2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 幻の昭和 | トップページ | 皆既大作戦 »

2009年6月28日 (日)

この夏、初ダウン

「必殺仕事人2009」も最終回を迎え、現在中京地区で再放送されている
「新必殺仕置人」とのあまりのテイストの違いに、唖然とした一昨日の夜。

本当は今回、その話題でとことん私見を書き込もうと思っていたのですが
思いがけない体調不良の為、ちょっと予定を変更させて下さいcoldsweats01

明日からお天気が崩れると聞いた私。
雨に閉ざされる前に、曇りとはいえ今日を有効活用しようと張り切ったのが
間違いの元でした。
ここ数日の中ではやや低い、30度という予想最高気温も
私の慢心に拍車をかけていました。

午後1時45分。いつものように、サウナスーツを含む合計5枚着用の
「フル装備」で、意気揚々とウォーキングに出かけたのは良かったんですが。

ナメてました。湿度の高さをwobbly
ちょっと歩いただけで、スーツの中はもう蒸し風呂状態。

普通、体表を汗が流れれば、その感覚が肌に感じられる筈なんですが
今日はそんな暇もなく、体中から汗が吹き出る感じで
体感が追いつかないsweat01

おまけに、歩き出した時は曇っていたのに
数分後、予想もしなかった晴天に襲われ。
照りつける太陽と梅雨の湿気でもう体調は最悪。目まいまで覚えます。

今まであれほど、気温が最も上がる午後2時~3時は避けていたのに。
こんなに急激に気温が変わるとは。

いつも手放さない、凍らせたペットボトルの生茶も、瞬時に融けてしまいます。
これだけが唯一の命綱。無駄にはできません。
ルートの公園で遊ぶ家族連れも、逃げるように木陰へ駆け込んでいます。
全国的に有名な名古屋の蒸し暑さが、ここへ来て牙を剥きました。
それはまるで、走るスピードより速く暑さが襲い来る感覚。
熱波版「デイ・アフター・トゥモロー」とでも言いましょうかsun


というわけで。それでも根性で一時間半歩き
もう部屋にたどり着いた時は、着ていた5枚を部屋中に脱ぎ捨てて
汗だくのまま倒れこむのが精一杯。立ってられないんですからsad

こんな場合に備えて、ウォーキング時にはいつも汗吸い取り用に
古新聞紙を床に敷いておくのですが
その新聞も、まるで効き目なし。
吹き出る汗の量が、新聞の吸い取り能力を超えてしまっています。
それから45分間、ほぼ記憶がありません。
軽い熱中症を起こしたようです。いやーこの夏初の、生命の危機shock
後で体重を量ったら、1.8㎏落ちてました。すべて汗ですsweat02


荒い息のままバスルームにたどり着き、フラフラで熱いシャワーを浴びて
三時間、死んだように眠りました。
で、今に至るというcoldsweats01
梅雨の晴れ間の日曜日が、こんな事になろうとは。
せっかくのダイエットも、体調を崩しては元も子もありません。
ちょっと反省した夜でした。

元気をつけるため、DVDレンタルしたばっかりの
『野良猫ロック マシン・アニマル』(1970年日活 長谷部安春監督)
見ようっとmovie

梶芽衣子の鋭い瞳に睨まれたら、ヘタってもいられませんからcoldsweats01

« 幻の昭和 | トップページ | 皆既大作戦 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは。ガメラ医師です。
昨日は天候を見計らって夕方に出かけたにもかかわらず、夕立に遭ってしまいました。今年の梅雨は、酷暑日やら曇天やら夕立やらが混ざって本当に気の抜けない気候ですね。
 御身大事に、どうかくれぐれもご自愛下さいませ。

その後、お加減はいかがですか。
仙台も今日の午前中までは暑くて過ごし難かったですね。
と言っても、会社の名古屋営業所の人間に言わせると「仙台の気候は天国!」らしいのですが(笑)
私は名古屋の気候は存じませんが、確かに湿度の高い東京に比べれば格段に過ごし易いとは思います。
あ、無駄話が過ぎましたが、くれぐれもご自愛下さいますよう。
どうせならば、太陽光線以外の「熱中症」になりましょう(笑)

こんばんは!
大丈夫ですか?
明日からは雨らしいので、ウォーキングも一時中断ですね。
急に暑くなって学校でもクーラーがつけられるようになりました。
もう朝から『じとぉ』って感じで嫌になりますが、なんとか頑張っています。
長谷部安春監督と言えば『相棒』の方ですよね。
『相棒 劇場版』は祖父母と見に行きました。祖父母と映画に行くのは初めてだったのですが、世代を超えて楽しめる作品というのはすごいと思います。
それでは今からもうひと頑張りです!
オタクイーンさんは頑張りすぎないで、お大事に、ゆっくり休んで下さいね。

