜいたくな悩みなんですけどね。
例の公募小説の締め切りも今月末だし。
いつになく苦悩の多い、真夏日復活の今日。
いっそ深夜のウォーキングにでも出かけて、じっくり考えてみましょうかcoldsweats01

2009年9月23日 (水)

美知との遭遇

Photo








ちょっと買い物に出かけた、街の交差点近く。
新首相のお名前で今話題のハトさんも、団体で平和に食事中ですが。
その群れの中に・・・


Photo_2













もしもしハトのお兄さん、ちょっと振り向いていただけませんか?
なに?なんか用?

Photo_3

きゃーっ!これはりりしいイケメンバトhappy02
普通のハトとはまた違った高貴な趣き。
きりっとした目元、墨絵のような羽根の模様がなんとも和テイストを醸し出します。
どこぞの偉い家系のご出身でしょうか?
それとも今流行のパワーアップバージョン?最終回に出てきそうな。
フィギュアなら間違いなくシークレットですねhappy01

Photo_4












ちなみに、近所の森に住むいつものハトがこちら。
よく見ればこの方も、それなりに綺麗なんですけどね。首のカラーリングとか。
まー見慣れている分、つい普通扱いしちゃいますがcoldsweats01

Photo_5














いやーでもあなた、そのいでたちじゃ目立つでしょう?
まーね。でも政権もハト印に交代したし、ハト界にも変革が求められてるわけよ。
はー。いろいろ大変なのねハト界も。勉強になりましたhappy01

Photo_6












ウチのハムスター界はこんな感じだけど。ジュゴンかきみはwobbly

2009年9月22日 (火)

でも第2の挑戦

最近、ちょっと壁に当たっていましてcoldsweats01
お仕事のことじゃないんですが。


秋本番を迎え、時間の余裕をDVD鑑賞だけに使うのももったいないと
無謀にもひとつ張り切って、創作などをと思い立ちまして。

先日から、世間に出回る文芸関係の公募をつらつらと調べていたところ
手ごろなものを、ひとつ見つけたのです。

長くもなく短くもなく、おバカな私でもなんとか応募できそうな短編小説。
むしろ、ショートショートと言ってもいいかもしれません。

しかも、その告知を知ったのが今月10日。
締め切りは今月末なので、制作期間も冗長にならず
勢いに任せて一気に作りこめそうな、理想的スケジュールではあります。

例の「宇宙船」企画以来、お仕事のしがらみや縛りを気にせず
創作を楽しめることに、新たな魅力を見出した私は
この公募を第二の挑戦として、日々無い頭を絞っています。


ところがここへ来て一つ、困った事が。
これは共感頂ける方が少ないとは思うのですが、あえて泣き言をお聞き下さいcoldsweats01


というのは。この公募小説、ちょっと変わっていまして。
入選作品が、新鋭の映画監督の手で映像化される、という特典付きなのです。

つまり前述の「宇宙船」企画にちょっと似たコンセプトで
映像化を視野に入れて、作品を考えなければならないのです。

もちろんこの公募のオーダーは、オリジナルの短編小説ですから
入選作品が数本あれば、それぞれ独立した映像作品となります。
つまり出来上がるのは入選作の数、短編映画数編というわけですね。
ですから応募作は、映画の原作小説という位置づけになるわけです。

だったら最初から、小説じゃなくシナリオを募集すればいいのになんて
最初は思ったりもしたのですが
シナリオ創作には専門知識やテクニックが必要ですから
応募者にはハードルが高くなると判断したのでしょう。
シナリオはプロが手掛けるから、基になるストーリーが欲しいという事ですね。


作品のジャンルは問わないそうで、SFから恋愛、コメディまでなんでもありと
いう事ですが、一つだけ縛りがあります。
これは今日のお話とは関係ないですから、あえてお話しませんがcoldsweats01

で、一昨日あたりまでは、けっこうそれなりに楽しく
草案が組み立てられていったんですよ。出来は悪いながらweep
ところが。これが「壁」であり「困った事」なんですが
やっぱりどうしても、私のテレビ屋の性が顔を覗かせてしまいましてcoldsweats01

要はこういう事なんです。
何を考えても、「こんなあいまいな表現じゃ、監督は困っちゃうな」
「映像化した時、映える見せ場があるかどうか」
映像化の予算を予想して、
「ロケは何日間程度だから、シークエンスはいくつに抑える必要があるかな」
「出演者の人数も、この程度が限界だろう」
「お金のかかりすぎるこんなシーンは、実現不可能だろう」
結果発表時期からロケ時期までのスケジュールを逆算して、
「だったら物語の季節はこのあたりでないと、ロケできないし」
果ては「このカットは思い切り引きの絵で行きたいから、クレーンが必要かな」
なんてところまで、実務レベルに変換してしまうんですよcoldsweats01

プロデューサー・ディレクター目線を外すことが、どうしても出来ない。


小説というのは、文章表現独自の味わいや字面の美しさ
行間や作品全体から想起されるイメージ・世界観を楽しむものなので
映像とは別物なんですよね。
ですから本来、小説が追求する世界は、最初から映像化を視野に入れない
はずなんです。文章そのものが完成品なんですから。
古今東西の名作小説映像化作品が、原作を超えた例がほとんどないのは
それも一因ですよね。
同じストーリーでも映像は、原作とは別の魅力を目指すわけです。

ですから私も本当は、そんな実務に気を回しすぎちゃいけないんですよ。
オーダーされているのは小説なんだし、小説独自の魅力を優先するなら
見せ場もあいまいな表現も、シークエンスや出演者の数も季節も
現実を無視して、純粋に小説世界に没入すればいいはずなんです。
でもやっぱり、職業病が出ちゃう。入選なんて夢のまた夢なのにweep
余計な事ばかりに気を使いすぎて、作品が萎縮しちゃうんですね。
映像化という大きなチャンスが、かえって足かせになっちゃってるんですcoldsweats01


おそらく一般の方なら、ここまで小説と映像の差に苦しむ事はないでしょう。
ただ私の場合お仕事で、印刷物用文章からシナリオへの推敲を
いやというほど行っている為に、よけいに実感があるわけです。


ケースは違いますが、雑誌記事などで写真と共に書かれているキャプション。
あれを手掛けられる出版系ライターの方々に、映像の台本をお願いしても
ほぼ間違いなく、実現不可能な内容になってしまいます。

実例を出すといろいろ差し支えもあるので、これは創作例ですが
「石畳に差す夕日は、彼女の心に80%の安堵と20%の不安をもたらした」
なんて書かれても
「だから結局、これをどう映像化すればいいの?」ってことになっちゃう。
で、それをライターさんに尋ねれば「いや、単なるイメージだから」
「%表示が、彼女の心を的確に表現していると思った」
なんて答えが返ってきたりするわけですhappy01
要はライターさんと私で、話の論点がズレている。
『%』なんていう心の数字を、画面に表現する事など出来ないからです。

でもこれは、ライターさんが悪いんじゃありません。
文章と映像は別、という事なのです。

画面の右下に、『安堵80%』とか出せば楽でしょうねhappy01
ただ今はそういう「文字に頼っちゃう映像」を平気でやっちゃう監督もいそうだから
怖いですねー。私はそれは「映像が文字に負けた」と思っちゃうクチですが。


予算の問題も大きいです。
スタッフ全員を引き連れてのロケ一日の予算は○○円程度と分かっていると
「この規模の公募で、日本縦断ロケは不可能」なんて事は
容易に想像がつくわけで。


他にもありますね。例えば、ロケ日はこの週末の二日間と決まっているのに
「真夏の海辺、紅葉の山、冬の雪原」なんて大自然の季節を追いながら
主人公が生き生きと生活するなんてシーンは、物理的に不可能なわけです。

小説なら一行で済みますが、映像化は難しい。

動物の動きだって同じですよね。
小説なら思い通りになりますが、映像ではなかなか、思うようにならない。
SoftBankのお父さん犬みたいに、膨大な予算がかけられれば別ですがhappy01
「そこはCGで」という発想もありますが、国内CGレベルを予算で割れば
「アナコンダ」シリーズみたいになる事は、火を見るよりあきらかですしcoldsweats01


映像業界が長ければ長いほど、こういう思いに引っ張られちゃうわけです。
草案が煮詰まるにつれて、この危惧も高まってくる。
現場の事情と、創作物との折り合いをつけざるをえなくなっちゃうと。
正直、やりたいことは溢れるほどあっても
私の中の「脳内現場」がそれを許さない、そんな感じになっちゃってまして。


あくまで小説と割り切れれば、これほど悩む必要もないんですが
いやー難しいところではあります。
過去の入選作も調べてみましたが、いずれも私が狙う作品とは
傾向が異なるものばかりで、痛し痒しといったところ。
やっぱり現場事情を知るという事は、両刃の剣ですね。

この「壁」を破る手立てはあるのか。破った先に何があるのか。
今回はちょっと、それを目指してみたいと思います。
お仕事とも、昨年から手掛けてきた「プロット」や「ヒーロー企画」とも
まったく違う世界観の構築は、非常に新鮮に感じますし。

今回は愚痴になっちゃいましたね。聞いて頂いてありがとうございましたhappy01
これも産みの苦しみの一端なら、それはそれで意義深いものですね。
泣いても笑っても、締め切りまではあと9日。
文才などまったくありませんが、チャレンジする姿勢に意義があると信じて
ダメ元で頑張ってみますpunch

