2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 意外な展開 | トップページ | 桜のアーチ »

2009年4月 2日 (木)

七分桜でブンバボン

昨日の『宇宙船』の興奮、冷めやらぬままに、今朝も頑張ってウォーキングrun
寒の戻りで、今日は風も寒い一日でしたが、さすがに4月。
桜も元気に七分咲きです。


Photo
ちょっと放射冷却気味の空は澄みきって、青が綺麗sun
きっと今週末は満開でしょう。

いつものこの公園も、お花見で賑わうでしょうねーhappy01
こんなに美しい桜を見ると、四季を肌で感じられる日本に住めることを
幸せに思います。


桜の美しさについ心も軽くなり。
最近、耳について離れないこの曲を、思わず口ずさんぢゃったりしてnote



皆さんよくご存知『ロッテ・フィッツ』のCM。
「ネヴュラ」読者の皆さんなら、この曲の元ネタもよ~くご存知でしょうねhappy01
もちろん私も、原曲が大好きだったクチなので、それと二重写しになって
ロッテの戦略にまんまと乗せられているわけですがhappy01
では、そちらをご覧下さい。若い方には新鮮に映るかなhappy01



『狼少年ケン』!好きでしたーこの番組。
夏休みのローカル局・子供向けプログラム『夏休みニコニコ大行進』で
毎年、再放送されていました。

この曲を聴かなければ、夏の一日は明けないほどの人気番組。
とはいえ、何度聴いてもイントロの歌詞note「ボバンババンボン ブンバボン」が
うまく歌えませんでしたがcoldsweats01
この曲のおかげで今だに、私はロッテ・フィッツのCMを見る度に
佐々木希ちゃんを『狼少女ノゾミ』と呼び
note「カムントフニャンフニャン」をnote「ボバンババンボン」と歌ってしまうのでしたcoldsweats01

あー今日も、花見がてらにnote「ブンバボン」
なんておバカな春の朝。桜も呆れているでしょうcoldsweats01


Photo_3



明日から温かくなるという
天気予報を信じて
noteブンバボンと張り切りました。

今日までの累積歩数、425651歩。
人類メタボーまで、あと52sandclock

« 意外な展開 | トップページ | 桜のアーチ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

若い人(こんな書き方をするようになってしまったとは……!(笑))には、このCMの元ネタは、分からないでしょうねえ~~。

ちなみに、私も「本放送」を見ていた口です。
何かの食品のオマケで、「狼少年ケン」のシールがあったような気が……。


ところで、話題は変わりますが。
今日は、仕事が休みだったので、「必殺仕事人2009」のロケ地巡りを目いっぱいしてきました!

○今宮神社ー#10「鬼の末路」で、源太がからくり人形の出店を出し、小五郎が源太をビンタする場所
○仁和寺ー#2「厚顔無恥」冒頭、源太の出店を蹴散らす無頼旗本。#3「偽装詐欺」ED、少年の旅立ちを見送るお菊、#7「金が仇」、涼次と藤戸又兵衛の会話。その他、「からくり人」の時次郎狙撃シーンも、ここです。
○広沢池ー「仕事人」のお助け地蔵の他、#9「怪物親」での涼次とお菊の会話。
○清凉寺ー#5「因果応報」に登場する「正閣寺」として使用

これだけ見て回って、写真に撮れると、本当に目いっぱい堪能した感じです!

ただ、桜は、まだまだ先でした……(笑)。

都の商売人様 いやーそうですねー。
まさか自分が「今の若い方」なんて言葉を口走る年になるとは
夢にも思いませんでしたcoldsweats01

>何かの食品のオマケで、「狼少年ケン」のシールがあったような気が……。

さすが商売人さんhappy01
「狼少年ケン」のスポンサーは森永製菓で
放送当時おまけシールを挿入した「まんがココア」や「まんがジュース」が
発売されていたそうです。
かくいう私も「まんがココア」の記憶があり
おまけのシールを愛用していたブリキの自動車おもちゃに貼って遊んでいましたhappy01

「仕事人2009」ロケ地巡り、お疲れ様でした。
お話をお聞きしていると、商売人さんのロケ地撮影記録は膨大な量がありそうですね。
そういう「探訪系」もファン活動の一つの形となりつつありますね。
地を訪ねて番組を味わう。そういう活動が、商売人さんの創作モチベーションに
大きく影響しているのかもしれませんねhappy01

こちら名古屋は今日、桜が満開になりました。
そちらにも一日も早く春の便りが届く事を、祈っておりますhappy01

こんにちは!きよプーです。
やっと、『宇宙船』福岡でも並びました。
で、早速見ました。
が…
…ダメでした…
結構気に入っているプロットだったので、結構ショックです…うぅ
では、どのようなモノが採用されているか応募していないキャラクターデザイン部門から観てみるかと気落ちしながら目を移していくと…
あるではないですか、見慣れたお名前が!
やっぱ凄いです!
そう!そうなんですよ!部長の評にも言われている通り、伝えることが出来ればそれがどのような形であれいいんですね!私は全く絵が描けない(高校の頃は美術を専攻していたにも関わらず)ので、ハナから「シオリ★デザイン」には挑戦する気概もなく…
いや、なんかとても勇気付けられました。
あ、ご自身で言われているように「絵がどうの」とか言うんじゃないですよ。デザイン画としては全くもって遜色ないと思います。
そうではなくて、(私自身が)どんなものでも挑戦する気持ち!ってのが、目から鱗でした。
次回はいろいろ尻込みせずに挑戦したいと思います。
さて、いよいよ「シナリオ」という言葉が出てきました(もう少しプロット部門を広くしていただいて、検討対象を増やして欲しいのですが)。そろそろ部長も固めに入っている感じです。もうプロット部門は1,2回応募があれば終わる気配ではないでしょうか。
今こそ気合を入れる時だぁ!
って、毎回入ってるような入ってないようなゆるゆるの性格なんですけどね…
因みに今回のプロットタイトルは「THE MOVIE STAR」というものでした。具体的にダメ出しとかして頂きたいので、機会があればお見せしたいなぁと思います。
簡単なヒーロー(怪人)設定だけ話すと「映画の『タイトル』(『七人の侍』『ローマの休日』等々)、『イメージ』等が名前、スタイル」というものです。「ホンノバケモノ」と似ていると言われればそれまでの気もしますが…(当然「二匹目の~」と思って作っているつもりはありませんが)
が、まぁ落ちたものはしょうがない!
また、これはっ!というものを考えます。
MIYUKIさんには良き先輩として、また良きライバルとして接して頂けたら嬉しいです。(勝手な想いですみません…)
かなり長文となりました。今回はこれにて。
あ、そうそう、改めまして
「3回目採用、おめでとうございます!!」

きよプー様 お祝いコメントありがとうございますhappy01
今回は残念でしたね。でも私もプロットはボツでしたから、立場は一緒ですcoldsweats01

>伝えることが出来ればそれがどのような形であれいいんですね!

そうなんですよね。まー無い頭で考えたんですがcoldsweats01
今回『シオリ★』のキャラクターデザイン募集告知があった時
私は瞬間的に「これはアニメじゃなく実写のキャラなんだから
コスチュームデザインだけでは片手落ちになるんじゃ?」と思ったんです。
俳優が顔出しで演じるキャラなのに、顔のデザインをする事は意味が無いし。
また服のデザインだけでも良い筈が無いと。
むしろ、性格や日頃の暮らしぶり、特徴を掘り下げる事の方が
キャラクター造形には重要と判断したんですね。
となれば、そこの部分は文章で表現するしかないと。
だったら絵心の無い私でも、勝算はあるかなー、なんてcoldsweats01
イラストはあくまでイメージとして、後は文章で何となく私の考える『シオリ★』像が
伝われば、と考えたわけです。
その手法が結果的に、部長の思惑と一致したと。
まあそんな感じで、何とか首が繋がったわけです。
今回もまぐれ当たりですねcoldsweats01

ですから今後も、募集項目に潜む部長の言外の真意を配慮しながら
応募に挑もうと思っています。
そこを外さなければ、それほどおかしな物にはならないような気もするのですがhappy01

プロット部門の縮小は心配ですね。
おっしゃる通り、部長も候補作が何作か出揃った段階で
募集を締め切るお考えなのでしょう。
となると、もう後はありませんね。
私も気を引き締めて、新ヒーローの創出に励みたいと思っていますpunch

きよプーさんの応募作「THE MOVIE STAR」も魅力的なプロットですね。
オリジナリティーの点では申し分ないと思います。
後はきっと、その設定を活かすドラマ作りが求められているんでしょうね。
それがうまく出来た時。その時こそ、部長を唸らせる企画となるのでしょう。
なーんて偉そうに言っておきながら、私もそのレベルには全然達しておりません。
今日も枕を涙で濡らしていますので、決して誤解、ご立腹などなさらぬようweep

でもまだチャンスはあります。
この一ヶ月間、またお互い集中して、新時代のヒーローを模索しましょう。
部員同士の切磋琢磨は何よりの励み。またいつでもお越し下さい。
コメントも楽しみにしておりますhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/28931371

この記事へのトラックバック一覧です: 七分桜でブンバボン:

« 意外な展開 | トップページ | 桜のアーチ »