MIYUKIさま、こんにちは。
お体の具合はいかがですか。

梅雨時は湿度が辛いですね。
それほど暑くないと思っていても、
歩いたり動いたりしていると辛いなって、
私も毎日感じてます。

どうかお体を休めて、お大事にしてくださいね。

「野良猫ロック」気になっている映画のひとつです。
シリーズものですか?いつか観てみたいです。(^^)

ガメラ医師様 ご心配をおかけしましたhappy01
同じ都市にお住まいのガメラ医師さんですから、私が感じた日曜日の悪夢は
お察し頂けるかもしれませんねsun
それにしても、ガメラ医師さんのコメントを頂くまで、夕立があった事など
まったく知りませんでした。
なにしろその時間、まさに爆睡中だったものでcoldsweats01
今日も19時ごろに一降り来ましたが、ミニバイクで移動中だった私は
ギリギリ降り始め直前に帰宅。何とか濡れずに済みました。
本当にこの時期は、移動手段の選定も難しくて困ります。
体調管理も含め、ガメラ医師さんもご自愛下さいませhappy01

メルシー伯様 ご心配をおかけしてすみませんcoldsweats01
もう今は元気も回復、よせばいいのにウォーキングを再開していますrun

>会社の名古屋営業所の人間に言わせると「仙台の気候は天国!」らしいのですが(笑)

う、羨ましいweep
私も仙台にお邪魔した事はないのですが、確かに全国の天気予報などで仙台方面の気温を見ると、名古屋より10度前後低い事もありますもんね。
ブログという全国ネットの媒体ゆえ、ただ暑い暑いと言っていても、記事をご覧になる地域によっては、なかなか体感できない事もありますよね。
現に私も、メルシー伯さんのブログでよく話題に上る「冬の豪雪」は、実感が難しい事も多くsnow
それがブログの楽しさとも言えますがhappy01

夏・冬の違いがあるとはいえ、お互い気候が過酷な地方に暮らす者同士
体調管理は気を万全を期したいものです。
オタク趣味の「熱中症」が高じるあまり、お財布が「凍傷」にならぬよう
メルシー伯さんもお気をつけ下さいhappy01

アラ様 ご心配をおかけしましたhappy01
いやーもうすっかり元気回復。曇り空を睨みながら、
雨を避けるようにウォーキングに励んでいますrun

>急に暑くなって学校でもクーラーがつけられるようになりました。

おおージェネレーションギャップhappy02
私の学生時代、教室にはクーラーはおろか、扇風機さえありませんでした。
ですからもう、昼食後の5時限目、6時限目なんて暑さと睡魔との戦いでpunch
教室で意識を保っていたのは、おそらく先生ただ一人だったと思いますcoldsweats01
でも今の学生さんも、それなりに過酷な現状があるんですよね。
頑張ってください。応援しています。

>『相棒 劇場版』は祖父母と見に行きました。祖父母と映画に行くのは初めてだったのですが、世代を超えて楽しめる作品というのはすごいと思います。

この作品、私もDVDで観ました。
アラさんのご家族は皆さん、仲良しなんですね。
おじいさま、おばあさまと劇場へ映画鑑賞なんて、なかなかないと思います。
しかも作品が『相棒』とは。お二人とも気がお若いhappy01
私もこの作品のスケール感には感服しました。

長谷部安春監督は1970年代、風俗描写をややカリカチュアライズした快作を何本も生み出しています。
「野良猫ロック」シリーズもその一つ。
私などは懐かしい限りですが、アラさんがご覧になったらビックリするかもしれませんね。私とは逆のジェネレーションギャップでhappy01

もうすぐ夏休み。また、明日は待望の「宇宙船」最新号が発売されます。
アラさんの応募作も、掲載されていると良いですねhappy01
お互い体力を維持して、この梅雨を乗り切りましょうhappy01

hikari様 ご心配をおかけしてごめんなさいcoldsweats01
まー日曜日はさすがにバテバテでしたが、翌朝になればケロリと回復。
自分の体の単純さが、嬉しいやら呆れるやらでcoldsweats01

>それほど暑くないと思っていても、
歩いたり動いたりしていると辛いなって、
私も毎日感じてます。

そうですね。本当に外へ出た瞬間から体力が奪われていくのが分かります。
決して気温は高くないのに、衿元から袖口からネットリと忍び込んでくる湿気が大敵なんですね。
こればっかりは、体力で対抗するしかありません。
ちょっと意識してスタミナ食を摂る事で、バテないようにしないとt-shirt
hikariさんも、体力維持にはお気をつけ下さいhappy01

「野良猫ロック」は1970年代初頭に作られたシリーズ作ですが、今観るとそのあまりの「時代の空気」ぶりに、懐かしさと共に恥ずかしささえ漂ってくる作品群です。
その頑ななまでの時代再現が、今になって逆の価値観を生むと言う感覚でしょうか。うーむ本物の力は強い。
やっぱり和田アキ子は’70年から強かったという事が、再確認できました。
もちろん梶芽衣子の「男前」ぶりもhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/30322806

この記事へのトラックバック一覧です: この夏、初ダウン:

« 幻の昭和 | トップページ | 皆既大作戦 »