作品はメールでも応募できるので、ギリギリまで粘れるところは嬉しいですがhappy01

2009年9月20日 (日)

観ても観なくても後悔する

いやあ、これは・・・
もうこんなの観ちゃうと、前回リストに挙げた作品の印象は
すべて吹っ飛んじゃいそうなほどのインパクト。

ネットで感想ブログ等を検索しても、この作品に関しては異常に少なくて。
そのあまりの衝撃に、皆さん鑑賞の記憶を封印しているのでしょうか。

今日はちょっと遠出して、割引レンタルセール中のショップを
二軒ほど回り、邦画ばっかり12本も借りてきましたcd
件の一作はその内の一本。普通のショップでもレンタルされているのです。
でも「ネヴュラ」のお仲間の中では、あまり話題に上らない作品だったので
つい見落としていました。で、この年になって初見。

この作品に出会うことなく人生を送れて来ちゃった奇跡に、我ながら驚くばかり。

あまりに鮮烈な内容・ビジュアルイメージなので、今回は感想ではありません。
この作品は、もう言葉の範囲を超えてしまっている。
私の稚拙なボキャブラリーでは、その異常な魅力の1%も再現できないでしょう。
「観た」という事実だけで、もういっぱいいっぱいwobbly

また、あらすじ説明+一言感想は得意じゃないので
今回も、内容や詳細データは一切お話しません。



ちょっとお話を引っぱりますが、今日は件の作品の前に

ある殺し屋     1967年大映 監督 森一生 脚本 増村保造・石松愛弘
地獄の掟に明日はない  1966年東映 監督 降旗康男 
                                  脚本 高岩肇・長田紀生

を観てるんですよ。
でもこの二作の印象は、今は全然残っていません。
これらに続いてプレーヤーに入れた作品が!


盲獣      1969年大映 監督 増村保造 
                                       脚本 白坂依志夫



だったからですhappy02happy02happy02

この作品、ご覧になった方もいらっしゃるでしょう。
いやーオタクを名のりながら、この作品を未見だったなんて。
これを観ずに、やれ『マタンゴ』が人間の暗黒面だの
『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』が乱歩映像化の最高峰だの
大きな事言ってた自分が恥ずかしいcrying
素直に謝ります。『盲獣』鑑賞済みの皆様、おみそれしましたweep
まずいですよコレは観ておかないと。

この作品を前にしたら『吸血鬼ゴケミドロ』が子供向けに見えちゃっても
仕方ないですねー。
あーびっくりしたshock

演出、美術、演技、どれをとってももう、これ以上ないほどのハイテンション。
さすが増村演出。基本を踏まえつつ実に見事なリズム、的確なカットワークで
90分近くの長尺を疾走します。まったく中ダレがない所が驚異的。
で、あのラストシーンの衝撃。
「奇形人間」の『人間花火』は有名ですが、『人間●●破壊』は未体験でしたcoldsweats01
その美術はもう、ヒッチコックの『白い恐怖』と双璧をなす素晴らしさ!
さらに演技。船越英二さんに対する印象が、180度ひっくり返りました。
現にこの後、

氷点             1966年大映 監督 山本薩夫 脚本 水木洋子


を観たんですよ。
『氷点』でも、船越さんはそれなりに常軌を逸した役どころなんですが
それも『盲獣』を前にすると、落ち着いた常識人に見えちゃうから怖ろしいshock

そりゃ息子さんが二時間サスペンスの帝王と呼ばれるわけです。
この息子にしてこの父あり。いやー引き出しの数は凄いですね。
そのエキセントリックなキャラは『黒の試走車』を観た時も感じましたが
後年、『熱中時代』などでニコニコ優しそうな笑顔を見せるキャラしか知らないと
完全にだまされますねこの人には。
いやこういう引き出しを見せられると、絶賛モノなんですよホントに。


普段、演技者に対してはほとんど興味のない私ですが
この『盲獣』の船越演技に関してはもう、『恐怖奇形人間』の土方巽を
超えているんじゃないでしょうかhappy02
それほど鬼気迫る演技なんですね。人に語りたくなる演技。
特にあの『目線』と『指の動き』、そして『キレかた』!
あそこまで演技を極められれば、役者としても本望でしょう。
いやーいいモノ見せてもらったわー。ちょっとビックリして眠れませんhappy02

で、こうして感想も書けないのに、感動だけをお話しているわけでcoldsweats01
未見の方にはまったく意味不明な感動でしょうね。本当に申し訳ありませんcoldsweats01coldsweats01
この作品は今後、折りに触れ採り上げたいと思います。



ちなみにこの『盲獣』、今なにかと話題の『盲獣VS一寸法師』とは別物ですから
お間違え無いよう。
『VS一寸法師』は私も劇場鑑賞しましたが、まーノーコメントという事でhappy01
石井輝男監督は好きなんですが・・・ゴニョゴニョcoldsweats01

今回のサブタイの意味は、たぶん『盲獣』体験者ならお分かり頂けるでしょう。
観ないと絶対後悔します。いや、まだ観ていない人は幸せ。

ただ一つご注意を。この作品、好き嫌いが分かれますので、その点はご了承を。
さらに観ちゃうと、新しい後悔も生まれます。もう後戻りは出来ませんから。
私ももう『大怪獣ガメラ』を、まともに観られなくなりましたcoldsweats01
あの予告編の船越さんのセリフ「ガメラがあなたを狙っています」って・・・
船越さんあなた、ガメラの百倍怖いぢゃないのshockshockshock


※ちなみに今日レンタルの作品に加え
  前回告知の鑑賞予定作品も、鋭意消化中。
   語れる作品に出会えたら、またお話しますhappy01

2009年9月18日 (金)

名作の夜長

ここ数日、すっかり秋めいてきたおがけで
ウォーキングも気持ちよく、体力の消耗はすっかりなくなりました。

その余った体力を、最近は深夜の映画鑑賞に使っていまして。
歩いて行ける距離のレンタルショップが
年内いっぱい、旧作100円セールを行っているのを幸いに
DVD借りまくりの見まくりですhappy01

ここ二日ほどをメインに、すでに8本を鑑賞済み。
劇場気分を演出する、46インチモニターのネヴュラ座とはいえ
部屋の家具一式が視界に入る昼間の鑑賞よりも
漆黒の中に画面だけが浮かび上がる深夜の方が
集中度も増すというものでhappy01

灼熱の夏も過ぎ去り、澄みきった空気が部屋に満ちる秋になると
見たい作品の傾向も、やっぱり変わってきますね。
大迫力のアクション映画よりも、静かな文芸作品や
名作の誉れ高い、巨匠の作品をつい選んでしまいます。

とはいえ、私のようなおバカが手に取るような作品ですから
皆さんがご存知のものばかりですがcoldsweats01

というわけで初見、再見含め
ここ数日で見た映画はご覧の通り。鑑賞順です。


吉原炎上        1987年東映 監督 五社英雄   脚本 中島貞夫
ホタル      2001年東映  監督 降旗康男   脚本 武山洋 降旗康男
ゼロの焦点    1961年松竹 監督 野村芳太郎 脚本 橋本忍 山田洋次
張込み           1958年松竹 監督 野村芳太郎 脚本 橋本忍 
羅生門           1950年大映 監督 黒澤明    脚本 黒澤明 橋本忍
八甲田山        1977年東宝 監督 森谷司郎   脚本 橋本忍
ブラインドネス  2008年日本・ブラジル・カナダ合作 
                           監督 フェルナンド・メイレレス  脚本 ドン・マッケラー
007慰めの報酬  2008年イギリス   
                           監督 マーク・フォースター 脚本 ジョシュア・ゼトラマー他


8本の内、実に6本までが邦画。しかも最新作は一本もありません。
いやーでもこうして見ると、さながら橋本忍特集ですね。
意識して選んだわけじゃないんですがcoldsweats01

確かに、骨太の人間ドラマには欠かせない巨匠ではあります。
よほどの外れ監督でない限り、橋本脚本で残念な仕上がりは無いですもんね。
その橋本脚本と黒澤、野村、森谷らがガップリ四つに組んだ作品群ですから
これらが面白くないはずがありません。

他の作品も総じて「粘りの脚本」。演出もそれに充分に応え
カメラをじっくり据えじわじわと人間の業をえぐり出す、重厚な作品ばかりでした。

奇しくも『羅生門』と『ゼロの焦点』を同時期に見たというのも
不思議な巡り会わせですが。(この意味は、ご覧になった方ならお分かりかもhappy01

「ホタル」のような作品に涙するのも、私が年をとった証拠かもしれません。
いつも降旗作品には涙腺をやられる私ですが、今回も完敗ですcoldsweats01


二本の洋画に関しては・・・
うーむネット上で皆さんが書かれている感想を
一歩も出ない印象というところでしょうかcoldsweats01
というよりも、残り6本の邦画名作に打ちのめされてしまって
ありきたりのアクションやシチュエーション・サスペンスでは
もはや、心が動かなくなっているのかも。
やっぱり私にとって、秋は名作鑑賞の季節ですね。
作品ジャンルへの興味って、季節の空気も確実に影響していると思います。
あと食指が動くのは社会派サスペンスかな。増村保造監督の「黒」シリーズとかhappy01

でもまー女心と秋の空ですからcoldsweats01 舌の根も乾かぬ内に
「やっぱり秋はアクションねー」なんて豪語しているかもしれませんがhappy01happy01happy01


その証拠に、今後の鑑賞予定作品は


序の舞      1984年東映 監督 中島貞夫 脚本 松田寛夫
球形の荒野   1975年松竹 監督 貞永方久 脚本 貞永方久 星川清司
不毛地帯     1976年東宝 監督 山本薩夫 脚本 山田信夫

に加え・・・

ウォッチメン   2009年アメリカ 
            監督 ザック・スナイダー 
                        脚本 デヴィッド・ヘイター アレックス・ツェー

という、またしても和洋折衷のラインナップhappy01
あるいは重厚、あるいは長尺の作品を、ギブアップせず鑑賞しきれるか。
四作品ともに、この秋は耐えるがごとくのDVDライフとなりそうですcoldsweats01coldsweats01coldsweats01

2009年9月17日 (木)

今夜はチルソナイト

さて前回に続き、格安で手に入れた怪獣おもちゃ第二弾。
まーサブタイでお分かりでしょうけどhappy01


Photo











ご存知、M1号の怪獣ソフビ「ガラダマ」新品未開封でございます。


劇中通り、中にガラモンが入ったこんなソフビの登場に
発売当時は驚いたものです。

自他共に認めるウルトラQファンの私にとって
のどから手が出るほど欲しかったアイテムですが
前回のメカゴジラ2同様、あまりの高額にコレも撤退を余儀なくされ。
それが今回の投売りで、奇跡の入手を果たしたということでhappy01happy01happy01
まー考えてみれば今回の買い物は、ロボット怪獣つながりだったわけですね。
人気商品でしたから、お持ちの方もいらっしゃるのでは?

Photo_2













高さは約18センチ。球体ですからけっこうなボリュームですhappy02
この状態では、バルンガやブルトンなどのアート系怪獣に見えちゃいますね。

これを見て「あ、ガラダマだ」と叫ぶお子さんが居たら
それはもう、筋金入りの怪獣ファンでしょう。
もしくは昔、弓ヶ谷に住んでたとかhappy01

で、フタを開けると・・・

Photo_3











ミドルサイズのガラモンと、小さなセミ人間がこんにちはhappy01
本当にこんなふうに、座って入ってるんですよ。セミちゃんは袋入りでしたが。
こうやって、座らせてディスプレイしておくのもかわいいですねhappy01
でも今回は全身をお見せしたいですから、あえて出て頂きましょう。

ちなみに主が居なくなった「カラダマ」は、この子の遊び場になりました。

Photo_5











「とうきょうへはもうかえれないわっ!とうきょうはぜんめつだわっ!」


Photo_6











このガラダマは三期だそうで、ガラモンの色もちょっとクリアーがかった緑。
非常に上品な色なので、私は気に入っています。
ガラダマの黄色、セミちゃんのブラウンとのマッチングもいいですね。

うーむ改めて、この商品のプレイバリューに感心します。
東京タワープレイセットも良いですが、やっぱりガラモンは
ガラダマとセットでないと。もちろんセミちゃんもhappy01

Photo_7












いやー見れば見るほど味のあるお顔coldsweats01
本物のお
顔のデザインは、「Q」特技監督の的場徹氏が
魚のカサゴの正面顔から着想、デザイナーの成田亨氏が完成させたそうですが
このソフビは何となく、昭和の下町のお母さんを思い起こさせますhappy01
背中のねんねこで赤ちゃんをあやしながら、近所の市場へ買い物に出かける
たくましいお母さん。

ソフビファンは激怒するかもしれませんがcoldsweats01 お許し下さいねcoldsweats01coldsweats01

そうなるときっと、今日も怪獣横丁では・・・

Photo_8













おかあちゃんおやつ買いに行くんでしょ。つれてってよーゲスラのお店sad
シスコのウルトラマンチョコがいいよー。
あんたたちご飯の前にそんなもの食べると、ご飯が食べられなくなるよangry
良い子にしてたら連れてったげるけどdespair

やったーhappy02

Photo_9














あーらご近所の奥さん方、いやーねー不景気で。

ガラさんとこは子だくさんだから、食費もばかにならないでしょ。
そうなのよー。学校でもへんな遊びが流行ってるらしいし。
給食中にお互いを笑わせて、牛乳を吐き出させるんだって。

ウチなんか同級生の子に、塩水をむりやり飲まされたらしいわよ。
まあナメさんとこも?ペギさんちの子は、そんないたずらしないわよねー。
ううんdespair この子は黒い缶に入って飛ぶのが好きなのよーsad


えーお口直しにcoldsweats01 こんな画像を見つけました。
ソノシート音源によるウルトラQ第16話「ガラモンの逆襲」フォトストーリーです。
おどろおどろしいナレーションが、放映版とはまた別の魅力を放つこの一作。
今回ラストはこの作品で、しばしアンバランスゾーンに浸って下さいhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2009年9月16日 (水)

電獣二頭揃い踏み

先日、ふらりと寄った一般のリサイクルショップで、あまりの価格破壊に仰天。
いやーやっぱり、普段覗かないお店にも顔を出してみるものですね。
まさかこんなお宝が、相場では考えられない安価で投売りされているなんて。
ああいうお店は一種のエアポケット、オタク市場の風が吹かない
安全地帯なのでしょうかhappy01
オタクショップからネットまで綿密な裏づけ調査の末、お買い得を再確認。
ようやく今日、手に入れました。


いくつか入手したお宝の中から、今日はまずコレを。


Photo_5 













皆さんご存知、M1号のブルマァク風怪獣ソフビ
『メカゴジラ2』未開封新品です。調べによると第二期だそうでhappy02

袋のシワがちょっとアレですが、開封派の私にはまったく気になりませんhappy01
もうこの手のスタンダードサイズは、発売時にいくら欲しくても
目の飛び出そうな高額に、指をくわえて見ているのが精一杯でしたから
本心から言えば、欲しくてしかたがなかったものなのです。
ですから値崩れの瞬間、お財布を取り出す準備はいつでも出来ているわけでhappy01


Photo_13






















ほらほら。いいですねーやっぱりhappy01
メカゴジラとくれば、やっぱりこの悪役顔ですよ。

主人公が操作して、霊長類のエゴをゴジラに叩きつける機械人形も
それはそれでヒロイックなカッコよさがありますが
こちらの侵略兵器も、怪獣の誇りに満ち満ちているような気がします。

まーそうは言ってもブルマァクタイプ。そんな理屈は似合わない
かわいいフォルムですがhappy01

頭が二つ付いているのは、間着で直接、胴体に取り付けるタイプと
首の内部機構に被せるタイプの、どちらでも楽しめる配慮なんですねー。

で、余った頭を手持ちの怪獣に被ってもらえば・・・


Photo_7
















「こんばんは。メカ似コングです。」


MG2が手に入れば、手持ちのMG1と並べたくなるのが人情というもの。
’92ごろにバンダイから再版された、ブルマァクオリジナルのMG1です。


Photo_8
うーむキングギドラと並んで、昭和ゴジラを苦しめた両巨頭の揃い踏み。
大迫力の2ショットですhappy02

造形センスや発売時のレア度など、むずかしい事はわからないので
ただかわいいのかっこいいのと喜んでいるだけですがcoldsweats01

でもさすがM1号。
新規造形だけあって、こまかくMG1との違いが表現されていますね。
一番の特徴、胸のディテールはもちろん・・・


Photo_9




二の腕のマーキング、パワーアップしたフィンガーミサイルもしっかり再現。


Photo_10










さらに、今まで気がつかなかったんですが
MG2って、後頭部の背びれが一列なんですね。あとはツルリとしてます。
調べてみればその通り。こんな所まで考証に忠実とは。うーむM1号恐るべしhappy02
で、この頭部をゴジラにもぎ取られたあとの・・・


Photo_11













あの「電子頭脳」までが、ちゃんと再現されています。
『メカゴジラの逆襲』ラストバトルごっこも、これで問題ありませんねhappy01happy01happy01



Photo_12
「ま、マトリョーメカってところやね。」
「ロシアか!」

そんなやりとりを妄想しながら、電獣二頭の夜は更けてゆくのでしたcoldsweats01

ご参考までに。MG2の勇姿を、これで思い出してやって下さいhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

泣くな百円

今朝のちょっとビックリeye
貧乏人の性で、お財布の残額を把握しておかないとお店で恥をかくなあと
さっき小銭を数えていたら。


Photo












コレが出てきました。なんの変哲もない100円玉ですが・・・
何枚も重ねてみたら、ありゃりゃ???


Photo_2
比較用に、下に普通の100円を置いてみましたが。
一目瞭然。ギザがないshock
いやーギザなしの100円玉なんて初めて見ました。こんなのあるんですねーhappy02
ひょっとして、これが噂のエラーコイン?いやいや偽造硬貨?
はたまた乱歩の「二銭銅貨」のごとく、真ん中で二つに割れて
中から暗号文が出てくるとかlovely

コインには全然詳しくありませんから、妄想は広がるばかりでcoldsweats01


Photo_3










でもよくよく見れば、ギザが残っている場所もありました。
という事はやっぱり、発行当時はギザがあったという事ですね。
これが発行されたのはスペクトルイヤー、昭和46年ですから
今年でもう38歳。
生まれて38年間、世間で揉み揉まれしているうちに
角が取れ、丸くなったという事でしょうか。

お金も人のごとく、年を重ねると共に”円熟”していくと。
君も人知れず泣きながら苦労してきたのね。うーむ教えられるなーhappy01


でもギザだけ、ここまできれいに削れちゃってるのは
やっぱり意図的な操作も感じるし。
普通に流通する程度では、こんなにツルツルにはならないですもんねえ。
いったい誰が、何の目的で削ったんでしょう?

