2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 彼女はオトコマエ | トップページ | マンゴースパイラル »

2009年8月 4日 (火)

黒い兇角獣

Photo







「念入りな切手配置だなあ。」
今日届いたばかりの箱を見て、一人感心する私。

赤貧ゆえ、高値商品のネットオークションも指をくわえて見つめるしかない
「ウインドゥズ・ショッピング」ばかりの私ですが
手の届く掘り出し物に巡り会えた時は、うれしいものです。
箱の中には、奇跡的に私一人の入札で逃げ切った真夏のミラクルアイテムがhappy02
うーむ皆さんコレを無視するとは。日本特撮の未来は暗いなあとdespair


Photo_2













箱の中身は誰あろう、マスダヤ復刻のスペクトルマン怪獣「バロンザウルス」
黒バージョンでしたhappy02

市場的に、どーも今ひとつ人気に欠けるスペクトルマン怪獣の中にあってこの
バロンザウルスは、正統派怪獣のフォルムを色濃く残す名獣と思うのですがweep
なにしろ劇中の設定では、子どもが一番恐怖心を抱くデザインだそうですから。
鷺巣富雄先生自らがご出演、お子さんに聞いてるんだから間違いないとhappy01

まーでも、没個性に見えるのも無理はないかも。
なにしろ本放送当時ソフビ化されたスペクトルマン怪獣と言えば
ネズバートンやダストマン、サンダーゲイやゴキノザウルスなどなど
たぐい稀なる個性派揃いでしたからねーhappy01
しかも正統派怪獣の軍門にはゼロン、ミドロン、三つ首竜という三英傑が
控えていたわけで。

そんな強豪の中では、この顔中角だらけのフォルムも今ひとつ精彩に欠ける
というのが、実際のところなんでしょうね。


Photo_3




















こうやって全身を見れば、それなりにカッコいいでしょhappy01
劇中のカラー・モスグリーンも好きですが、この漆黒の体躯も渋くて好みlovely
まー登場回でも、おいしいところを相方に全部持ってかれちゃったのが
不人気の一因でしょうか。
よりによってシリーズ屈指の超個性派、クルマニクラスが相手ではsad
あの信号機顔には、ブルトンを持ってきても霞んじゃうでしょうhappy01

ホントに不遇な一頭ではあります。戦車隊との死闘やストップ光線、ドラマチックな演出が光るその最期など、見せ場も多いストロング派なんだけどなーsad

このクルマニクラス編(やっぱりこう言っちゃいますよね)の23・24話は
ノーマン編に次ぐ問題提起エピソードとして、ファンの人気も高い名編なんですよ。
だからこのバロンちゃんの人気が低いのは、私としては今イチ納得できずweep
どーもスペクトルマンを語ると、好みがむき出しになっちゃっていけませんがhappy01
いいんですけどね。好き嫌いは人それぞれですからhappy01
まーピープロファンの熱さは、他社ファンを凌駕して余りあるという事でhappy01


Photo_4













ほらほら。このワイルドな顔つき・・・とは言えませんかcoldsweats01
やっぱりこのソフビは、獰猛さより可愛さが優先されてるようでcoldsweats01
オリジナルは角の角度、長さともにベストに近いバランスなんですが。
でもこのソフビも、見ればそれなりに味があるかなあとhappy01
どんなに正統派の衣をまとっていても、どこかにパチ物の味わいを残す
スペクトル怪獣の意匠は、このソフビにもしっかり刻まれているのです。

コレですよコレ。路地裏のマイ・ヒーローにはまさにこういう相手がふさわしいhappy02


Photo_5いやーまた、スペクトルソフビが増えちゃったhappy01
こうして並べてみると、やっぱり各々に強烈な個性がありますよねー。
ギラギンドに至っては、すでに怪獣の範疇を超えてしまったかのような
潔ささえ感じられてhappy01

そりゃこの中に居れば、バロンちゃんの影も薄くなるなとcoldsweats01

いやー話題は尽きないピープロワールドhappy01
次は復刻版のトーキング・ゴキノザウルスあたりを攻めてみようかな。
日本語で喋るゴキ○リというのも、なかなかオツなものかも。
実物が喋ったら、うるさくて仕方がないですがcoldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 彼女はオトコマエ | トップページ | マンゴースパイラル »

「ピープロ特撮クラシック」カテゴリの記事

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

1日出遅れました…コメントは久しぶりですが、再開をひっそりと待ってましたよー(笑)

それはともかくゴキノザウルスは大好きなんですが、実際のゴキは「ゴキ」と書くのも嫌なくらい苦手です…幸いにも彼らのいない(少ない)地方に在住なので遭遇率はかなり低いんですが。


バロンザウルスに関しましてはマーミットの「ビニパラベビー」版を
入手して満足してしまったので、現在のところ購入予定はないのですが
このバロンザウルスやゼロンなど、旧マスダヤのソフビ怪獣たちは
塊の中から鑿でザクザク掘り出していったような、荒削りな迫力が
ブルマァク怪獣たちの洗練度とはまた違った独自の味ですよね~。

個人的にはバロンもさることながら、その改造ベースになった
「豹マン」怪獣のバルゴドンも、ぜひソフビで欲しいところなのですが(笑)。

 お久しぶりです。お元気そうで何よりです。

 あ~、バロンザウルス。クルマニクラスの相方だったんですネ。どおりで記憶に無い‥‥(^^ゞ 最近見たばっかりだというのに。

 『スペクトルマン』、堪能してますヨ! 「三つ首竜」編なんて、特撮も迫力ですネ。「ネズバートン」編も、ネズバートンの首の動き、そして村に閉じ込められた緊迫感がワクワクでした。「バクラー」編のクルクルに笑い、「ノーマン」編に考えさせられ‥‥。

 あと少しで完全制覇です。いい買い物をしたと思っています。
 オタクイーンさんも良い買い物でしたネ。やっぱり、この中にゴキノザウルスがいないのは寂しいです‥‥。しかし、当時、あれがソフビ化されたというのはいまだに信じられません。(それを持っていた友だちがいたのも信じられません。親はどんな思いで買ってやったのか‥‥^^;)

sato様 お久しぶりです。またお気楽に進めますので、よろしくお願いしますhappy01

この季節、名古屋ではゴキ○リの攻撃がすごくて困りますsad
台所にはゴキ○リホイホイを四個も配置、万全の警戒態勢で臨んでおります。
先日、捕獲状況を確認したんですが、なんと!
(satoさんには刺激が強すぎるので、この先は伏せておきましょうhappy01
実はウチのマンションには、一階に小さなイタリアンレストランがあるんですよ。
食べ物屋さんがあるマンションってゴキ○リの発生率が高いそうなので
そのせいかなと思ったり。
でもそのレストラン、美味しいらしくていつもお客さんで賑わっているので
ゴッキー軍団も集まっちゃうみたいですね。
そういう類のお客さんはどうなのって意見もありますがcoldsweats01

でもゴキ○リが少ない地域のsatoさんは羨ましいです。
私なんて毎晩、追いかけ回してますからcoldsweats01

さいとうひとし様 私もビニパラベビーは集めたかったんですが
リリースペースの速さと価格にお財布が追いつかず
安売りやオークションで細々と集めるのが精一杯というていたらくでcrying

おっしゃる通り旧マスダヤ版は、旧マルサンやブルマァク版に較べて荒削りな上
個々のボリューム感も素晴らしいですね。
むしろ、マーミットのスタンダードサイズに通じる迫力があります。
良い意味でアバウトな造形もhappy01 ユル好きの私にはピッタリでhappy01happy01happy01

バルゴドン、欲しいですねー。あとモッグスとか。
なんでピープロ怪獣って、ああいう正統派フォルムが冷遇されるんでしょうね。
映像化といい商品化といいweep

自由人大佐様 お久しぶりです。
と言っても日食以来、10日あまりの休止でしたが
この久しぶり感は何でしょうかhappy01

いやホント。このバロンザウルス、形は良いのにクルマニクラスに食われてしまって
影が薄いですよねー。
オードリーの若林さんみたいな扱いで、実力はあるのに冷遇されているというcoldsweats01
まーその渋さが好きなんですがhappy01

スペクトルマン鑑賞、楽しまれているようですねhappy01
あの濃い作品群をイッキ鑑賞というのも、かなりお疲れじゃないですか?happy01
三つ首竜、ネズバートン、バクラー、ノーマン・・・
もう名前を聞いただけで、癖の強いフォルムが目に浮かびますhappy01
’70年代初頭の勢いと暗部をモロにフィルムに定着させた作品群は
今見てもトラウマ必至ですよね。
それらの作品をリアルタイムで体験してしまった私の屈折ぶりが、お察し頂けるでしょうかhappy01

怪獣ソフビの買い物はいつも楽しいですが、中でもピープロ怪獣は格別ですね。
すでに評価が定まってしまったウルトラ怪獣に比べ、「まだ荒らされていない感」があるところがたまりませんhappy01
ゴキノザウルスの「そのまんま」ぶりも、愛着が湧くというものでhappy01
この可愛いフォルムを見ながら、ピープロはずっと路地裏怪獣の聖域を守って欲しいなあと
一人願っていますhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/30833568

この記事へのトラックバック一覧です: 黒い兇角獣:

« 彼女はオトコマエ | トップページ | マンゴースパイラル »