2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月の記事

2009年8月28日 (金)

復活の夏

久々にクラクラしましたshock 正午近くのウォーキング中。
今週前半の秋らしさから一転、復活した真夏の蒸し暑さにsunsunsun

わざわざ最高気温の時間を合わせて立ち向かったものの、完全敗北crying
まさかここへ来て、こんなに気温が上がるとはshock


Photo












ウォーキング後あわててこれを入手、一口なめれば。
パッケージ通りお口に広がるレモン塩味。コレは効きますねーhappy01happy01happy01

秋めいたとはいえこの時期、まだまだ夏が顔を覗かせます。
うーむあなどれない。しばらくは水分補給と、この熱中飴で乗り切ろうと思います。

最近はこんな、夏の思い出に浸るナンバーがお気に入り。
つい先日リリースされたタツローの新作。待ちに待った一曲ですlovely
今日みたいなハードな日には、ちょっと似合わないかもしれませんがcoldsweats01

2009年8月27日 (木)

食欲の秋迎撃作戦

Photo
やっと届きました。この秋の健康維持の強い味方。
その名も『SUPER BOWS MORNING』です。

5年ほど前をピークに一大ブームを巻き起こしたダイエットサプリの代表格
BOWSのバリエーションタイプ。
糖分・脂肪分を効率よく包み込み排出するBOWSシリーズの
特に健康に特化したサプリメントです。
まーダイエットサプリじゃありませんが、飲めば一日元気という事で
体が資本の私には必需品ですね。

けっこう高額なので、いつもならとても手が出ないのですが
今回は通販サイトでセール品を発見、格安で手に入れることが出来ました。

なんとかこの夏もウォーキングで、減量後の体型は守り通した私。
やがて訪れる秋も効率よい運動と栄養のバランス維持、そしてこのサプリ導入で
健やかに過ごせればと思っています。
新型インフルエンザも心配される中、過剰な運動で拒食気味では
体が持ちませんものねcoldsweats01


秋は一年でもっともおしゃれを楽しめる季節。
エリス中尉のプロポーションが手に入れば思う存分、オータムファッションを
楽しめるんですがweep

味覚の誘惑を前に、女の悩みは果てることがないのですhappy01

2009年8月26日 (水)

青葉クルミの耳

100










育ちざかりのキナちゃんは、最近食パンに目がありません。
しかも耳のところが好き。ペレットそっちのけで食べています。


100_2










おねえちゃん、ぱんはもうないの?

キナちゃん、野菜も食べなきゃだめだよ。
いつもあげてるぢゃないの。レタスやニンジンとかおいしい野菜を。


100_3









でもおいしいんだよねー。このやわらかさとあじがわたしごのみで。
あーもう心配になってきた。ちょっと量ってみようよ。体重。
えーっ?これたべてからにしてよsad


100_4












ほらやっぱりー。40グラムも増えちゃったよ。たった11日でeye
急に重くなったとは思ったんだよねー。持ってみても。
甲状腺ホルモンのバランスが崩れて異常な発育を遂げる事が
われわれ人間の場合にもあるけど。ってあんたはゴローちゃんかangry

ひゃーごめんなさいcoldsweats01 こころをいれかえてうんどうしますーsad


100_5










うーむそれは、そこに乗るものじゃないでしょ。しかも落ちかかってるしsad
どーも伝統的にウチのハムちゃんは、回し車の上が好きみたいでcoldsweats01

体重増加の理由は、実際には発育時期ゆえのようです。
コタもそうでしたが、ハムちゃんの成長ってホントに驚異的ですねhappy02
でもパンのあげすぎもよくないし。ちょっと控えることにしますcoldsweats01

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ

2009年8月25日 (火)

ボスポラスの月は微笑む

数日前のニュースなので、皆さんご存知かもしれませんが。
22日付のイギリス・インディペンデント紙で、有名な夜行列車『オリエント急行』が、今年12月、126年の歴史に幕を下ろす事が伝えられました。
※記事末に追記にて訂正文アリ

1930年代にはフランス・パリとトルコ・イスタンブールを結び、古きよき時代の大陸横断鉄道として名を馳せたこの急行、独特のロマンチックな雰囲気も相まって、
数々の映画などで舞台になりましたね。
廃止の理由は夜行運行によるコスト高らしいですが、このニュースを知った私は
また一つ夢が消えてしまった寂しさに、深い嘆息を漏らしました。
「ああ一生に一度、パリからトルコまでオリエント急行で行きたかったなー。
トルコで眺めるボスポラス海峡の月は、さぞやロマンチックで・・・」
なんてweep


調べてみましたが、最盛期にはパリとイスタンブールを結んだオリエント急行も
2001年にはパリ~ウィーン間に、’07年にはストラスブール~ウィーン間にと
区間を縮小されていたそうですね。
私の一生の願いも、前世紀末には儚い夢となっていたとはweep
やっぱり今は航空機時代。時間のかかる陸路や海路などの旅は時代遅れと
いう事なのでしょうか。まー時間を使った旅が贅沢になったんでしょうねhappy01


古いオタクの私にとって『オリエント急行』という響きには、独特の感慨があります。
まー前述の通り貧乏人ゆえ、実際に乗ったことなどありませんから
その響きから味わう旅情は、映画などスクリーンから感じたものばかりですが。

しかも甘い恋愛映画ではなく、サスペンスとアクションに彩られた娯楽大作。

その代表格とも言えそうなのが、そう、皆さんご存知のアレです。
『007 ロシアより愛をこめて』(1963年イギリス テレンス・ヤング監督)
「ネヴュラ」読者ならよくご存知と思いますが、この邦題は1972年のリバイバル公開時のもので、初公開時の『007危機一発』を頑固に守り続ける方も多いですねhappy01
どちらかと言えば私は、原題直訳にしてロマンチックな「ロシア~」派でしょうか。
このあたりは好みなので、どうぞお許し下さい。



かの「TVチャンピオン」をしのぐオタク知識の競宴として伝説の番組となった
フジテレビ「カルトQ」で、以前、007特集の出場者募集がありました。
その応募を真剣に考えたほど、007への思い入れが強い私。
その中でも私がベストワークと信じて疑わないのが『ロシアより愛をこめて』です。
たとえベタと言われようと、私はこのシリーズ第二作にヤラれました。
この作品がなければ、私は007シリーズを好きになっていないかもしれません。

今も新作が制作され続け、時代と共に作品のテイストも大きく様変わりしている
007シリーズにあって、この作品が不動の人気を保持し続けているというのも
不思議と言えば不思議ですが。


ちょっとお話は逸れますが、どうも私の周りでのボンド役の人気は
大別すると「ショーン・コネリー派」と「それ以降ひとまとめ派」の二派に
分かれるようなんですよ。ファンの皆さんは異論もおありでしょうがhappy01

「ショーン・コネリーを超えるボンドは居ない」と力説するファンに比べると
「いや、ロジャー・ムーアこそ」「いやいや、ティモシー・ダルトンが」
「ピアース・ブロスナンがベスト」「ダニエル・クレイグじゃなきゃ」
という熱狂的な「個別ボンドファン」には、ほとんど出会ったことがないんです。
ましてやジョージ・レーゼンビーに至っては・・・忘れたい過去と言うかcoldsweats01

彼ら二代目ボンド以降のファンはどこか、コネリーの存在感の影に怯えている
ところがあるような気がして。まー私の周りだけなんでしょうがhappy01

Photo_4
























番外編「ネバーセイ・ネバーアゲイン」まで含め、筋金入りのコネリー派の私。

たとえレーゼンビー以降の誰に「マイネーム・イズ・ボンド」と名乗られても
「何の冗談?」と笑い飛ばしてしまうほどの心酔ぶりなのですlovely

ただ考えてみれば、私は「ボンドファン」と言うよりも「コネリーファン」なんですよね。
「薔薇の名前」の渋い修行僧も含め、コネリーって別にどんな役を演じたって
演技力と存在感で相手を食っちゃいますもんね。

ボンド役に関しても、一流の役者が一流の役を演じたというだけの話です。
ボンドを演じなくてもそれなりに大成しただろうと思わせる器の大きさが
コネリーにはあったような気がします。
以降のボンド役者にそれがあるかと言うと・・・
その結論を出すのはまだ早いかもしれませんね。ご健闘を祈りたいと思いますhappy01


お話を「ロシアより愛をこめて」に戻しましょう。
もはやクラシック・アクションの部類に入る作品ですから、ここからはやや
ネタバレありでお話します。
未見の方は読後、記事を脳内からご焼却下さいhappy01


以前からあちこちで語られている事ですが、「ロシア」は第一作「ドクター・ノオ」
そして第三作「ゴールドフィンガー」以降の作品に共通する007映画の
フォーマットから、著しく外れているのが大きな特徴です。


ドラマの発端となる敵組織の犯罪。
それを追って世界各地を「観光スパイ活動」するボンド。
そこで描かれる、「Q」自慢の秘密兵器の活躍や
ボンド・ガールとの華麗なアバンチュール。
大抵はボンド・ガールの一人が敵と深く関わっており
その筋から敵のボスを嗅ぎつけるボンド。
ボンドは絶海の孤島や人里離れた土地にSFめいた「秘密基地」を構える
巨大組織ヘ潜入、もしくは招待される。
敵の目的(世界的大型テロに属する犯罪がほとんど)を未然に阻止する為
援軍の乱入を経て、敵味方入り乱れての壮絶な銃撃戦。
敵司令室へ単身乗り込み、ボスを討ち果たすボンド。世界の危機は救われる。
秘密基地壊滅の最中、寝返ったボンドガールを助けてボンドは無事生還。


~なんていうのが、007映画のほぼ固定化されたフォーマットですよね。
中でも際立つのが「秘密兵器」「SFめいた秘密基地」「世界的大型テロ」など
荒唐無稽なアクション・スペクタクルのスタイルで、これを見たいが為に
ファンは足しげく劇場へ通うわけです。