それにこれ、ここまで削れちゃってると
自販機とかで、ちゃんと100円と識別されるんでしょうか?
自販機はギザでは識別しないのかな?そんな事も心配になったりしてcoldsweats01


いやー謎が謎を呼ぶ、今朝の一幕でした。
まーこんなコインが見つかったとはいえ

私の極貧生活に、変化が訪れるわけではありませんがweep

2009年9月15日 (火)

学校の階段

さて予告どおり今回は、前回お話した「超・怖い話ガム」の袋とじ開封編。
ダッシュで学校の階段を駆け下りたT君のその後を
ご紹介しようと思ったのですが・・・


さすがに皆さん、この手のネタのオチはよくご存知のようですねcoldsweats01
まーガムのおまけですから、そのクォリティも予想がつくと言うモノで。
ですから前回のお話もサイト総合、記事個別共にアクセス数が激減。
予想以上の退かれ方に、こりゃ皆さんの予想を大幅に上回るオチじゃないと
とてもアップできないなと、いたずらにハードルを上げた自分を悔やむばかりweep

しかも。前回ラストの段階では、私も袋とじ開封前だったので
私自身、結末が楽しみでもあったのですが
いざ開けてみると・・・


いやーもうこの結末では、とても皆さんの期待を凌駕する事は出来ません。
うすうす感じてはいましたが、最近の恐怖のレベルはここまで落ちているのかと
愕然とするばかりで。

ひょっとしたら、トラウマになるほど過剰な恐怖感を
子どもに与えないような規制が、どこかでされているのかもしれませんね。
あるいは、メーカー側の配慮かも。
私の小学生時代には、もっともっと怖ろしいお話や映像作品が
身近に溢れていたものですが。

この結末を怖いと感じる子どもには、「悪魔くん」の『ミイラの呪い』や『首人形』
「恐怖劇場アンバランス」の『墓場から呪いの手』なんて、とても見せられません。
特撮番組が「悪の定義」というものを失ったウルトラ、ライダー、戦隊メインの
現代では、子どもの『恐怖の耐性』は育たないんでしょうねー。

前述のような恐怖番組は、現在のテレビ界では一種の「毒」であり
各方面からの軋轢も大きいのでしょう。
その結果、感情への刺激がどんどん排除されていった末に生まれたのが
現在のテレビ界という事は、もう前世紀から叫ばれていましたし。
まーそういう意味で、昔の番組の方がインパクトがあったという印象は
いわゆる『思い出フィルター』を差し引いても、確実に正しかったような気がします。


いやーいつも通り、お話がズレでしまいましたcoldsweats01
そんなわけで、皆さんをガッカリさせない為に
あえて、結末はお話しません。
もう保証しますが、皆さんのご想像の方が、
ここに書かれている結末の、百倍も二百倍も怖いはずですよshock


いいなー。私もそこで踏みとどまっておけばよかった。
封を開いてしまった私より
結末を知らない皆さんの方が、よほど幸せだと思いますねーhappy01
ほら。テレビシリーズの最終回を見逃すと
後に再見するまで、それを知る楽しみが持続するというアレですよ。
ただ、待つ時間と期待感の大きさは比例するので、
膨れ上がった妄想を凌駕する結末は、ほぼ皆無ですがcoldsweats01
「私の期待を返して!」なんて思いますよね。「ディケ●ド」の最終回とかsmile

2009年9月14日 (月)

噛みしめる恐怖

それはあたかも、白日夢のようでした。
めっきり秋となった空気の涼しさにつられ、
久々に覗いた、いつもの駄菓子屋さんの店先。
うまい棒やよっちゃんいか、ココアシガレットなど、懐かしいお菓子が
所狭しと並ぶ、棚の片隅。
クッピーラムネ、フェリックスの陽気なイラストに追いやられ
日も当たらぬ暗がりで、目立たぬ花のように
それはひっそりと、たたずんでいたのです。


Photo


















冷ややかに切なげに、私を見つめる人形の眼。
ああなんと怖ろしい事でしょう。
その凍りついたような二つのまなこに吸い寄せられるように
私はその袋を、買い物カゴに入れてしまったのです。
今思えば、それは人形を操る何者かの仕業だったのでしょう。
いや人形に込められた、哀れな少女の恨みの念かもしれませぬ。
手に取った瞬間、心なしか、少女の顔に笑みが戻ったような気がしたものです。


Photo_2














まるで微熱にうなされるがごとく部屋に帰りつき、恐る恐る封を開けました。
すると出てきたのは、ビニイルに包まれた小さな西洋噛み餅
(近年ではガムと呼ばれるそうですが)と
小文がしたためられた、一枚の紙片。

よく見れば紙片は袋とじになっており、中が見えなくなっているではありませんか。
とじられた紙片の中には、無念に泣く少女の念が眠っているのでしょうか。
それとも。闇に潜む妖怪変化、魑魅魍魎のたぐいが
鋭い牙を光らせ、封印が解かれるのを今や遅しと待ち構えているのでしょうか。
不安におののく私は、勢い霊の怒りを鎮めるべく
震える声で「南無阿弥陀仏」の一言を、唱えたものでございます。

気を落ち着けて紙片をよく見れば、そこには一つの物語が綴られておりました。
何か封印に関係するものかもしれない。
目を剥き、一心不乱に文を追う私の姿は、はたからはさながら夜叉のごとく
映った事でしょう。

読み進む内に、私の手はわなわなと震えだしました。
「なんという事だ。私はこんな怖ろしい物語の扉を開けてしまったのか。
これまでの人生で、ここまでの恐怖があっただろうか。」
背筋を走る悪寒とともに、後悔の念が津波のように襲ってきました。
もうこれ以上読み進みたくない。読み進めばあまりの恐怖に
私は悲鳴を上げ、魂を吸い取られてしまうのではないかと。

しかし、そんな願いとは裏腹に
裏面へと続く物語から、私はどうしても目を逸らすことが出来ません。
それどころか早く先を先をと、自分を急いているのです。
ああ私は哀れにも、妖怪変化の術中に嵌まってしまったのです。
憎むべき悪鬼は昔から、こうして罪なき人々の魂を奪い取ってきたのでしょう。
そして私も犠牲者の一人として、無残にもその毒牙の露と消えるのでしょうか。


Photo_3

















そしてついに、物語は終局を迎えました。
ここから先を知るには、袋とじを開けなければなりません。
この物語の結末は、どうなっているのでしょうか。
T君にはいったい、どんな運命が待ち受けているのでしょうか。
恐怖の淵に立たされた私は今、禁断の扉を前に、ただおののくばかりです。

賢明なる読者諸君。
この物語の結末を、どうぞ予想してみて下さい。
袋とじ開封編は、次回「ネヴュラ」にて。
快刀乱麻を断つ、聡明なる皆様の予想を
果たしてこの物語は、超えることができるかどうか。
さあ、あなたとトップ製菓の知恵比べです!

いやーあまりにもネタが寂しかったので、ちょっと乱歩文体で盛り上げてみました。
本当は次回「探偵倶楽部」にしたかったんですが、怪談なので合わないかなとcoldsweats01
ちなみに例によって、写真はクリックで大きくなりますhappy01

2009年9月13日 (日)

言葉の画素数

「何あれー?半分こ。」
現れた仮面ライダーW
を見て驚く亜樹子。かわいいheart01

白バック、フィリップの周りに現れる地球(ほし)の本棚。
「マトリックス」で見たことあるなー。こんなイメージ。


さあいきなり、たぶん巷に溢れるだろう今朝の「仮面ライダーW」
”感想”で始まりました「ネヴュラ」happy01
どんなに裏切られようとも、新作ライダーの初期話数はそれなりにチェック
耐えられなくなったら撤退、という鑑賞体勢なので、今作もそれなりに見ています。

正直なところ、もはやライダーに関しては何を見ても新鮮味が感じられない中
「新しいものを作ろう」という制作スタッフの熱意には大いに敬意を表しつつ
その乱反射ぶりが眩しく、空回り感もちょっと悲しい今作ではありますがcoldsweats01
今回のお話はそこではなく、冒頭の”感想”についてです。


読者の皆さんにお尋ねしたいんですが、これって”感想”でしょうか?
私にはこれが”反応”としか思えないのです。
画面を見た瞬間、頭に浮かんだ印象をそのまま言葉にする、”反応”。

最近の言い回しなら”ツッこみ”と表現してもいいでしょう。


「地球の本棚」じゃなく自宅の本棚から選んだ国語辞典で
「感想」という言葉の意味を調べてみますと
「ある事柄について感じたことが、発表できる程度にまとまったもの」とあります。
私もこれまで、「感想」をそういう意味と信じてきました。
まあ前半の「感じたこと」という意味は、この”反応”にも当てはまりますよね。
「かわいい」も「マトリックス」も確かに、書き手が感じたことなんですから。
問題は後半の「発表できる程度にまとまったもの」というところです。


私の場合、ここに非常に重点を置いて、これまで「感想」を綴ってきました。
作品の中から自分の琴線に触れた部分を咀嚼、考えをまとめて
たとえ舌足らずでも、自分なりの表現・言葉で語ろうと。

考えがまとまらないという事は、感想を書くレベルまで作品を深く見ていない
わけだから、まだまだ私の咀嚼力が足りないんだなあなんて
自分を戒めていたのです。


ところが最近のネット上にあふれる一部の”感想”はその前の段階
つまり「画面を見た瞬間の反応」を
咀嚼せずそのまま、ぶつ切りの言葉で表現している為に
「だから結局、作品に何を感じたのか」「書き手の結論はどこにあるのか」が
見えてこない。「結論はない」って事でしょうか。
「発表できる程度にまとまってない」ような気がするんですよ。


ただそれはきっと、私の方もズレているのでしょう。
ネット媒体の登場によって、「感想」という言葉の範囲が広がっているんですね。
ちょうど「ヤバい」という言葉が、「命が危ない」という本来の意味から
「美味すぎる」なんてレベルまで、「意味のインフレ」を起こしているように。


パソコンはあまりにも手軽に文章が書けてしまう為に、
発表する、しないという部分のハードルが、異常に低くなっているわけです。

そりゃそうですよね。放送や出版といった大きなマス媒体を使わなければ
主張を発表できなかった昔と違い、今はパソコンさえあれば
「公開」ボタンのワンクリックで、世界中に思いが広がってしまう時代。
ネットの恩恵を受け、私のようなおバカの駄文でも
こんな風に、皆さんのお目汚しにあずかれるわけでcoldsweats01


そのあまりに低いハードルの為、きっと今の”感想”という言葉の意味は
「まとまっていなくてもOK」「瞬間的な反応でもOK」というレベルまで
広がっているのでしょう。意味の変容が起っているわけです。
これは皮肉でもなんでもなくて、事実として受け止める必要はあると思います。



でも「感情を伝える」という意味で、それも両刃の剣じゃないかなと思ったり。
そんな事を感じたのは、今日の早朝に放送された「テレビ寺子屋」
という番組を
見たからでした。

人生論や子育てについて、各界の著名人が思いを語るシンプルな番組。
テレビ静岡の制作なんですが、近年にない良質な内容の長寿番組として
私の仕事仲間のカメラマンからも、高評価を受けているのです。
名古屋での放送ローテーションはずいぶん遅れているようですから
今朝の回は、キー局では8月8日に放送されたらしいですがcoldsweats01


『1647回 言葉が豊かな子に育てる』と題された、今回のお話。
杏林大学外国学部教授も勤める日本語学者、金田一秀穂さんが
言葉というツールの持つ意味について語る、という内容でした。

その中で面白かったのが、二つのお話です。

一つ目は、『言葉は、デジタルカメラの画素数と同じ』というお話。
デジカメの画素数は増えれば増えるほど、撮影対象物の色の再現度が上がる。
よりきめ細かく忠実に、色が表現できますよね。
言葉も同じで、一つの事柄を表現する言葉を知っていればいるほど、
その事柄をより正確に伝えることができる、という事です。


例えば、お子さんをお持ちの方はお分かりと思いますが。
愛するお子さんが、皆さんの元へわーっと走り寄ってくる。
皆さんはお子さんを抱き抱え、思いきり頭を撫でてあげる。
そんなご経験が、よくおありと思います。
その時、皆さんの心の中には、どんな思いが広がるでしょうか?
もちろん愛しいお子さんですから、「かわいい」と思われるのは当然でしょう。

でも、皆さんの心に広がる思いは、果たして「かわいい」だけでしょうか?
「しょうがないなあ」「自分と同じ癖だな」「ちょっと大きくなった」「髪が伸びたな」
なんて、瞬時に色々な思いが広がると思います。

ですからそれを「かわいい」という一言でまとめるには、ちょっと抵抗がある。
その時の感情を表す言葉をどれほど知っているか。言い表せるか。
これが「デジカメの画素数」に相当する、と言うんですよ。


実は前述の「感想」っていうのは、作品を咀嚼していく上で心に抱いた思いを
『どこまで「言葉の画素数」を上げ、きめ細やかに表現できるか』という事
なんじゃないかと。

自分の感情、主張を表現する時、言葉をどれだけ知っているかで
相手に伝わる力は、まるで違ってきます。
それは私も身に染みて感じる事ですし、言葉を知らない私なんかは
毎度、感情を伝えるのに苦労しているわけですがcrying


で、お話は最初に戻るわけです。
冒頭のように、画面を見た瞬間の”反応”だけを”感想”として書き綴っていると
書き手の「言葉の画素数」が、だんだん減っていくんじゃないか
なんて思ったんですよ。

画面を見た瞬間、テレビの前で発した独り言のような言葉を
そのまま文章として綴っている為に、
自身が感じた感情のひだ・あやのようなものを、こまかく説明しようとする努力を
まるで放棄したような感じに見えてしまうんです。

「亜樹子ちゃんかわいい」だけだったのか?
「地球の本棚はマトリックスに似ている」だけだったのか?
それ以外の思いだって、画面から受け取れたのではないかと。

確かにこれは、ネット上に於ける一つの文章形態として確立しています。
ネットの”感想”を見ると、これが実に多いですから。
ですから冒頭のような”感想”だって、伝われば何も問題はありません。
そういう文章を好まれる方々に意見しているわけではありませんので
なにとぞ、誤解なさらぬよう。
でもそういう風に、「画面を一言で斬る」ということに慣れてしまうと
心のひだを説明する細かい表現、豊かな言葉が、次第に退化していくような
危惧も感じるんですよ。

本来、人間の複雑な感情なんて、一言で表せるものではありませんよね。
それを一言で片付けようとするところに、そもそも無理があるわけです。
相手と向かい合っていれば別ですよ。
空気や表情などから相手の感情を推し量れるし。
でも「文章だけ」のネットは、舌足らずが誤解を生む場合だってあるわけで。


「テレビ寺子屋」内でも、その危惧は語られていました。
番組内ではパソコンではなく、携帯電話メールの普及が大きいと
解説されていましたが、きっとその影響もあるでしょうね。
「物事を短い言葉で語る」という慣習が、作品の「一言感想」に繋がっていると。

余談ですが私、携帯メールはものすごく苦手なんですよ。
感情のひだを分かってもらおうとする為に、文章がものすごく長くなっちゃう。
もう打ち込むだけで大変。一言ずつのやりとりなんて出来なくてcoldsweats01

他にもいろいろ語られていましたが、あまり言うとまた怒られちゃうので
ここでは口をつぐむ事にします
coldsweats01



さて二つ目は、そんな危惧に対して、番組内で金田一秀穂教授が語られたお話。
『言葉の画素数を増やすトレーニング法』です。

私が理解できるくらいですから、決して難しいことじゃありませんhappy01

「がんばる」という言葉がありますよね。
実は最近、学生間で交わされる手紙など挨拶文の中で、締めの一文に
この「がんばる」という言葉が使われることが、非常に多いんだそうです。
「受験がんばってね」とか、「婚活がんばって下さい」とか。
要はこの「がんばる」という言葉、非常に便利なんですね。
冒頭の「かわいい」も含め、こういう言葉は一種の紋切り型ですから。

金田一教授はこう言っています。
『この「がんばる」という言葉を使わずに、
同じ意味の言葉を捜して、挨拶文を締めるよう努力する訓練。』

まー言い換えですね。語彙を広める訓練です。


似たようなお話は以前、私も何かの本で読んだことがあります。
『「美しい」という言葉ほど陳腐なものはない。
この言葉を使った瞬間、対象物の本当の魅力は文からこぼれ落ちてしまう』

なんて。
ですから著者は主張するわけです。
『「美しい」という言葉を禁句にして、対象物の魅力を表現する必要がある。』



例えば「美しい夕景」なんて表現は、もう禁句なわけです。
「美しい」という言葉を使わずして、どう読み手に「美しさ」を伝えるか。
そう考えると、海援隊の名曲『贈る言葉』冒頭
「暮れなずむ町の 光と影の中」なんて、夕景の美しさを見事に言い表した
名文ですよねーhappy01
「美しい夕景」という言葉の何倍も、あの寂しげな、でも暖かな
黄昏時の雰囲気が、表現されていますもんね。

「言葉の画素数の多さ」ってたぶん、こういう事を言うんでしょうね。


文章を生業の一部とする身にとって、こういう教えは何より貴重。
今朝は「テレビ寺子屋」「仮面ライダーW」なんて正反対の番組に
そんな事を、感じてしまいました。いつもながらのおバカな思いでhappy01
教授のお話もわかりますが、なかなか思ったようにはいきませんね。
本当の意味での「感想」を心がける私ですが
この年にしてまだまだ、勉強が足りないようです。
キナを前にして、「かわいい」の連発を我慢できませんcoldsweats01
最近は「まるいねえ」「おもしろいわあ」も言いますがhappy01happy01happy01

2009年9月12日 (土)

キナメロン

Photo









キナちゃん今日は涼しいねー。雨も降ってるしrain
わたしはけがわをきてるから、ちょうどいいけどねsmile
そうだねえ。高級ハムスターウールだもんねhappy01


Photo_2
せっかく昨日、コレを買ってきたのに。今日は涼しくてちょっとなーsad
あっあいすめろんだ。これおいしいの?
うん。むかしよく食べたのよー。
最近はあんまり売ってないけど、なんと昨日はこの四個入りが168円の
超サービス品happy02 もう速攻ゲットよ。


Photo_3










うわあおいしそーhappy02

そうでしょー。さっそく昨日、ひとつ食べちゃったbleah
これ、器もかわいいんだよね。


Photo_4










ふーん、これがそのうつわ?

そうそう。昔はアイスを食べた後、これに糸巻きを仕込んで
輪ゴムで走らせたりしたんだよ。
なんでめろんがはしるの?
いいじゃないシュールで。日東の大映怪獣プラモだって走った時代なんだからcoldsweats01


Photo_5













あれ?あいすがはいってないじゃんangry

だから、昨日食べちゃったって言ったぢゃないの。
甘すぎるから、キナちゃんにはちょっとあげられないのよcoldsweats01
ちぇーっsad


Photo_6














ごめんごめんcoldsweats01今度、本物のメロンをあげるからcoldsweats01coldsweats01coldsweats01
(この後、ひまわりの種で機嫌を直してもらいましたcoldsweats01

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ

2009年9月11日 (金)

挑戦状来たる

Photo






ついに今日、ウチにも来ました。白い封筒mail
もうそろそろとは思っていましたが。

昨年夏の、灼熱の記憶が甦ります。
読者諸氏の中にも、届いた方がいらっしゃるのでは?

Photo_2














そうです。M78星雲からの挑戦状。
第2回・ウルトラ検定の案内です。


昨年夏。最高気温37度の炎天下、クラクラしながら名古屋会場へ赴き
3級レベルで5問もの誤答を演じた、あのウルトラ検定。

辛くも合格はしたものの、当時の私は涙をぬぐう余裕さえありませんでした。
そしてまたこの秋、全国のウルトラファンによる新たなる饗宴がhappy02
またとないリベンジのチャンス。果たして昨年の雪辱なるか。

でもアレですよねー。受けるとすれば今回も3級ですが
昨年は初代~帰りマンまでだった出題範囲が
今年はどうも、昭和ウルトラ全般に広がってるなんて噂だし。

帰りマンさえ怪しい私ですから、後のシリーズなんて全然自信ありませんよweep
ラビットパンダの写真をリアルタイムで見て、もうウルトラは卒業しようと

固く誓ったクチですから。コンドル1は好きなんですがcoldsweats01

どうしようかなー。果たして受験する意義があるかどうか。
何となくモチベーションが、本番当日までもたない気もするし。
でもM78星雲からの挑戦なら、受けて立たないわけにはいかないですしねー。
正直今年はちょっと、迷う所です。


Photo_3









本番まではあと一ヵ月半。
今から、昭和ウルトラシリーズを全話鑑賞
徹底的に予習すれば、なんとかなるでしょうか?

典型的な一夜漬け作戦ですが。いやー昔から、テストは苦手だったしなー。
今年の公式テキストなんて買っても、きっと投げ出しちゃうだろうしcoldsweats01

今月末の申込締切まで、ちょっと考えてみます。
昨年受験された方、今年はどうされますか?
コレが「スペクトル検定」なら、何を置いても挑戦するんですが。
「必殺検定」もイケるかな?仕事人以降がサッパリだから、それもダメかcoldsweats01
おバカな私は、オタク知識も中途半端なようですweep

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2009年9月10日 (木)

体一つで盗み出す!

「いやー人生、まだまだ勉強だねー。」
毎度のおバカゆえ、未見の映画なんて山ほどある私。

ましてやソフト化に恵まれない名作は、よほどの巡り会わせがなければ
鑑賞のチャンスなどありません。
8日の火曜日、たまたまNHK-BS2で放送された『トプカピ』も
そんな、幸運な巡り会わせの一本でした。


『トプカピ』(1964年アメリカ ジュールス・ダッシン監督)
今や、犯罪映画の古典として有名なこの作品ですが
意外にもDVD化されていないのか、検索でヒットするのはVHSのみ。
ですから鑑賞は、こうした放送の機会を待つしかなかったのですが
今回ようやく見る事ができ、高評価もむべなるかなと一人、納得していました。


私はこの手の犯罪もの、いわゆる「難攻不落の敵要塞から、どうやってお宝を
盗み出すか」的な、智略と智略のぶつかり合いストーリーに目がありません。

かの名作テレビドラマ『スパイ大作戦』に心酔するのも、その嗜好ゆえです。
シークレット・サービス=諜報員と言うよりむしろエージェント=工作員の活躍を描く『スパイ大作戦』が、007等とはまた別の系譜を歩む、言わば犯罪映画に近いテイストを持っている事は、皆さんもご存知でしょう。
フィルムに定着されるその犯罪的緊張感、一瞬のミスも許されない刃物のような
演出の冴えが、私の目指すテイストなのです。

そういう意味で、私はむしろ壮大なSFストーリーより、触れれば切れるような
知的プレイヤーの活躍に、愛しさを覚えるタイプなのかもしれませんhappy01


名だたる犯罪映画ファンの口端に上る名作「トプカピ」も、そうした愛しい一作と
なりましたが、何しろ公開から45年も経っての初鑑賞ですから
レビューを見てもネタバレの嵐。
私が受けた衝撃なんてもう、何をいまさらと言わんばかりの書かれようでweep
まーそれでも感心したのは事実ですから、私も遅まきながら書かせて頂きますがhappy01

セキュリティ万全の博物館から、宝物の短剣を盗み出すという
犯罪映画の王道にして、その後の犯罪映画の教科書となったであろうこの作品。

舞台は1964年のトルコ・イスタンブールですから、コンピュータ制御の現代とは
セキュリティレベルも較べようがありませんが
初見で唸った私のごとく、その緊張感はまったく色褪せていません。
その評価はやはり、伝説となったあの「ラスト30分の演出」によるものでしょう。
不勉強ながら私、全然知らなかったんですよ。どうぞ笑ってやって下さいcoldsweats01

ダッシン監督入魂のこの短剣盗難シークエンスのアイデア・演出が
トム・クルーズ主演の
『ミッション・インポッシブル』(1996年アメリカ ブライアン・デ・パルマ監督)にそっくり使われていたなんて。まさに口アングリ。
トム・クルーズはNOCファイルのみならず、アイデアまでパクったのねとhappy01 

そう。あのMIF本部に侵入し極秘データをコピーするシークエンス、
作品の顔とも言えるトム宙吊りシーンの原典は、この『トプカピ』にあったのです。

それほど件のギミックが、優れていたという事なのでしょう。

でも個人的にこのシークエンスの出来栄えは、
先に見た『ミッション・インボッシブル』よりも、今回初見の『トプカピ』の方が
上に感じました。

『ミッション~』を劇場鑑賞した時に思ったのですが、どうもあのシーンだけ
吊られるトムやロープを支えるジャン・レノのリアクション、慌てぶりが
ちょっとコミカルすぎて、ストーリーからやや浮いたような印象を受けたのです。
でも今回、その理由がようやく理解できました。スタイリッシュでライトテイストの
『トプカピ』が原典だから、ああなったのかと。

それでも緊張感という点では、『トプカピ』の宙吊りシーンの方がはるかに
成功していましたが。
要はチームの重要パートの一人が「素人」という、設定の妙ですね。


さらに面白いのが、その「素人」の参加に繋がるストーリー上のアクシデント、
いわゆる「水も漏らさぬ作戦がピンチに見舞われる」というプロットが
『ミッション・インポッシブル』の原点、前述のテレビ版『スパイ大作戦』に
使われているという所です。

もう大笑い。『トプカピ』に於けるあの「ドア指挟まれ」は
『スパイ~』第1話・「核弾頭を奪え」でそのまま行われているんですね。

『核弾頭~』の製作は’66年。『トプカピ』は2年前の’64年公開ですから
まさに「名演出は繰り返される」と言ったところでhappy01
あまりネタバレも何なので、このシーンのお話はこれくらいにしておきますがhappy01


さて。この『トプカピ』が偉大なのは、ストーリーや演出にとどまらず
後年の作品に色々な影響を与えているところです。
美術品や宝石、金庫や重要データなどの盗難犯罪に後ろめたさがなく、
盗みそのものに芸術性を見出すスペシャリスト集団の雰囲気は

後の
『スニーカーズ』(1992年アメリカ フィル・アルデン・ロビンソン監督)や
『オーシャンズ11』(2001年アメリカ スティーブン・ソダーバーグ監督)シリーズ
あたりに受け継がれましたし(『ルパン三世』第1シリーズももちろんですが)
体術を駆使したセキュリティ突破の快感も
『オーシャンズ』シリーズ第二作
『オーシャンズ12』(2004年アメリカ 監督同)や『エントラップメント』1999年アメリカ ジョン・アミエル監督)などが
遺伝子を継いでいるようです。私も好きな作品群ですね。

前述の通り、コンピュータの導入により標的のセキュリティレベルは
革命的に飛躍したものの、展示室に張り巡らされた赤外線センサーの網を
潜り抜ける軽業の妙は、見る者に『トプカピ』と同じ快感をもたらしてくれます。

まあ『エントラップメント』などは、ストーリーをコンピュータ2000年問題に
絡めているだけに、今見れば『トプカピ』以上に、古い感覚を起こさせてしまうのが
ご愛嬌ですがhappy01


個人的にこの「センサー網突破」映画でお気に入りなのが
『ダブルバウンド』(2003年カナダ ウィリアム・フィリップス監督)。
低予算ゆえ登場人物の人数を絞り込んだことと、脚本の上手さによる
予想外の展開、ラストの爽快感が、この作品を手堅くまとまった快作に
仕上げています。

『オーシャンズ』シリーズほどの大作感はなく、カナダ製作の地味さも手伝って
かなりの損をしていますが、市井の若者が主役であるこの作品も
正しく『トプカピ』の子孫と言う事が出来るでしょう。
私、こういう作品が大好きなんですよhappy01

細かいアイデアが作品の勝敗を決める犯罪ストーリーって、他ジャンルに比べ
ちょっとしたシーンさえ、同傾向の作品に受け継がれることが多いですよね。
前述の話題からちょっと逸れますが、ずいぶん昔にそれを知って感激したのが
再三お話している『スパイ大作戦』と『ルパン三世』の関係。


第1シリーズ第2話『魔術師と呼ばれた男』
(1971年10月31日放送 大隅正秋監督)。

後にOVAで続篇も作られたほどの人気ゲストキャラ「白乾児」の初登場篇にして
化学百般に通じるルパンの一面が窺える、人気エピソードです。
劇中、重要な役割を果たす例の「三枚のスライドフィルム」。
あの「分かれたフィルム」というアイデアの元ネタが
『スパイ大作戦』第1シーズン第15話
「ヒトラーの遺産を奪取せよ」(1966年放送 マイケル・オハーリヒー監督)とは!


両作品とも「三枚のフィルムの意味」がストーリーのキーとなりますが
フィルムを三枚に分けて持ち歩く理由は『魔術師~』よりも、『ヒトラーの~』の方が
説得力があるんですね。なるほどと思わせる。
ただ確かに『魔術師と呼ばれた男』というストーリーにとって、あのフィルムは
一つのマクガフィンに過ぎません。
『ヒトラーの~』に於けるそれとは、ドラマ上の位置づけが違います。
『魔術師~』はあくまでも不二子を巡る、ルパンと白乾児の奇妙な関係が主軸。
決して、『魔術師~』が『ヒトラーの~』に劣っているという訳ではないんですね。
ですから両作品を同レベルで語ることは、一概には出来ませんが、
やはり印象としては「コピーするたび、元ネタの説得力は薄まっていく」と
いう事でしょうか。

両作品をご覧になった皆さん、どんな印象を持たれましたか?
まー「三枚のフィルム」の元ネタは、もっと過去の作品にあるのかもしれませんが。私が知らないだけでweep



お話を元に戻しましょう。
冒頭の『トプカピ』から45年。今や美術館・博物館や銀行のセキュリティ突破は
現場より、それを管理するコンピュータのハッキングに主軸が移ってきました。
数年前から言われている事ですが、このハッキング作戦は
いにしえの体術勝負から一転、映像的にカタルシスを感じにくい難点があります。

何しろハッカーは、ひたすらパソコンに向かっているだけですからpc
ですからこれからの犯罪映画は、そこにどうやって映像的な快感を
想起させるかが、一つの課題となっているようです。


ややケースは違いますが、昨年放送されたTBSドラマ『ブラッディ・マンデイ』では
いわゆる「パソコン上のハッキング戦」を、サイバーワールド上を飛ぶ
鳥のCGイメージで表現していました。(例の「ファルコン」ってヤツです)

やはりああいう生体の動き、ある種の皮膚感覚がなければ
「戦い」というものを受け手は認識し辛いという事なのでしょう。

作り手は本当に頑張っていますね。まったく頭が下がります。
システムそのものがブラックボックス化する現代にあって
皮膚感覚を生み出すことは、かように至難の技なのです。


ただ個人的には、やっぱりお宝を盗み出すストーリーは
ハラハラドキドキ、体術を駆使した展開が好みですね。
予想もしなかったアクシデントを、自らの肉体でどう回避するか。
そこが良いんですよ。マイナスをプラスに転じる瞬間のカタルシスが。

セキュリティ侵入のパスワードがヒットした瞬間、という絵を思い浮かべても
今ひとつ、爽快感に欠けますもんね。
『トプカピ』に肉体の復権を感じた私は、あい変らずのアナログ人間のようです。
別に毎日のウォーキングは、宙吊りの体力をつけるためではないですがhappy01

『トプカピ』のオリジナル予告編がありましたので
そのおしゃれな雰囲気を、どうぞご覧下さいmovie

2009年9月 9日 (水)

高い空

Photo
午前11時、いつもの池のほとり。
昨日までの残暑から一転、空気は秋に変わりましたmaple

最高気温は30度もあるのに、この気持ち良さはなんでしょうかhappy02
蒸し暑さが堪えたウォーキングも、今日からは散歩気分で楽しめそうですnote

見上げれば澄み切った空気が、秋の空を高く見せています。
池の主の白鳥さんも、気持ち良さそうに伸びをしていますねhappy01

2009年9月 8日 (火)

6年後の過去から

サブタイの割に、それほど大したモノじゃないんですがcoldsweats01
昨日たまたま覗いたオタクショップで、安く売ってたもので。


Photo
ご存知『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの主役メカにして車型タイムマシン・
デロリアンのダイキャストモデルです。

全三作を通じて様々なタイプが見られたデロリアンの内、コレはパートⅠラストからパートⅡにわたって活躍した、いわゆる2015年モデル。
サイズは約1/24。プライズ商品ゆえ、ダイキャストの精密感に似合わず
とんでもなくリーズナブルでした。
このシリーズは全作を通じ大好きな私。なにを迷う必要がありましょうhappy02


考えてみれば。アオシマのキットを買い込むほどにデロリアン好きなわりには
組み立てる気力も技術も無いので、このサイズの完成品を目にしたことがなく。
以前トイザらスで見かけたアメリカントイも、高額ゆえ手が出せないままでした。
でも時々、私のような貧乏人にもお恵みがあるものですね。ああ嬉しweep


Photo_2














フロントビュー。もちろん、ガルウィング・ドアは開きます。
遊んでいたら、『パートⅡ』公開時の未使用前売り券を持っていたことを思い出し
ここで急遽出演してもらいました。なぜ未使用なのかは聞かないで下さいcoldsweats01

チケットのサイズで、デロリアンのサイズがお分かりと思います。

『パートⅡ』の公開が1989年。もう20年も前なんですね。
やっとデロちゃんが手に入りましたから、これに乗って89年へ行けば
この券で『パートⅡ』のロードショー鑑賞ができるわけですhappy01happy01happy01


Photo_3













ドライバーズシート。こまごました機器が再現されています。
ミニカーメーカーの品にはかないませんが、この価格なら満足というものでhappy02


Photo_4













リアビュー。特徴的な背面ディテールの『ミスター・フュージョン』も
ちゃんと取り付けられています。

他にも各部に、パートⅡタイプならではのディテールが施されているんですよ。
唯一、タイヤ部の可変機構(飛行形態用)が再現されていないのが残念ですが
それを補って余りあるプレイバリュー。文句はありませんhappy01


Photo_6 











今の目で見れば、その直線的なラインと各部のメカメカしさが時代を感じさせる
デロリアンですが、1985年を基点に展開するあの三部作を象徴する
意匠として、これに勝るものはありませんね。

パートⅠラストで、デロリアンに未来のテクノロジーを導入しても、フォルムまで
未来カーにしなかったロバート・ゼメキス監督の判断は正しかったと思います。
その判断により、デロリアンはタイムマシンから「キャラクター」になったのかもしれません。
R2-D2・C-3POコンビのごとく、シリーズのシンボルとして愛される存在に。


このパートⅡタイプが誕生するまで、あと6年。
自動車が自在に空を飛び、3Dジョーズが19作目の2015年です。
いずれもあと6年での実用化は難しいですが、あの「ホバーボード」くらいは
開発されて欲しいものですね。ぜひ一度、乗ってみたいです。
まースノーボードなんて出来ませんから、とても乗りこなせないでしょうけどcrying

2009年9月 7日 (月)

秋のSOKOJIKARA

Photo










おねえちゃん、きのうとどいたにもつは?
あら見てたのキナちゃん。目ざといねーcoldsweats01
おねえちゃんはへんなものばっかりたのむからねえ。きをつけないと。
別にへんなモノじゃないよsweat01 じゃー見せてあげようhappy01


Photo_2

どう?この秋の一押し、ツイード風スーツ!
手持ちのロングブーツと合わせて
甘口フェミニンスタイルの完成よhappy02
コレで街を歩けばもうnote

ふーん。これがにもつのなかみ?

いやその。これ狙ってるんだけど・・・
これを着こなすには・・・
もうちょっと・・・
お肉を落とさないと・・・
そのスレンダーボディを手に入れるために・・・

あっ!ひょっとしてまた、さぷりめんと?
でへへ。正解coldsweats01







Photo_3















いやーものすごく安かったのよコレcoldsweats01
BOWSと聞くとつい手が出ちゃうんだよねー。ダイエットサプリの代名詞だもん。
しかも「ザ・SOKOJIKARA」だよ。いいじゃない最終兵器っぼくてpunch
ダイエット効果はともかく、体型維持には効きそうじゃないhappy02
安い時にまとめて買うのが、賢い女ってものよwink


Photo_4










でもおねえちゃん、こないだかったばっかりじゃない。
あっちもぼうす。こっちもぼうすってsad



まー気休めかもしれないけどねー。お値打ちだったしまーいーかなと。
それより、そんなこと言ってていいの?キナちゃんだってそのクマ体型・・・

あらっ、なんとなくあやしげなむうど。ひょっとして・・・



Photo_6











やっぱりこれかgawk
あれ?キナちゃん、増加が止まったねえ。ひょっとして体型維持してる?
まーね。どりょくはひとしれずするものよ。きみもがんばりたまえbleah
(キナの成長も安定期に入ったようです。私も彼女を見習わないとcoldsweats01

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ

2009年9月 6日 (日)

第二の刺客到着

Photo















間の悪い留守による、配達業者との再三のすれ違いを経て
夕方6時、ようやく手にすることができた『第二の刺客』。
あまりの安値ゆえ、代引もまったく気になりませんhappy01
ちょっと引っぱって、お披露目は次回smile

オタクグッズじゃないですから、過度な期待をなさらないようcoldsweats01
写真右端で不敵な笑みを浮かべる、三本指の男がヒントです。
(ダジャレですがcoldsweats01coldsweats01coldsweats01

2009年9月 5日 (土)

公園に進路をとれ

ちょっといい体験をしました。
午後四時を少し回った、いつもの公園で。


今日も昼間から灼熱の太陽が照りつけ、最高気温が33度まで上がった名古屋。
ここ数日、最も気温が高い午後二時前後からウォーキングに出かける私も
今日の厳しい残暑には、さすがに二の足を踏んでいました。

そんな根性なしの私がどうにか重い腰を上げたのは、午後四時少し前。
部屋に居てもふらつく高温。ケージでぐったりしているキナちゃんを横目に
どうにかTシャツとサウナスーツを着込んだ私は、ため息と共に外へ出ました。

四時前とはいえ強い西日が肌を刺し、スーツの中にはたちまち汗が溢れます。
それでも歩き出せば、目的地の公園までは止まらない。
ウォーキンクルートの途中には、ちょうど良い日陰のベンチが無いからです。
それを、途中で怠けない為の理由にしているところもあります。
ただ、そういう自分への無謀なルールが、かえって体に無理を与える事も
知っておくべきでした。

いつも以上に張りきったせいなのか、夕方だからと侮った為なのか。
気温よりも湿度の高さが体力を奪うことを、私は忘れていました。
いつも以上に発汗が多い事、汗の流れがいっこうに止まらない事で
すでに体は、異常を訴えていたのです。


サウナスーツの袖口から、じょうごのようにしたたる汗に驚きながら
半ば倒れこむように、いつもの公園のベンチに座りこんだ時は息も絶え絶え。

唯一の命綱、ペットボトルに凍らせた緑茶も、あまりの暑さに融けきっています。
あっという間にそれを飲み干しましたが、すでにその時は
目の前にもやがかかったように、視線の焦点が合いません。
おまけに周りの音まで、耳にガーゼを当てたかのような聴き辛い状態で。
どうやら熱中症の兆候が、視覚と聴覚に異常を与えているようです。


あまりの気分の悪さに、しばらくベンチから動けませんでした。
幸いにも、ベンチの傍らにはセットのテーブルがあるので
私はベンチに腰掛けたまま、テーブルにうつ伏す事が出来たのです。

そんな状態が、どれくらい続いたでしょうか。
もうろうとしながら、ボンヤリ公園を眺めていました。
夕方の公園には何組かの家族連れが、備え付けの遊具などで遊んでいます。
みんな元気だなー。こんなに着こんで熱中症になってるのは、私くらいか。
そんな自分を、ちょっと笑う余裕が出来た頃です。

不意に、誰かの視線を感じたのです。



視線の主は、すぐ分かりました。
公園の中心に据えられたすべり台の近くから、私を見る四つの目。
それは幼稚園児のような、小さな二人の少年の目だったのです。


少年たちは私と合わせた目を逸らさず、まっすぐこちらに歩いてきました。
初対面の、それも息も絶え絶えの不審者に、彼らは何の用があるのでしょう。

迫る彼らの歩幅、ストロークが、何となくヒッチコック映画のワンシーンのような
不条理感を感じさせます。
さしずめ「北北西に進路をとれ」の冒頭、巻き込まれシーンのごとき不穏な空気。
これで「ジョージ・キャプランさん?」とでも尋ねられたら、もう命はありません。
てえことは私は、ケイリー・グラントか?
いやいや意地でも、エヴァ・マリー・セイントと言い張りますが。
ああなんという事でしょう。私は何かの犯罪に巻き込まれたのでしょうか。
そうです。薄幸の美女は、いつもサスペンスと隣りあわせなのです。
(このあたり、熱中症のおバカな妄想という事で、どうぞお許し下さい)



やがて、私の前で止まる二人。
その可愛い口が、不意に開きました。

「ジュース、どこに売ってるの?」

そうです。彼らは、私が飲み干してテーブルに置いたお茶のペットボトルに
視線を合わせていたのでしたhappy01happy01happy01

なるほど。確かに夕方四時とはいえけっこうな残暑。
公園で遊ぶ家族連れも、喉の渇きは抑えられなかったわけですね。

ところが自然の景観を守る為か、公園には自販機が設置されていません。
ですから子ども達も、私がどこでこのペットボトルを買ったのか
知りたかったという事なのでしょう。


困った私が「うーん。ここにはジュースは売ってないねー」なんて笑っていると
ほどなくして、彼らを見つけたお母さん達がやってきました。

「あらごめんなさいねー。ほら行くよ。」なんて、若いお母さんは苦笑いしながら
彼らの手を引いて行きます。
きっと二人とも、ジュースが飲みたかったんだねー。ちょっと残念だったね。

そんなかわいい二人に目尻が緩んで、後姿をじっと見つめる私の目の前で
どうしたんでしょう。私に声をかけた方の少年が、不意に振り向きました。

なぜかお母さんは気づいていません。また視線が合っちゃった私たち。
不思議な共犯意識ですね。
微笑む私に、彼はちいさな手を何度も振って、あいさつをしてくれました。
嬉しくなった私が手を振り返したのは、言うまでもありません。


幼い頃、私も何となく、彼のような経験をしたような記憶があります。
あまりにも幼すぎて、シチュエーションも相手の事も、何ひとつ覚えていませんが。
皆さんにもありますよね。自分と他人の垣根がなかった頃の記憶って。
幼い彼の心の中に、私はどう映ったのでしょうか。
まーいいんですよ忘れちゃっても。彼もきっと私のように
尋ねられる年頃になって、昔の自分を思い出すんでしょうから。


彼に元気をもらって、熱中症などウソのように消えてしまった私。
意気揚々と、帰りは歩きまくってきました。まー単純な私happy01

なんでしょうね。子どもに触れてパワーを取り戻すというのは。
それだけ年をとったのか。大人の世界に疲れたのか。
こういうひとときを大切に紡いでいくことが、心の豊かさに繋がるんでしょうね。
ヒッチな体験で気持ちはリッチ。残暑の一服の清涼剤でしたhappy01

名古屋の最高気温はまだまだ30度を下りませんから
依然として、気は抜けませんがpunch

2009年9月 1日 (火)

アグレッシブ晩夏

9月と言うのにあまりに厳しい残暑ゆえ、もみじのデザインも不似合いですがcoldsweats01
8月末の駆け込み猛暑を利用しない手はないと、鬼のように朝晩歩きまくりrun
ここ数日、更新できなかったのは、そちらに全精力を投入していた為でした。


おまけに先日入手した『SUPER BOWS MORNING』が
予想以上に効いちゃって、モチベーションに拍車をかける始末。

いやーコレはビックリ。さすが一大ブームを起こしたBOWSですねー。
他のサプリとは比べ物にならない、驚愕の高性能happy02
回し者ではありませんが、ここまで効果がはっきり出ると
今後のプロポーション維持にも、欲が出るというものです。

そんな、オタクにあるまじきヘルシー&アグレッシブな日々が続いたおかげで
自分の時間が、運動とダイエットのみに支配されちゃって。
「ネヴュラ」更新を、すっかり怠っておりました。

でももうすぐ秋。そろそろ落ち着いて、大人の女のオタクライフを
満喫したいものですがsweat01

毎日覗いて下さる読者の方々も、意外にいらっしゃいますので
なんかもう、更新しないのが申し訳なくてcoldsweats01
決して体調を崩したとか、いつもの心の骨折とかじゃありません。
むしろ燃え上がった魂と体脂肪が、さらなる使いどころを虎視眈々と狙う始末。
もうちょっと涼しくなれば、またお話する時間も取れるのですが
ご存知の通り猪突猛進型の性格ゆえ、すぐにはコース変更ができませんcoldsweats01


そんな事情で、ネタも何も用意できない状況ですので
とりあえず、今日はこんなところでお許し下さい。
名古屋の最高気温が30度を下回ったら、またお会いしましょうhappy01

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »