2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 星空からのエール | トップページ | 一つの決心 »

2009年7月10日 (金)

ぼくらの宇宙遊泳

今朝も名古屋は、梅雨の厚い雲が太陽を遮っています。
ここ数日、雨の合間をかいくぐってウォーキングは続けているんですが
蒸し暑さも手伝って、雲に閉じ込められたような息苦しさが付きまといますねdespair

先日のプラネタリウム鑑賞以来、なんとなく夜空を見上げる事もあるんですが
やっぱり雲に遮られて、輪郭のぼけた月が見えれば運がいい程度でmoon3
本当に梅雨明けが待ち遠しいです。


地球は宇宙と繋がっている。人間も宇宙の一員なんだ。
星空が恋しくなるのは、そんな実感を持ちたいからかもしれませんね。

東宝特撮映画や小松崎茂画伯の絵で育った私などは
あの漆黒の宇宙空間を、自分もいつか自在に行き来できる時代が来るなんて
夢想したものですが。

だからよけい、星空が見えなくなることが寂しいのかも。
あの厚い雲の向こうで、星はいつも待っていてくれると分かっていても。

なぜか私は、この小松崎画が好きなんです。
スマートなフォルムとはかけ離れた、昔の電気炊飯器みたいな宇宙服ですが。
ハックやフライデー、スコープドッグにも似てるかなhappy01


Photo

















こんな宇宙服がたくさん宇宙を泳いでいたら、かわいいでしょうねhappy01
鉛色の空を眺めて、ついそんな事を考えてしまうのでした。

うーむ気持ちまでジメジメしてきた。
ちょっと心に、カビが生えているのかもsad

« 星空からのエール | トップページ | 一つの決心 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ああ・・・僕の体型だと、どうしても「この形の宇宙服」が必要だ・・・(泣)。

たなかよしみ様 いやーかわいいじゃないですかhappy01
でも体型に限らず、この蒸し暑さでは体調を崩しやすいですから
どうぞお気をつけ下さいねhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/30483530

この記事へのトラックバック一覧です: ぼくらの宇宙遊泳:

« 星空からのエール | トップページ | 一つの決心 »