この要素を極端にカリカチュアライズ、ギャグの域まで高めたのが
「電撃フリント」や「サイレンサー」など、コメディスパイアクションのシリーズ
だったりするわけです。
我が日本にも「国際秘密警察」なんてシリーズがありましたねー。
私はけっこう好きなんですがhappy01
事実この要素がなくなると、007はただのアクション映画に過ぎなくなってしまう。
ただ、シリーズ近作ではストーリーやアクションのリアリティーを優先するあまり
これらの要素を排除しようとする動きが顕著です。

その為、アクション映画として高水準をキープすればするほど、007映画の
テイストから遊離していくという、相反する現象が生まれつつあるようです。


ところが、『ロシアより愛をこめて』はすでに、このフォーマットには合っていない。
ご覧になった方ならお分かりですよね。全然違います。
まーストーリーを全部言っちゃうのもいけませんから、それは伏せておきましょう。
ただシリーズの呼び物である三大要素「秘密兵器」「秘密基地」「大型テロ」は
見事に欠落しています。


Photo_2













何しろボンドに与えられる秘密兵器は、高性能車でもミニヘリコプターでもなく
ダブルオー要員標準装備の、黒いアタッシェケースのみ。

しかも物騒なミサイルを発射したり衛星の電波を混乱させる
敵の秘密基地そのものも登場しない。
犯罪の目的に至っては、タイプライターサイズのソ連の暗号解読器「レクター」を
奪うという、極めて地味かつ実利の少ないものでcoldsweats01


でも個人的に『ロシアより愛をこめて』には、前述の三大要素以外にももう一つ
大切な要素があったような気がするんですよ。
それは「コネリー・ボンド」と、「それを制作できる時代」のどちらが欠けても
実現できなかった要素かもしれません。

それが濃厚にあるからこそ、この「地味な二作目」は今も人々の口端に上る
名作と呼ばれるんじゃないかと。

それは一言で言ってしまえば、「ボンドの魅力を引き出す魅力的な舞台設定」に
尽きるでしょう。

正直、このストーリー・プロットがなければ、あそこまでボンドの個性が
光ったかどうか、非常に疑わしいのです。
要は『枷の作り方が上手い』んですね。


そもそもイギリス情報部にとって今回は
最初から世界を揺るがす巨悪を叩くという大任務ではありません。
ですからボンドに与える秘密兵器も、前述のアタッシェケースのみ。

装備主任のブースロイド氏(「Q」と呼ばれるのは次作『ゴールドフィンガー』から)
も、さぞ張りあいがなかった事でしょう。
まずその「秘密兵器が無い」という枷が、ボンドの能力を極限まで引き出さざるを
えない状況を作り出します。

続いて、スパイ訓練を受けていない女性を連れての亡命行。
でもそれが、暗号解読器を渡す交換条件なんだから仕方がない。

今回、ボンドガール中位一二を争う美貌と気品を備えたタチアナ・ロマノヴァ
(ダニエラ・ビアンキ)は、ボンドにとって「美しき足手まとい」となるわけですね。

まー彼女との逃避行なら、断る男性は居ないでしょうけど。
もっとも私を含め、彼女の美貌に嫉妬する女性は星の数ですがweep


そしてその逃避行の舞台が、今回のお話のメイン『オリエント急行』というわけです。
この「移動する半密室」という設定が、実に秀逸。

暗号解読器を奪い亡命を望むタチアナを連れ、イスタンブール発の列車に
乗り込んだボンド。
イギリス情報部トルコ支局長・ケリム・ベイの手配により、列車をブルガリア国境近くで停めそこから車で飛行場へ。翼はロンドンへ一直線というルートです。
しかし案の定、同乗したケリムが列車内で殺されてしまいます。
道案内を失い、ケリム殺害の犯人も不明なまま、ただひた走る列車。


携帯電話が普及した今は考えられませんが、1963年当時
列車から外部への連絡は、駅でしか出来ませんでした。
「半密室」というのはそういう意味です。ここで外部に援軍を請うボンドに
ストーリーはさらなる試練を与えます。
手配された援軍を始末しボンド殺害を狙うこの刺客こそ、今作最大の敵役
国際犯罪組織スペクターの殺し屋ドナルド・グラント(ロバート・ショー)!


この、列車内でのグラントとボンドの対決が、「ロシアより愛をこめて」最大の
見せ場となるわけですが、何度も再見の上、改めて感心するのは
この戦いが「心理戦」であるところですね。

最初ボンドは、グラントを手配された援軍と思い込みます。
しかしグラントが正体を現しボンドに迫るあたりから、物語はその後の007映画に見られるアクションシーンとは異なる様相を、呈し始めてくるわけです。



未見の方のお楽しみに、ここだけは伏せておきましょう。
例えば貴方がボンドなら、銃を手に迫る敵を前にどう反撃しますか?
与えられた装備はこれだけ。


アタッシェケース。開ければ内部のタルカム・パウダー型催涙ガスが爆発します。
同じくアタッシェケースから飛び出すハンドナイフ一本。
ソブリン金貨50枚。



たったこれだけの装備で、ボンドは見事に相手を仕留めるのです。
そこには卓越した心理術、話術、そして決して失わないイギリス紳士の
「誇り」がありました。


私が感心するのは、前述の自然な「枷」が実に周到に、この名場面の為に
用意されたという所ですね。

暗号解読器奪還という軽い任務でなければ。女性連れでなければ。
逃避行が列車でなければ、ひょっとしたら劇中には次作「ゴールドフィンガー」を
待たずしてアストン・マーチンDB5が登場し
クライマックスは、スペクター基地の大爆発だったかもしれないのです。


また今作のオマージュというふれこみで、同じ列車内のアクションシーンが
第十作「私を愛したスパイ」(1977年 ルイス・ギルバート監督)にありますが
007映画のアクションなら、むしろあのボンド×ジョーズ戦の方が正統なんですよ。
パワーゲームにつぐパワーゲーム、力の強い方が勝利する単純図式。
「ロシア」の会話劇、心理戦の方が、むしろ珍しいのかもしれません。


Photo_3













ボンドをただの「背広をまとったアクション・マシン」にしなかったところ。
選ぶワインで敵に不審感を抱き、紳士のプライドを捨てない誇りを持つ
「大人のヒーロー」が描けているところ。

今も「ロシアより愛をこめて」が007ベストワークの名を欲しいままにし
再度の鑑賞に耐える理由は、そんな所にあるのではないでしょうか。

オリエント急行を降りた後も、後半のボート・チェイスなど(信号銃の鮮やかさ!)
秘密兵器を使わないボンドの活躍は、群を抜いています。
そこには、ボンドが半笑いで秘密兵器のミサイルを発射するシーンもなければ
宇宙空間でレーザービームを乱射するシーンも無いのです。

「火力」より「知力」、「物量」より「技量」が、ボンド本来の魅力じゃないかと
思うのですが、皆さん、いかがでしょうか。


テレンス・ヤング迫力のカットワークにより、タイトに仕上がったオリエント急行の
シークエンスは、今後も語り継がれる事でしょう。
今年12月の廃止は寂しいですが、ボンドが一番ボンドらしかった頃のアクションは
色褪せることはありません。
今は縮小されてしまいましたが、古のオリエント急行基点・トルコはボスポラス海峡に輝く今宵の月も、静かに微笑んでいる事でしょうねmoon3






※追記

この記事アップ後、奇特な読者の方から
オリエント急行廃止の訂正報道について、コメントにてお教え頂きました。
当初、拙記事のニュースソースとしたのは
この記事でしたが
その後、なんとこんな
訂正記事が発表されちゃいまして。
さらに、その顛末を詳細に解説する記事が
こちら

かいつまんで言えば、オリエント急行は現在
「本家」的な一般鉄道と
往年の超豪華鉄道を
「復元」したもの、つまり私たちのイメージにある
「あの」オリエント急行の二種類があって、

廃止されるのは一般鉄道の「本家」だった、というわけですね。
いやーおバカな私はすっかり慌てて、どうやら誤解しちゃったようです。
大変失礼致しました。前述の報道に沿って、拙記事も訂正いたしますcoldsweats01coldsweats01coldsweats01
でもやっぱり、オリエント急行が二種類あるなんて知ってた人は少なくて
今回の報道に勘違いしたのは、私だけじゃなかったようですね←いいわけcoldsweats01
各報道機関もこぞって、訂正記事を載せています。

まーいずれにしても、あのロマンチックな超豪華鉄道が
21世紀も運行され続けるのは、嬉しい限りですね。
勘違いは痛かったですが、私の夢は絶たれたわけじゃないと。
まーボスポラス海峡の月を拝めるのは、いつになるか分かりませんがcoldsweats01

重ね重ねご指摘頂いた、ただの人様に感謝致します。ありがとうございましたhappy01

2009年8月23日 (日)

決して一人で読まないで下さい

テレビ屋の端くれでありながら、ふだん新聞やケーブルテレビの番組案内など
めったにチェックしない私なので、昨日の偶然はラッキーでした。

たまたま見ていたNHKの番組欄。BS2の午後9時から深夜1時50分まで。
お盆も過ぎた今、こんな大特集が組まれていたなんて。
国産ホラーワールドの分析や各界の腕利きが語る怪談話。
加えて怪談映画の最高峰・中川信夫監督の「東海道四谷怪談」を放送する
恐怖作品三本立て・「BSホラーナイト」というプログラムでした。


小心者の割には、この手のホラー番組に目のない私。
地上波でよくある、せっかくの怖い話をお笑い芸人がスタジオで混ぜっ返しちゃう
いわゆる「お子ちゃま向け怪談番組」にいいかげん辟易していた私は
NHKの看板に一縷の望みを託し、夜9時の放送を心待ちにしていました。
もちろん、録画予約も怠りなくhappy01


「東海道四谷怪談」については、もはや「ネヴュラ」読者には説明の必要もないほど
有名な作品ですし、私自身何度も見ているので、今回は割愛したいと思います。
むしろ面白かったのは、午後9時からの第一プログラムとなった
ハイビジョン特集 フロンティア
「異界百物語~Jホラーの秘密を探る~
その後、11時からの
「最恐!怪談夜話」でした。
いずれも佐野史郎氏、荒俣宏氏が司会を務めるNHK制作の特集番組。
司会の人選からして本気度100%、内容もお二人の起用にたがわぬ出来でした。


「異界百物語」は昨年、NHKハイビジョンで放送されたものの再放送のようですが
ハイビジョン放送が見られない私のような者には嬉しい配慮happy01

まー力の入った内容ですし、再見に耐えるという意味では、一度の放送じゃ
もったい無いという事ですね。

番組は、近年ハリウッドでリメイクされるほどの人気を持つ「リング」「呪怨」など
ジャパニーズ・ホラー作品の魅力を、日米の恐怖に対する感覚の違いを横軸に
日本古来の「怪談」というキーワードを縦軸に紐解こうとするもので
なかなか興味深いものでした。


「最恐!怪談夜話」の方は、これはもうストレートなテレビ版「百物語」
出演者各自の語り口を味わう番組。最近のいわゆる「都市伝説」系とは違い
言わば古典に属する恐怖譚が多く、その素直な姿勢に好感が持てました。

さて。以前にもお話したことがありますが、私はこの手の怪談話や
「怨念」系の怖さには、どうも感力がうまく働かないところがあるようでcoldsweats01
「このお話や映像作品は、なぜ怖いのか」という部分に興味が湧く体質なんです。
つまり「恐怖を生み出す仕組み」に注目してしまうヘソマガリなんですねhappy01
映像なら「カメラワークや演技のタイミング、照明や音響の演出」などなど。
語りなら「語り手の緩急やリズム、音量」と言った具合。まー職業病とも言えますが。
そういう意味で前述の二番組は、非常に勉強になりました。

「異界百物語」では、過去の怪談分野に貢献した著名人の再現ドラマパートと
前後して、国内外のホラークリエイターが各々の立場で、ジャパニーズ・ホラーの
特異性、つまり「日本的な怖さ」をインタビュー形式で語っています。

その解析には、私たちが普段気づかない「日本ならではの恐怖観」が表れていて
なかなか面白かったですね。


まずなるほどと思ったのは、「日米の恐怖対象の違い」というところで。
「リング」のプロデューサー、一瀬隆重氏によれば、アメリカ人の恐怖の対象が
「モンスター」なのに対して、日本のそれは「死者の怨念」や「自分自身の罪悪感」
だったりすると。

またアメリカのプロデューサー、ロイ・リー氏によれば、アメリカは驚かせるだけで
観終ったら終わり。でも日本の場合、「何かが起りそうな予兆」が描かれる。
言ってみれば、『サプライズ』と『サスペンス』の違いでしょうか。
だからむしろ「見せない」方が怖い。

でもこの感覚が、アメリカ人には理解できないそうなんです。

清水崇監督も、「呪怨」のハリウッドリメイクの際、影だけを登場させ
観客に怨霊を「想像」させるという観念をアメリカスタッフに理解させる為に
ご苦労されたようです。
実体を見せない存在に、日本人は恐怖を投影するという事なんでしょうね。
逆にアメリカ人は実体を見るまでは納得しない。影だけじゃ猫かモンスターか
判断できないから、って事なのでしょうか。まー合理的と言えば合理的ですがhappy01


「色々な『道具』に怨霊が取り憑くのも、ジャパニーズ・ホラーの特徴」
と語るのは、カリフォルニア大学のキャロル・フィッシャー・ゾーゲンフライ教授。

確かに、呪われたビデオテープという「リング」をはじめ、携帯電話やパソコンに
霊が宿るというプロットは、今や色あせるまでに一般化しています。
これが日本固有のものとは、私もちょっと意外でした。

この感覚が、古来の妖怪伝説に根ざしていると語るのは、作家の京極夏彦氏。
私は妖怪にはさほど詳しくありませんが、昔から日本には「付喪神(つくもがみ)」
という妖怪が居るそうで。
なんでもそれは、捨てられた道具が百年後に姿を変えたものなんだそうです。

八百万の神の例もある通り、日本人には道具にさえ命・霊が宿るという
古来よりの感覚があるんですね。
そうした感覚がDNAレベルで伝承され、お鍋やお釜がビデオテープ、携帯電話
パソコンなど、現代の日用品に転化されているのでは、という解析です。


確かに海外ホラー作品で人間の脅威となるゾンビやジェイソン、フレディなど
有名どころは、あくまで「キャラクター」ですもんね。
アメリカ人にとって携帯電話やパソコンはあくまで道具、魂の宿り木には
なり得ないのかもしれません。

で、今回、最も面白かった解析は、『説明されない怪異』というものでした。
怪異の明確な理由が、物語の終わりまで説明されない。
これも、ジャパニーズ・ホラーの大きな特徴と言うんですね。


江戸時代、根岸鎮衛が古今東西の怪異譚を集めた実話怪談集の傑作「耳袋」。
この本に収蔵された怪談には、「オチがない」そうです。つまり「恐怖体験」のみ。
この「耳袋」のコンセプトを受け継いで、現代の実話怪談を追い続け
百万部を売り上げたロングセラー「新耳袋」を著す怪異蒐集家・木原浩勝氏は
このような事を語っています。


「居るはずのない人が居る。居るはずのない物を見る。
そういう時、人は安心したくなって原因を探す。
その原因がどうしても見つからなかったり、思い当たる節がなかったりすると
心は穏やかではなくなってくる。
その気持ちが『怖い』という事なんじゃないかと思っている。」


確かに、原因不明の怪奇現象を見せられたり聞かされたりしたまま
いきなり放り出されると、心中穏やかではないですよね。
「えーっ?その白い影の原因は?その写真に写った手の原因は?」
それが分からない。そりゃー怖いですよ。いても立ってもいられない。
この「放り出され感・はっきりと完結しない居心地の悪さ」が
ジャパニーズ・ホラーに底流する一つのテイストなんだそうです。


これについては、「四谷怪談」など名作と呼ばれる和製怪談には
ちょっと当てはまりませんね。
ただ、その手の名作系って、クライマックスの怖さの理由が、
虐げられた者による一種の「復讐」だったりしますから
同じ怪談とはいえ、やや方向性が違うんでしょうね。
いわゆる講談話の類。人々は作り話と知って語り継いできたわけで。

それに対して、凍りつくような恐怖を感じさせる実話怪談系には
確かに謎解きの無いものが多いです。

考えてみれば、そういう実体験に明確な理由付けがある方がおかしいんですね。
割り切れれば割り切れるほど、出来すぎたお話になってしまうからです。


この後番組の「最恐!怪談夜話」でもそれは非常に顕著で。
披露されるお話は全部、出演者の実体験というふれこみですから
「ロケ先でこんな事が」「人からこんなお話を聞いた」などの連続です。
そんな体験談ばかりですから、聞き手は理由付けなど期待していないわけです。
前述の「見えない実体に投影する恐怖」と同じく、日本人はそういう
「原因や理由付けをあいまいにする事に抵抗が無く、恐怖の余韻として楽しむ」
伝統があるのかもしれません。

単一民族ならではの、「語らずとも察する」みたいな共通意識ゆえなのか。

こういう感覚は、確かにアメリカ人には無いような気もしますね。
アメリカン・ホラー映画の分かりやすさ、エンディングの割り切りの良さは
確かに爽快さすら感じられます。

たとえラストで、墓場の地面から突然手が現れても、
それは「エンディング前のひと脅かし」であって、
ストーリーには関係ないですもんね。
それくらいアメリカン・ホラーはきれいに「完結」しているわけです。
そこへいくと確かにジャパニーズ・ホラーを観終わった後、観客はどこか不安や
割り切れない気持ちを引きずって劇場を後にする。この違いは大きいですね。


ジャパニーズ・ホラーは日本という、やや湿度の高い精神的土壌の上にのみ
存在できる、一種特異な世界なんでしょうね。
視覚や聴覚以上に、想像力に訴えるジャンルと言えるのかもしれません。
感情を操作する作劇を生業とする私にとって、この日米の心理分析は
大変面白いテキストでした。
非常に想像力豊かな日本人の国民性に、改めて感服もしましたし。

さて。「恐怖の余韻」と聞いて、私も一つ、とっておきの怪談を思い出しました。
あなたの想像力が、どこまで恐怖を喚起できるか。
ではさっそくお話しましょう。でもその前に、熱いコーヒーを用意しないと。
私はパソコンを離れ、キッチンへマグカ














2009年8月20日 (木)

恐怖の待ち

「欲しい物は、見つけた時に買え」
オタクグッズ収集の鉄則として骨身に染みているこの教えが
まさか、日用品にまで当てはまるとは。


今日のお昼前。局への通勤コースの途中。
ドラッグストアの店先で見かけたその品物は、なんと60個で398円という安さ。
「安いしあっても邪魔にならないけど、今買うと荷物になっちゃうしなあ。」
ダンボール箱に山積みというビジュアルも相まって
お仕事の帰りに寄ればいいかと、軽く考えていた私が甘かった。

二時間後。無事お仕事を済ませ、お店に寄った私は
その品物がダンボール箱ごと、影も形もなくなっている事に愕然としました。
もう皆さんもお察しでしょう。その品物とは、今巷で最も不安を呼ぶ
新型インフルエンザ対策用の「マスク」だったのです。


さあ無くなったと知ったら、今度は欲しくて仕方がない。
皆さんここまで、対策グッズ確保に真剣なのかと
近所の薬局から100円ショップまで、回れるだけ回りましたが
ことごとく売り切れ、今後の入荷も未定とか。
もう待ちですよ待ち。不安に駆られながら、当面は手持ちのマスクで
しのぐしかないという、恐怖の入荷待ちです。


だって今、8月ですよ。今日の最高気温は32度ですよ。
いくら晩夏とはいえ、この季節にマスクして歩いてるなんて
いつもの年なら考えられないことなのに。


春先には話題に上ったものの、夏の訪れとともに人々の脳裏から
やや消えかかっていた、新型インフルエンザへの不安。
でも先日来、国内でも立て続けに感染者が報道されるに及んで
このウィルスの猛威は、例年とは比べ物にならないことがわかりました。
私の住む愛知県でも、国内三人目の死者が出たという事実が
人々の恐怖心を駆り立て、マスク確保に走らせるようです。

亡くなられた方々はいずれもご高齢の上、持病もお持ちと報じられていますが
やはりウィルスが引き金になったことは否めない事実で。
決して人事ではありません。謹んで、ご冥福をお祈りしたいと思います。

実は私、この春先に起こった「第一次マスク品切れパニック」には
わりあい、余裕で構えていました。
と言うのもウィルス上陸前、昨年末からお正月にかけてこじらせた風邪のせいで
期せずして使い捨てマスクは、大量に買ってあったからです。
ですからどんなに品薄でも、ウチにはマスクがたくさんあったわけですね。
しかも当時はまだ騒がれた割に、まだ感染者の数もさほど多くなかったし。


でも今回は、やや事情が違います。
普通なら猛威もおさまるはずの夏季にあって、感染者は依然として
増え続けるばかり。
お盆休みを海外で過ごした方々が帰国、9月には学校も始まります。
人々の集団生活が本格再開する季節ですよね。
そんな季節を前に、すでにこの異常事態だったら
これからのインフルエンザ・シーズンに至ってはいったいどうなっちゃうの?

ワクチンの製造も遅れているらしいし。一般人には免疫が無いというところが
よけいに怖さを倍増しますよねshock

そんな中唯一の手軽な防御策、マスクが巷に無かったら。
春先にけっこう使っちゃったから、手元には数枚しか残ってないし。
気休めにすぎなくても、在庫は一枚でも多くある方が安心するというもの。
でもまさか夏の終わりにここまで品薄とは。これは予想外でしたねー。
それで不安になるなという方が、無理というものです。


局の入口にも、ずっとプッシュ式の消毒薬が備え付けられていますし。
そこで消毒をサボろうものなら、警備のお兄さんにジロリと睨まれる始末。
そういうセキュリティーの徹底が、局内への感染を水際で防いでいるという
極めて危うくアナログな現状なんですね。

一種の閉鎖空間である放送局や企業なら、そういう水際作戦も可能ですが
不特定多数の人々が行き来する街中や大型店舗などは
セキュリティーの施しようがないですもんね。
もう自分で、ウィルスの感染を防ぐしかないと。


国でも自衛手段として、外出を控えたり、うがい・手洗いの徹底などを呼びかけて
いますが、うがいや手洗いはともかく、外出しないわけにはいかないですもんね。
働かなければインフルエンザより前に、餓死しちゃいますしcoldsweats01

まーでも、今日明日にどうこうなるわけでもないし。
店頭に無いものは、入荷を待つしかないと。
そう自分に言い聞かせて、ひたすら手洗いとうがいを繰り返しています。

マスクの売り切れごときでパニックになるのも考えものですが、
やっぱりそういうのって、リアルな恐怖を実感させますよね。
今度はハンドソープやうがい薬が、店頭から消えていくのでしょうか。

いやーどうしよう。一人暮らしの貧乏人には
秋の寂しさより、秋風が運んでくるウィルスの方がはるかに脅威です。
皆さんもパニックにならず、冷静にこの猛威に対処して下さいね。
そう言ってる私が、一番不安だったりするんですがcoldsweats01

2009年8月18日 (火)

美味戦士ベビースターズ

Photo










へへへおれたちゃ宇宙の無法者、大怪獣パチーズだ。
人気怪獣とは他人のそら似さ。その辺のツッこみは勘弁してくれcoldsweats01
おいしいにおいにつられ、地球へやってきたぜ。
よい子はさっさとおやつを渡すんだ!


待ちなさい!よい子のおやつを、あなた達の好きにはさせないわ!
むっその声は!最近新結成したとうわさの・・・


Photo_2
















そうよ私たち、美味戦士ベビースターズ!
誕生から50年、ベビースターラーメンの限定復刻ユニットよ!
今回は気合を入れて、マスコットのベビーちゃんが
時代ごとのファッションに身を包んだ、おしゃれなパッケージが目印よ!
6種類もあるのか~。AKB48並みの人海戦術だなgawk
コレクターのツボ突きまくりの商品展開。スタッフは筋金入りのマニアと見たhappy02


Photo_3











黙りなさい!ベーシックなスパイシーチキン味は
初代・’80年代ソバージュ風・2000年代小悪魔ギャル風の三種類!


Photo_4











さっぱりしたペッパーソルト味は
’60年代三つ編み女学生風・’80年代アイドル風・2000年代メイドさん風よ!

うーむさすが誕生50周年。三つ編みから小悪魔ギャルまで、よく揃えたな!
これだけ貴重なパッケージだと、もったいなくて開封できないぞ!

そうよ。まさに各世代に合わせた完璧なラインナップ。
完全無欠の6人よ!さあかかってらっしゃい!


ちょっとまった!7にんめをわすれてるわよ!おともなくしのびよるまるいかげ!
なにっ!まさかシークレットの存在がっ!


Photo_5










まー100%読めてたけどねsad
でもキナちゃん、見れば見るほどクマっぽいねえhappy01

ねえそれはともかく、べびーすたーたべたいよう。
だーめ。これは味が濃いから、今日はチンゲン菜でガマンしてねhappy01happy01happy01

(近所のSEIYUで見かけて全種ゲット。目の毒ですねコレはcoldsweats01

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ

2009年8月17日 (月)

昼間は怒りの顔

朝晩は少し涼しくなりましたが、昼間はまだまだ残暑厳しいですねsun
今年のお盆・先週後半は、暑さで部屋にヘタっているキナを尻目に
気温が上がる午前中から正午にかけて、怒涛のウォーキングに励みましたrun

歩きはじめから、サウナスーツの中はすでに滝のような汗。
新兵器・首に巻くアイスノンも、あっという間に役に立たなくなっちゃいますsweat01

こうなるといつも以上に熱中症との戦い、お気楽な散歩どころではありません。
毎度代わり映えしない話題で申し訳ありませんが
お盆休み中のメインメニューがコレだから仕方ない。
一歩一歩、命を削るがごとく踏みしめていました。

きっとその時の私の顔は、こんな風になっていたでしょう。
もちろん、怒りの顔の方ですがcoldsweats01



いやーよく見たわあこの番組tv 両方の顔もマネしたしsmile
もちろんこのテーマ曲、ウォーキング中のBGMにも使っているんですよ。

MP3プレーヤーにはこの曲に加え
「豹の眼」「快傑ハリマオ」「遊星王子」「まぼろし探偵」「アラーの使者」・・・
もちろん「月光仮面」も。こうなるとむしろ「バンダー」は新しい方ですね。

こんな曲をバックに歩けば、いつものウォーキンクルートも
陽炎と共に、セピアに染まっていきます。
(うーむまるで読者のリアクションを拒否するかのようなラインナップcoldsweats01
わざとぢゃないので、誤解なさらぬようhappy01

まーそうは言っても季節は秋へ。日に日に涼しくなりそうな気配。
曲のラインナップも、練り直そうと思っています。
秋のウォーキングに最適な一曲などあれば、どうぞお教え下さいnote

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2009年8月15日 (土)

ラルゲユウスの夜

Photo_2












で、夜。
朝のラッコ状態から一転、暴れまわっているキナちゃんに・・・
キナちゃんちょっと、体重量ってみようか?
えっぬきうちで?れたすをたべたから、ふとってるよきっとsweat01

Photo_3











うっ10グラムも増えてる。5日前よりも。だめだよ運動しなきゃsad
だから、れたすのぶんだってばーpout
いやこのペースでいくと、あっという間にケージを突き破って巨大化・・・
今のうちに、森永キャラメルを用意しなくちゃhappy02

(ハムちゃんの成長はあっという間ですね。目に見えて大きくなりますhappy01

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ

ラッコキナ

Photo















今朝7時半。すでにあづいsun
キナも巣箱を飛び出して、この体勢で寝てましたsleepy 
まるでラッコ状態heart04 あんまりかわいくてパチリcamera 
口がムニャムニャしてたので、なにか夢を見てたのかな?
おなかを出して寝てると、かぜひいちゃうよcoldsweats01

と言いながら、朝ごはんにすいかをあげちゃう私smile さすがに無視されましたがsweat01
まー気が向いたとき、ゆっくり味わってねhappy01happy01happy01

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ

2009年8月14日 (金)

ボーン・アイデンティティー

Photo









キナちゃん、寝起きの目になってるよsad

だってひるまじゃん。ねむいよはむすたーはgawk


Photo_2










今日はお盆のお墓参りに、おねえちゃん朝6時から出かけてたのに。
うっわーおはかのちかくでしょこれ。あさからあつそうsun
そうだよー。ご先祖様は大事だからね。おねえちゃんの両親もここに眠ってるのよ。
今日はお盆だけに、お昼はカレーを食べたけど。大塚の。

えーっそれ、ぼんかれーってこと?gawk


あのねーangry お盆なんだから、キナちゃんも先輩にあいさつしないと。
ウチにはちょっと前まで、コタちゃんっていう子がいたのよ。


Photo_4













このひとがわたしのせんぱい?
なまえが「こた」だから、こねえちゃんってわけね。
そうそう。おもしろい子だったんだからhappy01

Photo_5











というわけで今日は、コタが好きだったすいかを買ってきたよ。
コタを偲んで、いっしょに食べよう。
わたし、すいかってはじめてたべるよ。
だいじょうぶ。ハムちゃんはみんな好きだからhappy01


Photo_6ほんとだ。おいしいわーlovely
そうでしょーhappy01 コタに負けないよう、キナちゃんも元気に育ってねhappy01happy01happy01


Photo_7











あとはまかせてね。こねえちゃんhappy01
うわーお盆の奇跡weep きっとコタも喜んでいるでしょうhappy01
(ホントにキナが、写真に寄っていきましたhappy01

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ

2009年8月13日 (木)

ご近所脱力ゾーン

Photo









おねえちゃんわたし、なごやはよくしらないんだけど。

そうかー。キナちゃんは来たばっかりだもんねえ。
さっきウォーキングの時に撮ってきた近所の写真を、見せてあげようcamera


Photo_2









まずはコレ!お金を入れるとジュースが出る魔法の箱happy02
えーっおねえちゃん、なごやではじどうはんばいきがめずらしいの?
いやいやそうじゃなくてcoldsweats01


Photo_3






なんと看板が名古屋弁!キナちゃん意味分かる?
ま、渋谷なら「マジ冷えてるんっすよ。ガチで」てとこかな←テキトーcoldsweats01
「ういっしゅ」はつかないのねsmile


Photo_4







で、次はコレよ。
くるまがいっぱいとまってるねー。
中古車店だからね。注目は看板smile


Photo_5







なんかおんなのひとがおどってるね。
ま、この看板の味が分かるには、キナちゃんはまだ若いかなcoldsweats01
なんたって「必殺!ドドンパ夏祭り」だからねえ。しかも「売斬り」!
中古車を使ったドドンパ殺しでしょ。うーむブレーキオイルを抜く手口と見たpunch
もちろんBGMは「夜空の慕情」でhappy02←不謹慎
ねえおねえちゃんこのぶろぐって、ずっとこういうかんじですすんでくの?sad
あらっ、やっと気がついた?smilesmilesmile

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ

2009年8月12日 (水)

さまよう異邦塵

今日、8月12日の深夜。つまり13日の早朝2時~5時ごろにかけて
先月22日の皆既日食に続く、真夏の天文イベントが展開されるそうで。

その名も「ペルセウス座流星群」。

いやー何とも、心躍るネーミングじゃありませんかhappy02
ペルセウス座の流星は毎年、7月から8月にかけて多いそうですが
今年は今夜がピークだそうで。50個近くの流れ星が見られるとの事です。
まー大きめの宇宙の塵とはとても思えない、キレイなものですよねhappy01


流星と言えば、古代から人間にとっては神聖な存在だったようで。
人々は命の輝きになぞらえたり、願い事を託したりしてきました。
かくいう私は不幸な事に、これまでの人生で流星を目撃したことは一度もありません。
目が悪いせいでしょうかボケてるせいでしょうか、気づかないんでしょうねcoldsweats01

そんな私でも、「流星」という言葉に特撮心をかき乱される事は数知れず。
夜空を駆け抜ける孤高の異邦人、というロマンチックな存在には
やはりヒーロー性を感じずにはいられないんでしょうね。

古今東西のクリエイターたちも、流星に様々な思いを投影してきたようで。
「流星」の名を冠する作品やキャラクターって、考えればけっこうありますよね。



筋金入りの特撮ファンである私には、やっぱりまずコレが浮かびます。
「流星人間ゾーン」(1973年日本テレビ・東宝映像)



まー「ネヴュラ」読者にはまったく説明の必要もない
第二次怪獣ブーム真っ最中の超人気番組でしたね。
悪の星・ガロガバラン星の攻撃により破壊された平和の星・ピースランド星人の
生き残り、ゾーンファミリーの活躍を描いた、正統派巨大ヒーローストーリーでした。


当時私はこの番組を、秋田書店「冒険王」のコミカライズと共に楽しんでいました。
まーとにかくこの頃は、とてもここでは書ききれないほどの特撮ヒーロー百花繚乱
チャンネルをひねればヒーローが見られる毎日で。
子どもは日替わりで、彼らの活躍に声援を送っていたのです。

特にこの「ゾーン」は東宝映像制作ということで、それまでスクリーンでしか
見られなかったゴジラやキングギドラがついにブラウン管デビューを果たしたと
いうイベント性が、子どもの心をいやがおうにも盛り上げました。
ただ私はちょっとヒネた子どもだったのでcoldsweats01
「ゾーン」に出てくるゴジラがメガロゴジラだった事にひどくガッカリ。
せめてキンゴジくらい怖くてカッコよければなあなんて、マニアックなツッこみを
入れていたのでしたhappy01


ただそれよりも、この「ゾーン」に私が心を奪われたファクターは
何より、あのゾーンファィターの決め技「流星ミサイルマイト」でした。

上の画像中、ちょうど1分4秒から登場する、手首装着の連射ミサイル砲です。
今考えればこれは、東宝映像火薬特撮の一つの極地ですね。
スタッフの意地と言うか。
あんな火薬の塊を手首から発射して、よく「念仏の鉄最終回状態」に
ならなかったものです。

やっぱりピースランド星人は、皮膚の組成からして仕置人の比じゃ
ないんでしょうかhappy01

ですから当時、「冒険王」にミサイルマイトが付録として付いた時には
もう小躍りしましたねー。もちろん、作って遊び倒しました。
コレがどんな仕様だったかは、思い出を共にしたご同輩だけの秘密という事で。
こんな事を語れるお仲間が、少なくなりましたweep



「流星」と言えば、「ゾーン」に先駆けること1年、あの「スペクトルマン」にも
第55・56話に「宇宙の殺し屋・流星仮面」なるゲストキャラが出演しているんですよ。

奇しくもこの2話、先日亡くなられた長谷部安春監督作品なんですが。
この「流星仮面」、テレビ版と一峰大二先生による「冒険王」コミカライズ版では
キャラデザインが違うんですよね。
私は「流星仮面」については、コミカライズ版に軍配を上げます。

テレビ版・コミカライズ版とも、宇宙から来た殺し屋で卑怯な戦いを好まない
という設定は変わらないんですが、持つ武器が違うんですね。
両者ともいわゆる「楽器系」で、テレビ版はオカリナ、コミカライズ版はギターを
奏でるんですよ。このギターがまたカッコイイlovely

スナフキンの昔から、やっぱり旅人は悲しげなギターが似合いますね。
オカリナもいいんですが、遠藤周作原作の「おバカさん」を連想してしまってcoldsweats01
まー好みですけどね。両者とも決め技「流星フラッシュ」の切れは素晴らしいし。
実力はスペクトルマンと互角ながら、その戦いの幕切れは
ヒーロー史に残る素晴らしいものでした。
やっぱり「名ヒーローには名ライバルあり」ですね。
ライオン丸とタイガージョーしかりhappy01



アニメーションで「流星」と言うと、私はこの作品を思い出してしまいます。
「蒼き流星SPTレイズナー」(1985年~86年日本テレビ・サンライズ)



地球を支配下に置こうとするグラドス星人と地球人との攻防。
そして両者のハーフである主人公・エイジの苦悩という
多重的なドラマ構造を持った、ロボットアニメーションでした。
「攻防」とはいえ皆さんご存知の通り、さほど派手な戦闘はありませんよね。
前半は火星から地球への逃亡劇、後半はうって変わって地味なレジスタンス劇。
しかも私は圧倒的に、緊張感溢れる後半がお気に入りです。
アップ映像が後半のオープニングなのもそのためでhappy01

ボトムズ命と言ってはばからない私はかなりの「高橋派」なので
ロボット物にもどうしても変化球を求めてしまうようで。

よく「お前はもう死んでいル・カイン」テイストに見られるレイズナー後半ですが
どう見てもアレ、「華氏451」ですよね。

そこがいいんですよ。あのトリュフォーテイストが。
そんな、ちょっと抑制の効いた語り口・世界観が、私には新鮮に映ったのかも
しれません。


敵と味方のどちらにも相容れない、ハーフという主人公の存在も
視点を一方向に限定しない効果を上げていたと思います。
本放送当時、バンダイのSPTキットは山のように買い漁りました。
もちろん最近のR3レイズナーも、二種ともゲット。
好きなんですよレイズナーって。メカドラえもんと言われてもsmile


この「主人公が敵と味方のハーフ」という設定を先取りしたという意味で
「レイズナー」の先鞭をつけたと語られている作品がコレ。
「遊星仮面」(1966年~67年フジテレビ・TCJ(現エイケン)
「流星」とは一字違いですがテーマが通じるという意味で、仲間に加えましたcoldsweats01




地球の反対側に位置する新惑星「ピネロン」は友好関係になり
地球の男性とピネロンの女性が結婚、子どもが生まれました。
しかし15年後、ピネロン星科学者の陰謀により地球とピネロン星は
戦争状態に突入。
その時現れたのが「遊星仮面」と名乗る少年です。
両者の戦争を終わらせる為、彼は孤軍奮闘するというお話でした。


コレ、好きでしたーhappy01 いや、本放送当時は物心ついてなかったでしょうから
知ったのはたぶん、再放送でしょう。
一つだけ、断片をものすごく覚えているエピソードがあるんですよ。
極秘情報の合言葉で、この言葉を知る男を遊星仮面が探すというお話です。



「お前は今、何が食べたい?」という問いに対して
「満月が食べたい」と言うのが合言葉という。

いいでしょ何となく。秘密の暗号っぽくってhappy01

で、この情報にはタイムリミットがあって、早く聞き出さないと大惨事に
みたいなお話と、記憶しています。

相手が見つからないサスペンスが、ドラマを盛り上げていましたねーhappy01


・・・と、「流星」というキーワードから、昔の作品をつらつらとお話してきましたが
こうやって見ると、「流星」を冠するキャラクターにはどこか
「居場所を失った、孤高の放浪者」というイメージが付きまといますね。

母星を失ったゾーンファミリー。宇宙の殺し屋・流星仮面。
敵と味方のハーフ・エイジや遊星仮面。


流れる星は、行く先々で異邦人とならざるをえない。
その美しき光芒は、心に流れる一筋の涙なのか。
だからこそ人は夜空の流星に、命のはかなさを感じるのかもしれませんね。
でも人はその輝きに、願いを託す事も出来ます。

きっとクリエイター達は、その願いを聞き届けるヒーローとして
前述のキャラクターを創造したのでしょうね。
意識、無意識に関わらず、人の思いは必ず創造に反映される。
そんな事を思ってしまった、流星群の夜でした。


ちなみに今日の深夜0時35分からは、NHK総合で
海外ドラマ「ムーン・パニック」後編の放送があるんですよ。
どうやら少し前、BSハイビジョンで放送されたものらしいですが。
ウチはハイビジョンが入らないしcoldsweats01

http://www.nhk.or.jp/frontier/archives/20090404.html


昨夜、たまたま途中から見たんですが、コレがまた深夜には丁度良い
SFディザスターの佳作でhappy01
久しぶりに、後編が楽しみなドラマに出会えました。
期せずしてこのお話、流星ならぬ褐色矮星がキーワードのドラマ。
それが月に・・・で、えーっそんな事に?うわーどーなっちゃうの?
「妖星ゴラス」好きの方には、たまらないストーリーかも。
さて。放送時間も迫ってきましたので、今日はこのくらいで。


そうか。前述の合言葉、コレにピッタリですね。
「お前は今、何が食べたい?」
「満月が食べたい!」happy01

しまった。お菓子の「満月ポン」を買っておけばよかったcoldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2009年8月11日 (火)

不安に沸く空

今朝5時7分、駿河湾を震源とした地震には驚きました。
震源近くでは震度6弱を記録したとの事で。
被害に遭われた方々、本当にお気の毒です。
市街地の被害に加え、東名高速道路でも崩落があったようで
その瞬間の映像が、頻繁に報道されていました。

名古屋でも震度4を記録。
早朝の出来事だったので、私も地震に起こされたクチです。
幸いにも、マルサン復刻のペギラソフビが落ちただけでしたがcoldsweats01

でも名古屋に住んでいると、そんなちょっとした揺れでも
噂されている東海地震を連想してしまいます。
今回の震源は比較的浅いとの事で
海溝プレート境界型の東海地震とは発生システムが違うそうですが
今回の震源が、海溝プレートに何らかの影響を与えることを
懸念する説もあるそうで。

そんな報道を聞く度に、小心者の私は不安になっちゃいます。
台風が運んだ猛暑を避け、夕方に出かけたウォーキングでも
ふと見上げた空には、こんな見慣れぬ雲がcloud


Photoまるで湯気が沸き立つごとく、不自然にモヤモヤ波打つ白い雲。
夕方6時半、地震から13時間以上経った空ですから、特に関連はないんでしょうが。

こういうのって、何雲って言うんでしょうね。
夏に多いのかどうなのか、無知な私にはさっぱりわかりません。
池の白鳥もアヒルさんも、心なしか怯えた様子です。

長雨、台風、地震と、今年の夏はいつになくおかしいですね。
平穏なお盆休みを、なんとか過ごしたいものですがdespair

2009年8月10日 (月)

量っとキナ

Photo








今日も、昼下がりの食事に忙しいキナちゃん。
うしろ姿が吉野堂の銘菓「ひよ子」にそっくりですがchick


Photo_2














おねえちゃんよんだ?いそがしいんだけど。

うん。食べすぎはよくないから、キナちゃんにいいもの買ってきたよ。

Photo_3







メタボ対策には、毎日の体重管理をしないと。
それでほら。キナちゃん用の体重計をさがして来たんだから。
クッキング用の量りだけど、キナちゃんにはちょうどいいでしょsmile
デジタル全盛の今、あえてのアナログ方式よhappy01


Photo_4

















約50グラム。こんなもんかな。
透明ケースの重さは引いてあるから、心配しないでねhappy01

えーっまいにちはかるのー?gawk
キナちゃんは育ちざかりだからね。太らないように、ときどき量ろうか。
おねえちゃんも毎日量ってるんだから。プロポーション維持には努力が必要よhappy01
うーんけんこうおたく~sad

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ

2009年8月 9日 (日)

今夜もゲンキナ

Photo_6















で、夜。さっきデジカメで追い回していたら一瞬、目が合いました。

ちょっとピンボケですが、すでにポーズも決まっていますsmile
キナは思ったより、場慣れが早いようですねhappy01
ラジオから流れる『♪勝手にシンドバッド』に合わせて、ケージ狭しと東へ西へ。

夏も本番。海へは連れて行けないけど、お盆にすいかをあげようかと企んでいる私は
すでに飼い主バカのようですcoldsweats01

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ

寝とキナ

Photo_4今朝6時。下の写真から6時間後のキナちゃん。
昨夜も夜遊びざんまいの末、爆睡中sleepy
うーむ目が線になってるcoldsweats01
イベントで使った後の、クマの着ぐるみみたいですねcoldsweats01
ま、ハムちゃんは昼間が夜だから、今夜までしっかり寝といてねhappy01

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ

寝起きなキナ

Photo
日付が変わったついさっき。
突然ムクリと起き上がる、金色の怪獣。

深夜12時。彼女はこれからが一日の本番です。
寝起きとはいえ、ビンと張った耳は気合充分。
不敵な微笑をたたえた口元もなかなかの悪女ぶりです。
鼻が真っ赤なところが、今ひとつ垢抜けないけどsmile

また徹夜で回し車に励む、ランニング派のキナちゃん。
ああ今夜も私は、耳栓が手放せないのねcoldsweats01

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ

2009年8月 7日 (金)

新怪獣キナックマ

さあやってまいりました。
予告通り、今回は新たな「ネヴュラ」マスコットのご紹介ですhappy01


ペットショップからの電話に小躍りしたのは、つい三日ほど前。
お店へは先日の皆既日食の日、7月22日に一度行ったのですが
全身毛に覆われたあの動物は、見るからに暑苦しいビジュアルが災いするのか
この時期、なかなか人気がないようでcoldsweats01
目指すキャラは、店頭には一匹もいない状態だったのです。
で、揃う日を教えてもらうよう、お店に頼んでおきました。
でようやく、待ち望んだ電話がhappy02

電話でお店スタッフから「6日以降なら、見に来てもらっていいですよ」と言われ
ようやく訪れたXデーが昨日でした。

前任のコタが星になってから、はや5ヶ月ちょっと。
やっぱり生活を共にする妹分が欲しい、一人住まいの私。
もうコタも、新人の登場を許してくれるだろうと勝手に決めてhappy01
新たな出会いを期待して、意気ようようと出かけましたrvcar
迎えるなら8月6日、「ハムの日」しかありませんhappy02


小さな水槽にあふれかえった、店頭に出る前の可愛い赤ちゃんハムたち。
その中に、目立たないけど一匹、小さなハムちゃんを見つけました。
なんとなく情けな~いその感じに、母性本能をくすぐられてしまい。
コタの元気なキャラもいいですが、今回は癒しを求めてこの子に決めました。

コタと同じ女の子ですが、ハムちゃんも一匹ずつキャラが違いますねhappy01

ところが女は魔物shock
この子、真夜中は別の顔を持っていました。

ウチに連れてきたのは午前中で、夕方までは寝てばっかりだったんですが
日が落ちると、まー元気元気happy02
気がつけば回し車の中で、必死に格闘中という。
あんた何時だと思ってんの!音が静かな回し車にしといてよかったhappy01
夜通しで走り回るわエサはかじるわ、ケージの中で暴れまわっていました。
いやー生まれたてとはいえハムちゃんの夜行性って、遺伝されてるんですねえ。
血は争えないってこういう事かとcoldsweats01



で、一晩たって今日。
初日は刺激しないように、写真は控えていたんですが
二日目となればもういいでしょうと、シャッターチャンスを狙いました。
さーごらん下さい。ウチの新マスコット、キナ・・・


Photo







あら、どこ行っちゃったのかな?
まだ小さいから、いろんな所へ隠れちゃうんですよねhappy01


Photo_2







うーむここにも居ない。
コタのお下がりだから気に入らないのかな。ぜいたくなヤツだ(by二階堂教授)


Photo_3







居たっ!思った以上にすばしこいので
気づかれないように、そっと近づいて行きましょう。

皆さんも物音を立てないように、ご協力下さいsweat01
なんでこんなところに居るんでしょうか。やっぱり暑いんでしょうねーsun


Photo_4と思ったら、いきなり寝てますかsleepy
初お披露目が寝姿というのも
大物と言うかなんと言うか。

タワシに似ていますが、ちゃんとしたハムちゃんですhappy01

この子は”キンクマ”という種類。
クマっぽい雰囲気が癒し感いっぱいです。

きなこみたいな色なので、『キナックマ』と名付けました。
すでに「キナちゃん」と呼んで、追い回していますhappy01

ほらほら。皆さんにごあいさつしないと。
せかす事しばし。回し車を動かしたら、ようやく目を覚ましてくれました。


Photo_5寝起きの顔ですいません。もうボケボケの表情でcoldsweats01
不意を突かれて目も小さいeye

かわいいわー。身長がまだ6センチくらいしかないんですよhappy01
ホントに、超小型のクマみたいですね。

二日目なのでまだちょっと表情が固いですが
これから時間をかけて、うちとけていこうと思っています。

先輩のコタ同様、また「ネヴュラ」のレギュラーとして頑張りますので
皆さんもこの子『キナちゃん』を、かわいがってやって下さいねhappy01happy01happy01

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ

2009年8月 6日 (木)

カミング・スーン

Photo_2
今日は8月6日。
お待たせしました!ついに「ネヴュラ」に新マスコット登場happy02


すでに部屋にはスタンバイしていますが
ここはちょっと引っ張って、お披露目は次回という事にしましょう。

なにしろ日ですから。これ以上の日どりもありません。
ゴロ合わせでお考え下さい。もうお分かりですよねhappy01happy01happy01

2009年8月 5日 (水)

マンゴースパイラル

だれか助けてください。
最近、マンゴーアイスの無限地獄にハマってしまいましたshock


Photoここ数年、マンゴー味のアイスが増えたような気がするのは私だけでしょうか?
この夏、私をマンゴーの甘美な誘惑に誘うのは、ご覧の二つのアイス。
果肉かギッシリ詰まったアイスバー、赤城乳業の「ガツン、とマンゴー」。
そしてイオン系のPB商品「マンゴーソフトクリーム」です。

急な暑さも手伝って、なぜかこの二種が交互に食べたくなる私。
ガツン→ソフト→ガツン→ソフト→ガツンのローテーションで
憑りつかれたように、口に運んでしまいます。
字ヅラだけ見ると、まるで殴られてるみたいですがcoldsweats01

で時々、ガリガリ君なんかに浮気する事もありますから
ガツン・ソフト・ガリガリと、聞くだけでどこぞの秘密結社の改造手術のごとき
語感になってしまうのであります。

うーむスイカやメロンなど、自然のスイーツを口にしたいものですが
貧乏な私には、こんな特売の箱アイスが精一杯でsad

宇治金時とかあずきとか、もうちょっと年相応の味にすればいいんですが。
どーもお子ちゃま趣味が治らないようでsweat01
今度はソーダフロート大量購入を狙いほくそ笑む、夏の午後でしたcoldsweats01

2009年8月 4日 (火)

黒い兇角獣

Photo







「念入りな切手配置だなあ。」
今日届いたばかりの箱を見て、一人感心する私。

赤貧ゆえ、高値商品のネットオークションも指をくわえて見つめるしかない
「ウインドゥズ・ショッピング」ばかりの私ですが
手の届く掘り出し物に巡り会えた時は、うれしいものです。
箱の中には、奇跡的に私一人の入札で逃げ切った真夏のミラクルアイテムがhappy02
うーむ皆さんコレを無視するとは。日本特撮の未来は暗いなあとdespair


Photo_2













箱の中身は誰あろう、マスダヤ復刻のスペクトルマン怪獣「バロンザウルス」
黒バージョンでしたhappy02

市場的に、どーも今ひとつ人気に欠けるスペクトルマン怪獣の中にあってこの
バロンザウルスは、正統派怪獣のフォルムを色濃く残す名獣と思うのですがweep
なにしろ劇中の設定では、子どもが一番恐怖心を抱くデザインだそうですから。
鷺巣富雄先生自らがご出演、お子さんに聞いてるんだから間違いないとhappy01

まーでも、没個性に見えるのも無理はないかも。
なにしろ本放送当時ソフビ化されたスペクトルマン怪獣と言えば
ネズバートンやダストマン、サンダーゲイやゴキノザウルスなどなど
たぐい稀なる個性派揃いでしたからねーhappy01
しかも正統派怪獣の軍門にはゼロン、ミドロン、三つ首竜という三英傑が
控えていたわけで。

そんな強豪の中では、この顔中角だらけのフォルムも今ひとつ精彩に欠ける
というのが、実際のところなんでしょうね。


Photo_3




















こうやって全身を見れば、それなりにカッコいいでしょhappy01
劇中のカラー・モスグリーンも好きですが、この漆黒の体躯も渋くて好みlovely
まー登場回でも、おいしいところを相方に全部持ってかれちゃったのが
不人気の一因でしょうか。
よりによってシリーズ屈指の超個性派、クルマニクラスが相手ではsad
あの信号機顔には、ブルトンを持ってきても霞んじゃうでしょうhappy01

ホントに不遇な一頭ではあります。戦車隊との死闘やストップ光線、ドラマチックな演出が光るその最期など、見せ場も多いストロング派なんだけどなーsad

このクルマニクラス編(やっぱりこう言っちゃいますよね)の23・24話は
ノーマン編に次ぐ問題提起エピソードとして、ファンの人気も高い名編なんですよ。
だからこのバロンちゃんの人気が低いのは、私としては今イチ納得できずweep
どーもスペクトルマンを語ると、好みがむき出しになっちゃっていけませんがhappy01
いいんですけどね。好き嫌いは人それぞれですからhappy01
まーピープロファンの熱さは、他社ファンを凌駕して余りあるという事でhappy01


Photo_4













ほらほら。このワイルドな顔つき・・・とは言えませんかcoldsweats01
やっぱりこのソフビは、獰猛さより可愛さが優先されてるようでcoldsweats01
オリジナルは角の角度、長さともにベストに近いバランスなんですが。
でもこのソフビも、見ればそれなりに味があるかなあとhappy01
どんなに正統派の衣をまとっていても、どこかにパチ物の味わいを残す
スペクトル怪獣の意匠は、このソフビにもしっかり刻まれているのです。

コレですよコレ。路地裏のマイ・ヒーローにはまさにこういう相手がふさわしいhappy02


Photo_5いやーまた、スペクトルソフビが増えちゃったhappy01
こうして並べてみると、やっぱり各々に強烈な個性がありますよねー。
ギラギンドに至っては、すでに怪獣の範疇を超えてしまったかのような
潔ささえ感じられてhappy01

そりゃこの中に居れば、バロンちゃんの影も薄くなるなとcoldsweats01

いやー話題は尽きないピープロワールドhappy01
次は復刻版のトーキング・ゴキノザウルスあたりを攻めてみようかな。
日本語で喋るゴキ○リというのも、なかなかオツなものかも。
実物が喋ったら、うるさくて仕方がないですがcoldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2009年8月 3日 (月)

彼女はオトコマエ

あの休止告知から早や三週間弱。皆さま、ご無沙汰しておりました。
今日、名古屋もようやく梅雨明けを迎えまして。
本格的な夏の訪れと同時に「ネヴュラ」の再開ができるというのも
うれしいものですねhappy01
オタクイーン、充電を終え、ただいま帰ってまいりましたhappy01
水分を摂りすぎて、ちょっとリバウンドしましたがweep


休止中は皆さまから、ご心配や励ましのコメント、メールなどたくさん頂いて
本当にありがとうございました。
正直、こんなに気にかけて頂いているとは思いもよらずcrying
ちょっと物騒なことを休止告知に書いちゃったものですから
気を遣っていただいて、コメント欄より直接メールなどが多かったのですがhappy01
中には電話で、グチをお聞き頂いたお仲間もmobilephone

もちろん、常連のお仲間の励ましは何より嬉しかったのですが
意外だったのは、以前ちょっとだけコメント頂いた
懐かしい方々のご訪問が、予想以上に多かったことでした。

いやー「ネヴュラ」はあまりにおバカな独り言ばっかりなので
皆さんにはとっくに呆れられ、お相手頂けないと思ってましたweep


これは本当に予期せぬ出来事でした。
まるでお盆に、
学生時代の同級生から久々の便りが来た気分happy02
皆さん、陰ながら応援下さっていたんですね。ありがたいことです。

もちろんこれを機に、またおつき合い頂ければ
こんなに嬉しいことはありません。
ともあれ。戻ってきた夏の太陽と共に、「ネヴュラ」再発進ですhappy01



さて。再開一回目の今日はどうしようかと迷いましたが。
やっぱり、これをお話しなければダメでしょうという事で。

ちょうど応募締め切りを迎え、お仲間のブログでも続々と取り上げられている
このネタ。そう。「宇宙船映像倶楽部」です。


今回の休止の一つの理由だっただけに、ちょっと迷いもありましたが
やっぱり、好きな事を書けないのはブログじゃないと。
加えて休止中、課題制作に悩む部員の皆さんの記事にも、本当に励まされました。
日本のあちこちに、同じテーマに挑んでいる方々が居る。
何と言われようと、それがモチベーションに繋がる事は確かなのです。
ですから私も、堂々と記事にする事を決めました。
笑ってやって下さい。私はやっぱり「夢」を捨てきれませんhappy01


えーそういうわけで。今回の課題締め切りは今日、8月3日でした。
応募作は今日必着で、「宇宙船」編集部へ送付する決まりなんですね。
昨年4月から始まったこの募集に、まー懲りずに毎回応募している私。
送付の度に記事にしていますので、今回もやっぱり書かなきゃとcoldsweats01
送りましたよ昨日。雨が降ったり止んだりの中、昭和郵便局からloveletter

Photo_2何しろこの夏は、毎日がぐずつき気味の空もようでrain
各地で豪雨や土砂災害の被害が頻発していますから、いつもの翌朝10時便も
天候次第でどうなるかわからない。
送付一週間前から確認の電話、涙目でしつこく送付リミットを聞き込みました。
「どーしても3日に届かないとマズいんですけど。届きますよね絶対punch
その持ち込みリミットである8月2日、夜8時に先駆ける事6時間。
午後2時にようやく完成。まさに駆け込み前日送付、ギリギリですね。
「この時間なら確実に届きますね」なんて局員さんの言葉に
ホッと胸を撫で下ろすノミの心臓の私shock もっと早く送ればいいのに。
最後まで試合を捨てたくない悪い癖が、今回も出てしまいましたhappy01

でもまーこれまでの応募で、今回ほど苦戦した事もなかったですねーweep
今回はプロット1本と課題4本に加え、部活で出された「部員用課題」も消化。
もうそれだけでクタクタです。

考えてみれば、今回が6回目の募集です。
私は募集の度に、1本ずつヒーロープロットを応募していますから
今回ではや6作目。よくもまあ続くものだなあとcoldsweats01

いい加減、ネタも尽きそうなものですが、もっとたくさん応募されている部員さんも
いらっしゃるわけですから、私も甘えてはいられません。

でも私の凝り固まった頭なんか、タカが知れてます。
さすがに発想の泉も涸れ気味でcrying
でも、空回り気味ながらヤル気だけはあるのでhappy01 
今回は発想の火種が浮かんだら、後は知識を外から摂り入れる事に専念しました。
でもここで、期せずしてネットの盲点に気づく事にpc


これまで、この手の調べ物はネットで行う事が多かった私。
でもネットって、ある程度絞り込んだ事柄や単語を調べるには便利ですが
その分野そのものの概略をザックリと理解するには、非常に不便なんですね。

そういう時はやっぱり、昔ながらの「●●入門」なんて本が役に立ちます。
ネット検索でいき詰まり、途方に暮れた私は
迷わずBOOK OFFへ走りました。まー入門書ですから。

適当な一冊さえあれば、中古本でも分野そのものの概略は変らないだろうと。
で、案の定ありましたよ。100円本で良いのがhappy01

そんなわけで今回のプロットは、その一冊を読み倒した成果です。
でも年には勝てず。やっぱり落ちてますねー。咀嚼力も頭の回転も。
まーその分野にあまり詳しくなるのも発想の妨げになりますから、私程度の理解力でちょうど良いのかもしれませんね。なんて言い訳してみたりcoldsweats01

あとは前回の轍を踏まないよう、既存作品とカブってない事を祈るばかりですhappy01
でも今回もシンプルですよ。一行で語れちゃうプロットです。
その一行が雨宮部長の琴線に触れるかどうかが、最大のハードルですねsmile



で、今回のメインイベント、「課題」ですが。
「宇宙船」vol.125をご覧の方はご存知でしょうが、今回の課題は「シナリオ」なんですね。

ただシナリオと言っても、与えられた文字数はわずか400字。
その文字数で、主人公が戦いに赴くシーンを描くというオーダーです。
加えてシーンはワンシーンのみ、登場人物は主人公ともう一人のキャラクターという縛りがあります。


これまでお仕事で色々なシナリオを書いてきましたが、私にとってもこういうルールは初めてなので正直、戸惑いました。
まー誌面掲載の都合もあるだろうし。あまりに長いのも選考しづらいだろうという事で、きっとこの形式になったのかなと。
でも考えるに従って、これには二つの思惑が隠されている事に気づいたのです。
まー見当違いかもしれませんが、私はそこを思惑と感じたとcoldsweats01


部員の皆さん。この縛りでシナリオに挑んだ時、どんな事を考えましたか?
私の場合まず「このシーンで核になるセリフ・もしくはアクション」を考えました。
と言うのは。400字の中でシチュエーション、主人公と相手との関係
シーンの盛り上がり、ストーリーを表現しようとすると
おそらく見せ場=シーンの核は一箇所しか作れないだろうと計算したからです。

ダミーのやりとりを仮想し、ストップウォッチで計ってみましたが
400字で表現できるシーンの尺は、約1分。

どんなドラマでも、わずか1分間にすべてを凝縮することはできません。
凝縮できるんならそのドラマは、1分間あればいいんですからhappy01
要求されるシーンはあくまでドラマの一部、という事を意識する必要があります。
ですからこの「400字」というルールにはまず、
「1分間で表現できるサイズの主張を、いかに上手くまとめあげられるか」
という、一つ目の狙いがあるんですよ。


当然ながら、そこにドラマそのもののテーマを持ってくる事は至難の技です。
だって「主人公が戦いに赴くシーン」なんですから。ラストシーンじゃなくて。
もしここでドラマの大テーマを語っちゃったら、その後のクライマックス、
言わば戦いのシーンは蛇足になっちゃう。
しかも「相手とのやりとり」「1分間」という縛りまであります。
どんなヒーロードラマでも、戦いの前にクライマックスを迎える展開は珍しい部類に入ります。
あったとしてもそれは、設定や筋運びが、ある程度視聴者に認知されている場合に限られるのではないかと。
その「送り手と受け手の共通理解」あっての、アクロバット的作劇なのです。


企画書のみで形になっていない今回の課題作「ホンノバケモノ」の場合
そういう意味で、400字では語れない設定や筋運びが残っているわけです。
まだ誰も、この作品を見た事はないわけで。
ですから今回の「400字シーン」では、ドラマの大テーマまで行かないにしても
「1分間の間に、大テーマまで繋がるセリフやアクションを配する技術」が
要求されるような気がするのです。

でも普通のおしゃべりじゃ意味がないですから、何かしら受け手の心に残るセリフやアクションを入れたいですよね。


ただ1分間しかないですから、あれもこれも入れるわけにはいかない。
こういう時こそ「一点豪華主義」が生きるんです。言いたい事は一つに絞る。

一番見せたいコマを大きくし、周りに小さいコマを配することで大ゴマを際立たせる
マンガのコマ割りに通じるものがあります。

言わば400字、1分間はマンガにすればおよそ見開き2ページ。
出題者・小林雄次氏はそのさじ加減・ドラマの力学を見たいのではないでしょうか。

例えば、小林雄次氏による課題例文では
シオリ★の「言葉には心が宿る、その言葉が観客を幸せにする」というセリフが
このシーンの「核」だと思うんですよ。小林氏はこれを言いたかったんだと。
これがドラマの力学なんですね。

ですから私は、その「シーンの核となるセリフ・アクション」には
徹底的にこだわりました。

まず核のセリフやアクションを考え、シチュエーションや相手役から
そこに至るまでのやりとりまでを決めるという順序です。

ただそこで陥りやすいのは、説明ゼリフが多くなっちゃうという事ですね。
その一言を引き出したいが為に、どうしてもやりとりがわざとらしくなっちゃう。
着地点が決まっていることで、出発点の不自然さが際立っちゃうんです。
「をいをい、ここでその質問はないだろう」みたいな、ぎこちなーい展開にcoldsweats01
それを不自然に見せないテクが難しかったですね。私なんか全然ダメでcrying
でも、その核になるセリフは気に入っていますよ。
もちろん、主人公だけに言わせるわけじゃありませんが
「ここではこのセリフがメインなんだ」感は、おそらく伝わったと思います。


でも意外にも、400字が短いとは感じませんでしたね。
最初からセリフを削って削って、研ぎ澄ましてから挑みましたから
逆に、400字が長いくらいでした。
普段のお仕事で、台本は脳内で削ってから書くという癖が染み付いていますから
それが幸いしたのかもしれません。
「一行余っちゃった。削りすぎたかな」なんて苦笑いして、逆に伸ばした事もcoldsweats01
むしろ、シオリ★に絡む「もう一人のキャラクター」という縛りに腐心しました。
必ず二人芝居にしなくちゃならない難しさというか。
苦手なんですよ。「相手の立ち位置を創出する」というのがcoldsweats01



二つ目に感じた思惑は。実はこっちがメインかもしれませんが。
前述の意味合いとも関係しますが、この「400字シナリオ」は、
実は課題作「ホンノバケモノ」主人公・シオリ★の
「文字によるキャラクターデザイン」じゃないかと思うんですよね。

つまり、課題応募者全ての脳内にある「シオリ★像」みたいなものを
シナリオの形で見てみたいという、小林氏の思惑を感じるんですよ。


考えてみれば、「ホンノバケモノ」主人公・シオリ★のキャラクターイメージは
「宇宙船」誌に掲載されたデザイン画のバリエーションも非常に多いですよね。
かくいう拙作もページの末席に加えて頂きましたが、結局シオリ★のキャラクターって、現在に至るも決定イメージが無いんですよ。
ですからファッションをはじめ、暮らしぶりも話し方も選ぶ言葉も癖すらも
応募者一人一人の中で違うはずなんです。
きっと応募者の皆さんは、そこで自分の「シオリ★像」を決定する必要に迫られたと思います。
そうしなければ、シナリオの中でシオリ★が生きた存在にならないですから。


ちょっと余談ですが。古今東西の「二次創作」作品がそれなりに形になるのは、基となっているオリジナル作品で、すでにキャラクターが確立されているからなんです。
逆に言えば、オリジナル作品でそれだけキャラが出来ているから、二次創作が可能なんですね。


そのキャラクターが決まっていなかったら、作劇の難しさは想像を絶するでしょう。
「ただ何となく、誰が喋っても同じセリフ」じゃ、キャラの個性は出ないんです。
「キャラが生きていない」というのはそういう意味です。

どんな人間にも個性があり、それが魅力になる。
実際この「ネヴュラ」だって、言葉の選び方や文の運びに、私の個性が出ているはずですよね。その是非はともかくcoldsweats01
それが見えるか見えないかで、シナリオの魅力はまったく違ってきます。


私は下記の通り、「宇宙船」vol.124に掲載された折
シオリ★のキャラデザインを考える機会があったものですから
私の中で彼女のキャラは、完全に確立されています。

まー実在の人物がモデルだったのでhappy01 話し方から癖、動きまで
想像には事欠かないというわけでcoldsweats01


講評では「雨宮部長のシオリ★像とは異なる」とありますし
部長ご本人にも直接、部活の打ち上げで詳細をお聞きしましたが

まー掲載されたわけだし、私のシオリ★はこの子なんだからと
強気で行きたいと思いますhappy01

でも何となく、シナリオ例文に見られる「小林雄次版・シオリ★」とは
ちょっとイメージが近いようにも思うんですが・・・気のせいかな?


この子の個性を最も演出できるシチュエーション、相手、セリフ。
今回はその事だけに、心を砕きました。
結果、完成したシナリオは4本。それぞれまったく違うテイストになっていますが
いずれのシナリオにも、このシオリ★のキャラが貫かれていると思います。


で、思ったんですが。
結局私はこのシオリ★に、自分の理想像を投影しているんですよ。
一人で風を切って生きる、前向きな女性。
言動には癖もあるしボケもかますけど、キめる時はキめる「オトコマエ」。
こんな女性になりたいとhappy01

だからもう、セリフの決まりっぷりもハンパじゃない。
「カアァッッコイイイイイッッッlovely」と言わせたいんでしょうね。私は視聴者に。

まー私の実力が伴わないですから、思いと結果はまた別ですがweep


まーそんなこんなで七転八倒、ラスト1本は送付当日の朝まで粘って
ようやく書き上げたシナリオ4本。
さらに、A42枚にビッシリ書いた部員用課題も加えました。
いやー大変だった。プロット、シナリオ、部員用課題その他もろもろを合計すれば
今回は総応募枚数、実に17枚ですよshock
一回目の応募以来の大ボリューム。


Photo_4











で、いつもの「記念撮影」。
バギラとガルバの下にあるのが、今回のNG印刷です。
今回は32枚でしたから、いつもよりは少ないんですが
その分、脳内作業が多かったという事でしょうね。
まーいーか今回も善戦したし。やりきった感はあります。

そのせいで昨日はもう、送付後帰宅とともに爆睡sleepy

いやーまたこれで、10月1日の発表まで楽しみな二ヶ月が過ごせそうですね。
どんなに苦しくてもここを経なければ、発表が待ち遠しくならない。
「夢」という名の宝くじは、努力でしか手に入らないんですhappy01
結果は例によって、またダメダメかもしれませんがcrying
部員の皆さん、チャレンジャーの皆さん、今回の「戦果」はいかがでしたか?

加えてお仲間の皆さん、読者の皆さん。
ご心配おかけしましたが、これからもこんな調子でお気楽にやっていきますので
どうぞまた、呆れてやって下さいねhappy01happy01happy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »